日本経済

2018年7月2日

【三橋貴明】日本国民が国内観光に行ける国を望む

「日本国民が国内観光に行ける国を望む」
From 三橋貴明

【今週のNewsピックアップ】
日本国民が国内観光に行ける国を望む
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12386683998.html
続 日本国民が国内観光に行ける国を望む
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12387074486.html

二十世紀後半、日本の工業製品が
世界を席巻しました。

日本発の高品質の製品が
世界中に輸出され、
メイドインジャパンが
「高品質製品」の代名詞
にすらなったのです。

なぜ、当時の日本製品が
世界に受け入れられたのか。

グローバル市場を意識した
製品開発をしたから、
ではありません。

品質に煩い消費者が何千万人と
存在する国内市場でもまれ、
選別され、競争し、排除され、
生き残ってきたからです。

日本製品が世界的な競争力を持ったのは、
国内市場で品質が磨かれ、
洗練されたためなのです。

「日本でしか生産できない製品」

だからこそ、メイドインジャパンが
ブランド化したわけでございます。

その後、二十一世紀に入ると、
いわゆる「グローバルスタンダード」
が世界市場を席巻し始めました。

グローバルスタンダードとは、
「仕様」を守りさえすれば、
どこの国で生産しても
「同じ品質」の製品になりますよ、
という話です。

特に、ITやNC工作機械の発展が、
「どこの国で生産しても同じ」
を実現しました。

となると、当然ながら
「より人件費が安い国」に、
生産拠点は移っていきます。

愚かなことに、日本企業も
グローバルスタンダードの波に
乗りました。

結果的に、日本国内の
賃金水準は低下を続け、

「別に日本製品でなくても、
他の国で作った日本企業の製品
であれば同じ品質、かつ安い」

という、自分の首を自分で締める
愚かな路線を進み続けたわけです。

結果、日本国民は貧困化しました。

しかも、国内で技術投資や設備投資、
公共投資におカネを振り向ける
こともなくなったため、
我が国は猛烈な勢いで
「衰退途上国」と化しつつあります。

衰退途上国が「次なる成長戦略」
として飛びつくのが、
「観光」であることは、
歴史が証明してくれています。

もちろん、国民の所得が増大し、
国内観光に行く人が増えた、
ならば話は別です。

とはいえ、衰退途上国の
観光サービスは、十中八九
「外国人様に観光に来てもらおう」
というパターンになるのです。

ギリシャも、ローマも、
イギリスですらそうでした。

まさに、そのままの道を
我が国は進んでいません?

腹立たしいのは、我が国が未だに
世界最大の対外純資産国で、
衰退途上国から「繁栄国」に
舵を切りなおすことは、
政治力さえあれば余裕で可能
という現実です。

緊縮財政路線におさらばし、
日本国民の所得を増やす
政策に転進さえすれば、
日本国は再び「覇権国」
への道を歩み始めます。

結果的に国民の所得が増え、
国内の観光業も
潤うことになるでしょう。

それにも関わらず、政府は
緊縮財政路線を堅持し、
国民の所得を増やす政策には
目もむけず、外国人「様」に
観光に来て頂くインバウンド
とやらで成長すると。

できるはずがないでしょ。

人口1億人を超える国が、
外国人「様」の財布にすがり、
経済成長すること
など不可能なのです。

インバウンド、インバウンドと
繰り返す政治家、官僚、
そして日本政府は、
まさに「衰退途上国」の象徴である
と理解するべきなのです。

関連記事

日本経済

【三橋貴明】ほかに道はない

日本経済

【佐藤健志】やはり番狂わせだったトランプ勝利

日本経済

【施 光恒】グローバル化は中世化

日本経済

【三橋貴明】フランスを縛る二つの鎖

日本経済

【藤井聡】「ネオリベ国家ニッポン」から脱却せよ 〜新自由主義から日本を救うために〜

【三橋貴明】日本国民が国内観光に行ける国を望むへの2件のコメント

  1. たけちゃん より

    インバウンドとかクールジャパンとか骨太の方針とかこじつけ造語で国民騙すのは止めてくれ。 
    enough !

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】<号外速報>「内需冷え込み」による輸入急落が無けれ...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】財務省にとっての痛恨の一撃

  3. 3

    3

    【藤井聡】「令和ピボットニュース」にご登録ください!

  4. 4

    4

    【室伏謙一】政策評価は緊縮財政推進ためのものか?

  5. 5

    5

    【三橋貴明】「MMTポリティクス」

  6. 6

    6

    【小浜逸郎】なぜ経済問題は敬遠されるのか

  7. 7

    7

    【藤井聡】『消費税増税の「リスク」に関する有識者会議」を開催...

  8. 8

    8

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  9. 9

    9

    【藤井聡】財務省が紹介した「有識者のMMT批判」の「間違い」...

  10. 10

    10

    【三橋貴明】財務省への宣戦布告

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】<号外速報>「内需冷え込み」による輸入急落が無けれ...

  2. 2

    2

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  3. 3

    3

    【藤井聡】財務省が紹介した「有識者のMMT批判」の「間違い」...

  4. 4

    4

    【藤井聡】『消費税増税の「リスク」に関する有識者会議」を開催...

  5. 5

    5

    【藤井聡】政府の支出拡大が財政を健全化することを「数学的に証...

MORE

最新記事

  1. 未分類

    【角谷快彦】介護職員の待遇改善とCCRC(前編)

  2. 日本経済

    【藤井聡】<号外速報>「内需冷え込み」による輸入急落が...

  3. 日本経済

    【三橋貴明】財務省への宣戦布告

  4. 日本経済

    【三橋貴明】「MMTポリティクス」

  5. 日本経済

    【藤井聡】「令和ピボットニュース」にご登録ください!

  6. 日本経済

    【小浜逸郎】なぜ経済問題は敬遠されるのか

  7. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】政策評価は緊縮財政推進ためのものか?

  8. 日本経済

    【三橋貴明】財務省にとっての痛恨の一撃

  9. 日本経済

    【三橋貴明】アメリカ版「国の借金時計」があった!

  10. 未分類

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その1)江戸の強固な...

MORE

タグクラウド