アーカイブス

2013年9月24日

【鶴田正平】消費税のしょぼい展開

FROM 鶴田正平
ご無沙汰です!

京大藤井教授のピンチヒッターで不定期に登壇させて頂いております、教授とは竹馬のプロヲタ友の鶴田正平です!

藤井教授は、現在強靭化の重点化15プログラムの細かい仕込みでご多忙とのことで。。。久々に登板させていただきます。今回もできるだけ違和感なき代わりが務められますよう、がんばりますのでよろしく御願いします!

さて。。。。いま、メディアでもネットでも「消費税増税」の話題でもちきり、ですよね。

消費者はもちろんのこと、企業の人もたくさんのオカネを税務署に払わないといけなくなりますから、こりゃもう、たまったものではありません。どこをどう考えても、消費税増税は「デフレ圧力」をもたらします。

だから「消費税増税は反対だ!!」って声が国民の中からわき出でるのも当然です。

当方ももちろん!!増税には「大反対」であります!!!
なんといっても、大規模な景気対策なんて、今の政府にやぁ期待薄。。。っすもんねぇ。。。。

でも・・・・万一!、消費税増税をしたとしても、チョーチョー大量の、例えば、その増税による増収分の3倍とか4倍の規模で「政府から国民への還元を断行する!」なんてことがあれば、「デフレ圧力」はきれいさっぱり無くなって、かえって「インフレ圧力」がかかることになりますもんね。

いわば、ブレーキは踏むけど、それ以上の勢いでガンガンにアクセルを踏めば、クルマは前に進んじゃう、ってことになるわけです。

逆に、消費税増税を行わなくても、ぜーんぜんそんな対策をしなけりゃ、クルマはそもそも前に進みません。

ってか、今はそもそもデフレですから、クルマの比喩で言うなら「上り坂の途中で、クルマの推進力が弱いので、徐々にずり下がっている途中」なわけです。

・・・・

ってことで、デフレ脱却の事を考えるなら、厳密に言うなら、

「財政出動(第二の矢)のインパクト」と「消費税増税のインパクト」

の「相対的関係」「だけ」に意味があるのであって、
消費税をするかどうかっていう話「だけ」では、
景気にいいかワルイかは、議論できない、ってことになります。

だから、簡単に言うと、次の様に、この鶴田めは思います(ちょっと算数チックな議論展開ですが、少々ご辛抱ください)。

もし仮に政府が、
「消費税増税するかvsしないか」
という判断と、
「財出をちょろっとやるか(増収分程度)vsガッツリやるか(増収分の二倍程度)」
という判断の双方を同時に行うとすると、政府の振る舞いには2_2の4パターンがありますよね。

とすると、デフレ脱却=アベノミクスの視点から、この政府の対策を評価すると、次の様になります。

(最善!)増税しないで、ガッツリ財出!! (→ガッツリ、デフレ脱却!!!)
(よ い)増税しないで、ちょろっと財出! (→そのうちデフレ脱却?)
(ま し)増税して、ガッツリ財出     (→まぁデフレ脱却できるかなぁ。。。?)
(最悪!)増税して、ちょろっと財出    (→はい、チーン…..)

さぁ、政府はどうするのでしょぉぉぉぉぉぉか!?

・・・・あっ!、そうそう。

こんな話してると、

「鶴田は、増税の推進派だ!!
こいつは安倍さんの敵だ!!
木下事務次官に懐柔されたダークサイド野郎だぞ!!」

なんて言われるかもしれませんが(おーこわ 汗)、この鶴田、山下事務次官にあったこともなけりゃぁ、総理に敵意があるはずもありません。

どっちかっていうと、今までガン無視され続けた「財出=第二の矢」をはじめた安倍さんに(その点について!!)大いに期待し、財務省の皆さんには、もっともっとデフレ脱却における財出の重要性をご理解いただきたいと、ひたすら一年365日祈念し続けている一国民でありやす・・・・・

ですから皆様!、是非是非、ヘンテコな言説やデマに騙されないで、「思考停止」を今すぐに「停止」して、自分の頭で考えてくださいね!!

なんにしても、現実の政治は、大味なアメリカンプロレスじゃぁないんですから、ヒール(注1)とベビーフェイス(注2)は、簡単に分かるようにはなってないんでありやす(注3)。

(注1:ヒール=悪役レスラー。サンプルは下記をご参照ください。
下記は、上田先生です。
http://photozou.jp/photo/show/601721/114262255 )
(注2:ベビーフェイス=善玉レスラー。童顔の意ではない点に注意。
でも実際、下記は童顔
http://kuro.pinoko.jp/pro/w710.htm
(注3:例えば、チョーど悪役のブッチャーが一番安心してプロレスができたのは馬場さんの全日で、猪木の所にいってたことを、マジで後悔するようなメッチャ良い奴だったりとか、キングコングでチェイン振り回してたブロディもまた、本来は家族思いの穏やかな人柄のインテリジェントモンスターであったことは有名な真実です。)

。。。。。ところで。。。。。

この鶴田、どうも気になって気になって仕方が無いのが、「ミョウなデマ」であります。

そのデマってのは、

「デフレは貨幣現象だ。
だから、金融緩和だけでOK!
財出なんて、全然イラン。
だけど!! 消費税増税はデフレを悪化させる!!」

ってものです。

でもこの話、この鶴田めの小さなおつむでいくら考えても「ちょっとおまぇ、ボケてんじゃねぇのか?」って話にしか思えません。

このボケ話の震源地は、おおよそこのあたりですが、
http://jp.reuters.com/article/vcJPboj/idJPTYE95608920130607

以前東田さんもご指摘になってましたように、そもそも「デフレは貨幣現象」(これって、いわゆるリフレ派、ってことですね)なんだったら、増税しても、金融緩和をガッツリやればいいんだけじゃないんでしょうか?

実際、天下のリフレ派山本幸三先生は、「デフレ脱却と消費税率引き上げは関係ない」と述べてます!
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20130910-00000034-bloom_st-nb&p=1

(※で、「安倍晋三首相は予定通り2014年4月からの税率8%への引き上げを早期に決断するよう求めた」そうですよ 大笑)

で、「理屈」だけで言えば、この山本先生は、とっっっっても誠実な方、ってことになります。
(※もちろん、それでデフレが脱却できるかどぉかは、当方、全く保証いたしません
が 苦笑)。

でも、先にご紹介したリフレ派な人達は、

「財出は景気に影響ない」くせに、「増税は景気に影響ある」

なんて言うわけですから、もうメチャクチャですよね。

木に竹を接ぐ(注4)とはまさにこの事なり……でもまぁ、こういうツッコミいれたって、どうせああでもないこうでもないって理屈をいうわけですが(例えば、かへいじょぉすうがどうとかこうとか、たいむらぐがどうとかこうと
か。。。)、どうせそんな話をいくら聞いたって、

「財出はキライだし、増税もキライ、でも金融緩和は大好き!」

っていう「好き嫌い」の話にしか聞こえなくなってしまうのは……だいたひかると私だけ?

(注4:木=貨幣の中立性、竹=金融政策の有効性についての信念。このあたりのツッコミにご関心の方は、下記をご参照ください→ http://amzn.to/15hxu2E )

ってことで、そんな思考停止な皆さんと議論しても、念仏を聞いてる馬さんや真珠を付けた豚さん達と議論するようなもんですからどうしようもないですが(苦笑)、このデマがはびこればはびこる程に、この鶴田めが申し上げている「(最悪)〜(最善)」の4段階なんて「ナンセンス」だ、ってことになります。

なぜならそもそも彼等は、「財出には意味が無い」と信じてるわけで、金融政策だけで景気が変動すると思ってるわけです。彼等にとって、増税しようが財出しようがカンケー無くて、とにかく、金融緩和さえすりゃぁ、デフレ脱却できるわけです。だって、貨幣現象なんっすから。。。。

そいで、このミョウなデマが、日本中を(ネット界も含めて)席巻しちゃって(しかも、1000兆円の借金あるから、増税しないとはたんするぅぅぅ!!!なアホばなしも、席巻しまくってるので、結局は)、先の四段階ではどこに落ち付くかと言えば、

「(最悪)増税して、ちょろっと財出」

ってとこしかなさそうっすねぇ(大苦笑)。。。。ってことで皆様、もういちどぉ。。。はい、

チーン…

・・・・

が!

もちろん!

総理判断は10月1日まででありますから、それまではできるだけ、

(最善)をめざし、それが難しいなら
(よい)をめざし、それが難しいなら、
(まし)をめざし、それが難しいなら、
(最悪)をめざし、それが難しいなら
(最最悪)「せめて法人税減税だけは食い止める」をめざし、それが難しいなら
(↑法人税は、内部留保金の「還流」を促します!!)
(最最最悪)「せめてちょろっとした財出」くらいは確保することを目指す。。。。

っていうことに「全力」で取り組むしかないですよね。。。とはいえ、ホンット、なんともしょぼい展開でありやんす。。。。

でも、現実がそうなら、そうするしか無いのが、政治でしょうし、人生ってものなんでしょう。。。。いやぁ世知辛い世知辛い。。。。でもまぁ、

全日・新日に入れなくてもFMWくらいは入れるし、
FMWが入れなくてもウィングくらいは入れるし、
ウイングに入れなくても学生プロレスくらいではがんばれるし、
学生プロレスにも入れなくても
ガッコーの廊下でトモダチ相手にアキレス腱固めごっこくらいはできる。。。。

なんてのが、この世間ですもんねぇ。。。

でもまぁ、みなさん、それはさておき、今日もせっせときたえましょう!

(じゃぁ、小鉄さん、御願いします)
イッチ、ニィッ、サンッ、シィッ、ゴォッ。。。

ではまた、そのうち、機会があればお目にかかりましょう!!!

Byショーヘイ鶴田

追伸:
こんな話、整理して理解されたいかたは、藤井先生のこちらをどうぞ!
http://amzn.to/143U9tk

追伸2:
リアル藤井教授のメッセージにご関心の方はこちらを是非是非どうぞ!
https://www.facebook.com/Prof.Satoshi.FUJII

関連記事

アーカイブス

【上島嘉郎】安倍談話に望むこと(その五)

アーカイブス

【藤井聡】今年はまずは『富国と強兵』をじっくり読んでみよう!

アーカイブス

【後藤孝典】民法改正とTPP

アーカイブス

【浅野久美】たんたんたぬきの討ち入りだ

アーカイブス

【東田剛】アメリカが激怒

【鶴田正平】消費税のしょぼい展開への15件のコメント

  1. yusa より

    >そもそも新自由主義とは財政政策であれ金融政策であれ、政府の介入を嫌うものであり、なぜ強く金融政策を勧めるリフレ派が新自由主義なのでしょうか。政府の介入を嫌うから日銀法改正を声高に叫んでいる(いた)のでしょう?>財政政策に積極的でないだけで新自由主義とレッテル貼りで蔑むのは非常に悪質です。財政政策に積極的でない方に新自由主義的な方が多かっただけで、少なくとも私は共産党を新自由主義呼ばわりはしませんよ。貴方もリフレに対する反対意見にちょっと敏感になっているのではないかと思います。私の意見に異論があればコメントください。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. yusa より

    金融政策に積極的でない(と思われている)菊池英博氏もネット界隈では散々に言われてますけどね。財政政策に積極的でない理由が明確なら一つの意見として尊重しますが、現状では論拠が乏しいと私は判断してますので貴方には同意しかねます。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. yusa より

    >西田議員の動画には消費増税に関し、「裏切られた」、「見損なった」などのコメントが寄せられています。>しかし彼らのコメントを読むと、どうみても西田議員を支持していた人々ではありません。まぁ元々「消費税反対ならなんでもいいや」って感じで無視されてただけなんでしょうけどね。これだから違う意見は認めない人は対応に困ります。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. 名前はまだ無い より

    なぜ増税に反対している鶴田さんを攻撃するのですか?田中秀臣氏がさくらじの中で財政政策、特に公共事業をデフレ脱却のために必要とする人を「反リフレ」と定義されておられます。その他のリフレ派の発言・支持する政治家などからして彼らは明確に財政出動反対派・構造改革賛成派です。彼らが政府の関与を認めるのは金融政策のみに過ぎません。得たものはデフレ脱却を求める人たちの支持とリフレ派の恨みでしょうね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  5. yamashita より

    世論がこぞって増税賛成の中、決して多くはない反対派を分断するようなことをなぜこの期に及んでするのか疑問です。さらにリフレ批判に関して、リフレ派の主張をおそらく意図的に歪曲しており、余りに短絡的だと言わざるを得ません。そもそも新自由主義とは財政政策であれ金融政策であれ、政府の介入を嫌うものであり、なぜ強く金融政策を勧めるリフレ派が新自由主義なのでしょうか。言葉の意味も理解せず、財政政策に積極的でないだけで新自由主義とレッテル貼りで蔑むのは非常に悪質です。いずれにせよこのエントリーによって失ったものは余りに大きく、得たものは一体何だったのでしょうか。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  6. 安倍さん指示 より

    ちょろっと財出+消費税増税 なんてことをするんだったら、何のために政権交代したんでしょうねえ、自民党の皆さん。こんなんだったら民主党があのままやっていても大して変わらないのでは?もともと自民党ってのはこんな風に内部対立が生まれて、ぐだぐだになって何も決まらないか、小泉みたいに悪い方向へ行ってしまうという傾向あり、だから政権を追われる様になったんじゃないのか。いまだに反省出来ていないことに愕然とする。もう誰を信じたらいいのかわからない。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  7. DDB より

    私も鶴田さんの意見に賛成で、デフレが仮に貨幣現象だけなら消費税にリフレ派の先生方が反対する理由がわかりません。やはり、藤井先生や三橋さんがいつも仰っている通り需要と供給のギャップをうめる大胆な財政出動も金融緩和と同様に必要だと思います。あと、消費税増税問題で手当たり次第にいろんな先生方を倉山先生の受け売りで責めている人がいますが、サヨクの内ゲバのような子供染みたことは保守のやる事ではないのでいい加減やめてほしいです。スイマセン Fラン大学生の戯言でした^^;

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  8. らっきょうの夢 より

    ここにきてリフレ派の方々の支離滅裂ぶりが露になってきましたね。考えるのが苦手で安易に答えをつかもうとする分、馬脚を現すのもはやいです。要するに彼らは小さな政府の支持者で新自由主義的な方々なのですが、頭が痛いのは当人たちにその自覚があまりないことです。また、説明しても理解しそうにありません。。西田議員の動画には消費増税に関し、「裏切られた」、「見損なった」などのコメントが寄せられています。しかし彼らのコメントを読むと、どうみても西田議員を支持していた人々ではありません。子供だましのような言説であたかも愛国者風の悲痛な叫びをしてみせる彼らのお芝居は拙劣なもので、西田議員もそこらへんはお見通しのようですから厳しい現状を踏まえた上で堂々と主張を展開しています。西田議員はリフレ派の人々とは異なり、デフレを貨幣面ではなく実体面の問題だと考えてきた人です。デフレを貨幣現象だとして金融政策でどうにでもなるなどと考えているお花畑な人とは異なります。貨幣現象だとしながら消費増税の実体経済への悪影響を開陳してみせる人々とは頭の出来が異なります。支持してきた振りをしても無駄です。そりゃあ、デフレ期に消費税を上げるなど愚策であることは西田議員も百も承知です。消費増税はまさに経済の実体面を毀損するものだからです。にもかかわらず西田議員が消費増税に傾くような発言をするようになっているのはなぜなのか。財務省に取り込まれたからだとかわけがわかりません。このままでは安倍首相も取り込まれるなどと危惧する向きもありますが、安倍首相を神の如く崇める彼らリフレ派にとって、その安倍首相すら取り込まんとする財務省は神以上のなにかでしょうか。悪魔?財政規律重視の財務省を支持はしませんが、かといって財務省の役人も人間なのですからもっと常識的な節度ある批判をするべきでしょう。リフレ派の人々にはちょっとは頭を働かせてほしいものですが、働かせる過程でそれまでなんとくなく気づいているんだけど気づかない振りをしてきたあれこれと対峙しなくてなりませんので、心が弱そうな彼らには難しいかもしれません。そう、頭というよりは心の問題ですね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  9. 名前はまだ無い より

    正直言って保守を名乗る人たちの偽善と欺瞞に吐き気がするほど怒りを感じていました。鶴田さんは難しい立場にいるためにずいぶん辛抱されていたと思います。(ときどき怒りが漏れていましたが)はっきり言ってリフレ派の人たちは単なる現代の連合赤軍です。彼らは「自己批判が足りない。総括せよ」と内ゲバを繰り返して自己の正当性を担保しようとする煽り屋にすぎません。鶴田さんの誠意に敬意を表します。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  10. 名無しの権兵衛 より

    本当に鶴田さんの言う通りだと思います。安倍総理が消費税増税を決定することで、「デフレ脱却への道」は「イバラの道」になるでしょう。補正予算というのは、単年度もしくは一時的に行うものですけど、消費税というのはずっと続くものなのです。そして企業経営というのも単年度だけで判断して投資を行うことはあまりやらず、中長期の展望が見えてきてから投資を行っていくものだからです。他にも重要な事は、世界情勢に関わる「エネルギー価格問題」や「世界的な経済危機」も予断を許さない状況です。そこをわかってないように思います。ヘタをすると第2の橋本消費税ショックになりかねません。で、鶴田さんが言ってることをゲームの難易度で言うと、 (very hardモード) 増税しないで、ガッツリ財出!! (hardモード) 増税しないで、ちょろっと財出! (normalモード) 増税して、ガッツリ財出 (easyモード) 増税して、ちょろっと財出 (very easyモード) 増税して、財出無し今の安倍政権の支持率やパワーから言えば、(very hardモード)で「日本国デフレ脱却ゲーム」を早期にクリア出来ると思ってたのですが…

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  11. のりお より

    攻撃する方向が違うでしょう!今は主義主張が違っても一致結束して増税を叩く時じゃないの?

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  12. よし より

    ふ…鶴田先生もここ最近のあの界隈の動きに懸念を持っていたようで安心しました。消費増税阻止への熱意と行動力は本当に尊敬しますが分かりやすい明確な敵を設定し、大衆を煽る手法は歓迎できませんね最近は名前こそ出してないものの増税反対派の論者にまで喧嘩売り始めてますしどこまで行くのやら

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  13. ごうだたけし より

    木下が勢い余って、山下になってるところありますよ素晴らし記事でした。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  14. 古事記 より

    一つだけ本日のコメントに付け加えて頂きたい。財政出動の増大には田中角栄が始めた国家観無き利権政治屋(それに毒された官僚)の暗躍が発生し、自民党の党是を無視し党是に反対で有りながら、党員と成り利権を貪る当選議員が増える恐れがあります。各省庁含めて。田中竹下派金丸小沢派の流れを汲む二階、野田、山本、額賀、議員など利権が発生する事柄には走り回るが、利益の発生しない事柄には適当に対処する。(必要な建築土木が悪の様に言われた原因です)国家観の欠如した議員が増える恐れが有る事を。監視と警告を。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  15. 夏みかん より

    「木下ノミクス」でしたっけ。相変わらず馬鹿なことで騒いでいるなぁと、呆れましたけど。この消費税増税の話って、影で一個人が暗躍しているからとか、そんな「こじんまり」した話でしたっけ?責任を個人に押しつけて、自分たちはその「罪」から逃れたい…そんな感じにしか見えない。まったく、ネットでもリアルでも、くだらない話の流ればかりで、うんざりしますね。保守派…いや、リフレ派って、この程度だったんですね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

アクセスランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「菅直人」政権が導入。日本経済を破壊し続ける「PB...

  4. 4

    4

    【藤井聡】日本経済の「供給力」「生産性」を破壊し続ける消費増...

  5. 5

    5

    【小浜逸郎】北海道というエアポケット

  6. 6

    6

    【三橋貴明】人間の屑たち

  7. 7

    7

    【三橋貴明】フリーゲージトレインの恐怖

  8. 8

    8

    【施 光恒】日本国民の一人負け?

  9. 9

    9

    【三橋貴明】シンガポールの安全保障

  10. 10

    10

    【藤井聡】消費増税ショックで「日本の貧困化」が進行しています...

MORE

最新記事

  1. アジア

    日本経済

    [三橋実況中継]韓国は未来の日本国

  2. コラム

    政治

    【平松禎史】霧につつまれたハリネズミのつぶやき」:第丗...

  3. メディア

    【上島嘉郎】「慢心した坊ちゃん」の時代

  4. 政治

    日本経済

    【島倉原】財政支出が経済成長を規定するメカニズム

  5. コラム

    【佐藤健志】「変」のパワーを活かす方法

  6. 政治

    【藤井聡】「プライマリー・バランス黒字化」という「悪行...

  7. 日本経済

    【三橋貴明】「経世済民」の意味

  8. コラム

    [三橋実況中継]かつてのアテネのように

  9. 日本経済

    【三橋貴明】2016年末 日本国債保有者別内訳

  10. アメリカ

    【三橋貴明】農業の市場開放で第一の標的は日本だ

MORE

タグクラウド