日本経済

2018年12月10日

【三橋貴明】水を売り飛ばした日本政府

From 三橋貴明

 

【今週のNewsピックアップ】

水を売った日本政府
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12423994672.html
続 水を売った日本政府
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12424254811.html

水道民営化は、途上国においても、
先進国においても「猛威」を振るった
悪名高きレント・シーキングです。

最も有名な例が、
ボリビアのコチャバンバ市で起きた「水戦争」です。

1999年、世界銀行はボリビア政府に対し、
第三の都市であるコチャバン市における
水道民営化を強制しました。

水道民営化を押し付ける際のレトリックは
、実は現在の日本政府と同じです。

水道民営化に際し、
多国間債務の免除を条件に付けたのです。

現在の日本政府は、
水道民営化を決断した自治体に対し、
負債の繰り上げ返済時に、

本来は支払いを求められる利息を
返済済み分を除いて全額免除できるものとしています。

つまりは、債務を「餌」に
自治体に民営化を迫っているわけで、
ボリビアのケースと同じです。

さて、ボリビア政府は
公営水道会社を民間企業に改組し、
アメリカのベクテル社の子会社
アグアス・デル・ツナリ社に運営を任せることになります。

ボリビア政府にベクテルを推したのは、
もちろん世界銀行です。

民営化の結果は、悲惨でした。

水道料金は四倍に跳ね上がり、
貧困層は水道料金を払うどころか、
満足な食事もできなくなります。

アグアス社は、支払い不能に陥った世帯に対しては、
容赦なく水の供給を停止。

さらには、管理下においた
井戸水の水の料金まで引き上げたわけですから、
半端ありません。

人間の生命をつなぐ「水」を
民間企業(しかも外資)に握られたコチャバン市民は、
汚染された水しか飲めなくなり、
次々に病死していきます。

ベクテルやアグアスがボリビアで行たことは、
合法的な「大量殺人」なのです。

コチャバン市民は
自らの生命を守るために立ち上がり、
ボリビア政府と対立。

死者までをも出した抗議活動の果てに、
市民は水を取り戻すことに成功します。

とはいえ、アグアス社の負債
(水道配管設備の工事代金など)の返済負担は、
市民に負わされました。

さらに、ボリビア政府は
契約破棄料の2500万ドルの賠償金まで
要求されたのでございます。

水を特定の「誰か」に握られることは、
我々の所得から容赦なく
レント・シーカーに「利益」が支払われる上に、

自分や家族の生命にさえ
危険が及びかねない最悪の政策なのです。

それにも関わらず、
日本政府は「水」を売り飛ばした。

安倍晋三首相は、日本の憲政史上、
最も国民を貧困化させた上に、
最も「売国行為」に手を染めた総理大臣であると断言できます。

関連記事

日本経済

【施光恒】ヨーロッパ文明の死?

日本経済

【三橋貴明】誤解なき「移民政策」

日本経済

【三橋貴明】日本国民の「タネ」を守る根拠法が消える

日本経済

【三橋貴明】安倍政権が「移民受入政権」であるという現実

日本経済

【三橋貴明】アメリカ・ファースト(前編)

【三橋貴明】水を売り飛ばした日本政府への4件のコメント

  1. コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. たけちゃん より

    クソ売国奴  安倍晋三
    後世に永遠に名を残すだろう。
    次週、犬HK 背後ドン 最終回。
    南州の最期では無くて、大久保利通の最期が見たい、
    安倍晋三の最期と重複するのを期待するのみ。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. 赤城 より

    ボリビアの話は現在も植民地時代と
    同じことが世界で当然のように起されているという
    恐るべき事実ですね。
    グローバル主義のおぞましさと本質を知らないと
    日本のようにひたすらに食い物にされてゆくばかり。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. 小松 より

    今は母子家庭の減免で水道代は200円くらいで済んでいますが、そういったものは民営化したら無くなりそうですよね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】ケルトン教授来日! そのお気持ちに応えるためにも「...

  2. 2

    2

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  3. 3

    3

    【三橋貴明】MMTが提供してくれる「正確な理解」

  4. 4

    4

    【三橋貴明】MMT週間が始まる

  5. 5

    5

    【三橋貴明】ケルトン教授の「おカネのプール論」

  6. 6

    6

    【藤井聡】「プライマリー・バランス目標は国際公約だから撤廃で...

  7. 7

    7

    【藤井聡】政府与党の「増税」断行で、日本の「先進国からの脱落...

  8. 8

    8

    【三橋貴明】ステファニー・ケルトン教授の出演

  9. 9

    9

    【三橋貴明】数字は残酷で素晴らしい

  10. 10

    10

    【saya】TBS〝音楽の日〟〜歌は世につれ、世は歌につれ〜

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】ケルトン教授来日! そのお気持ちに応えるためにも「...

  2. 2

    2

    【藤井聡】政府与党の「増税」断行で、日本の「先進国からの脱落...

  3. 3

    3

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  4. 4

    4

    【藤井聡】「事を荒立てず、仲良くしようとする」だけの、情けな...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】ステファニー・ケルトン教授の出演

MORE

最新記事

  1. 政治

    【室伏謙一】「大きな政府」はダメで、「小さな政府」を目...

  2. 日本経済

    【三橋貴明】MMTが提供してくれる「正確な理解」

  3. 日本経済

    【三橋貴明】ケルトン教授の「おカネのプール論」

  4. 日本経済

    【藤井聡】ケルトン教授来日! そのお気持ちに応えるため...

  5. 未分類

    【saya】TBS〝音楽の日〟〜歌は世につれ、世は歌に...

  6. 日本経済

    【三橋貴明】数字は残酷で素晴らしい

  7. 日本経済

    【三橋貴明】MMT週間が始まる

  8. 未分類

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その3)情報共有の日...

  9. 政治

    【小浜逸郎】熊さん、増税に大いに憤慨

  10. 日本経済

    【藤井聡】政府与党の「増税」断行で、日本の「先進国から...

MORE

タグクラウド