欧州

2018年9月4日

【三橋貴明】「ヒトの移動の自由」の行く末

From 三橋貴明@ブログ

現在、ギリシャやイタリアなどが
移民流入の阻止に動いているため、
アフリカ大陸から欧州への
移民は減っています。

今年の7月までに
ギリシャ、イタリア、
そしてスペインに入った移民は
7万2100人で、
昨年比で5万人減りました。

当然ですが、最も減ったのは
「五つ星運動」「同盟」の
連立政権が発足したイタリアです。

さて、アフリカ大陸からの移民も、
日本への技能実習生・留学生流入
と同じように「ビジネス」
と化しています。

しかも、アフリカからの移民は、
命がけで地中海を渡るのです。

欧州諸国が移民受入に厳しい姿勢を採り、
なかなか地中海を渡ることが
できなくなったとき、
北アフリカ(リビアなど)の
移民ブローカーたちは
どうするでしょうか。

移民を送り込む
ビジネスを諦めるのでしょうか

とんでもない。

ブローカーたちが強引に
移民を送り出すようになるため、
死亡率が高まるのです。

『欧州に向かう移民、
今年の死亡率急増
国連調査
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34914840T00C18A9910M00/

欧州に渡る中東・アフリカ系
移民の死亡率が、
2018年に入って著しく
高まっていることが、
国連難民高等弁務官事務所
(UNHCR)の調査でわかった。

リビアからの地中海ルートでは
19人に1人が死亡するか
行方不明になっていた。

海上保安当局の監視が厳しくなるなか、
以前にも増して危険な渡航が
増えていることが背景にある
とみられる。(中略)

イタリアは17年から
リビア当局と協力して
密航の取り締まりを強めており、
一定の効果が出ているとみられる。

6月に発足したコンテ内閣は極右
「同盟」党首のサルビーニ内相ら
反移民を掲げる有力閣僚を抱えており、
移民を乗せた救助船の
入港を原則拒否している。

一方で、欧州に渡る中で
命を落とした人は1600人以上に上り、
UNHCRは
「死亡率が急激に高まっている」
と指摘した。

リビアから地中海を通り
イタリアに向かうルートでは
17年1~7月には43人に
1人が死亡していたが、
18年同時期では19人に1人となった。

6月だけでみると、
8人に1人が死亡した。

リビアの海上保安当局の
取り締まりを避けるため、
違法業者が危険な気象条件でも
移民を乗せた船を出航させている
ことなどが理由とみられる。

強まる取り締まりの中で
移民を陸上にとどめておく
費用が増えたことで、
業者が船の装備をさらに貧弱にし
コストを下げていることも
背景にある。』

南欧諸国が移民を受け入れず、
「移民を送り込む」という
ビジネスにおいて競争
(南欧諸国の政府との)が激化した。

結果的に、コストを引き下げる。

船の装備を簡略化し、
大勢の移民を詰め込み、
気象条件も無視して
地中海に送り出す。

変な話ですが、地中海の移民ビジネスは
「デフレ化」が起きているわけですね。

そういう意味で、
市場原理に則ってはいますが、
「激しい競争」の中、
地中海に貧弱な船で送り出される
移民にしてみれば、
たまったものではないでしょう。

文字通り、命に関わります。

さて、ドイツでは移民問題を巡り、
「国民同士の争い」が激化しています。

『ドイツ東部で極右デモ激化
移民めぐる緊張浮き彫り
メルケル首相決断から3年
https://www.sankei.com/world/news/180902/wor1809020026-n1.html

ドイツ東部ケムニッツで
移民排斥を主張する極右支持者らの
デモが激化している。

移民によるドイツ人男性の
殺害事件が発端で、
「反極右」を訴えて対抗する
デモとも衝突した。

メルケル首相が難民・移民受け入れで
象徴的な決断を下して4日で3年。

移民流入は減ったが、
社会の緊張が改めて浮き彫りになった。

ケムニッツ中心部では1日夕、
約8千人が集まり、「メルケルは去れ」
とのプラカードや国旗を
手にした人々がデモを繰り広げた。

参加者は極右や移民受け入れに
反対する右派「ドイツのための選択肢」
(AfD)の支持者ら。

デモ終了予定時刻を過ぎ、
解散を求める警官隊と
参加者が対峙する場面もみられた。
(後略)』

相変わらず日本のマスコミは
移民反対派を「極右」
呼ばわりしていますが、
ならば「反極右」の連中を
「極左」と呼ばなければ
不公平というものでしょう。

8月26日、
ケムニッツでイラク国籍、
シリア国籍の移民により
ドイツ人男性が刺殺される事件が発生。

それ以降、反移民派による
数千人規模の大規模デモが
連日行われています。

それに対し、
「反移民排斥派」(ややこしい!)
も数千人集まり、
「ナチスに居場所はない」
と、書かれたプラカードを
掲げて行進。

ドイツでは、他者を「ナチス」
呼ばわりすることはタブーだった
はずなのですが、
もはや見境なしです。

AFPによると、
デモ終了後に反移民派と
反移民排斥派が衝突し、
18人が負傷したとのことです。

人間に関するグローバリズム、
ヒトの国境を越えた
移動の自由化の行く末が、
まさに現在の欧州です。

政府が移民流入に厳しくなる中、
移民送り出しの「ビジネス」は
コスト削減、人命軽視に走る。

あるいは、移民が多く流入
してしまった国では、
「国民 対 国民」の争いが勃発し、
終わりが見えない。

安倍政権の移民受入政策は、
日本の「欧州化」の道なのです。

関連記事

欧州

【島倉原】グローバル化とガラパコス化

欧州

【三橋貴明】続 2018年6月 日本国の運命が決定する

欧州

【三橋貴明】結論が決まった世界

欧州

【上島嘉郎】何のための「改革」か

欧州

【三橋貴明】マッチポンプ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】ケルトン教授来日! そのお気持ちに応えるためにも「...

  2. 2

    2

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  3. 3

    3

    【三橋貴明】MMT週間が始まる

  4. 4

    4

    【三橋貴明】MMTが提供してくれる「正確な理解」

  5. 5

    5

    【三橋貴明】数字は残酷で素晴らしい

  6. 6

    6

    【三橋貴明】ステファニー・ケルトン教授の出演

  7. 7

    7

    【saya】TBS〝音楽の日〟〜歌は世につれ、世は歌につれ〜

  8. 8

    8

    【三橋貴明】ケルトン教授の「おカネのプール論」

  9. 9

    9

    【藤井聡】政府与党の「増税」断行で、日本の「先進国からの脱落...

  10. 10

    10

    【藤井聡】「プライマリー・バランス目標は国際公約だから撤廃で...

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】ケルトン教授来日! そのお気持ちに応えるためにも「...

  2. 2

    2

    【藤井聡】政府与党の「増税」断行で、日本の「先進国からの脱落...

  3. 3

    3

    【三橋貴明】ステファニー・ケルトン教授の出演

  4. 4

    4

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  5. 5

    5

    【藤井聡】「事を荒立てず、仲良くしようとする」だけの、情けな...

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】MMTが提供してくれる「正確な理解」

  2. 日本経済

    【三橋貴明】ケルトン教授の「おカネのプール論」

  3. 日本経済

    【藤井聡】ケルトン教授来日! そのお気持ちに応えるため...

  4. 未分類

    【saya】TBS〝音楽の日〟〜歌は世につれ、世は歌に...

  5. 日本経済

    【三橋貴明】数字は残酷で素晴らしい

  6. 日本経済

    【三橋貴明】MMT週間が始まる

  7. 未分類

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その3)情報共有の日...

  8. 政治

    【小浜逸郎】熊さん、増税に大いに憤慨

  9. 日本経済

    【藤井聡】政府与党の「増税」断行で、日本の「先進国から...

  10. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】その場しのぎの御都合主義の説明の先にある外...

MORE

タグクラウド