政治

日本経済

2020年10月11日

【三橋貴明】ナショナリズム 対 グローバリズム

【近況】

先日、リリースとなった「真・国家論」
https://pages.keieikagakupub.com/cpm_38koka1_s_d_39800/

の最終章で使った図が、
我ながら秀逸と思ったので、ご紹介します。

【ナショナリズム 対 グローバリズム】
画像
http://mtdata.jp/data_72.html#NvsG

特に注目て欲しい点は、ナショナリズムは
「永続的」「蓄積的」「生産諸力的」という点です。

つまりは、長期的視点に立ち、投資を蓄積し、
生産性向上を目指し、
あるいは国家はインフラ、司法制度、
教育制度、度量衡といった

「生産諸力(フリードリヒ・リスト)」を整備する。

資本主義国の経済成長は
「ナショナリズム的」なのです。

また、投資を蓄積し、生産諸力を
強化するためには、国内が
「安定的」でなければならない。

現在のレバノンのように、
大混乱に陥った国では、
投資する経営者はいませんし、
国家はインフラ整備等ができません。

「安定」や「生産諸力の強化」は、
国民同士が連携し、助けあう
「共同体的」な国家でなければ不可能です。

分かりやすく書くと、
北斗の拳の世界で、
投資や生産諸力の強化ができるか?という話。

モヒカンで革ジャン着て、
バイクに乗って「ヒャッハーッ!」
とかやっている連中が、
「互いに助け合う共同体」を
作れるはずがありません。

そして「共同体的」を成立させるためには、
「歴史的」「文化的」でなければならない。

国民が歴史観や文化を共有しないことには、
「同じ国民」という共同体意識は生まれません。

さらに、永続が前提である以上、
様々な制度は「保守的」に改善されるべきです。

ここで言う「保守的」とは、
いわゆる保守派の話ではなく、
「メンテナンス」という意味になります。

つまりは、資本主義経済の下で
経済成長を続けるためには、
ナショナリズムが必須という話なのです。

少なくとも、民主制の国民国家においてはそうです。

それに対し、グローバリズムはどうでしょう。

図ではナショナリズムに
対比するそれぞれの言葉を載せていますが、

鈴木宣弘先生式に
「今だけ、カネだけ、自分だけ」
で構わないと思います。

90年代以降、日本から
「ナショナリズムの経済」が失われ、
「今だけ、カネだけ、自分だけ」の政治が進み、
結果的に経済成長率は「世界最悪」
という数十年を過ごすことになった。

実は、日本経済の長期低迷こそが、
「資本主義経済の発展には
 ナショナリズムが不可欠」
という事実を証明しているのです。

◆一般参加可能な講演会のお知らせ
 令和2年10月16日(金) 
 2021年 日本経済の危機とは 
 日本をダメにした財務省と経団連の欺瞞(※オンライン講演会)
 https://zuuonline.com/seminars/detail/64

令和2年10月25日(日) 
saya x ハーモニカ 配信ライブ
https://in.saya-ohgi.jp/sy201025live_38tv

令和2年11月12日(木)
「今こそ奮起の時!豊かになるために
 一人ひとりがやるべきこと」(※オンライン講演会)
http://fc92840520172604.web1.blks.jp/

◆「日本をダメにした財務省と
 経団連の欺瞞(小学館)」が刊行になりました。
 https://amzn.to/38q1LPW

◆「自民党の消滅(ベストセラーズ)」
 (書籍版)が刊行になりました。
 https://amzn.to/3dEIFqS

◆週刊実話 連載「三橋貴明の
『マスコミに騙されるな!』」 
第388回 家計の金融資産は、なぜ増えた?

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol594 
 対GDP比10%のデフレギャップ
 http://www.mag2.com/m/P0007991.html

 日本の4-6月期のデフレギャップ
(総需要の不足)がGDPの10%超となりました。

 このギャップですら、
 実体より小さいという真実を知って下さい。

◆メディア出演

三橋TV、続々公開中です。

国際金融資本・グローバリズムは
日本型共同体を破壊したい
[三橋TV第297回] 三橋貴明・林千勝・saya
https://youtu.be/yELafh7FBMM

竹中平蔵はなぜ
「ベーシック・インカム」を言い出したのか?
[三橋TV第298回] 三橋貴明・saya
https://youtu.be/ksi85umHuZw

国際金融資本の真相を知り、
「日本国民の国」を取り戻そう
[三橋TV第299回] 三橋貴明・林千勝・saya
https://youtu.be/7k3awZjwq2A

特別コンテンツ、続々配信。

日本のダムは無限の「油田」である
(三橋貴明×竹村公太郎)
https://youtu.be/KQjBwYQ7eRU

大阪維新の会の悪質なプロパガンダを暴く
(藤井聡×室伏謙一)
https://youtu.be/UBTu2KhYOJc

◆三橋経済塾

10月17日(土) 
三橋経済塾第九期 
第十回対面講義を大阪で開催いたします。
https://members9.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=1259
ゲスト講師は佐藤健志先生です。

一般参加可能です。お申込は、以下から。
https://ws.formzu.net/fgen/S30917843/

※ご入塾は以下から。
https://members9.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

◆チャンネルAJER 
今週の更新はありません

関連記事

政治

日本経済

【施 光恒】時代に逆行する経団連

政治

日本経済

【佐藤健志】「トランプ列車」の大脱線、またはポピュリズムへの歯止め(後編)

政治

日本経済

【施 光恒】「脱グローバル化」時代の秩序構想を!

政治

日本経済

【三橋貴明】日本が壊されていく「音」

政治

日本経済

【佐藤健志】今日から自由貿易を「無防備主義」と呼ぼう!

【三橋貴明】ナショナリズム 対 グローバリズムへの3件のコメント

  1. TEaD より

    三橋氏より借り受けたナショナリズムとグローバリズムの二項対立の表は明快でわかりやすいものであった。この中で、唯一引っかかっていたのが、「保守的」と「革新的」の対比である。
    「古きは無条件に悪」というある種の信仰が日本を支配している以上、万人向けとするには向いていないのではないかと愚考する。日本における「保守」と「革新」の政治的立場は、グローバリストが目指すディストピアの完成を急ぐか否か、その主宰者、その形態が異なるに留まるためである。
    前者については、「保守」を「メンテナンス」、「保全的」と置き換えることによって従来の「保守」との差別化がなされた点は評価したい。その一方でグローバリズムの「革新」を「使い捨て」や「消耗的」といった言葉で表現できないものかと私は感じた。

    「今だけ、自分だけ、カネだけ」グローバリストに対して、質問したいことを三つ作ってみた。彼らに出会った際には、使ってみたいと考えている。
    一つ、「自分以外の誰を見ているのか?」または「自分の目に誰が映っているのか?」
    二つ、「自分の子、あるいは親しい者に残してあげたいものはないのか?」
    三つ、「カネの価値は何によって裏打ちされているのか?」

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 大和魂 より

    とにかく世の中の権力者たちは自分たちに都合よくするのにプロパガンダをあちらこちらで仕掛けている事の認識をしなければなりません。なぜならそうしないと国民も国家もやがて奈落の底に沈まされてタイタニック号と同じく二度と日の目を見る事が出来なくなるからで、元には戻れなくなるからです。なので国鉄民営化も緊縮財政で少子化になったりとか大阪都構想でも全く同じ理屈だから昭和後期から平成期によく聴かれたメディアが吹聴する時代が変わったからとか改革とかの口実などは冷静に考えるとプロパガンダによるデタラメだと気がつき認識できるのです。しかし一般庶民は仕事と時間に追われて冷静な判断を下すことが困難だから、それを利用している社会のゴミであるオールドメディアは追放するべきなのです。それがナショナリズムを発揮できる原動力だと考えているのです。ちなみに国際社会を眺めても、お金まみれは泥まみれの糞まみれだと認識できますから要するにコレを理解するべきなのよ!

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. コラム

    【竹村公太郎】なぜ日本人は小さいモノを愛するか-未来文...

  2. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】緊縮財政の転換なしに、コロナ禍の収束はない

  3. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】キッチンでも分かる「生産性向上」の本質

  4. 政治

    日本経済

    【藤井聡】「感染者数」抑止から「重症者数」抑止へと目標...

  5. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】大東亜戦争とコロナ禍

  6. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】繰り返される異様な政策と認識共同体

  7. 政治

    【施 光恒】なぜトランプ大統領は「知識人」に嫌われるの...

  8. アメリカ

    政治

    【小浜逸郎】米大統領選は民主主義の死をもたらした?

  9. 政治

    日本経済

    【藤井聡】緊急事態宣言の正しい出し方 ~今こそ、『感染...

  10. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】「協力金」は「失われた粗利の補償」にあらず

MORE

タグクラウド