日本経済

2020年3月23日

【三橋貴明】第二次世界恐慌

From 三橋貴明

【今週のNewsピックアップ】
第二次世界恐慌(前編)
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12583165088.html
第二次世界恐慌(中編)
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12583428190.html
第二次世界恐慌(後編)
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12583662459.html

現在から振り返ってみると、
リーマンショックは「大不況」では
ありましたが、第二次世界恐慌
というわけではありませんでした。

第二次世界恐慌は、今から始まります。

リーマンショックは、
経済成長率が大幅に落ち込み、
その後「V字回復」しました。

恐慌の場合、経済成長率が
「落ちて、落ちて、落ちる」のです。

1929年10月のNY株式大暴落に
端を発する世界大恐慌期、
アメリカの経済成長率(名目GDP)は、

1930年 ▲12% 
1931年 ▲15%
1932年 ▲24%
1933年 ▲4%

と、凄まじい状況となり、最終的に
GDPが55%になってしまいました。

恐慌は、一度目のあまりに凄まじい所得の
落ち込みが、次の所得下落を引き起こす
ことで深刻化していきます。

現在、政府の自粛要請等により、
日本国民は消費を極端に減らし、結果的に
飲食業、宿泊業、タクシー業、イベント関連
など、売上が消滅する状況になっています。

所得を得られない人々は、当たり前ですが
消費を減らし、別の誰かの所得がまたもや
すさまじい落ち込みになる。

所得縮小のカタストロフィを食い止める
ことができるのは、政府しかありません。

『世界の財政出動、史上最大か
 金融危機上回る―新型コロナ対応
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020032100427&g=int
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、
各国・地域が検討している財政出動額が
200兆円超と金融危機当時を上回り、
年間で史上最大規模に膨らむ見込みだ。
日米欧や中国の巨大経済圏で
ヒト・モノ・カネの流れが滞る前例のない
事態に発展し、景気後退が現実味を帯びる。
(後略)』

恐慌期には、物価と金利が低下するため、
政府の財政拡大の制約は消滅します。

特に、元々インフレ率や国債金利が低かった
我が国には、大規模財政拡大を制限するものは、
本来は何もないのです。

ところが、我が国には「プライマリーバランス
黒字化目標」という緊縮財政強要のルールが
あります。

また、ユーロ加盟国は通貨発行権
(国債のマネタイゼーション)がなく、
どこまで財政を拡大できるかは不透明です。

日本国は、第二次世界恐慌を受け、
緊縮財政の転換(ピボット)ができるのか。
日本国の運命は、国民や政治家の「意思」に
委ねられているのです。

◆「“消費税ゼロ”緊急鼎談」
令和恐慌で中国が一人勝ち?
メディアが言わない消費税の真実
https://youtu.be/q3KcdJhBMb8

◆週刊実話 連載「三橋貴明の
『マスコミに騙されるな!』」 
第362回 令和恐慌
なお、週刊実話の連載は、以下で
(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆メルマガ 週刊三橋貴明
Vol565 インフレの要因
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
日本銀行が日銀当座預金を増やすだけでは
インフレ率はピクリともしませんが、
逆にインフレを引き起こす要因とは
何なのでしょうか?

◆メディア出演

三橋TV 続々とアップされています。

三橋TV第210回
【トイレットペーパー買いだめ騒動
 から見える日本の希望】
https://youtu.be/5tTUbIrElkQ
三橋TV第211回
【壊れゆく世界 レバノン・デフォルトと
 対中入国規制問題】
https://youtu.be/M_9sfn6jRsc
三橋TV第212回
【そして、令和恐慌へ・・・】
https://youtu.be/KuRwNj7YmZk

3月21日(土) チャンネル桜
「日本よ、今…「闘論!倒論!討論!」」に
出演しました。
【討論】観光立国という亡国[桜R2/3/21] https://youtu.be/ivFRAp_zER4

◆三橋経済塾

2020年3月21日(土)
三橋経済塾第九期第三回対面講義が
開催されました。
https://members9.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?page_id=75
ゲスト講師は、
文芸評論家の浜崎洋介先生でした。
インターネット受講の皆様は、
一週間ほどお待ちくださいませ。

三橋経済塾のご入塾は以下から。
https://members9.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

◆チャンネルAJER 
『令和の政策ピボットが始まった(前半)』
三橋貴明 AJER2020.3.17
https://youtu.be/cmqaTTuvqGk

関連記事

日本経済

【三橋貴明】財政赤字が国民の財産を増やす

日本経済

【小浜逸郎】「令和の政策ピボット」にご賛同ください!

日本経済

【藤井聡】【要注意!】10兆円補正は財務省が仕掛けた厄介な「クセダマ」である。

日本経済

【藤井聡】「所得」ターゲットへと転換した「アベノミクス2.0」

日本経済

【三橋貴明】国を家計に例えるのはやめよう

【三橋貴明】第二次世界恐慌への2件のコメント

  1. たかゆき より

    長生きは するもんだ。。

    大は パンデミック 世界恐慌

    小は オリンピック中止(たぶん)

    大相撲の無観客興行まで 拝見できる、、

    今年の元旦には 想像もしなかったこと

    ちなみに 黒鹿は 

    神聖にして 犯すべからざる存在

    下々が 何万人死のうと

    けっして神を貶めることは なさらない かと。。。

    どうでも いいことですが

    サファリを使用してのコメント欄が また 元に戻って

    小さくなりました ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 大和魂 より

    先日、東京財団界隈の経済学者十人が、どこぞに忖度した寝言の提言をしてましたね。それが、その系統の日本財団なんだとか。あっ!あの先頃、競艇でマネーロンダリングした事件を起こした当事者で、維新の会のバックにいる口先の集団ですからね!だから、橋下徹が出しゃばれる訳で、キングメーカーを装うスケープゴートだって!それで究極は、ヒタイに汗するなんだとか全くばかばかしい。ならば音喜多議員のクラウドファウンディングも当然つながりますから現在の状況になる、これが維新クオリティの実態のようですから有権者の皆さんご注意を!

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント



メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】最終的な我々のゴール

  2. 日本経済

    【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」第六...

  3. 日本経済

    【小浜逸郎】緊急事態宣言は不要だった

  4. 政治

    【藤井聡】「インターネットの力」で、政府支出が数十兆円...

  5. 政治

    【室伏謙一】国民を分断させるショックドクトリン -得を...

  6. 日本経済

    【三橋貴明】自己責任論と財政破綻論

  7. 日本経済

    【三橋貴明】貨幣と権利

  8. 日本経済

    【藤井聡】【正式の回答を要請します】わたしは、西浦・尾...

  9. 政治

    日本経済

    【三宅隆介】[特別寄稿]なぜ日本のメディアはPCR検査...

  10. 日本経済

    【三橋貴明】自民党の消滅(後編)

MORE

タグクラウド