政治

2018年6月27日

【藤井聡】ナショナリズムとは何か?〜右と左を超えて〜

From 藤井聡@内閣官房参与(京都大学大学院教授)

「ナショナリズム」というと、
今の日本ではスグに「危険だ!」
という声が聞こえてきます。

例えば、「君の名は。」のテーマソングで一躍、
大人気バンドとなったのRADWIMPSが
「NIHOMARU」という、
少々「愛国」めいた曲をリリースすると、
いわゆる「サヨク」側からえらく批判され、炎上し、
最終的に、バンド側が「謝罪」をするという事態になったそうです。

一方で、「ホシュ」の側では、
「そんな批判はオカシイ!
愛国心を歌うのは素晴らしい事じゃ無いか!」
という趣旨の「サヨク側への逆批判」が盛り上がったようです。

この曲の歌詞が立派なものなのかどうかの評価は
ここではさておきますが、
たかだかポピュラーソングで少々愛国心を歌っただけで
「批判炎上」が起こったり、
それに対する「逆批判炎上」が燃え上がってしまうのは、
大東亜戦争のトラウマが戦後70年以上経ってもなお、
濃密に残っていることの証左と言えるでしょう。

一方で、今のワールドカップでの盛り上がりをみれば、
我が国のナショナリズムが皆無だ、
というわけでもなさそうです。

そもそも、このNIHOMARUのリリースも、
ワールドカップにあわせたものだったようですから、
「世間の空気」に敏感な音楽ビジネス業界の感覚からして
それがビジネスになると思える程に、
日本には気分としてのナショナリズムが一定存在している、
と言うこともできるのでしょう。

・・・というように、
この一件を取り上げるだけでも明らかなように、
我が国には、ナショナリズムの「気分」が一定、
存在してはいるものの、
それをどういうように扱って良いか分からない状態が
戦後70年以上に渡って継続しているようです。

これは深刻な問題です。

そもそもナショナリズムとは、
国民皆で協力し合いながら、国家として、
いろいろな問題に対処していきましょう、
という考え方や態度を言います。

だから、ナショナリズムが適切に存在していなければ、
経済不況やリーマンショック、巨大地震、朝鮮有事等の様々な
「国家規模の危機」に対して適切に対処できなくなります。

結果、子々孫々に至るまでの国民一人ひとりが
不幸になってしまう他なくなります。

例えば、今、私達の暮らしを苦しめ続けている「デフレ不況」は、
「短期集中的」な「大規模財政政策」という国家的対策を、
全国民の支援と協力の下で実行すれば、
瞬く間に終わるのですが―――

我が国に「ワールドカップ・ナショナリズム」以上の
「適切なナショナリズム」が存在しないため、
いつまでたってもそんな簡単なことが実行できず、
ダラダラとデフレが続いている、という次第です。

同様の構図は、憲法九条の問題にも、
巨大地震対策についても、
朝鮮半島問題対策についても、見られます。

「適切なナショナリズム」が我が国に成立していないために、
こうした全ての問題が「放置」され続けているわけです。

いわば、いまの日本が直面している様々な危機の根幹に
「適切なナショナリズムが存在していない」という問題
があるわけです。

ついてはこの度、危機と対峙する保守思想誌、
『表現者クライテリオン』https://the-criterion.jp/
では、この、日本の諸問題の大本にある大問題に「対峙」すべく、

『ナショナリズムとは何か?~右と左を超えて~』

という特集をとりまとめ、出版いたしました。
https://www.amazon.co.jp/dp/B07D4ZLFSN/

この企画ではまず、
編集委員の柴山桂太さん、浜崎洋介さん、川端祐一郎さんと、
経世済民新聞にも寄稿しておられる施光恒さんに
当方を含めた五人で座談会を行い、
今日の日本のナショナリズムを巡る様々な問題の全体像を論じました。

その中からいくつかご発言をピックアップしますと・・・

 例えば構造改革路線というものはとてもまずいんですね。構造改革路線とは、「普遍的なる空間」と思われているものから各文化の特殊的なるものをどんどんそぎ落としていこうという運動です。これをやると、実は大部分の社会や国は活力を失っていきます。

・・・本来だったら・・・個々人を拘束している、そしてその反面、よく機能させるための条件でもあるナショナルな言語や文化というものを充実させていく必要がある

それが各国・各地域の人々が活き活きと暮らすことのできる社会をつくるために必要である。・・・そういう意味で、もっと日常的・常識的な見方を取り戻すことが、単純だけれども大切だと考えるわけです。

川端 国家嫌いにもいろいろありますが、よくみればナショナリズム嫌いとステート嫌いに分かれているんですね。

この前、ツイッターで江川紹子さんが、平昌のオリンピックのフィギュアスケートで日本人が金、銀をとりましたが、これは日本人が凄いのではない、羽生選手と宇野選手が凄い、個人が凄いといって炎上したことがあって、いまだにそんな話をしているのかよと思いますけど(笑)。これはネーション嫌いですね。そんな程度の低い議論をしているわけです。

柴山
グローバリズムについて僕は以前から、こんなものは長続きしないと考えていた。必ずナショナリズムが出てくるんです。欧州のように国境をなくして、自国の主権を制約されれば、必ずそれを取り戻そうとする力が働く。

日本だってそうです。グローバリズムが進むということは、各政府が自由貿易協定、要するに国境を開放する国際体制にコミットするということです。当然、主権は制約される。財政もそうで、グローバリズムが進むと財政を緊縮せよという圧力が内外で高まる。そういう脈絡の中で、真にあるべき国家を取り戻そうという声が必ず出てくるはずです。

浜崎 そもそもブレトンウッズがなぜ出来たかというと、結局、世界戦争の結果ですよね。しかし、だとすると、もう戦争しかないんじゃないですか。ただ、トランプがやるとも思えない。そうすると、もうこのまま行くところまで行って、どこかで爆発するのを待つというか、覚悟してみるのも一つの手かもしれない(笑)。

・・・いずれのご発言も、「まさに、おっしゃる通り!」なものばかりですね。

その他、この座談会に加えて、各執筆者から、
ナショナリズムについての様々な論考を寄稿いただいています。

例えば、佐藤健志さんは
「母」と「ナショナリズム」についての本質的な関係について
論じておられます。
「母国」「母なる大地」等の言葉に象徴されるように、
ナショナリズムのコアには「母への愛」と変わらぬものがある――
とのご指摘は、なるほどと膝を打つものでした。

いずれにせよ、日本の様々な今日の「危機」の根底にはいつも、
ナショナリズムの不在問題が横たわっています。

是非、皆さんも一度、本誌を手にとって頂き、
じっくり、「ナショナリズム」について、考えてみて頂きたいと思います。

「急がば回れ」、と言いますが、
デフレ脱却をはじめとした具体的な問題の「解決」のためには、
時に本質に立ち返った「思想」に立ち戻ることが最善の近道になる
ことが、往々にしてあります。

そのためにも是非、
「危機と対峙する保守思想誌」、表現者クライテリオンの最新号を
ご一読ください。
https://www.amazon.co.jp/dp/B07D4ZLFSN/

追伸1;本誌の「定期購読」は、是非、こちらからお申し込み下さい。
http://fujisan.co.jp/pc/web-hyogensya

追伸2;表現者クライテリオンの無料メールマガジンは、こちらからご登録ください。
http://www.mag2.com/m/0001682353.html

関連記事

政治

【藤井聡】危機と対峙する保守思想誌、『表現者クライテリオン』を創刊します。

政治

【上島嘉郎】追悼 西部邁先生

政治

【施光恒】憲法論議と文化や伝統に対する自信

政治

【三橋貴明】「移民送り出し国「日本」 後編」

政治

【平松禎史】霧につつまれたハリネズミのつぶやき:第廿五話

【藤井聡】ナショナリズムとは何か?〜右と左を超えて〜への3件のコメント

  1. 日本晴れ より

    少なくともRADWIMPSがHINOMARU歌ったぐらいで
    サヨク側がクレーム付けて、炎上してしまうというのは社会として異常だなと思います。サヨク側の人は異常じゃありませんか?
    サヨク側にそもそも独立心なんてあるのかなと思います
    藤井先生は左右の枠を超えてとおっしゃいますが。サヨク側のナショナルな物に対しての被害妄想はちょっと度を超えてるなと思いました。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. F-NAK より

        そして、それに対して企業や個人がすぐに謝罪をしてしまうのも異常ですね。

        相手が容易く折れると分かったら、相手はまた同じことをしてきます。何度でもやります。
        そして、その被害は謝罪をした当人ではなく、他の誰かが被ります。

        炎上に対してすぐ謝罪することは、火の粉を他人に回すことによって自分だけは助かるという行為でしかないわけです。誠意でも何でもないのです。

        みんながそれをやっているわけですから、炎上社会を止められないはずです。

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

  2. 拓三 より

    5才10才なら未だしも73才にもなった老人が己の運命を未だ親や環境のせいにし尚且つ親に依存しているいるのを見て、普通どの様に思うでしょうか ?  

    私は軽蔑します。

    日本晴れ氏がサヨクの独立性を疑問視されています、当然でしょう。が、
    ではホシュの側に独立性を感じられる思考がありますか ?

    私から見ればお花畑で蝶々を追い掛けていたサヨク。そのサヨクの頭にお花が咲いたのがホシュです。私は北朝鮮問題での右左の民度の低さに絶望を感じました。サヨクは相も変わらずですが…. ホシュの幼稚さw ホンマ笑う位幼稚w

       ジャップ ! . com   

                 で御座います。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】吉川洋東京大学名誉教授が『詭弁』を弄して、『防災を...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】安藤提言

  3. 3

    3

    【三橋貴明】デフレ完全脱却による財政再建に向けた提言(後編)

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】角栄の政治家魂を復権させよう

  5. 5

    5

    【三橋貴明】平成30年7月豪雨〜不作為の殺人者たち〜

  6. 6

    6

    【竹村公太郎】見えないインフラ

  7. 7

    7

    【三橋貴明】頻発する自然災害

  8. 8

    8

    【三橋貴明】技能継承

  9. 9

    9

    【saya】「10分いくら?」の世界

  10. 10

    10

    【三橋貴明】マッチポンプ

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】吉川洋東京大学名誉教授が『詭弁』を弄して、『防災を...

  2. 2

    2

    【施光恒】園芸からみえる日本

  3. 3

    3

    【藤井聡】大阪北部地震が導く「巨大地震」 〜速やかな対策に向...

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】安倍政権20の愚策(その1)

  5. 5

    5

    【藤井聡】なぜ、南海トラフ地震の被害が1400兆円を超えるの...

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】マッチポンプ

  2. 日本経済

    【三橋貴明】技能継承

  3. コラム

    【竹村公太郎】見えないインフラ

  4. 政治

    【三橋貴明】平成30年7月豪雨〜不作為の殺人者たち〜

  5. 政治

    【小浜逸郎】角栄の政治家魂を復権させよう

  6. 日本経済

    【藤井聡】吉川洋東京大学名誉教授が『詭弁』を弄して、『...

  7. 政治

    【三橋貴明】デフレ完全脱却による財政再建に向けた提言(...

  8. 政治

    【三橋貴明】安藤提言

  9. 日本経済

    【三橋貴明】頻発する自然災害

  10. 日本経済

    【saya】「10分いくら?」の世界

MORE

タグクラウド