日本経済

2017年8月7日

【三橋貴明】「デフレは貨幣現象」で五年間を無駄にした日本

From 三橋貴明

【今週のNewsピックアップ】
「日本の未来を考える勉強会」消費増税の凍結を提言
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12298537095.html
政府による有効需要創出のため、PB目標破棄を!
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12298834372.html

デフレーションとは、モノやサービスへの
消費、投資としての支出=需要が、
供給能力に対し、不足する経済現象です。

なぜ、需要が不足するのかといえば、バブルが崩壊し、
国民が銀行預金や借金返済を増やし(増えました・・・)、
政府が緊縮財政で追い打ちをかけ、消費や投資を
さらに減らした結果なのでございます。

デフレとは、総需要の不足である。

この基本認識さえ維持していれば、
デフレ期の政策を間違えることはありません。

ところが、現実には浜田宏一教授らが安倍総理に
「デフレは貨幣現象」という出鱈目を吹き込み、
日本は五年間を無駄にすることになりました。

2013年2月国会において、総理はそのまま
「デフレは貨幣現象」という言葉を使い、
金融政策で変えられると明言してしまいます。

デフレは金融政策で変えられるなれば、
財政は拡大だろうが緊縮だろうが、
どちらでも構わないという話になります。

結果、2013年6月に、骨太の方針2013において
「プライマリーバランス(基礎的財政収支)黒字化目標」
が閣議決定され、我が国は消費税増税、
介護報酬・診療報酬・公共投資削減という
緊縮財政の道を歩み始めました。

総需要が不足するデフレの国において、
橋本政権同様に総需要を減らす政策を
安倍政権は強行したのです。

当たり前の話として、2016年以降、
我が国は再デフレ化してしまいます。

反対側で、日本銀行は320兆円を超す日本円
(主に日銀当座預金)を発行しましたが、
2016年のインフレ率はマイナスの海に沈みました。

日本銀行が市中銀行から国債を買い取り、
日銀当座預金の残高を増やしたところで、
モノやサービスが購入されているわけではありません。

モノやサービスが購入されなければ、
消費・投資という需要は拡大しないため、
インフレ率が上昇するはずがないのです。

そんな当たり前のことを政治家が理解せず、
「デフレは貨幣現象」という出鱈目に騙され、
元々は「デフレ脱却のためには財政出動が必要」
と主張していた政治家が、次々にひっくり返っていきました。

財務省が、「デフレは貨幣現象」といういわゆるリフレ派理論を、
緊縮財政推進のために利用したのは疑いありません。

ようやく、自民党の国会議員の中から、
「デフレは総需要の不足」という事実に基づき、
消費税「凍結」もしくは「減税」、さらには財政出動による
需要創出を求める声が出てきました。

とはいえ、まだまだ少数派です。

また、先日の内閣改造後の記者会見で、麻生財務大臣は、
「個人や企業がお金を使わないならば、政府の財政支出により有効需要をつくる」
と、発言しました。

今更感が半端ないですが、
いずれにせよPB黒字化目標を維持している限り、
「どこかの予算を増やしたら、他の予算を削るか、もしくは増税」
という話になってしまうため、
有効需要創出のための財政支出など不可能です。

有効需要創出とは、あくまで政府が
「追加的に消費や投資を増やす」形の
支出拡大でなければならないのです。

PB目標の破棄を「閣議決定」しない限り、
政府は適切な需要創出策が打てず、
我が国のデフレは延々と継続することになるでしょう。

関連記事

日本経済

【藤井聡】『日本のプライマリー・バランス規律は、外国よりも甘い』という出鱈目

日本経済

【青木泰樹】アベノミクスの成長戦略が失敗する訳

日本経済

【藤井聡】「骨太」における経済財政運営の「目標」を考える

日本経済

【藤井聡】日本は今、G7諸国の中で最も「緊縮」的な財政である 〜OECDからの警告〜

日本経済

【藤井聡】今、「良いROE主義」は「悪いROE主義」に駆逐され続けている。

【三橋貴明】「デフレは貨幣現象」で五年間を無駄にした日本への4件のコメント

  1. 拓三 より

    糞経済学者ども!

    カネとは信頼関係!信頼関係は歴史が作り上げる産物!
    本来、定数は国家国民の安定的価値観!そのあとに紙幣!
    紙幣を定数にしたいのならば、国民国家の信頼を強固にすること!
    都市部一極集中、地方格差、格差社会、インフラ格差、そしてグローバル経済、全て国家国民が築き挙げた信頼関係の破壊!つまり定数の破壊!本末転倒!

    国民国家の信頼関係を軽視し、紙幣と言う紙切れに定数を求めた事によりカネ=信頼が壊れ、カネ=博打に変化した世界経済。挙げ句の果てには仮想通貨の登場…..ほとんど博打!

    もう一度、『カネ』とは? を世界が見つめ直さなければ歴史が繰り返す事になるでしょう。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. たけちゃん より

    三橋先生
    いろいろ教えて頂きありがとうございました。もう日本の再興は無く失われた30年に突入したと思います。
    もう希望を失いました。ひっそりと草葉の陰に身を置きたいと思います。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. あいあい より

    いや、寧ろ東京オリンピック後の大不況にこそ希望があるんじゃないだろうか。
    その時には自民も民進もなくなっているに違いない。
    政情不安によって中道は右派左派共に消え去っているだろう。
    そう、これからは極右と極左の時代になるんじゃないだろうか。
    その頃にはそれまでの政権によって大量の移民も入っていることだろう。
    1930年代のドイツをそのまま繰り返す形になるんだろうよ。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】デフレは未だ継続中。アベノミクスの完全成功のために...

  2. 2

    2

    【小浜逸郎】日経のウソ記事にだまされるな

  3. 3

    3

    【三橋貴明】ヴィンランド

  4. 4

    4

    【佐藤健志】ゴジラのグローバル化、その顛末とは

  5. 5

    5

    【三橋貴明】グローバリズムと金属主義

  6. 6

    6

    【青木泰樹】日銀は「プラスの付利」を止めるべき

  7. 7

    7

    【三橋貴明】インフラ整備に向かうアメリカ、背を向ける日本

  8. 8

    8

    【藤井聡】内閣府データが示す、10~15兆円規模の大型補正予...

  9. 9

    9

    【佐藤健志】支持率変動と認知的不協和

  10. 10

    10

    【三橋貴明】敵基地反撃能力保有の議論を封じられてはならない

MORE

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【三橋貴明】人間の屑たち

  5. 5

    5

    【藤井聡】「橋下大臣」による、憲法改正での「都構想の悪夢の再...

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】交通インフラによる生産性向上

  2. 日本経済

    【三橋貴明】交通インフラの整備と経済成長

  3. アメリカ

    【三橋貴明】インフラ整備に向かうアメリカ、背を向ける日...

  4. 日本経済

    【小浜逸郎】日経のウソ記事にだまされるな

  5. 日本経済

    【佐藤健志】ゴジラのグローバル化、その顛末とは

  6. 日本経済

    【藤井聡】デフレは未だ継続中。アベノミクスの完全成功の...

  7. 日本経済

    【三橋貴明】ヴィンランド

  8. 欧州

    【三橋貴明】グローバリズムと金属主義

  9. 未分類

    【青木泰樹】日銀は「プラスの付利」を止めるべき

  10. 未分類

    【三橋貴明】敵基地反撃能力保有の議論を封じられてはなら...

MORE

タグクラウド