政治

日本経済

2021年5月7日

【小浜逸郎】コロナーワクチンの流れはやはり陰謀か

From 小浜逸郎@評論家

:なんだか今年の連休は寒かったな。3月頃は5月の陽気で、今になって暖かくならないなんて、今年は冷夏かもしれんぞ。

:花の咲くのが馬鹿に早かったろう。5月の花、ツツジももう終わっちゃった。人間界が変になると自然界までおかしくなるのかな。

:全くそういう不吉な感じもしてくるな。また緊急事態宣言で、おまけに小池は延期を主張してる。いい加減にしてくれと言いたいよ。小池は完全に頭が狂ってて、人の流れを止めるために灯火管制やラッシュ時の減便まで要請した。そんなことすりゃ、パンクするに決まってる。

:俺もこないだ8時に電車に乗ったら、すごい満員電車だったよ。3密どころか千密だ。小池は総理大臣になりたくてしょうがないんで、都民のことなんかどうでもいい。コロナ流行からワクチン行政への道筋をしっかりつけることしか頭にないらしい。

オリンピックをどうするかについても責任もとる気がないだろう。あいつはジョージ・ソロスや竹中と組んでるからな。権力欲にとりつかれると、どんな狂気もやってのける見本みたいなもんだ。

:そのワクチン行政だけど、この前、君は世界のDSに操られてるみたいなこと言ってなかったか。

:そうはっきりとは言わなかったけどな。しかし、事ここに至ると、その気配が濃厚だな。

:やっぱり陰謀論か。

:こないだも言ったけど、陰謀論という言葉は、確証がなされない影の力の存在を信じる人たちをあざ笑うために貼り付けるレッテルだよな。でもそうやってあざ笑う人たち自身が、いろんな疑惑に答えを出せるのかっていったら、ただ疑惑を頭から否定するだけで、きちんと答えられていないだろう。疑惑が存在する以上、人をあざ笑う資格はないと思うよ。

:するとどう考えればいいんだろう。

:どうもこうらしいという想定ができたら、できるだけ状況証拠を集めて、一つの構想として提出してみる。仮説であることを断った上でな。信憑性があれば、それに影響されて新しい確実な情報が出てくるかもしれない。

:仮説を立てると、それに都合のいい情報だけが集まってくるという恐れはないか。

:それはあるよ。神じゃないんだから、いずれにしろ絶対確実な事実などはなかなか得られるもんじゃない。誰しもはじめの直観や疑惑を基礎にするしかないから、出てくる構想にはどうしてもバイアスがかかるのを避けることはできない。科学者だって結局そういうことを繰り返してるだろ。

だからなるべく確からしい状況証拠を集めて、その上でたとえ陰謀論と非難されようと、どうもこうらしいということを言ってみる。それは一定の価値があると思うよ。でないと、陰謀論だとあざ笑って片付けてしまうことで臭いものに蓋をして、後で気づいたときには遅いということになりかねない。

:でも、陰謀ってのは、金や権力を持った特定の個人や集団が、ある目的の下に計画的にことを動かして、意志通りの結果を導くって考えだろ。しかしこの複雑極まる国際社会で、そういう直線的な目的意志がうまく貫かれるかね。間にいろんな要素が入り込んできて、思惑通りに行かないことの方が多いんじゃないか。

:それはその通りだよ。だけど、目下のワクチン問題について、そういう権力意志の存在をかなりの確度で見極めることはできるだろう。それがよこしまなものなら、我々がそれに気づいて押しとどめることも逆に可能になる。それは君の論理とも合うはずだよな。つまり我々自身がその「いろんな要素」の一つになる。

それと、たとえば武漢ウイルスの漏出のような偶然的な事態(偶然じゃないという説も有力だけど)が生じると、それを巧妙に利用しようとする勢力が必ず現れる。動機はもちろん第一にはビジネス、そして第二には世界を改造してやろうという悪魔的な権力意志だ。そういうことをできる条件と力は一部の連中にはそろってるからな。

そういう条件や力が多方面から集合していくと、最初は小さな流れだったものがだんだん強力になっていって、大河のようになっていく。

そうなると、誰も押しとどめることができずに、とんでもないことが実現していく。流れに翻弄されている弱い個人は、そうした流れがあることすら気づかない。そういうことはありうると思う。戦争や革命に至る道がそのいい例だ。

:しかしコロナ流行からワクチン投与までの流れは、戦争や革命とは違うだろう。

:いや、これは武器を使わない情報戦争なんだよ。また世界を変えようとしている人間が確かに存在するという意味では、革命の試みといってもいい。

:じゃあ、その状況証拠というやつを出してみてくれよ。

:一つはこれまで確認してきたこと。何度も言ってきたけど、コロナパンデミックは実際には存在しない。世界中でコロナで死んだとされる人は、老人で基礎疾患持ちの人ばかり、そして一年四ヶ月も経ってるのに、一万人あたりわずか4人、それもコロナ死以外がたくさん含まれてることが明らかになっている。

存在しないパンデミックに対して、なぜワクチンの大量投与が半ば強制されるのか。そこにはあるゆがんだ意志が働いてると考えざるを得ないだろう。そうそう、これは日本の場合だからもっと顕著だけど、最近こういう数字を出してくれた人がいたよ。「目覚めてる庶民」さん。この人は、普通の生活に戻ることを主張して、ノーマスク・ピクニックを計画したのに、潰されてしまった。


https://twitter.com/Awakend_Citizen/status/1389923717388537860?s=04&fbclid=IwAR2p0JfKJM4T0x02rTDihm5Nv7mRQhkB7YOEXXj06ap2T5WL0PjTBlnJEZ4

:うむ、これは君が出してきたデータとだいたい同じだな。とてもわかりやすく書かれてる。それじゃ、その「ゆがんだ意志」についての直接の状況証拠は?

:そうだな。その方が本筋だな。これはいくつかあるが、要するに、この流れは、一部のエリート西洋人の間で、人口削減計画として、古くから考え出されていたってことだ。

まず、その考えそのものを示そう。以下は、「あかいひぐま」さんがツイッターに載せてくれた、ジャック・アタリが80年代に書いている文章だ。恐ろしいことが平然と書かれている。下に「あかいひぐま」さんの訳を載せておこう。


将来的には人口削減の方法を見つけることが課題になってくるだろう。もちろん、我々は人を処刑したり収容所に送ったり、などという露骨なまねはできない。「そうすることが彼ら自身のためなんだ」と信じ込ませることで、上手に彼らを間引いていくことになる。

そのために、何らかの事象、たとえば一部の人を標的にしたパンデミックを起こしたり、経済崩壊を起こしたり、高齢者に悪影響を与えるウイルスをまいたり、といったことが考えられるが、まぁ方法は大して重要ではない。とにかくこういう事件を起こすことで、弱い者や恐れる者はこれに屈服するだろう。

愚か者はこの事件を信じ込み、何とかして欲しいと嘆願する。そこで我々の出番。「これが治療法だ」と救いの手を差し伸べる。こうして、愚か者の自然淘汰が行われることになる。屠殺場に自ら進んで向かうようなものである。

:こりゃ、驚いたな。今の状況にぴったりじゃないか。

:だろ。そこでもう一つ、もっと生々しい状況証拠を挙げよう。これは世界の危険地域で危機管理に当たってきた国際ジャーナリストの丸谷元人(まるたにはじめ)さんが、2020年の6月、コロナ流行のさなかに発表した報告で、この早い時期に正確な情報把握を提供しているのには感服する。
https://in.intelligencereport.jp/cpp_mrtk6_s_d_100a

これは動画によるオンライン講座の形をとっているので、実際を是非見てほしいと思うけど、一番重要な部分の要旨は次のようなことだ。主人公はビル・ゲイツ2010年のTEDという組織での講演で、彼は次のようなことを言っている。

これからは人口問題の解決が重要で、現在(2010年当時)68億人の地球人口は、将来90億にまで膨れ上がる。しかし新ワクチン、医療、生殖に関わる衛生サービスをうまく活用すれば、10~15%は削減できる。

:え? どうしてワクチンが人口削減に貢献するんだ? 生殖に関わるというのもおかしいな。もしかして不妊を促進させるように導こうというのか。

:誰でもおかしいと思うだろ? ワクチンは本来、人命を救うためのものだ。だけど、さっきのジャック・アタリの言葉と継ぎ合わせると、つじつまが合う。

しかも同じ年の1月29日、イギリスのデイリー・テレグラフには、ビル・ミランダ・ゲイツ財団が世界銀行やWHOや大手製薬会社と共同で、ワクチン推進の世界的組織であるGAVIに1700億円という巨額の資金を提供して、発展途上国のすべての新生児にワクチン接種を行うよう提案したと書かれているそうだ。

:なんで発展途上国なのか、表向きは、貧しい国の子供の健康のための援助、ということなんだろうな。

:たぶん。ワクチンがほとんどすべて劇薬で、時には重い副作用を引き起こすことがあるのは、この前話したとおりだ。しかもこれはその気になればいくらでも実験室で危険なものを合成できる。それを発展途上国の新生児すべてに、ということは、いかにもいかがわしいと思わないか。発展途上国こそは人口爆発が起きている地域だからな。

さらに、丸谷さんの報告では、2015年のTEDで、ゲイツは、これからの危機はキノコ雲の形をしているのではなく、こういう形でやってくると言って、あのコロナウイルスのスパイクのある形を示したそうだ。あらかじめ腹にあるとしか思えない。もっともこの話は今ではけっこう広まっていて、アメリカでは、約30%、1億人近い人がビル・ゲイツの陰謀を信じているそうだ。

:日本ではまったく広まっていないな。メディアが報じないせいかな。

:それもあるけど、心優しい普通の日本人には、感性的に想像力が及ばないんじゃないかな。それこそ、「そんなバカな。陰謀論だ」でかたづけられちゃう。

日本のメディアは、アメリカ人の1億人近くがワクチン接種をすませたなんていうニュースだけ流してるけど、4月10日のCNN記事では、米海兵隊の40%が接種を拒否したと報じてるし、ここのところ、普通の人の拒否も増えてきて接種の鈍化が見られるそうだ。ヨーロッパでもすごい反対運動が起きてるよ。知らぬは日本人ばかりなり。

:日本人でも、最近、危険だって情報とコロナがそんなに流行してないっていう情報が少しずつ広がってて、あんまり接種しないんじゃないかと俺は思うけどね。供給が遅れてるのは、幸いと言うべきかな。

:そうだといいけどな。

:それにしても、もしその陰謀が本当とすれば、恐ろしいことを考える連中がいるもんだな。

:西洋人や中国人は、金と権力を手にすればそういう企みを考えると思うよ。たとえばこれはある人が言ってたけど、火星探査に何であんな膨大な金をかけるのかというと、地球が住めなくなったら自分たちだけは脱出できるように今から考えておくんだそうだ。いかにも本気で考えそうだよ。

:そうか。しかしワクチン計画が事実なら、ナチス顔負けのソフト・ジェノサイドだな。民衆が気づかないのを狙ってやるところが、ナチスやスターリンよりも狡猾になっているといえる。

:そう。もしこの陰謀が事実なら、彼らに中国共産党のウイグル弾圧を非難する資格はないな。世界の富の半分が100人足らずの連中に握られてるってのは有名な話だが、そういうポジションで生きてると、人間一般を見る視野が極度に拡大してしまって、民衆など、みな操作の対象でしかなくなっちまうんだと思う。彼らが生きようが死のうがどうでもいいのさ。こういうのって、昔から変わってないんじゃないか。

:うーん、日本人の感性じゃちょっとついて行けないな。日本はせせこましいと思ってたけど、小さな関係を大切にするこういう生き方の方が身の丈に合ってるのかもな。

:俺もそう思う。だけど幸か不幸か、近代以降はグローバルな世界に直面させられちゃったから、そこである程度賢くつきあってかなきゃならない。今回のコロナで言えば、やっぱりみんな騙されすぎてると思うよ。もう少し、真相を探って、その上で自主的に身の処し方を考えるべきなんだ。

:そのためには、陰謀論も役に立つと。でも君の議論はなかなか理解されないだろうな。

:まあ、いいさ。どんなルートをとるにせよ、日本人得意の暗黙知で、この馬鹿げたワクチン接種劇をうまく避けてくれれば俺は満足だよ。

【小浜逸郎からのお知らせ】
●YouTube動画「いっちゃんねる」を始めました!
第1回~第21回
https://www.youtube.com/channel/UCQ_9oNDbNEPYatn6IltaXEQ/videos

●新刊『まだMMTを知らない貧困大国日本 新しい「学問のすゝめ」』(徳間書店)好評発売中。
画像
https://amzn.to/2vdCwBj

●私と由紀草一氏が主宰する「思想塾・日曜会」の体制がかなり充実したものとなりました。
一度、以下のURLにアクセスしてみてください。
https://kohamaitsuo.wixsite.com/mysite-3

●『倫理の起源』(ポット出版)好評発売中。
画像
https://www.amazon.co.jp/dp/486642009X/

●『日本語は哲学する言語である』(徳間書店)好評発売中。
画像
http://amzn.asia/1Hzw5lL

●『福沢諭吉 しなやかな日本精神』(PHP新書)好評発売中。
画像
http://amzn.asia/dtn4VCr

●長編小説『ざわめきとささやき――2018年ふたりの秋』の連載がすでに完成しています。
社会批判小説ですがロマンスもありますよ。
https://ameblo.jp/comikot/

●ブログ「小浜逸郎・ことばの闘い」
https://blog.goo.ne.jp/kohamaitsuo

●ブログ「楽しい渇き」
https://ameblo.jp/comikot/

関連記事

政治

日本経済

【小浜逸郎】コロナワクチンなんて要らない

政治

日本経済

【三橋貴明】財政破綻論者を駆逐せよ(後編)

政治

日本経済

【藤井聡】ワクチンが出来た今、コロナの指定感染症法の分類を「1・2類」から「5類」相当に引き下げるべし

政治

日本経済

【藤井聡】『感染列島強靱化論』を、社会的な感染症対策の「決定版」として出版しました。是非、ご一読ください。

政治

日本経済

【藤井聡】「感染症対策」を強靱化せよ ~「医療崩壊」回避のためにコロナ対応病院への徹底的な政府補償を~

【小浜逸郎】コロナーワクチンの流れはやはり陰謀かへの4件のコメント

  1. 大和魂 より

    最近は緊急事態宣言下で、間抜け面したバカ丸出しの兵庫県の井戸敏三と、その取り巻きのアホ連中に向けて、かなり刺激的なメールをガンガンと送りつけているところです。

    しかも常識的に考えても、連日不可解な行動を繰り返し己の無能力を棚に上げている兵庫県関係者は、東京五輪の心配をする余裕すら見せて大口を叩く分際ですから、逆にシバかれて当然なんだよな!

    しかし厚労省も、コロナワクチンによる死亡者が十人未満までは、知らぬ存ぜぬで国民を犠牲にして、メディア関係者と歩調を取りながら白々しく結託していましたから、天下に向けての大罪としてマジで心拍数が極限にまで上がりましたよ!

    ちなみにまだまだ様々の情報は十分に持ち合わせているので、次回以降に発表いたします。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. この世は既にあの世 より

    高齢者はテレビの言ってることが世間ですし、ワクチンを打ってもらいたいです。ワクチンを打っても陽性者にはなりますが終わらないので。

    ところで高齢者の皆さんは、政治に口を出すならば、まともな人間を高齢者世代から政治家に出してもらえませんか?

    麻生、二階、菅、小池百合子、まともではありません。小泉純一郎、全くダメでしたね。

    一方の経済界、元経団連会長の便所そのもの、御手洗会長。糞狸の米倉会長、うーん、とてもまともではなかったですね。

    高齢者の皆さんはその程度ですか?ならば政界や財界からは引退してもらいたいです。

    それと高齢者政治家や高齢者有権者が何となく勘違いしてると思われる認識が気になるのです。オリンピックは国民的イベントでは既に無いのですが、高齢者にはその認識ありますか?昔みたいに多数派がテレビを見て翌日に学校や職場で「原やクロマティが打っただの、あそこはカーブだろう、昨日はベストテンでまた寺尾聰が一位だった、千代の富士がまた勝った」などと言った時代ではないのですから、今は誰が何処で活躍しようがどうでもいいんです。大リーグ、プロ野球然り、今は完全にスポーツ化しましたし商業主義の全部そうだから冷めてるんです。

    大谷、大坂なおみ、どうでもいいんです。国民的ヒーローなんて現在ではいないんです。甲子園は違いますよ。一生に一度しかないのだからそれを取り上げるのは可哀想じゃないか、と。

    ところが時代の変化を察知出来ない高齢者は、オリンピックは国民的イベントであるから、医師や学生はボランティアで慈善事業すべきだ、というズレた感覚みたいなものを平気で発信してるのではないですか?

    大企業もそうです、セナやプロストがHONDAエンジンに乗って疾走してた頃とは違うんですよ。大企業なんて海外に完全に出て行こうがどうだっていいんです。応援なんかしていませんし、グローバル大企業はただの裏切り者の他人なんですから。

    ところで勉強議員さんよ、結果報告がありませんよ。

    昨年の金粉会とのコラボでの消費税減税の要望書提出の結果報告。先日の提言書の結果報告を国民の皆様に報告しましたか?

    ダメならダメで理由、原因を言わないと解決策にならんでしょう。提出しただけで仕事は終わりませんよ。結果報告。

    自民党議員の誰それが反対してダメになりました。と言わないとその議員を落選させることが出来ませんよね?

    で、「つきましては私は何年の何月何日までに何々をやってどういう結果を必ず出します」と言わないと政治家なんかやらせませんよ。

    「何としてもいつまでに何々をやります」と決意を述べてくれないと俺らは高齢者とは違って甘くありませんよ。私はね政治家なんか先生などと呼んで有り難がらないんだから、コイツは使えないなあ、ダメだなコイツと思ったら徹底批判かクビ。見逃してくれるなどと甘えてたらアカンですよ。

    またあからさまな嘘をついたり、誤魔化したりしたらどうなるか覚悟しといた方がいいですよ。優しく言われて内に結果を出して褒められるのと、あの手この手で四六時中ノイローゼになるくらい批判されるのとどっちがいいのか?

    好きな方を選んでもいいですが、当たり前ですがお前の政治生命より、一部の企業、業界より、国や国民全体の命運の方が大事なんですよ。

    やったことに対してしっかり結果報告するのは仕事上常識ですよ。舐めとったらアカンですよ。

    与党は100点取れとは言わないけれども。せめて60点70点くらいは取れよ。何年もマイナス100点じゃ話にならないですよ。

    ここ20年ばかり、特に安倍政権下から政治やメディアや経済界は不愉快なこと、馬鹿馬鹿し過ぎること、辻褄の合わないこと、常識から著しく逸脱すること、それをさも当たり前の様に言わないでもらえますか?「お前ら馬鹿なんじゃないの?」としか思わないので。こっちも何年も1から10までいちいち批判して言うのは嫌なんですよ。だって子供じゃないんだから私は子守してるわけじゃないんだから、いい加減にして下さい。

    一般人もそうで例えば派遣会社、このシステムは元々ヤクザがやってた商売です。人を連れてきて、働かせて上前をはねる。美味しいんです。だからヤクザがしのぎにしてたんです。

    これをアウトソーシングと言い換えて、日本全国に導入するって、ダメに決まってるでしょう。そのくらいも解らないのですか?

    不景気時の増税、ダメに決まってますよね?考える必要なんかありますか?無いですよね?

    移民政策、ダメでしょう。高齢者の皆さんは日本人には冷たくて外国人には親切ですがどうしてですか?頭がおかしいのではないですか?

    テレビで外国人を連れてきてホームステイさせ、涙を流して高齢者が喜ぶのはどうしてですか?精神の病気だからではないですか?高齢者の皆さんは同じ日本人には冷たいですよね?

    高齢者民主主義はどうして僕らが嫌がることを次々にやるのですか?

    半導体技術者を韓国にヘッドハンティングされたと思ったら、中国に投資して、日本人を見捨てたのは誰ですか?

    それでいて会社を外資に買われて何がしたいんですか?馬鹿が地域や会社や同胞をどうしたいんですか?

    大企業は中国とうまくビジネスをやりたいもので、尖閣問題など臭いものに蓋をし続けたいんじゃないんですか?

    見て見ぬフリをしながら蓋をし続けても、その問題自体が消えて無くるなるわけじゃないですよ。解りますよね?それとも解らないほど馬鹿なんですか?

    そういった馬鹿が偉そうに、ノコノコとテレビに出てうんちく垂れても「コイツは馬鹿か?売国奴か?」としか思ってませんし、自らに都合の悪いことばかりに蓋をし続けた結果が今です。

    親米保守なんて言葉は言葉としておかしいですよ。胸を張って米国の奴隷の自分や米国を保守すると言ってみてどうするんですか?

    「戦争を絶対にしてはいけない」などと口に出して言ってはダメと解りますよね?内々では良いですが、相手国が聞いたらどう思いますか?舐められその時点で国益にならないですよね?その程度すら解らないんですか?

    恐らく、今の高齢者はダメ人間中心のダメ世代なんですよ。団塊の世代や今の65歳から80歳くらいの人達は結果が全てですからダメ人間確定です。ダメ人間にいつまでも大きな顔をされても国が壊れます。

    ダメ高齢者が出来るのは、新聞を穴が空くほど読んで、朝から晩までテレビを見て「小泉進次郎や小池百合子、蓮舫は馬鹿で害が無さそうな顔だし、イケメンだし、男の上に立つリーダーシップがありそうな女性だからいいかもしれない、吉村は時々目付きが悪いのでダメそうだ」という感覚だけでしょう。

    それでいて「アメリカ様から民主主義をいただいた」と平気で口にするくらいでしょう。それじゃあ、民主主義から退場してもらわないと我々が困ります。

    対して祖父母はまとも。多分まとも遺伝子は隔世遺伝しますんで、僕らの子供世代はダメ人間です。今の15歳から30歳まではダメ世代になりますね。

    孫世代は恐らくまともでしょう。あくまで世代全体としてはそうなのでは?という感覚的な話ですが。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. たかゆき より

    『地球幼年期の終わり』

    以前読んだ小説が 脳裏をよぎる

    天使として 信じて疑わなかった 存在

    それが

    実は 悪魔だった。。

    ビルなんたら は 

    果たして 天使か 悪魔か。。。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 政治

    日本経済

    【小浜逸郎】ジェンダー平等への疑問

  2. 政治

    日本経済

    【藤井聡】孫子のための財政論:政治学が分かれば正しい経...

  3. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】経済学者がとんでもなく「バカ」という話

  4. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】文化と共同体

  5. コラム

    【竹村公太郎】地球環境のセンサー:日本列島―貴重な日本...

  6. 政治

    日本経済

    【施 光恒】スクールバス導入よりも大切なこと

  7. 政治

    日本経済

    【藤井聡】コロナ禍の本質は身体医学的問題ではなく精神病...

  8. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】不毛な法人税引下げ競争に終止符が打たれるか...

  9. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】正しくピボット(転換)した、経済産業省を称...

  10. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】塵が積もらなければ山にはならない

MORE

タグクラウド