日本経済

2018年9月24日

【三橋貴明】政府の資金不足を増やせ!

From 三橋貴明

【今週のNewsピックアップ】
消費増税凍結!財政フル出動を!
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12406463210.html
日本は「イタリア」を見倣え!
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12406696010.html

珍しく、
二日連続でグラフを使いますが、
我が国の非金融法人企業(一般企業)は
98年以降、二十年連続で
「資金過剰」の状況にあります。

【日本の非金融法人企業、
一般政府、家計、
海外の年度別資金過不足(兆円)】

理由は、もちろん97年の
橋本政権による緊縮財政で、
我が国の経済が「デフレ化」
したためです。

本来、資本主義とは企業が
「負債」を増やし、
投資を拡大することで
成長するものです。

つまりは、企業は
「資金不足」になって当然なのです。

グラフを見ると、
97年までの一般企業が資金不足状態、
つまりは負債を増やし
続けているのがわかるでしょう。
資本主義経済である以上、
当然なのです。

98年以降、デフレにより
企業は投資をしなくなります。

結果、一般企業が資金過剰状態になり、
その分、政府が資金不足(財政赤字)で
日本経済を支えていたことが分かります。

アメリカの不動産バブルの影響で
世界的に好景気だった2006年、
日本企業の資金過剰は
解消直前にまでいきました。

07年のサブプライムローン危機や、
08年のリーマンショックがなければ、
日本はデフレから脱却した
可能性はあります。

もっとも、04年から07年にかけて、
日本の資金不足を支えてくれたのは、
「海外」でした。

つまりは日本の経常収支の黒字です。

アメリカの不動産バブルが
最終需要であったため、
当然なのですが、結局、
06年のチャンスですら
「外需」依存だったのです。

05年から08年にかけて、
政府の資金不足が圧縮され、
家計と一般企業が資金過剰であるため、
「誰か」が資金不足を
増やさなければなりません。

つまりは、海外です。

さて、13年以降、
つまりは第二次安倍政権発足以降も
一般企業の資金過剰状態は終わらず、
20兆円前後で推移しています。

しかも、リーマンショック前と
同じく政府が資金不足を
圧縮しているため、
「資金不足の不足(変な表現ですが)」
は相変わらず海外に押し付けています。

つまりは、現在の日本は
「外需様」のおかげで、
辛うじてマイナスに突っ込まずに
済んでいるという話になります。

グラフを見れば分かりますが、
日本政府は資金不足を13年度から
17年度にかけ、
対12年度比で年平均約20兆円も
削減されました。

安倍政権が緊縮財政に走らず、
資金不足を12年度と
同じ水準で維持してくれれば、
日本のGDPは「少なくとも」
年平均4%超の経済成長を
達成したことになります。

さて、イタリアのディマイオ副首相
(五つ星運動)が、
経済成長に向けて「財政赤字拡大」を
検討していると報じられています。

政府が財政赤字を拡大すれば、
国民の所得が増えます。
やがては、企業がリスクを取り、
負債を増やしてでも投資をする
「成長経済」を取り戻すことができます。

しかも、日本の場合は
イタリアとは異なり、
自国通貨建ての国債
(イタリアはユーロ建て)
になるため、
財政破綻の可能性はゼロです。

共通通貨ユーロという
「縛り」があるイタリアですら、
国民のために資金不足(財政赤字)
の拡大を検討しているのです。

それにも関わらず、
財政破綻が起き得ない我が国において、
政府の資金不足拡大を
抑制し続けているなど、
実に滑稽な話なのです。

関連記事

日本経済

【小浜逸郎】安倍政権20の愚策(その2)

日本経済

【三橋貴明】その後

日本経済

【小浜逸郎】98%の絶望と2%の希望(その1)

日本経済

【三橋貴明】巨費

日本経済

【藤井聡】防災に「国債」を発行しない政治家は、馬鹿の誹りを免れ得ない。

【三橋貴明】政府の資金不足を増やせ!への1件のコメント

  1. komiyet より

    吉川洋さんの

    「自然災害の被害を防ぐために投資を増やせば、亡国の財政破綻を招く」発言で気が付いたののですが・・・

    どうも、吉川さんが大切に思っている国は、自分たちの利権の為の国。自分が得するための国で、私たち犠牲の上に存在するその国が一番大切だと言っているんだな。

    国よりも自分が偉いんだな。って事が分かりました。

    反日の最先端が東京大学ですからね。

    そこの教授ですから、国より自分 って価値観はしょうがないです。

    国民がいて、国があるんですよ。

    吉川さんは、国民と移民を混同してるのかもしれないな。

    国があって、そこにくるのが移民です。

    吉川洋の発言を、国民の部分を移民と変えれば、

    なるほど~欧州の移民問題と同じだな

    って受け入れることができる。

    吉川洋に言いたい。

    お前の銭の為に国があるんじゃない。

    俺たち銭を稼ぐために国があるんだよ。

    俺たちがいるから、円の価値が高いんだよ。

    あんたらが阿保でも、円が強いのは、

    民間のなかに、人の為に働いている人がいるからだよ。

    口先で稼げる、インテリや芸能人と違うんだよ。

    日本人が全員、吉川洋になったら、

    円の価値は暴落し、財政破綻だよ。

    汗流して働いている人に感謝の気持ちを少しでも持てば、

    こんな発言は出来ない。こういう阿保がいるから、

    東大卒って、みんなバカで反日なんでしょ(・・?

    って認識になるんだよ。

    東大卒は迷惑してんだよ。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】「10%消費税」が日本経済を破壊する―――そのメカ...

  2. 2

    2

    【小浜逸郎】消費税制度そのものが金融資本主義の歪んだ姿

  3. 3

    3

    【三橋貴明】残酷な消費税を本当に増税するのか

  4. 4

    4

    【三橋貴明】三橋TV始動(前編)

  5. 5

    5

    【三橋貴明】三橋TV始動(後編)

  6. 6

    6

    【三橋貴明】消費税のもう一つの「重大な問題」について

  7. 7

    7

    【上島嘉郎】ごまめの歯軋りでも

  8. 8

    8

    【藤井聡】「消費増税」すれば、「税収」が減ってしまいます。

  9. 9

    9

    【藤井聡】「反緊縮」は「反グローバリズム」と共に進めよ ~第...

  10. 10

    10

    【藤井聡】消費税は、「10%はもうしようがない」と諦めれば、...

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】10%消費税増税の「凍結」:風は少しずつ、しかし「...

  2. 2

    2

    【藤井聡】「10%消費税」が日本経済を破壊する―――そのメカ...

  3. 3

    3

    【藤井聡】国土強靱化2.0:「財政」でなく「安心」のための防...

  4. 4

    4

    【藤井聡】「反緊縮」は「反グローバリズム」と共に進めよ ~第...

  5. 5

    5

    【藤井聡】消費税は、「10%はもうしようがない」と諦めれば、...

MORE

最新記事

  1. アジア

    【三橋貴明】帝国と民主国家の最終戦争が始まる

  2. 日本経済

    【三橋貴明】食の安全

  3. 日本経済

    【三橋貴明】消費税のもう一つの「重大な問題」について

  4. 政治

    【上島嘉郎】ごまめの歯軋りでも

  5. 日本経済

    【小浜逸郎】消費税制度そのものが金融資本主義の歪んだ姿

  6. 日本経済

    【藤井聡】「10%消費税」が日本経済を破壊する―――そ...

  7. 日本経済

    【三橋貴明】残酷な消費税を本当に増税するのか

  8. 日本経済

    【三橋貴明】三橋TV始動(後編)

  9. 日本経済

    【三橋貴明】三橋TV始動(前編)

  10. 日本経済

    【三橋貴明】官も民も等しく良くもあり、ダメでもある

MORE

タグクラウド