アーカイブス

2012年7月24日

【藤井聡】経済学の失敗

FROM 藤井聡

みなさん,こんにちは.

京都大学の藤井聡と申します.

三橋さんのメルマガに参加できて,うれしく思っています.

さて今回は最初の回ですので,
少々自己紹介がてら,
最近の興味関心をお話いたしたいと思います.

当方は今,京都大学の都市社会工学専攻というところで,
国土計画,都市計画,土木計画,交通計画などの
「公共政策のプランニング」の研究に従事しています

(※だから,我々のグループは “計画系”グループと呼ばれています.
工学部のよその研究室が主として“自然科学”をベースにした
工学研究をしている一方で,我々は,“人文社会科学”を
ベースにした工学研究=実践研究をするところなんです.
ご関心の方は,当方のHP

http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/index.php/fujiilab/fujii.html

あるいは,FB

http://www.facebook.com/Prof.Satoshi.FUJII?ref=ts

等をご参照ください)

(※ちなみに当方の学位論文は,
行動的な計量経済学に基づく交通市場における需要分析,
でしたが,その後,その「行動」っていうのを
もっと研究するようになって,社会心理学研究,
ひいては社会的ジレンマ研究を進めるようになったのでした.
いわば,ノーベル経済学賞の方のお名前を借りると,
マクファデン→サイモン→シェリング,という流れです).

で,この「プランニング」 というのが,
最近では随分と嫌われているようです.

なぜかというと,
「自由放任にするのが,一番よい結果をもたらすんだ!」
というイデオロギーがこの日本を,というか,この世界を,
支配してしまっていたからです.

そんなイデオロギーをなんて言うかということですが,
ネオリベラリズムとか新自由主義とか,
ややこしく言うと新古典派経済学,
あるいは簡単に市場原理主義,とか,
言われたりします.

いつからそんなことになったのかというと,
おおよそ,80年代頃からのようです.

実は,かの1929年の大恐慌以降,
1980年代頃までの半世紀,そんな新自由主義は,
そこまで大きな力を持っていなかったのです.

...ということで,1980年代くらいまでは,
ほとんどだれも「プランニング」がそのものが悪いなんて
誰もおもってやいませんでした
(共産主義の計画経済は人気は無かったのですが).
それに,ケインズ主義だって,誰も,
何か悪いものだなんてだれもおもわれていなかったのです.

例えば,米国のニクソン大統領は70年代
「我々はもうみんな,ケインジアンだ!」
なんて言ってたそうです.

ところが,80年代,90年代になってくると,
どんどん新自由主義が,世界を支配するようになっていきます
(さらにベルリンの壁崩壊が,その流れを決定づけたわけですね)

で,そうなればなるほど,どんどんケインズ主義にしろ,
プランニングの考え方にしろ,嫌われていってしまったのです.

そして,今やもう,「ケインズ主義」だとか
「積極財政に基づく経済政策を」だとか,
さらには「計画経済」(笑)だとかいっちゃうと,
エコノミストの方々の中では,「こいつは馬鹿か?」
と言われるようになっちゃったわけです.

で,さらに経済学の学者さんの集まりだったら,
そんな事ちょっとでもいっちゃったら,
完全につまはじきにされて,
出世できなくなっちゃうなんてことを,
よく耳にします(これ,マジです).

でも,どっちが馬鹿かっていったら・・・
なんて事を言うと誹謗中傷合戦になってしまいますから(笑),
当方が敬愛する,ケインズ研究の第一人者であられる
ロバート・スキデルスキー教授という先生(←素晴らしい先生です!)
のお言葉をお借りしましょう.

「今回の危機(←リーマンショックの意)の根本原因は,
経済学の理論的な失敗にある....
最近,圧倒的な力を持っていた新古典派経済学が
どれほどの害悪を与えたかは,簡単には記せないほどである.
歴史上,これほど奇妙な考え方に
優秀な人達が熱中した例はまずない」

〜『なにがケインズを復活させたのか?』より〜

・・・

ということで,
今,日本や世界がメチャメチャになってるのは
「(滅茶苦茶頭のいい)経済学者の皆さん」が
「集団的な狂気状態」になっちゃってたからだ....
という疑義が濃厚(!)なのであります.

そんなこんなで,
当方の専門の「プランニング研究」なんてのは,
世界の端っこに追いやられていたわけですが....
ということで,少し長くなりすぎました.

この続きはまた,次回!

PS
なぜ、正直者は得をするのか? 社会的ジレンマ研究とは?
http://amzn.to/MgJ8wQ

関連記事

アーカイブス

【竹村公太郎】見えないインフラ

アーカイブス

【上島嘉郎】拉致被害者をなぜ救出できない─日本のジレンマ

アーカイブス

【施光恒】創造性の土台と閉塞感

アーカイブス

【古谷経衡】「フランダースの犬」の教訓

アーカイブス

【三橋貴明】抽象的な財政議論を排せよ

【藤井聡】経済学の失敗への1件のコメント

  1. 山田 繁 より

    面白い。もうテレビなんて見ていられません。動画はみなくっちゃいけませんし先生の本は読まねばならないし、忙しくてたまりません。困っております。うれしい悲鳴です。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】吉川洋東京大学名誉教授が『詭弁』を弄して、『防災を...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】安藤提言

  3. 3

    3

    【三橋貴明】デフレ完全脱却による財政再建に向けた提言(後編)

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】角栄の政治家魂を復権させよう

  5. 5

    5

    【三橋貴明】平成30年7月豪雨〜不作為の殺人者たち〜

  6. 6

    6

    【三橋貴明】頻発する自然災害

  7. 7

    7

    【竹村公太郎】見えないインフラ

  8. 8

    8

    【saya】「10分いくら?」の世界

  9. 9

    9

    【施光恒】朝顔と日本人

  10. 10

    10

    【藤井聡】「目標成長率シーリング」を実現せよ 〜骨太2018...

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】吉川洋東京大学名誉教授が『詭弁』を弄して、『防災を...

  2. 2

    2

    【施光恒】園芸からみえる日本

  3. 3

    3

    【藤井聡】大阪北部地震が導く「巨大地震」 〜速やかな対策に向...

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】安倍政権20の愚策(その1)

  5. 5

    5

    【藤井聡】なぜ、南海トラフ地震の被害が1400兆円を超えるの...

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】マッチポンプ

  2. 日本経済

    【三橋貴明】技能継承

  3. コラム

    【竹村公太郎】見えないインフラ

  4. 政治

    【三橋貴明】平成30年7月豪雨〜不作為の殺人者たち〜

  5. 政治

    【小浜逸郎】角栄の政治家魂を復権させよう

  6. 日本経済

    【藤井聡】吉川洋東京大学名誉教授が『詭弁』を弄して、『...

  7. 政治

    【三橋貴明】デフレ完全脱却による財政再建に向けた提言(...

  8. 政治

    【三橋貴明】安藤提言

  9. 日本経済

    【三橋貴明】頻発する自然災害

  10. 日本経済

    【saya】「10分いくら?」の世界

MORE

タグクラウド