政治

日本経済

2017年4月25日

【藤井聡】「プライマリー・バランス亡国論」、その7つの理由

From 藤井聡@内閣官房参与(京都大学大学院教授)

 

この度、「プライマリー・バランス亡国論」という書籍を、出版することとなりました。
https://www.amazon.co.jp/dp/4594077323

今、日本が採用している「プライマリー・バランス(基礎的財政収支)」の「制約」がある限り、この国は確実に亡国の憂き目にあう――それがこの本の主張ですが、なぜそう主張できるのか、について、その「7つの理由」をご紹介したいと思います。

(1)PB制約のせいで「デフレ」が続く(そして、貧困・格差社会が拡大する)
第一に、このプライマリー・バランス制約(以下、PB制約)がある限り、デフレは脱却できません。

そもそもこのPB制約とは要するに、「政府は、税収の範囲で、支出しましょう」というもの。

ですから、デフレで税収が少ない時代――には、支出がどんどん削られていきます。

ですが、デフレというのはそもそも「内需(消費や投資)が冷えこんでしまう現象」で、それを脱却するには「内需を拡大していくこと」が必要不可欠――なのに、政府の支出を削っていけば、デフレから脱却できるはずはない、ということです。

つまり、今日のデフレの最大の原因は、「PB制約にあり」というわけです。

結果、PB制約のせいで、国民は貧困に苛まれ、格差社会が広がっていく――というわけです。

(2)財政が悪化する
「PB制約」は財政健全化のために必要だ、と信じられています。

影響力のある実に多くの経済学者、エコノミスト、政治家、官僚の皆さんが、この説を信じています。というよりも彼らは、PB制約を守ること、イコール、財政再建だ、と考えている節すらあります。

しかし、これは完全な間違い。

そもそも、財政悪化の原因は、「デフレ」です。

日本は98年にデフレ化するのですが、その前後で、国債発行額はナント三倍近くに跳ね上がり、20兆円近くも増えています(10年平均が13.1兆円→32.4兆円)。デフレになれば、あらゆる経済活動が停滞し、税収が激減するからです。

これが日本の「財政悪化」をもたらしています。

そして、「PB制約」はデフレを導きますから、「PB制約が財政悪化を導いている」という次第です。

それは、商売人がケチケチ(=PB改善)すれば、「目先の倹約」はできても、お客さんをどんどん失って、結局「貧乏」になる――という、至って当たり前の普通の話なのです。

(3)産業競争力や労働生産性が低下する
昨今、とかく「労働生産性の向上」や「産業競争力の強化」が必要だ、と言われるようになりました。

ですが、「生産性」が落ちて「競争力」が低下している最大の原因もまた、デフレなのです。

「産業競争力」の最大の源泉は、各企業の「投資」。

しかし、デフレであれば当然「投資」は冷え込みます。

しかも、「PB制約」があれば「政府」もまた投資しなくなります。実際、デフレになってから、日本の政府による投資は半分以下になりました。
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/5307

このままでは、私たちの社会を支えるインフラの「維持」すら不可能となります。そうなれば、私たちの社会の国際競争力はさらに一気に凋落するでしょう。

さらには、デフレになれば「科学技術力」も低下します。これが日本の産業競争力を根底から衰弱させます。
https://38news.jp/economy/10268

つまり、PB制約は、デフレを導いて民間投資を冷え込ませると同時に、直接的に政府投資を冷え込ませると共に、科学技術力の凋落も導き、このトリプル効果によって競争力を低下させているのです。

さらには、「労働生産性」が低いのも、デフレが原因。

そもそも労働生産性は、「労働1時間あたりが生み出した付加価値の合計」。そして、付加価値の国民全体の合計がGDP。したがって、GDPが減れば労働生産性は下がって、増えれば上がる、のは当たり前です。

だから、PB制約がデフレを導き、GDPの縮小をもたらし、最終的に、日本の今の低い労働生産性の低下をもたらしているのです。
https://38news.jp/economy/10172

つまり、経産行政で今、最も重視されている「労働生産性」や「産業競争力」を、PB制約は実に様々なルートを通して凋落させているのです。

(4)地方が衰退する
「シャッター街」や「地方消滅」というキーワードに象徴されるように、今全国各地の地方衰退は深刻な水準に達しています。

これには二つの重大な原因があります。

第一の原因は、デフレ。デフレだから皆、相対的にビジネス環境がよい、都会に人も企業も流れていくのです。結果、デフレになれば東京一極集中と、地方の衰退が同時に加速していくのです。
http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/archives/138

もう一つの原因は、地方のインフラ不足。新幹線も高速道路も、首都圏、三大都市圏、太平洋ベルトには豊富に作られていますが、地方部にはほとんど作られていません。これが、地方の衰退を加速させているのです。
https://38news.jp/archives/04642

そして、PB制約はデフレ化と、地方へのインフラ投資の抑制の双方を導いています。このダブルの効果で、PB制約は地方を疲弊させ続けているのです。

(5)国防・防災力が下がる
PB制約は、直接的な政府活動を著しく制約します。結果、PB制約のせいで、防衛投資や、防災対策・強靭化投資が不十分にならざるを得ません(とりわけ、社会保障費が拡大の一途を続けている今日、PB制約による防衛・防災投資の抑制効果は深刻です)。

結果、PB制約のために、巨大災害や極東有事などが生じた時、大量の人命が失われ、二度と回復できないほどの深刻な被害を受ける危機が高まっています。つまり、PB制約は、日本が今までのように、「主要先進国の一員」で存在し続けられないような危機を拡大させているのです。

しかも、日本の巨大な経済力や、今よりも大きな国防力があれば、日本への国際的協力や連携同盟要請が拡大していくと同時に、仮想的な敵国からの攻撃リスクを抑止していくことも可能となります。

しかし、PB制約によって、デフレ化して経済力が衰退し、国防力も縮小していけば、仮想敵国からの攻撃リスクはさらに拡大します。例えば、日本の経済力が中国よりも圧倒的に大きかったデフレ化前の時代には、尖閣問題は皆無であったことを思い起こせば、相対的国力と有事リスクは直接関連していることは明白です。

つまり、PB制約は単に軍事的国防力を低下させているだけでなく、有事を呼び込むリスクそれ自身も拡大させているのです。

(6)文化が衰弱する
PB制約は、こうして私たちの命や財産の安全保障を棄損しているのみならず、私たち日本人の文化や教養も毀損しています。

そもそも文化もまた、「投資」によって維持され、発展していきます。

しかし、PB制約によってデフレが継続すれば、官も民も投資を縮退させますから、文化が衰退することは避けられません。特に、PBによって直接活動が抑制されている政府の文化活動は大いに縮退します。

「衣食足りて礼節を知る」―――と言われますが、デフレで衣食が不十分になれば、金儲けのために礼節、さらには、文化や教養があらゆる側面で蔑ろにされてしまうのです。

例えば、この報道は、そうした日本の文化や教養力の衰弱を端的に象徴するものと言えるでしょう。
http://www.sankei.com/politics/news/170417/plt1704170009-n1.html

つまり「PB制約」は、私たちの経済的豊かさや安全保障を毀損しているだけでなく、日本人が日本人であるための文化や教養すら、毀損し始めているのです。

(7)日本が後進国化する
PB制約を日本政府が持ち続ければ、デフレは確実に継続します。その結果、このままデフレが続けば、かつて2割弱もあった日本のGDPの世界シェアは近い将来、メキシコ程度の水準にまで凋落することは避けられません。
https://38news.jp/economy/07893

同時に、産業競争力も生産性も、はては文化の力それ自身も衰微の一途を辿っています。

これはつまり、日本が近い将来に「後進国」の地位に凋落することを意味しています。

しかも、私たちは自然災害や軍事的な危機に対する強靱性も衰弱し続けています。したがってひとたび何らかの「有事」があれば、十年、二十年という年月を経ずとも、近い将来、私たちは一気に「後進国」に凋落することも十分に予期されるのです。

つまり、PB制約を日本が持ち続ける限り、「日本が後進国化」してしまうことは、避け難い、確定的未来なのです。

・・・・

以上、PBが如何に日本の「亡国」を導く恐ろしい制約であるかを、ここでは簡潔にまとめました。

読者の中には、ここでの指摘は、過度に悲観的なものではないか――と感じた方もおられるかもしれません。しかし決してそうではない、という一点を、最後に強く強調しておきたいと思います。

なぜなら、今日本はデフレであり、それによって確実に後進国化しつつあり、周辺には北朝鮮、ロシア、中国、アメリカという極めて好戦的な核保有国に囲まれており、しかも、世界中どの先進国にも存在しない、深刻な巨大自然災害の危機に直面しているのです。

ところが、PB制約があれば、政府は最悪の諸事態を避けるための、

「自由」

が奪われてしまうのです。そうなれば、数々の危機に翻弄され、亡国の憂き目にあうことは避けられません。ですが、PB制約が解除されれば、政府は再び、

「国を救うための自由」

を手に入れることができるのです。

そうした自由を私たち日本国家が手に入れるためにも――まずは、「PBによる亡国」をしっかりとご理解いただきたいと思います。

PS1 「PB亡国論」にご関心の方は是非、下記をご一読ください。
https://www.amazon.co.jp/dp/4594077323

PS2 「PB亡国論」について、三橋貴明さんと対談いたしました。ご関心の方は是非、下記ページをご覧ください。
http://www.38news.jp/sp/amazoncp_fujii/index.php

関連記事

政治

日本経済

【三橋貴明】国家存亡の危機

政治

日本経済

【三橋貴明】PB黒字化目標という扇の要を破壊せよ!

政治

日本経済

【藤井聡】「菅直人」政権が導入。日本経済を破壊し続ける「PB黒字化目標」

政治

日本経済

【三橋貴明】OECD、財政再建再考を提唱

政治

日本経済

【三橋貴明】ゼルエルに立ち向かう

【藤井聡】「プライマリー・バランス亡国論」、その7つの理由への6件のコメント

  1. たかゆき より

    戦時 国債 ♪

    ミサイルが 飛んできたら、、
    避難 対策 とか
    政府から 心強いマニュアルが示されていますけど、、、

    ミサイルが爆発したあとって タダでは済みませんよね。。。

    戦争にもなるでしょうし カネも 必要

    円や国債の価格はどうなる??

    どんな simulationを
    なさっているのか。。

    PB制約で 戦時国債を
    発行しないなら ご立派

    己の命が惜しくて もとい
    国民の生命と財産を守るために なんぼでも
    発行なさるなら 流石 ♪ 

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 拓三 より

    仰る通りで御座います。

    私は最近、日本でのデフレ脱却と為替の安定を両立できる手段は何かと考えてるのですが…..私のカリカリ梅程度の脳ミソでは答えが見つからないのです。たらればの話だったら、安倍政権発足時に藤井氏を初めとしたこちらの先生方の政策であった財政拡大でのデフレ脱却を成し遂げ、名目金利上昇圧力(財出)を維持しながらそれを抑える為に本来の姿である金融政策を継続する事が理想ではあるのですが……

    しかしながら、鼻くそほどの実質金利を理由に無理やり金融政策だけを行った為、案の定インフレにはならず為替だけの力による完全雇用が生まれた訳です。そうなると為替の安定が義務付けされます。円が高ければ失業率は上がり、円が下がれば失業率は下がる。つまり経済学の型にハメられた訳です。経済学にハメられると言う事は金融資本家にハメられたと同じです。金融資本にハメられると言う事は自力で価値を作る事が出来無いパラサイト人間が徳をする事です。

    私は思うのです。今の日本において金利上昇こそ求めるものではないかと。それにはPBはおろか経常収支までも無視するぐらいの未来への投資!名目金利上昇万歳!それぐらい財政拡大をする事こそが金融政策の継続にもつながり為替の安定にも繋がるのではないかと思うのです。ただ今の失業率が邪魔やけど…..

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. いつもレベルの高い記事をタダでご配信いただき、有難うございます。
    おばちゃん程度でもわかることを、なんで政府や自民党のおエラいさん方がやらへんのか、めっちゃハラ立ちます。
    というより、やったことがないことには絶対、自分からは踏み込めへん官僚のせいかな?
    政治家の役割が求められてるんやと思います。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. 赤城 より

    プライマリー・バランス亡国論はそのとおりですが、プライマリー・バランスという言葉自体が横文字で知らない人が多く一般的ではないので分かりにくいと思います。デフレ完全停滞の日本においては緊縮財政増税が更なる貧困化財政悪化を確実にして亡国へ導く最悪解だと誰でも分かるようにする事が必要だと感じます。他の多くの国の財政政策情報と比較する事も日本の財政政策の異常さを明らめる上で効果的でしょうね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  5. robin より

    無駄の多い公共投資より短期で利益の出る経済効率的な民間投資へ、という考えなのかな、政府と民間では目的が違うだろう、長期的な社会インフラ整備や安全な経済活動基盤の整備を民間主導で行えるのだろうか、無駄が無いとは余裕が無い、物理的な冗長性や安全保障の問題、精神的余裕の無さからの神経衰弱が懸念される。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  6. はっちゃん より

    今回の記事は今までの数々の議論を全体像にしてお見せ頂いた感じがします。重大性に関しては財政の事よりもデフレの問題の方が大きいと思いますが、今回私は「2つ目の理由」にある意味で注目しました。「PB制約で財政が悪化する」という議論は、世間に多く流布する固定概念にもっとも反する議論だと思うからです。しかも財政健全化はPB制約の理由そのものです。それが実は逆効果だったという議論です。世間の固定概念が一番ひっくり返りにくい、しかしひっくり返るとものすごく効果的な議論だと思います。思想戦としてと言っていいのかパラダイムシフトとしてと言っていいのか、そのあたりで重要な一角のように思えます。ところで私自身「ケチな商売人」とも言えるので偉そうなことは言えませんが、私も経費削減に躍起になって売り上げを減退させると経営が悪化することはあたりまえだと思います。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

まだデータがありません。

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【三橋貴明】人間の屑たち

  5. 5

    5

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

最新記事

  1. コラム

    【上島嘉郎】西郷どんってどんな人

  2. 日本経済

    【島倉原】緊縮財政が招いた製造業の綻び

  3. 政治

    【佐藤健志】天高く総崩れの秋

  4. 日本経済

    【藤井聡】クルマを捨ててこそ地方は甦る

  5. 日本経済

    【三橋貴明】財務省が日本を滅ぼす」刊行間近!

  6. 日本経済

    【三橋貴明】道州制

  7. 日本経済

    【青木泰樹】国債発行は将来世代の負担ではない

  8. 日本経済

    【施光恒】国民経済を重視したエコノミストの迫力

  9. 日本経済

    【小浜逸郎】日本からはもうノーベル賞受賞者は出ない?

  10. 日本経済

    【佐藤健志】感情的貨幣論と風水的財政政策

MORE

タグクラウド