アメリカ

政治

日本経済

2024年4月19日

【藤井聡】表現者クライテリオン最新号『不信の構造、腐敗の正体~政治・エンタメ・財務省』発売。是非、ご一読下さい。

今週、表現者クライテリオンの最新号、「不信の構造、腐敗の正体」が発売となりました!


https://www.amazon.co.jp/dp/B0CYPFFW17

この特集を検討した際の企画趣旨は、以下の様なものです。

「今、日本では、各階層、領域における諸権力の激しい「腐敗」が次々と白日に下に晒されるという異様な光景が繰り返されている。
 自民党の各派閥における「裏金問題」を巡る諸報道は国民の政治不信を極限にまで引き上げ、宏池会等の解散を導くに至った。木原元官房副長官の妻の元夫の不審死問題は「司法」の正当性、公正中立性に対する深刻な国民不信を導いた。一方で「行政」の雄である財務省の振る舞いはもはや既にカルトと違わぬと主張する『ザイム真理教』が未曾有のベストセラーとなる程に財務省の腐敗的体質に対する不信は巨大化している。そして、ジャニー喜多川や吉本興業のトップ芸人の性加害問題は、エンタメ界の「絶対的権力」の崩壊を導いた。
 今、世間ではこうした腐敗対策の必要性が叫ばれ、そのために腐敗の温床となった組織・共同体の弱体化が無理矢理進められようとしている。自民党各派閥の弱体化や表層的ハラスメント規制がその典型なのだが、それでは事態は悪化する他無い。なぜなら今日の腐敗は組織・共同体の活性化ではなく弱体化によって進行したものでしかないからだ。
 強制的に導入された「無機質な規範」でなく、有機体としての組織が内在的に持つ「有機的な規範」を強化した時に初めて秩序は形成される。この真実への配慮不在のままでは、公正で活力ある秩序の成立など望むべくもない。
 ついては本誌ではこうした状況認識の下、日本社会で進行する「腐敗」、ならびに、その腐敗に対する国民の「不信」の構造を明らかにすることを目指し、「不信の構造、腐敗の正体」と題した特集を企画する事とした。そしてその中でそうした構造的な腐敗を乗り越えるために今、何が求められているのかを探ることとしたい。」

要するに、今、日本のあらゆる領域、つまり政治もエンタメも官僚組織も学会もメディアも財界も…皆、腐りきっていてて、それに皆も気づき始めたから「不信」が蔓延りまくっている、このままでは日本はますます崩壊していくことになる…これを乗り越えるにはどうしたらいいか考えたい、というのが、今回の趣旨です。

まず巻頭は、今、当方一推しの政界の重鎮・亀井静香さんとの対談。この対談は、本特集の議論の全体像が指し示されるものとなっています。要するに、あらゆるものは必ず腐敗するのであり、人の心も社会もその例外ではない、そしてそんな腐敗に抗う行為こそが人倫であり政治なのだ、だから、今日の腐敗が蔓延った日本の状況というのは、倫理の不在であり、政治の不在を意味するのだ…という構図がくっきりと浮かび上がる対談となっています。

そしてそんな日本社会の腐敗の中でもとりわけ深刻な問題を引き起こしているのが「財務省」の問題。これを、経済財政論ではなく、あくまでもジャーナリズムの視点から浮き彫りにしているのが、ジャーナリスト須田慎一郎さんとの対談「日本を腐敗させる財務省の工作――政官業+メディアは如何に癒着しているか」です。その内容はまさにこのタイトル通りの内容。財務省が政治・メディアが癒着し、日本の社会の中枢を腐敗させている実態を語って頂きました。

そして各種論考では、佐高信さんは自民党の腐敗について、そして「木原事件」を追求するためにテレビ朝日を退職された現弁護士の西脇亨輔さんにはそんな政府与党の中枢、ならびにマスメディアの腐敗について存分に論述頂きました。

こうした腐敗の事実が明るみになるにつれて拡大していったのが、世論における政治やメディア等に対する「不信」です。そしてこうした「不信」の行き過ぎは、民主主義の成立要件を根底から瓦解させる破壊力を秘めている、という警告を政治学者の吉田 徹さんに語って頂きました。

ただし、そんなマスメディアの腐敗の温床となる「メディアと政界との濃密な関係」は、一面において腐敗を産み出すと共に、もう一面において、政治の実態を国民に伝えるジャーナリズムにおいては必要不可欠である、という<真実>を、ジャーナリストの松林 薫氏に描写頂きました。

それよりもむしろ、ジャーナリズムの腐敗を産み出しているのは、ジャーナリズム、とりわけTVに対する「国民不信の不足」であるという構図を、評論家の辻田真佐憲氏に描写頂いています。

つまり、「過剰な不信」は吉田氏が主張するように危険な代物である一方、「過小な不信」もまたジャーナリズムや権威者達を増長させ、腐敗を助長する危険な代物な分けです。

こうした不信と信頼の適切なバランスがあってはじめて、社会の腐敗は最小化される、という次第です。

つまり、私達の社会の過激なる腐敗は、信頼と不信のバランスが崩れ去ったことに原因がある、という次第です。

では、私達はなぜ、信頼と不信の適正なバランスを失ってしまったのかと言えば、その答えは、文芸批評家で編集委員の浜崎洋介氏の記事『「戦後家族」の運命――私たちの不信と腐敗の起源をめぐって』によって明確に示されています。

私達は戦後、あるべき「家族」を喪失してしまい、他者との距離感を適切につかむことができなくなり、過剰な不信や過剰な信頼を持つ人間になってしまい、その結果、岸田文雄氏が総理大臣という政界トップの座に上り詰めることができる程までに「腐敗」しきってしまった、という次第です…

こう考えると、一口に腐敗や不信といっても、その背後には複雑に絡みあった構造があるわけです。

しかし、何よりも大切なのは、不信と信頼の適切なバランスであり、それを涵養する適切な家族であり、それを社会的に成立させる適切な組織・共同体なのです。

ついては多くの国民の皆さんには、岸田文雄氏という現在日本の内閣総理大臣の存在と、その口から発せられる中身を伴わない空語に打ちのめされ、完全に絶望し切ってしまう前に是非一度、本特集「不信の構造、腐敗の正体」をご覧いただき、明日への希望の一端を探してみて頂きたいと、思います。

是非、ご一読下さい!
『不信の構造、腐敗の正体~政治・エンタメ・財務省』
https://www.amazon.co.jp/dp/B0CYPFFW17

追伸:現在の日本における最も深刻な腐敗は「岸田政権」の腐敗。政権が腐敗すれば必ず彼らは「強国」に媚びを売り、売国が横行することになるからです。その腐敗の深刻さについて是非下記記事、ご一読下さい。

『スクールカーストの“底辺”が“トップ”にチヤホヤされて舞い上がり何でも差し出す構図』にある日米関係。“トップ”のチヤホヤは“底辺”からの搾取だけが目的。それに気付かない馬鹿は搾取され捨てられるだけ。
https://foomii.com/00178/20240411141517122784

巨大な禍根を残す岸田文雄総理米国上下院議会演説での米国に対する「口約束」
https://foomii.com/00178/20240415120136122932

解説・岸田文雄総理米国議会演説 ~それは日本の国益に叶う内容だったのか?~(前半)
https://foomii.com/00178/20240412181529122842

解説・岸田文雄総理米国議会演説 ~それは日本の国益に叶う内容だったのか?~(後半)
https://foomii.com/00178/20240413132628122865

関連記事

アメリカ

政治

日本経済

【三橋貴明】畢生の問題作「亡国の農協改革」

アメリカ

政治

日本経済

【三橋貴明】日本円は外国に持ち出せない

アメリカ

政治

日本経済

【藤井聡】「吉村洋文氏」の都構想についての言説の詭弁可能性を検証します。

アメリカ

政治

日本経済

【竹村公太郎】江戸のインフラが21世紀の東京を守る 日本堤と隅田堤

アメリカ

政治

日本経済

【三橋貴明】対外直接投資と逆輸入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】PB目標は破棄させなければならない

  2. 日本経済

    【三橋貴明】現金紙幣発行の仕組み

  3. アメリカ

    政治

    日本経済

    【藤井聡】政府の公共事業における民間事業者が納品する「...

  4. 日本経済

    【三橋貴明】詐欺グラフに騙される知的水準の低い経済学者...

  5. 日本経済

    【三橋貴明】政府債務と実質GDP成長率は正の相関関係に...

  6. アメリカ

    政治

    日本経済

    【藤井聡】北陸新幹線の「小浜ルート」が政治決定された合...

  7. 未分類

    【竹村公太郎】移り行く都市 ―永遠のシステム―

  8. 日本経済

    【三橋貴明】投資まで含むPB目標の狂気

  9. 日本経済

    【三橋貴明】今ほど消費税を廃止するべき時期はない

  10. アメリカ

    政治

    日本経済

    【藤井聡】当方の処女作『社会的ジレンマの処方箋』が復刻...

MORE

タグクラウド