日本経済

2018年11月6日

【三橋貴明】ILC〜世界を変える、文明を変える〜

From 三橋貴明@ブログ

三橋TV第11回
【増税は法律で決まっている!】
https://youtu.be/IdU_okToWUY

岩手県北上の地に、
全長20km(初期段階)の
直線型超電導加速器を建設し、
両端から電子と陽電子を光速で飛ばし、
衝突のエネルギーを観測することで、
宇宙開闢の謎を解明しよう。

ヒッグス粒子を調査することで、
質量の謎を解き明かそう。

北上の地に、少なくとも数千人の
「天才」たちが世界中から終結し、
日本の東北が世界の
知識、知恵、知能の中心になる。

当初の建設予算は8000億円
(日本担当分は5000億円)ですが、
経済効果(GDPの拡大)は
少なくとも4兆円。

欧州原子核研究機構(CERN)で
LHCなどを建設する過程で
生まれたのが、WEB(HTML)、
グリッドコンピューティング。

日本で建設されるILCからも、
様々な技術が生まれ、
世界を変えていくことになるでしょう。

なぜ、毎回、ILCの記事のたびに、
「ILCとは何なのか?」を
繰り返しているのかといえば、
日本のマスコミが真っ当な
報道をしてくれないためです。

とはいえ、真っ当な報道をしないのは
大手紙であり、地方紙
(岩手日報、河北新報など)は
きちんと報じています。

『<ILC>岩手・一関の予定地を
ドイツの国会議員視察
日欧の調整役
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201810/20181031_32040.html

岩手、宮城の両県にまたがる
北上山地が候補地となっている
超大型加速器
「国際リニアコライダー(ILC)」
の誘致計画で、日本と欧州の
調整役を担うドイツ連邦議会の
ステファン・カウフマン議員が
30日、岩手県一関市の
建設予定地を視察した。

電子と陽電子を衝突させて
宇宙誕生の謎に迫るILCの
建設見込み地などを見学。

大平尚岩手県企画理事や
勝部修一関市長から、
施設の排熱を再利用する
「グリーンILC」構想など
について説明を受けた。

カウフマン氏は

「プロジェクトによって
7年前の災害を克服でき、
国際的に注目を浴びることになる。

日本政府は、はっきり『やりたい』
という意思を示してほしい」

と要望した。』

テキサス宣言に続き、
今度は欧州から
「日本はILCを決断せよ!」
の圧力が参りました。

大歓迎です。

カウフマン議員らは、29日に東京で
ILC建設推進議員連盟のメンバー
(※国会議員)と会合を持っています。

カウフマン議員の他には、
ドイツ電子シンクロトロンの
ヨアヒム・ムニック所長、
フランスのサクレー研究所の
マキシム・ティトフ氏らが
同行しています。

会合において、カウフマン議員は、

「日本政府が年内に
前向きな姿勢を示せば、
欧州の研究者、ドイツ政府は
好意的にサポートするのではないか」

と、発言。

翌30日、記事の通り
カウフマン議員らは岩手の北上を視察。

「山」と聞いていたでしょうが、
実際には「丘」でございまして、
さらには普通の中山間地域の
農村でございますので、
驚いたのではないでしょうか。

視察後、カウフマン議員は、

「ILC誘致を実現したいという
県民の強い思いを感じた。

年内に日本政府が誘致の決断を
すると期待している」

と、語りました。

さらに、翌31日、東北、北海道、
新潟の知事で構成される
北海道東北地方知事会議が、
ILC建設を求める決議を
全会一致で採択。

『ILC実現は「8道県総意」
北海道東北知事会議決議
https://www.iwate-np.co.jp/article/2018/11/1/27415

本年度の北海道東北地方知事会議
(会長・高橋はるみ北海道知事)は
31日、山形県上山市で開かれ、
国際リニアコライダー(ILC)計画の
実現を求める決議を全会一致で
採択した。

同会議としてILC実現に
特化した決議は初めて。

政府による誘致の可否判断が迫る中、
年内に前向きな方向性を表明するよう
「8道県の総意として強く求める」
との文言を盛り込んだ。

近く国に要望する。(後略)』

決議後、宮城県の
村井嘉浩宮城県知事は、

「多くの外国人が東北を訪れ
北海道、新潟にも大きな
波及効果がある。

8道県の総意として取り組みたい」

と、語っていますが、波及効果は
東北北海道新潟地域には
とどまりません。

何しろ、加速器の部品や観測器の生産は、
日本中の大企業、中小企業が
一丸となって取り組まなければ
不可能なのです。

例えば、クライオモジュールや
ニオブの超電導空間を製造、
検査するだけで
膨大な需要になります。

クライオモジュールは完成形を
港から北上の山の中に運びます。

いかにして、運べばいいのか。

道路の改修が必要になれば、
土木・建設会社の出番です。

数千人の物理学者が集結し、
家族もやってきます。

彼らの生活、教育、医療の
需要を満たすためには
どうしたらいいのか。

製造業や運送、土木のみならず、
小売り、卸売り、医療、教育、
さらには電力、ガス、水道
といったライフラインなどなど、
途轍もない需要が東北の地に
生まれることになります。

需要を満たす過程で、
様々な技術が生まれ、
やがて「世界」を変えるのです。

さらには、ILCによる
研究成果は「文明」をも変えうる。

世界を変える。文明を変える。

そのために、ILCを
日本で建設しなければならないのです。

それにも関わらず、
「カネ、カネ、カネ」で、
日本の歴史上、
唯一の機会を潰すのですか、
安倍総理?

関連記事

【三橋貴明】ILC〜世界を変える、文明を変える〜への4件のコメント

  1. 八戸良城 より

     三橋先生の日頃の主張、活動に心から敬意を表します。
     しかしながら、「ILC~世界を変える、文明を変える」に、国民の理解を得て5,000億円を投資するためには、具体的かつ明確な目標、成果がなければ難しいと考えます。
     昨今の経済情勢から、デフレに陥らない大胆な投資、財政支出が必要ですが、ILCよりも喫緊の政策課題に資金を投入すべきです。
     原子力分野においては、放射線による先進がん治療、核融合による究極の電力供給など、量子の力を、現実に産業化できる方策に優先投資すべきです。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. F-NAK より

        追加的に予算をつける、という発想が無い時点で緊縮脳なのですよ。
        緊縮脳の発想で、デフレ脱却を語ってる時点で総スカンです。

        そもそも、8道県の総意は得られているし、ILCの具体的な計画は既にあるし、経済効果も試算されてるじゃないですか?
        結論ありきで読んでいるから、頭に入らないわけですね。

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

  2. たかゆき より

    科学を牽引する力

    それは工学ではなく 理学

    最先端の研究施設を建設することにより

    世界中から天才が集まり 経済波及効果も莫大

    こんなに 美味しいお話は ないでせうに、、

    訳の解らん インバウンドとやらに 出費するより よっぽど マシ

    近視眼的に 足下の小銭拾いに 精を出す方々

    そのような方々を

    ふつうは 乞食と申します ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. one より

    >衝突のエネルギーを観測することで、
    >宇宙開闢の謎を解明しよう。

    あのね、どんな観測結果が得られようとも

    ひも理論 や M理論 が完成しなければ

    宇宙開闢の謎は解明できない

    しかし、ひも理論 や M理論 に必要な

    数学理論が今現在 存在していない

    M理論が正しければ 10^500 ほどの

    異なる物理法則を持った宇宙が存在する

    電子の大きさがゴルフ・ボールほどの宇宙も存在する

    M理論が数学的に正しいことが証明できたら

    私は嬉しいが

    金儲けしか頭にない連中は

    興味がないのでは ?????

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】日本はもはや「完全なバカ」なのか? 〜『消費増税を...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】移民受け入れ反対論

  3. 3

    3

    【三橋貴明】逆走の安倍政権

  4. 4

    4

    【竹村公太郎】地球温暖化の足音

  5. 5

    5

    【藤井聡】もはや「クロちゃん」級におバカなニッポン・・・だか...

  6. 6

    6

    【三橋貴明】「もはや二度と、国民を飢えさせない」という思い

  7. 7

    7

    【小浜逸郎】先生は「働き方改革」の視野の外

  8. 8

    8

    【saya】竹中平蔵氏の最先端都市スーパーシティ~企業が国家...

  9. 9

    9

    【三橋貴明】日本国民は猛毒を飲み込む「完全なバカ」なのか

  10. 10

    10

    【三橋貴明】国家を壊し、人間を壊す移民政策

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】「10%消費税」が日本経済を破壊する―――そのメカ...

  2. 2

    2

    【藤井聡】日本はもはや「完全なバカ」なのか? 〜『消費増税を...

  3. 3

    3

    【藤井聡】もはや「クロちゃん」級におバカなニッポン・・・だか...

  4. 4

    4

    【藤井聡】「ネオリベ国家ニッポン」から脱却せよ 〜新自由主義...

  5. 5

    5

    【藤井聡】消費増税は「確定」した話ではありません―――今、始...

MORE

最新記事

  1. アメリカ

    【三橋貴明】「移民キャラバン」と「侵略者」、そして日本...

  2. 日本経済

    【三橋貴明】日本国民は猛毒を飲み込む「完全なバカ」なの...

  3. 日本経済

    【小浜逸郎】先生は「働き方改革」の視野の外

  4. 日本経済

    【藤井聡】日本はもはや「完全なバカ」なのか? 〜『消費...

  5. 政治

    【三橋貴明】「もはや二度と、国民を飢えさせない」という...

  6. 政治

    【三橋貴明】移民受け入れ反対論

  7. 日本経済

    未分類

    【三橋貴明】逆走の安倍政権

  8. 日本経済

    【竹村公太郎】地球温暖化の足音

  9. 政治

    【三橋貴明】国家を壊し、人間を壊す移民政策

  10. 日本経済

    【saya】竹中平蔵氏の最先端都市スーパーシティ~企業...

MORE

タグクラウド