アメリカ

政治

日本経済

2024年4月16日

【藤井聡】岸田総理は上下院議会演説が米国で評価されご満悦…しかしその中身は未来の日本に「巨大な禍根」を残す極めて恐ろしい代物であった。

岸田首相は11日午前 日本時間12日未名アメリカ議会の上下両院合同会議で演説しました。今朝のチャンネル桜のフロントジャパンというネット番組にて、昨日の岸田首相の米国議会での演説が、如何に酷いものであったのかを解説いたしました。

ついてはここでは、そこでお話しした内容を改めて、文字起こしし、抜粋、編集しつつ下記にご紹介したいと思います。

Youtubeは、コチラをご参照くださいhttps://youtu.be/4KP1QKoQqiU?t=1197

―――――
まず岸田さんの演説は、原稿を読まずに、比較的ちゃんとした英語をつかっておられるので、中身について頓着しないで、あれを見ると好感を持つ方は多いと思います。実際、SNSでも、岸田さんを賞賛する声は多いようですね。

でも、中身をじっと聞いていると、「ぎょっ」とするようなこといっぱい言ってて、「この人、全然もう、あかんわ…」と思いましたね。

一般の方はなかなかそのあたり分からない方も多いかも知れませんが、これまでの歴史や大局的状況を踏まえて彼の演説の中身を批評すると、日本に対する巨大な禍根を残す極めてしん酷な問題を抱えた演説だった、ってことが見えてくる、そういう代物でした。

ちょっとそのあたり、じっくり解説してみようと思います。

まず、全体のストーリーはこういうものでした。

「アメリカは世界の警察として世界の秩序を守ってきた。でも、最近は、中国の台頭やロシアの戦争等によって、米国の苦労も随分増えてきており、米国も困ってきている。だから米国の1番の親友である我々日本が友達としてあなたのこと助けてあげる。軍事的にも経済・産業的にも、日本が助けてあげる。」

まぁ、酷い内容だったんですが、この演説を聴いた後にまず最初に僕がやったのは、改めて安倍さんの米議会での演説をもう1回読み返すっていうことでした。

なぜかっていうと、あの日米の戦争についての言及が皆無なのが凄く違和感があったんです。

で、安倍さんはどうだったかを確認したんですが、安倍さんは日米の戦争のことをたっぷりと語っている。我々は戦った過去があるけれども、ああやって戦い、そして、融和し、これからの未来を作ろうという、あの第二次大戦を一応踏まえた上、現在と未来の日米について論じている。

ちなみに僕は、原爆を落とされた経緯を踏まえれば、こうやって安倍さんのように語ること自体が問題だとは思いましたし、今でもそう思っています。が、それでも、一応は、あの戦争の過去を踏まえた上で日米関係を作ろうという話しになっている。

ところが、岸田さんは原爆を落とされた話どころか、日米の戦争の話が一切ない。徹底した未来志向のため、ということらしいですが、それにしても全く日米間のホントの歴史を無視したものとなっている。

ちょうど「進撃の巨人」の物語で、人類がなぜ壁の中に住んでいるかを(王によって記憶を飛ばされた結果)誰も覚えていない、というような状況を前提とした話になっている。

でも、あの進撃の巨人の物語っていうのはそんな記憶喪失ではいかんのだと言って、エレンがどんどんどんどん戦って深掘りしていって、最終的に記憶を取り戻し、未来を切り開く、っていう話になっている。岸田さんの今回の演説は、そういうエレンがやった物語とは完全逆の、過去完全に忘れるということを前提にしてるんですよね。

これでは「まっとうな未来」なんて絶対につくることはできない。

もうその大前提が、(僕にとっては大きな不満を感じていた)安倍演説なんかよりももっともっとレベルの低い、最低最悪のものとなっている。

しかも、岸田氏は戦争について一切言及為ない上に、次のようにも述べています。

「日本は長い年月をかけて変わってきました。第2次世界大戦の荒廃から立ち直った控えめな同盟国から、外の世界に目を向け、強く、コミットした同盟国へと自らを変革してきました。」

これを耳に為たときにもひっくりかえりました。

戦後直後の日米関係は、「同盟」なんかじゃない。GHQに占領されとったんです!

しかも、未だにその占領は続いている。横田も沖縄も横須賀も占領されっぱなしなわけです!六本木という東京のど真ん中にも、米軍基地がある!!

しかも日米合同会議があって、米軍が日本の政府組織を、国会や首相官邸に何のお伺いもたてずに自由に使える体制が今もなお残っている。そのことについての現実認識が全くない。

だから、岸田さんが言うような「対等なパートナー」と言い得るような状況には、未だに全くない。

僕がアメリカ人だったら、こんなこと総理が米国議会で演説してたら、「どんだけでかいネギしょってこの鴨やってきたんだ?」ってことでもう確実に鼻で笑うでしょうね。

以上が全体的な、岸田演説に対する僕の第一印象です。要するに、歴史観も大局観も何もない。真実の歴史や大局的状況を全て無視し、薄甘い皮相的なタテマエの物語で、米国に媚びを売っている…そう解釈するしかない代物としか解釈できない。

さらに今回の演説、聞いているといくつも耳を疑うようなメチャクチャな事をいくつも言っている。

例えば、岸田さんは、この世界のことを「自由と民主主義という名の宇宙船」だと表現している。そして、その宇宙船の乗務員といて全力で働くといってるわけですが、この表現はもうメチャクチャな表現です。

今世界は、民主主義国家と非民主主国家だったら、民主主国家の国の数の方が多いしかつ人口も多い状況なんです。例えば、中国やロシアといった大国は、いわゆる「権威主義国家」と呼ばれる国々です。それ以外にも世界中にはごまんと権威主義国家があるんです。

で、この地球が「自由と民主主義」という名前の宇宙船だってことは、この地球は「民主主義国家」のためのものであって、「非民主主義国家は存在している資格がない」という事になる。

で、日本はそんな資格のないやつと付き合えないので、例えば日中外交すらもやらないって言ったに等しい。で、日本も、「自由と民主主義」という価値観以外をもっていたら、生き残る資格がない、だから徹底的に「自由と民主主義」の国になるんだと主張したわけです。

だから、この地球を「自由と民主主義」と呼称するということは、日中外交、日ソ外交、イランとの外交も全てやめて、戦争を仕掛ける対象と見なすと共に、国内の「国体」もそのうちもう解体するのだ、と言う事にも繋がるわけです(というかそう言ったに等しい)。

そもそも、自由と民主主義のイデオロギーってのは、普遍的なものじゃない。そんな特殊なイデオロギーで世界を支配しようなんていうのは、米国の「ネオコン」思想そのものです。

米国はもともとキリスト教思想があって、十字軍的な思想があり、それがネオコン思想につながり、特定イデオロギーのためには戦争を仕掛けることも大量に人々を殺戮することも厭わない、という思想があるわけです。

したがって、「自由と民主主義」という名前の宇宙船だって発言を、歓迎する議員は米国には少なくはないと思います。だから、彼らが拍手喝采するのは分かる。しかも、そんな事をかつて戦争で打ち負かしてボコボコにしてやった日本のリーダーが、自分たちをボコボコにしたアメリカの理想である「自由と民主主義」のために貢献するぞ、ってのこのこ議会にまでやってきて言いに来よったら、「おおそうか、愛い奴じょのう、よっしゃよっしゃ」と褒めてつかわす、ということにもなるでしょう。

でも、僕がアメリカ人なら、そうやって表面的には褒めてやりながら、心の底で、「ホント、俺達の言うことだったらなんでも聞くんだなぁ」と思うでしょうね。

逆に言うと、日本はロシアや中国も含めた「自由と民主主義」の価値観を共有しない大量の国々とも付き合って行かなきゃいかんわけで、彼らについても一定尊重しなきゃいかん以上、この地球のことを「自由と民主主義」だなんて呼んじゃいかんわけです。

岸田さんってホントに米国に媚びるためなら何でも言ってしまう人なんじゃないか、ってことが、地球は「自由と民主主義」という名の宇宙船だという発言一つからも見て取れるわけです。

…で、次の酷い言葉がこれです。在日米軍について彼は、「日本のために拡大している軍事的抑止力」と表現してるんです。これは和訳ですが、英語で「U.S. extended deterrence for Japan.」といっている。
「U.S. extended deterrence」というのが「米国の拡張抑止力」という意味です。で、抑止力というのは、あっさりいって、軍隊、という意味です。

つまりこの言葉は、「米国の拡張抑止力for Japan」という意味。

で、ここで問題なのが「for」です。

これはどう考えても、「ために」と訳す他はない。

ですが、僕だったら、「米国の拡張抑止力for Japan」ではなく、「米国の拡張抑止力in Japan」あるいは「米国の拡張抑止力into Japan」という英語を使います。これなら、「日本における」米国の拡張抑止力、つまり、在日米軍、という事になります。で、その在日米軍が存在する目的については言及しない。ただただ、日本に存在する米軍だ、というだけの意味になります。

しかし、「米国の拡張抑止力for Japan」と「for」をつかうと、日本を守る「ための」軍隊だ、という事になるわけです。

これは極めて問題のある発言です。

ちなみにこの部分、日経新聞ではなんと訳してるのかというと…

「米国の日本への拡大抑止」

と訳してます。ハッキリ言って、何言ってるか分かんない日本語ですね。
「抑止」なんて意味不明だし、「拡大抑止」に至ってはもっと意味不明。
「日本への拡大抑止」って、一体何言ってるのかさらに分かりません。

つまり、この翻訳者は、「日本のための在日米軍」っていうことを総理が言ったってことを意図的か無意識的かは分かりませんが、隠蔽しようとして、こういう意味不明な和訳をつかったわけです。

じゃ、本来なら在日米軍をどう表現するかと言えば、一応タテマエとして、
1) 米国の国益のために、極東に軍隊を配置したいと考え、日本にその旨を提案した、
2) その提案を、日本が吟味し、日本の主権をもってして受け入れ
3) つまり、日米双方の国益の視点から在日米軍の存在が合意されている
という事を前提とした発言としなければなりません。

だから、絶対に「米国の拡張抑止力for Japan」ではなく、「米国の拡張抑止力in Japan」と言う言葉を使わねばなりません。

しかも実際には、そのextended deterrence は「against Japan」という側面もあるんです!

つまり、二重統治論と言いますが、在日米軍は、中ソ朝に対する抑止力として日本に(in Japan)存在しているという側面があると同時に、日本の再軍国主義化を抑止するためのものとして(against Japan)も存在しているんです!

つまり、そのextended deterrenceはin Japan、つまり「日本に」存在しているのは存在していますが、その目的は徹頭徹尾、for USA、つまり「米国のため」に存在しているのであって、決してfor Japan、「日本のため」に存在いているのではないのです!

だからちゃんとした英語にするならextended deterrence in Japan for USAと言わなけりゃいかんかったわけです!

もちろん、米会議で米国にケンカを売る必要はありませんが、以上の認識をもって演説しなきゃいかんのです。日本の総理は。

ところが、あっさりと、在日米軍は日本のためにあるんだ、なんていう言葉を米国議会で岸田さんは言っちゃったわけです。

僕がアメリカ人なら、「How idiot…..」(ナント愚かな……)と心底侮蔑するでしょうな。

何と言っても、日本を押さえつけ、搾取するためにおいている米軍に対して、その日本人が「その軍隊のおかげで、助かってますだぁぁぁ」とニコニコしながら言ってるわけですから。「愚か者」以外の何者にも見えないでしょうね(苦笑)。

三つ目の問題発言ですが、彼はこういう発言をしています。


(以下、コチラに続く↓
https://foomii.com/00178/20240413132628122865

追伸;表現者クライテリオンの最新刊「不信の構造、腐敗の正体」が発売となりました!


https://www.amazon.co.jp/dp/B0CYPFFW17

関連記事

アメリカ

政治

日本経済

【三橋貴明】コストプッシュ型インフレと「増税」

アメリカ

政治

日本経済

【三橋貴明】小池百合子都知事は辞任するべきである

アメリカ

政治

日本経済

【藤井聡】世界で唯一デフレの国、日本 ~政治への本質的関心を失った国民国家は滅び去る他無し~

アメリカ

政治

日本経済

【藤井聡】「橋下維新」の徹底的な検証が必要です

アメリカ

政治

日本経済

【特別号】安倍内閣の支持率36%に急落!

【藤井聡】岸田総理は上下院議会演説が米国で評価されご満悦…しかしその中身は未来の日本に「巨大な禍根」を残す極めて恐ろしい代物であった。への1件のコメント

  1. 日米同盟の更なる属国化は岸アへの延長線 より

    属国否定して、日米合同委員会も破棄して
    単独軍国、大日本帝国目指すのですか?
    凄い持論も結構ですが、
    そんな強大京大権力お持ちならば
    まず、
    ボ一ト賭博がスポンサーの893維新
    ぶっ潰して
    メタンガス爆弾大阪ショボ万博
    中止しましょうよ、
    その後、大自然を舐めきったバカ計画、
    ⌈リアルニ死に幹線⌋中止
    科学者ならお分かりでしょう。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】PB目標は破棄させなければならない

  2. 日本経済

    【三橋貴明】現金紙幣発行の仕組み

  3. アメリカ

    政治

    日本経済

    【藤井聡】政府の公共事業における民間事業者が納品する「...

  4. 日本経済

    【三橋貴明】詐欺グラフに騙される知的水準の低い経済学者...

  5. 日本経済

    【三橋貴明】政府債務と実質GDP成長率は正の相関関係に...

  6. アメリカ

    政治

    日本経済

    【藤井聡】北陸新幹線の「小浜ルート」が政治決定された合...

  7. 未分類

    【竹村公太郎】移り行く都市 ―永遠のシステム―

  8. 日本経済

    【三橋貴明】投資まで含むPB目標の狂気

  9. 日本経済

    【三橋貴明】今ほど消費税を廃止するべき時期はない

  10. アメリカ

    政治

    日本経済

    【藤井聡】当方の処女作『社会的ジレンマの処方箋』が復刻...

MORE

タグクラウド