日本経済

2018年6月19日

【三橋貴明】日本国民は「想像力」を取り戻さなければならない

「日本国民は「想像力」を取り戻さなければならない」
From 三橋貴明@ブログ

昨日の朝7時58分に発生した
大阪府を震源とする
マグニチュード6.1(暫定)、
最大深度6弱の地震は、
死者四名、負傷者は三百名を越えました。

『負傷300人超える=4人死亡、
建物被害も-余震、
交通混乱続く・大阪地震
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018061800880&g=oeq

大阪府北部で最大震度6弱を
観測した地震で、
負傷者は大阪など2府4県で
計300人を超えた。

倒壊した外壁の下敷きになるなどし、
登校中だった小学4年の
女児(9)ら4人が死亡。

府などが詳細な被害の確認を急いでいる。

新幹線は運転を再開したが、
在来線の一部運休など
交通の混乱は続いた。(後略)』

特に痛ましかったのは、
記事にもありますが、
高槻市寿栄小学校の高さ3.5メートルの
ブロック塀が、長さ40メートルにわたって
倒壊し、登校中だった女の子が
亡くなってしまったことです。

建築基準法では、2.2メートルを超える
ブロック塀を作ることは
原則認められていません。

さらに、高さ1.2メートルを超す塀には、
強度を補う「控壁」設置の
義務があったのですが、
それもありませんでした。

一体全体、いかなる「感覚」で
よりにもよって小学校の外壁が
「違法壁」になってしまったのか。

地震の際に壊れ、人命を害する
ということを「想像しなかった」
としか考えられず、
本当にいたたまれません。

さて想像といえば、今回の大阪
という人口密集地における大地震を受け、
「世界最大のメガロポリス東京」
で同じ規模、あるいはより規模が大きい
大震災が発生したらと、
想像せざるを得ませんでした。

首都直下型地震は、
先日の土木学会の発表によると、

● 資産被害 47兆円
● その後の20年かのGDPの縮小 731兆円
● 死者 23000人

と、途轍もない被害が
もたらされる可能性があります。

特に、震災による直接的な
人名被害は免れても、
交通インフラが完全麻痺し、
ライフラインも途絶した状況で
取り残される最大700万人(!)の被災者、
650万人(!)の帰宅困難者は、
いかにして生き延びればいいのか。

さらには、首都直下型地震の二倍の
被害が想定される南海トラフ巨大地震。

● 資産被害 170兆円
● その後の20年かのGDPの縮小 1240兆円
● 死者 323,000人

南海トラフ巨大地震は「津波」による
被害が想定されるため、
予想死者数の数が首都直下型地震とは
桁が違います。

この種の災害について「想像」し、
被害最小化のために事前に手を尽くす。

そんな当たり前のことすら
できなくなっている、
世界屈指の自然災害大国。

3.5メートルのブロック塀を
違法建設し、

「地震が起きた際に倒れ、
子供たちが下敷きになる」

という可能性を想像すること
さえできれば・・・・。

想像力の欠如が、国民を殺している。

大地震は普通に起こりえる。

非常事態は発生する。

という、日本列島に住む限り
失ってはならない「想像力」を、
我々は早期に取り戻さなければなりません。

関連記事

日本経済

【三橋貴明】日本を滅ぼす嘘

日本経済

【三橋貴明】電力は生命維持装置

日本経済

[三橋実況中継]97年以降、日本に起こった異変

日本経済

【三橋貴明】結論が決まった世界

日本経済

【三橋貴明】震災時の「談合」が「罪」なのか!?

【三橋貴明】日本国民は「想像力」を取り戻さなければならないへの2件のコメント

  1. たかゆき より

    想像力の偏在

    原発に関しては
    羹に懲りて膾を吹く
    方々 が

    こと 地震に関しては無頓着??
     太鼓を叩いて
    「子供を守れ 日本を守れ」と 連呼しないのが 不思議

    地震被災 間違いなく
    you too  で ございませうに。。

    「想像力」の総和は ゼロとか ♪

    原発で「想像」しすぎて 地震の想像力は マイナスなのか しら ん。。。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. あまき より

    想像力以前に、正確な国土地理、地名の認識がいまの中央は絶対的に欠如していると思います。

    阪急茨木市駅の被害をJR高槻駅JR茨木駅と重複誤報した某在京局は通常運転というか問題外として、国民のみなさまと言っている官や局が「まいかたし」「きょうはんてつどう」では地方創生、地域とともにの名が泣くというもの。しかも枚方は京阪電車の本店があるところ。

    昔、同車した年配の先生たちが著名な某氏の話を始めた。「ノーウィッチ、ハーウィッチ、ワーチェスターだって。ノリッジ、ハリッジでしょう」「大先生の謂ではウスターソースがワーチェスターソースになるわけだ」「だからこないだも編集者に言ったの。もうあんまり頼まない方がいいって。だって買う人に悪いじゃないの」「それは大事。色々と傷口を広げないためにもね」

    自分で自分の首を絞めることになるからやめますけど、とくに災害報道に携わっておられる方々は、これも大事な人助けのうちと思し召され、ことに当たって下さるようお願いしたい。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. コラム

    【竹村公太郎】治水の原則 ー1cmでも10cmでも低く...

  2. 政治

    未分類

    【小浜逸郎】「エリート愚民」を駆除せよ

  3. 日本経済

    【藤井聡】景気指数が浮き彫りにする、安倍内閣の「スーサ...

  4. 政治

    【室伏謙一】レントシーカーの手口 ― 国有財産を狙え!

  5. 日本経済

    【三橋貴明】最悪の政府「三冠王」

  6. コラム

    【三橋貴明】地形やエネルギーという「レンズ」から歴史を...

  7. 日本経済

    【施 光恒】40年前の『ジャパン アズ ナンバーワン』...

  8. 日本経済

    【藤井聡】「15兆円のマイナス財政政策」を毎年続ける安...

  9. 日本経済

    【三橋貴明】PB黒字化目標という悪夢から目覚めるために

  10. 歴史

    【三橋貴明】不屈のポーランド

MORE

タグクラウド