政治

日本経済

2019年1月20日

【三橋貴明】歴史に蔓延る嘘

From 三橋貴明

【近況】
三橋経済塾第八期第一回講義が開催されました。
ゲスト講師は河添恵子先生でした。
http://members8.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

インターネット受講の皆さまは、
しばらくお待ちください(一週間ほどでWEBにアップされます)

2月以降のゲスト講師は以下の通りです。

2月 藤井聡先生
3月 高清水有子先生
4月 佐藤健志先生
5月 中野剛志先生
6月 小浜逸郎先生
9月 安藤裕先生(衆議院議員)

さて、財政破綻論者は、まずは、
「嘘の財政破綻論を撒き散らし、国民の危機感を煽る」
わけですが、さらには、

「データで破綻論の間違いを指摘されても、
決して結論を変えようとしない」

という特徴もあります。

破綻論を否定する「データ」「事実」はスルーし、
それまで通りの破綻論を続けるか、
あるいは結論は変えずに、途中の理屈を変えるなど、
とにかく手に負えない嘘つきなのでございます。

似たような分野が、
日本には実は経済以外に、もう一つあります。
すなわち「歴史」の分野です。

皆さんは、世界最古の土器が
どこで発見されたか、知っていますか。

答えは、青森県の大平山元(おおだいらやまもと)遺跡から出土したもので、
約1万6500年前の土器になります。

世界の他の地域を見ると、
発見された一番古い土器が、およそ9千年前。

しかも、日本で発見される縄文時代の土器は、
古さも、種類も、量も、他の地域とは群を抜いています。

日本の縄文時代が、
世界最先端の高度な「土器文明」だったことは明らかです。

あるいは、日本で稲作が始まったのは?
答えは6000年前。

それでは、水田方式の稲作が始まったのは、
答えは3000年前。

上記はプラントオパール分析法や
放射性炭素年代測定法により、
近年、「確定」した事実です。

ところが、我が国では、
「日本の縄文時代は
文化も文明もない野蛮な時代だった。

稲作は2300年前位に
日本に来た渡来人が教えてくれた。
日本は中国や朝鮮半島の人々から文化を教わったのだ」

といった「嘘」が国民に流布したままです。

理由は、歴史学者が
「科学的に判明した事実」をスルーし続けているためです。

ついでに書いておくと、弥生時代に
100万人の渡来人が日本にやってきた、
という話自体が「嘘」です。

これも、科学的に証明されています。
弥生時代に日本に来た渡来人は、
精々が年に「数家族」でした。

それにも関わらず、
「日本の文化・文明は2300年前(紀元前300年頃)に
中国や朝鮮半島から訪れた渡来人によりもたらされた」
という「嘘」が常識化してしまっている。

上記の「嘘」が、
「天皇は朝鮮半島からやってきた」
なる奇天烈な説に繋がってしまい、

皇室の価値を貶める
プロパガンダとして使われているのです。

経済(特に財政)に加え、
歴史(特に古代史と近現代史)の言論に蔓延る「嘘」もまた、
日本弱体化の一因なのでございます。

というわけで、経世論研究所は
2月から「正しい歴史」を学べる音声コンテンツ
「経世史論(けいせいしろん)」のリリースを開始いたします。
ご期待くださいませ。

◆一般参加可能な講演会のお知らせ。

経営塾 八鷲会 創立40周年記念講演会
https://www.facebook.com/events/535796403568985/
2019年1月26日(土) 14:00〜
八代ホワイトパレス〒866-0883 熊本県 八代市松江町290-1

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」
第304回 技術と「豊かさ」

なお、週刊実話の連載は、
以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol502
ソ連の”イズム”(後編)
http://www.mag2.com/m/P0007991.html

ソ連経済が1930年代になぜ急激に成長し、
第二次世界大戦後に急激に衰退したのか。
真実を知ってください。

◆メディア出演

三橋TV第39回【日本復活のために必要な政党とは?】
https://youtu.be/LEY6AKtbTrc
三橋TV第40回【韓国のレーダー照射に隠された日本の闇】
https://youtu.be/BwDQ935aDOE
三橋TV第41回【日本がデフレから脱却できないカラクリ】
https://youtu.be/wTAjAP9kMJs

1月26日 チャンネル桜「日本よ、今…「闘論!倒論!討論!」 」に出演します。
http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1655

◆三橋経済塾

1月19日(土) 三橋経済塾第八期第一回講義が開催となりました。
https://members8.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?page_id=75
第一回のゲスト講師は河添恵子先生。
インターネット受講の皆さまは、
一週間ほどお待ちください。WEBに掲載されます。

◆チャンネルAJER

今週の更新はありません。

関連記事

政治

日本経済

【三橋貴明】ソフトウェア

政治

日本経済

【藤井聡】消費税8%増税の「検証」会合を ~「不誠実」な発言を許さないために~

政治

日本経済

【佐藤健志】学者の嘘と憲法九条

政治

日本経済

【三橋貴明】負け犬の成長否定論者たち

政治

日本経済

【平松禎史】霧につつまれたハリネズミのつぶやき:第廿話

【三橋貴明】歴史に蔓延る嘘への4件のコメント

  1. 日本晴れ より

    >経済(特に財政)に加え、
    歴史(特に古代史と近現代史)の言論に蔓延る「嘘」もまた、
    日本弱体化の一因なのでございます。

    全くです。だからこそ韓国は必要以上に日本に歴史戦を仕掛けて来てるんだと思います。財政問題も歴史戦もプロパガンダです

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. たかゆき より

    「地動説」か「天動説」か

    「天動説」という 様々な「嘘」を
    流布してきた方々は 

    「地動説」という真実を けっして認めないでせう。。

    理由は

    己の 地位も名誉も誇りも 失ってしまい
    おまけに カネまで 入ってこないから。。。

    (彼等の)人生は歩きまわる影に過ぎぬ あわれな役者だ

    シェークスピアも 仰っております (たぶん) ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. 赤城 より

    はじめから嘘とデマを広めるために存在しているような
    家畜教育情報工作員の方々に主権の無い日本で真実を突きつけても
    当然無視するでしょうね。
    情報工作を破り真実が大多数に知れ渡り、
    公然の事実が変化しない限り事実を無視する事で
    彼らは情報工作を続けることができる。
    大嘘が大好きな海の向こうのシナの大昔の史書に書かれていた、
    倭人という蔑称の国のことを日本史のはじまりにしているような
    家畜奴隷歴史教育ですもの。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. ぬこ より

    時間があれば、YouTubeで、
    竹取翁博物館
    の動画を観てみてください。

    竹内文書の事も解説してますよ。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. コラム

    【三橋貴明】地形やエネルギーという「レンズ」から歴史を...

  2. 日本経済

    【施 光恒】40年前の『ジャパン アズ ナンバーワン』...

  3. 日本経済

    【藤井聡】「15兆円のマイナス財政政策」を毎年続ける安...

  4. 日本経済

    【三橋貴明】PB黒字化目標という悪夢から目覚めるために

  5. 歴史

    【三橋貴明】不屈のポーランド

  6. コラム

    【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」第六...

  7. 日本経済

    【小浜逸郎】貧困化した日本

  8. 日本経済

    【藤井聡】【要注意!】10兆円補正は財務省が仕掛けた厄...

  9. 日本経済

    【室伏謙一】国家公務員の劣化が止まらない

  10. 歴史

    【三橋貴明】国民のメモリー「歴史」を取り戻す

MORE

タグクラウド