アーカイブス

2012年7月25日

【東田剛】野田首相がやるべきこと

FROM 東田剛

東田剛と申します。

三橋貴明著『コレキヨの恋文』の登場人物の名前を借りて
書かせていただきます。

その方が言いたいことが言えるので、読者のみなさんには
その方がよろしいのではないかと思ってのことですので、
なにとぞご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

さて、早速ですが、野田佳彦首相が「待ったなしの課題」とか
「決める政治」とか、語気を強めて繰り返すドヤ顔を見ると、
いらだちを押さえられません。

何を決めるかと言えば、当然、消費税の増税です。

おそらく、野田首相は、
「政治家のリーダーシップとは、ぶれずに決めることだ」
と信じているのでしょう。

あるいは、松下政経塾あたりで
そう教え込まれたのかもしれません。

野田首相は、消費税増税法案を国会に提出する前から、
「ぶれない政治」とか「逃げない政治」とか、
仰っていました。

でも、首相は、ご自分で仰っている意味、
その事の重大さをおわかりになっているのでしょうか。

まだ、法案が国会で審議されていない段階から、
「ぶれない」「決める」ということは、
国会での審議という議会制民主政治において
最も重要な政治行為を否定しているに等しいのです。

もし、国会での審議の過程で、野党からの批判によって、
消費税を増税することが間違いだとわかったら、
法案を撤回すべきでしょう。

つまり、消費税増税を決めてはダメだし、
増税の方針からぶれるべきなのです。

国会での審議がどうであれ、
消費税増税を決めているなら、
国会など要りません。

単に、消費税増税という決めたことをぶれずに執行する
官僚組織さえあればいい。
それこそ、官主導ではありませんか。

政治は、決めることが大事なのではありません。
正しいことを決めるのが大事なのです。

そして、何が正しいのかを見つけるために、
議論をするのです。

大事なのは、議論です。

政治の本質は、
議論する手続きにこそあります。

しかし、マスコミに登場する評論家や新聞の社説が、
「日本の政治は、何も決められない」という不満を
よく言っていますよね。

そして、国会や党内の議論の結果、方針が変わったり、
状況の変化に応じて判断を先送りしたりすると、
「ぶれた!」と騒いで批判するのがお決まりですよね。
マスコミ世論は、議論なんて面倒なものが大嫌いなのです。

「野田政権は財務省のいいなりで増税するから、官主導だ」
という批判がありますが、違います。

「ぶれない政治」「決める政治」こそが、
官主導なのです。

そして、その官主導の政治を求めているのは、
マスコミ世論なのです。

PS
「東田剛って、誰?」と思われた方は、こちらをクリック!
⇒ http://amzn.to/NP3EEX

関連記事

アーカイブス

【上島嘉郎】安倍談話に望むこと(その三)

アーカイブス

【三橋貴明】野田政権期より6%貧乏にした総理

アーカイブス

【柴山桂太】日本はどの道を進むのか?

アーカイブス

[三橋実況中継]日本には凄い「技術」があります

アーカイブス

【三橋貴明】過激化する難民排斥デモとドイツの恐怖

【東田剛】野田首相がやるべきことへの2件のコメント

  1. 伊藤美奈子 より

    あれ以来、とても寂しい思いをしておりましたが、必ずや近い将来私たちを励ましに来てくださると信じておりました。どうぞ、末永く(とはいえ、たけし殿が言論活動をしなくても済む日本になることが理想ではありますが・・・)宜しくお願いします。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 隈田原 盛淳 より

    お帰りなさい、タケシさんw お元気そうで何よりです。これからの連載、楽しみにいたしております。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【小浜逸郎】技術文明との向き合い方

  2. 2

    2

    【三橋貴明】民主主義国「日本」最悪の問題

  3. 3

    3

    【三橋貴明】おカネとは何なのか?

  4. 4

    4

    【竹村公太郎】西部邁先生の教え

  5. 5

    5

    【三橋貴明】またもや「デフレ型」経済成長

  6. 6

    6

    【三橋貴明】イタリアの「国の借金」問題

  7. 7

    7

    【藤井聡】危機と対峙する保守思想誌、『表現者クライテリオン』...

  8. 8

    8

    【三橋貴明】実質消費の四年連続減少が意味するもの

  9. 9

    9

    【三橋貴明】移民問題の「国民 対 国民」

  10. 10

    10

    【三橋貴明】言葉を正す

MORE

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】人間の屑たち

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】人手不足のリスクとチャンス(前編)

  2. 日本経済

    【三橋貴明】実質消費の四年連続減少が意味するもの

  3. 欧州

    【三橋貴明】イタリアの「国の借金」問題

  4. 日本経済

    【三橋貴明】民主主義国「日本」最悪の問題

  5. 日本経済

    【三橋貴明】おカネとは何なのか?

  6. 欧州

    【三橋貴明】移民問題の「国民 対 国民」

  7. 日本経済

    【三橋貴明】またもや「デフレ型」経済成長

  8. コラム

    【小浜逸郎】技術文明との向き合い方

  9. 日本経済

    【三橋貴明】日本国の縮図

  10. 日本経済

    【三橋貴明】リニア新幹線と文房具、あるいはカローラ

MORE

タグクラウド