日本経済

2020年5月18日

【三橋貴明】自民党の消滅(後編)

【今週のNewsピックアップ】

自民党の消滅(前編)
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12596679538.html

自民党の消滅(中編)
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12596897814.html

自民党の消滅(後編)
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12597126198.html

期せずして328ページを超す
大作になってしまった
「自民党の消滅」でございますが、
本書は経済、政治、歴史と、
幅広い視点から「国民国家」
を考える一冊になっています。
https://www.amazon.co.jp/dp/B088GLYGBD

何しろ、歴史に限っても、
取り上げた国が日本、アメリカ、イギリス
(イングランド及びスコットランド)、
ドイツ、ポーランド、中国、ロシアと
多岐にわたります。

日本の歴史については、
縄文時代という「文明の始まり」から
現在に至るまで、
「日本人のルーツ」を辿りました。

もっとも、本書は歴史書ではありません。

日本という「国民国家」について
考えるためには、歴史にも
踏み込まざるを得ないという話です。

「自民党の消滅」で
最も強調したかったのは、
「権利」という概念についてです。

我々日本国民
(日本人だけではないでしょうが)の多くが、

「自分には生まれながらにして、
 ○○の権利がある」

と、勘違いをしています。

とはいえ、実際には我々
「人間」に何らかの普遍的な
権利があるわけではありません。

「我々には普遍的な権利がない」

ことの証明は、

「無人島で孤独に暮らす
 ロビンソン・クルーソーには、
 何の権利があるのか?」

という問い一発で完了です。

無人島に漂流した
ロビンソン・クルーソーには、
もちろん何の権利もありません。

理由は、無人島にはロビンソンの
権利を認めてくれる共同体が存在しないためです。

権利とは、我々が特定の共同体
(人間の集まり)に属して
はじめて創出される概念なのです。

「いや、基本的人権を始め、
 自分の権利は憲法や
 国連憲章で認められている」

と、反発する人は、
その憲法やら国連憲章やらは、
何なのかを改めて考えて下さい。

無論、国家や国連といった
共同体が定めたのが憲法や憲章です。

つまりは、
「生まれながらに
 備わっている基本的権利」
と思われがちな権利にしても、
国家や国連といった
「人間の集まり」が
認めているからこそ存在するのです。

無論、人間が集まったとしても
互いに「コミュニケーション」を
取れないのでは、権利は生じ得ません。

権利とは、
「人間と人間との間の決まり事」
であるため、言葉というツールが
なければ発生しません。

欧州の啓蒙思想家たちは
「人間には生まれながらにして
 持つ普遍的な権利、自然権がある」
と主張したのですが、

その際に「人間の自然権を認める存在」
として「創造主(神)」を
持ち出さざるを得ませんでした。

アメリカ独立宣言には、
「すべての人間は生まれながらにして
 平等であり、その創造主によって、
 生命、自由、および幸福の追求を
 含む不可侵の権利を与えられている」

とありますが、
まさに「創造主の存在」こそが、
自然権(不可侵の権利)を全ての人間に
「与えてくれている
 =認めてくれている」
という考え方になっているのです。

現実には、創造主も神も、
少なくとも「権利を認めてくれる者」
としては存在しません。

我々の権利は、社会共同体が存在し、
我々がそこに所属しているからこそ
「認めてもらっている」に過ぎないのです。

そして、現代において
「人々の権利を認める共同体」
の代表を「国家」と呼びます。

さらに、
国民国家の主権者は、我々国民です。

我々は「自分の権利」
「家族の権利」を守るために、
国家という共同体に関わる必要がある。

そして、国家が
「誰か他の国民の権利」を
守らないということは、自分の権利も
守られないということを意味します。

三橋が今回の危機を受け
「国民を選別してはならない。
 全ての国民を守らなければならない」

と繰り返しているのは、
実は「自分のため」でもあるのですよ。

「自民党の消滅」、是非、ご一読を。
https://www.amazon.co.jp/dp/B088GLYGBD

◆過去十年以上に渡る三橋の
 言論活動の「集大成」とでもいうべき、

 「自民党の消滅(ベストセラーズ)」
(kindle版)が刊行になりました。
https://www.amazon.co.jp/dp/B088GLYGBD

◆時局2020年6月号に、
 連載「三橋貴明の経世論 
 第39回 第二次世界恐慌」
 が掲載されました。
http://www.jikyokusya.com/

◆リベラルタイム 2020年06月号に、
 「中国依存脱却で日本経済は復活する!」
 を寄稿しました。
https://www.amazon.co.jp/dp/B084Z5FWL4

◆週刊実話 連載
 「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」
  第369回 国民の敵と化した安倍内閣(後編)

なお、週刊実話の連載は、
以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆メルマガ 週刊三橋貴明
Vol573 ドル建て国債の真相
http://www.mag2.com/m/P0007991.html

MMTや銀行の貨幣発行
(Money creation)について知ると、

「なぜ外貨建て国債を
 発行する国があるんだろう?」
と疑問を覚えません?

◆メディア出演

三橋TV第234回
【財政破綻論者の断末魔 
 三つのパターンを完全撃破!】
https://youtu.be/DdqKjNat7Yg

三橋TV第235回
【土居丈朗先生 
 貴方はとてつもなくおぞましい人物です】
https://youtu.be/Xmc4TS-IfmM

三橋TV第236回
【国債発行は政府貨幣発行 
 財務省が死んでも認めたくない真実】
https://youtu.be/cmAQKwVJqL0

sayaさんの公式Youtubeチャンネルが
スタートしました。

チャンネル登録はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://youtu.be/Guag-GHIG1Y

特別コンテンツが
続々と配信されていっています。

「9月入学推進派の3つの大罪」
コロナを利用したメディアの悪徳商法
https://youtu.be/MuncY4NnwyM

◆三橋経済塾

5月16日(土) 
三橋経済塾第九期第五回講義が開催されました。
https://members9.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?page_id=75

ゲスト講師は中野剛志先生でした。
インターネット受講の皆様は、
しばらくお待ちください。

◆チャンネルAJER 
今週の更新はありません。

関連記事

日本経済

【施 光恒】カジノと大麻と緊縮主義

日本経済

【施 光恒】「言葉は城なり」

日本経済

【三橋貴明】日本をダメにした財務省と経団連の欺瞞

日本経済

[三橋実況中継]生産性のミクロとマクロ

日本経済

【三橋貴明】今年の年末は出雲で過ごしています

【三橋貴明】自民党の消滅(後編)への2件のコメント

  1. たかゆき より

    始まりがあれば

    終わりは 必ず訪れる。。

    国家にも 人間にも 制度にも、、

    エントロピーの増大に抗うには

    どうするか、、、

    人間は メシを食い

    国家は財政出動をする

    ガキにも理解可能の簡単な真実で

    ございます♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 大和魂 より

    三橋先生のお考えは、人それぞれで当たり前の考え方。わたくしは、沖縄返還までの自民党ならば称賛に値していると思います。しかし、その後の処理を、きちんとやらなかった事により、安全保障と外交を放棄したことは、我が国の存亡問題であり、自民党と国家公務員の責任は免れないわけです。また、それは国内での軍事による経済までも放棄しており、もはや万死に値する出来事が、自民党の中曽根長期政権だったのですよ!それが現在の尖閣や沖縄基地問題さらに拉致問題や竹島問題とか北海道の土地買収やアイヌ問題にまで発展している状況を鑑みれば常識ある国民ならば政権交代は必然なのに、平和主義の実践のせいで、全てが貧困に満ち溢れた姿に自民党の消滅を重ねております。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント



メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 政治

    【三橋貴明】麻生財務大臣、あなたの定義する「放漫財政」...

  2. 政治

    【三橋貴明】レバノン爆発事故と生産諸力

  3. コラム

    【竹村公太郎】インフラを守るソフトー江戸を守った江戸市...

  4. 日本経済

    【藤井聡】日本を守るためにも是非『コロナから「日常」を...

  5. 日本経済

    【室伏謙一】日本否定の元凶は何だろう?

  6. 政治

    【三橋貴明】苛烈なり!第二次世界恐慌

  7. 政治

    【三橋貴明】「理念なきバラマキ」とは何なのか?

  8. 政治

    【施 光恒】意地でも続ける?「観光立国」と「クルーズ船...

  9. 日本経済

    【藤井聡】『こんなにヤバいコロナ大不況~消費税凍結とM...

  10. 政治

    【三橋貴明】人類が悪夢の未来を回避するために

MORE

タグクラウド