日本経済

2018年1月30日

【三橋貴明】その後 2

From 三橋貴明@ブログ

WiLL3月号 に連載
「反撃の経済学 レント・シーキング」が掲載されました。

土曜日に、夫婦カウンセリング(岡野あつこ先生)
の二回目を受けて参りました。

今回は、妻のお母様も一緒でした。

夫婦生活を円満に送るための
コミュニケーションについて色々と勉強し、
実践に励んでいます。

川畑先生や岡野先生のカウンセリングを
受けるようになって以降、
夫婦喧嘩は起きていません。

カウンセリングがここまで効果があるとは・・・。

問題が深刻化する前に、
早めに受けておけばよかったと、深く後悔しています。

1月23日、草津白根山の本白根山が噴火し、
陸上自衛隊第12旅団第12ヘリコプター隊所属の
伊沢隆行陸曹長が部下を庇い、亡くなられました。

心からお悔やみ申し上げます。

『部下かばい…背中に噴石 亡くなった陸自隊員の伊沢隆行さん
知人ら「情熱に溢れた人」「自衛官として立派」
http://www.sankei.com/affairs/news/180125/afr1801250053-n1.html

噴火で亡くなった陸上自衛隊第12旅団
第12ヘリコプター隊の伊沢隆行さんは、
部下の隊員をかばって上に覆いかぶさった際に
噴石の直撃を受けていたことが25日、
関係者への取材で分かった。

防衛省が伊沢さんの氏名を公表した25日、
関係者からは改めてその死を悼む声が上がった。(後略)』

改めて、日本は世界屈指の自然災害大国です。

大地震も少なくなく、台風の通り道に位置しており、
水害土砂災害が絶えません。

豪雪という災害もあり、そして火山も噴火します。

日本の国土面積は世界の約0.25%に過ぎませんが、
世界の活火山の一割近くが存在し、
世界有数の火山大国でもあるのです。

驚くべきデータですが、日本のGDPは
世界の6%程度なのですが、
「平成26年版防災白書」によると、
災害被害総額の17.5%が我が国なのです。

日本列島は、GDPという経済規模に比して、
諸外国と比べて三倍の災害被害を
受け入れなければならない国土という話です。

ちなみに、1980年から2013年までの
世界の大災害を見ると、
東日本大震災(約2000憶ドル)が
首位になっています。

三位は、約1000憶ドルの阪神・淡路大震災です。

さらに、首都直下型地震の
30年以内の発生確率は70%。

南海トラフ巨大地震
(東海地震、東南海地震、南海地震の連動)が
30年以内に発生する確率は、50~87%。

上記のデータを理解した時、我が国において、
「需要が足りない」
などといった事態は、本来は起きえないことが分かります。

防災一つとっただけで、日本には
需要が「ほぼ無限」に存在します。

本来であれば、デフレという「有利な環境」を利用し、
政府は国債発行と中央銀行の国債買取で財源を確保し、

「日本国民の安全を守る」

ために支出しなければならないはずなのです。

そうすれば、デフレという
需要不足も瞬く間に終焉になります。

ところが、現実の日本政府は中央銀行の
国債買取(量的緩和)は継続しているものの、
国債発行残高は減らし、国民の安全を守る
という基本的な需要ですら支出を増やそうとしません。

理由はもちろん、プライマリーバランス黒字化目標
という「壁」が立ちふさがっているためです。

今年6月の骨太の方針2018において、
せめて「建設国債」による防災やインフラ整備の予算は、
基礎的財政収支の対象外としなければなりません。

さもなければ、相も変わらず日本政府は
防災に財源を投じることができず、
国民は世界屈指の自然災害大国において
「見捨てられた」状況で捨て置かれることになります。

世界屈指の自然災害大国において、
PB黒字化目標というバカげた縛りにより、
国民を守るための支出ができない。

これがどれほど恐ろしい事態か、
国民一人一人が理解する必要があるのです。

関連記事

日本経済

【小浜逸郎】98%の絶望と2%の希望(その1)

日本経済

【三橋貴明】最強の地方創生

日本経済

【藤井聡】日本は今、G7諸国の中で最も「緊縮」的な財政である 〜OECDからの警告〜

日本経済

【三橋貴明】国を家計に例えるのはやめよう

日本経済

【藤井聡】「菅直人」政権が導入。日本経済を破壊し続ける「PB黒字化目標」

【三橋貴明】その後 2への2件のコメント

  1. 麦粒 より

    これは新聞、つまり公器。自分よりも部下、部下よりも社会。(外部から招いている人も部下の立場です。)

    起こらないようにすることは大事だが、起こってしまった時にどう動くかはもっと大事。(プライベートの話ではありません。)

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 花よりもなお我はまた より

    要らぬ世話かもわからんが、三橋さん、奥さんを、まずは大切にしてください。神棚に置けということではない。いずれにしろ、奥さんは、女です。君とは境界を逸する。コンサルタントのおばちゃんの話もわからんではないが、でもね、夫婦喧嘩は誰だってする。そのうち、しなくなる。しかしね、ここで理屈を言ってはいかん。君が受け止め、奥さんを守ることだよ。でなければ、男じゃない。男と女というのは、付け加えたものではない。最初からあったんだ。
    一足す一は二です。君の専門だろ。お疲れさん。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【三橋貴明】民主主義国「日本」最悪の問題

  2. 2

    2

    【三橋貴明】おカネとは何なのか?

  3. 3

    3

    【三橋貴明】実質消費の四年連続減少が意味するもの

  4. 4

    4

    【三橋貴明】イタリアの「国の借金」問題

  5. 5

    5

    【三橋貴明】人手不足のリスクとチャンス(前編)

  6. 6

    6

    【藤井聡】危機と対峙する保守思想誌、『表現者クライテリオン』...

  7. 7

    7

    【三橋貴明】移民問題の「国民 対 国民」

  8. 8

    8

    【小浜逸郎】技術文明との向き合い方

  9. 9

    9

    【竹村公太郎】西部邁先生の教え

  10. 10

    10

    【三橋貴明】またもや「デフレ型」経済成長

MORE

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】人間の屑たち

最新記事

  1. 日本経済

    【上島嘉郎】「移民立国」こそ時代に逆行

  2. 日本経済

    【三橋貴明】人手不足のリスクとチャンス(前編)

  3. 日本経済

    【三橋貴明】実質消費の四年連続減少が意味するもの

  4. 欧州

    【三橋貴明】イタリアの「国の借金」問題

  5. 日本経済

    【三橋貴明】民主主義国「日本」最悪の問題

  6. 日本経済

    【三橋貴明】おカネとは何なのか?

  7. 欧州

    【三橋貴明】移民問題の「国民 対 国民」

  8. 日本経済

    【三橋貴明】またもや「デフレ型」経済成長

  9. コラム

    【小浜逸郎】技術文明との向き合い方

  10. 日本経済

    【三橋貴明】日本国の縮図

MORE

タグクラウド