日本経済

2018年1月21日

【三橋貴明】ヒトが動かざるを得ないサービス

From 三橋貴明

【近況】

代表的な「対人サービス」ということで、
家事について考えていると、

「果たして、どこまで機械、
ロボットに対応可能なのだろうか?」

が気になります。

例えば、お掃除ロボットルンバは、
部屋の隅っこの掃除が苦手ですが、
この問題はそのうちに解決しそうです。

とはいえ、例えば「水槽の水換え」
「布団のシーツ交換」などについてまで、
果たして「機械化」「自動化」ができるのかなあ、
などと考えてしまいます。

無論、100年後には可能に
なっているのかも知れません。

そうなると、例えばホテルの清掃や
ベッドメイクといった職も「不要」という状況に至ります。

もっとも、現時点でホテルの清掃や
ベッドメイクを巧みにこなすロボットは存在しません。

AIが相当発達したとしても、
人間の経験には勝てない時代が続くでしょう。

この他の「ヒトが動かざるを得ないサービス」については、
「人間」を高級で雇う。

ロボットやドローン、
AIで代替できる仕事が増えてきても、
この種の「ヒトが動かざるを得ないサービス」は残る。

代替が効かない以上、
「外国人」ではなく生産性向上と
日本人を高級で雇い、人手不足をカバーする。

結果、ホテルの清掃やベッドメイクで
働く方々が高給をとり、自家用車を持てる。

ローンを組み、住宅を手に入れられる。

この種の「ヒトが動かざるを得ないサービス」に
従事する人々が豊かになっていく。

これこそが、日本が目指すべき道だと思うのです。

◆1月20日 三橋経済塾第七期第一回講義が開催されました。
http://members7.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?page_id=8
インターネット受講の方はしばらくお待ちください。テーマは「国土経済学」。
一時限目は、やはり1月5日以降の事件についてご説明、謝罪し、皆様からの質問にお答え致しました。

◆人手不足解消合宿 ~人手不足は利益拡大の絶好のチャンスだ!~
http://www.38news.jp/sp/mituhashisemi/2018_02.php#top

◆11月30日 徳間書店から「2018年 戦争へ向かう世界 日本経済のラストチャンス」を刊行しました。
http://amzn.to/2A4LgKi

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 第255回「危険な上下水道の民営化」
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol452 産業革命と所得格差
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
「労働者搾取」のイメージがある産業革命後の資本主義ですが、実は所得格差はむしろ縮小したという話です。

◆メディア出演

今週のメディア出演はありません。

◆三橋経済塾

1月20日 三橋経済塾第七期第一回講義が開催されました。
http://members7.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?page_id=8
インターネット受講の方はしばらくお待ちください。テーマは「国土経済学」。

◆チャンネルAJER
今週の更新はありません。

関連記事

日本経済

【三橋貴明】人手不足のリスクとチャンス(前編)

日本経済

【三橋貴明】トータルで考える

日本経済

【島倉原】財政支出が経済成長を規定するメカニズム

日本経済

【三橋貴明】ヴィンランドの自由

日本経済

【藤井聡】「投機」から「投資」への転換を促す「構造政策」を

【三橋貴明】ヒトが動かざるを得ないサービスへの1件のコメント

  1. ofu\1 より

    三橋貴明(敬称略)を助けよう。

    こんなことをUPしていいのか迷いましたが、酒乱人に遭遇した経験がありましたので書かせていただきました。

    私は昭和26年生まれ、67歳になりました。
    50年ほど前、高卒の私の働く工場の隣家に両足の膝から下のない傷痍軍人が植字の仕事をしていました。
    氏が酒の入っているときに話しかけられても気づかぬふりをしていたら金槌が飛んできました。酒乱です。
    今、思えば17歳の若造でも、5分や10分ぐらい話の相手をできただろうにと思えます。
    長生きはできなかったようです。
    離婚歴2回から想像するに、三橋貴明はどこかで心に深い傷を負った相当悪質な酒乱と考えられます。

     若奥様へのお願いです。二十歳位で酒乱の旦那への対処は無理があると思いますが、知恵と勇気をもって立ち向かわなければ前妻二人と同じ結果になり三橋貴明も救われません。

    医者を頼りに薬でも盛られたら三橋貴明の脳細胞が死んでしまいます。

    プランA   即離婚

    プランB-1  酒をもう一滴飲んだら死ぬかもしれないほど、毎日徹底的にのませ、肝硬変にし、酒を受けつけない体に       する。

    プランBー2 防音酒乱室の用意。
           酒乱という病気の人に対して、常人として対処しても苦労は報われないでしょう。
           キックボクシングのサンドバックを4つ防音酒乱室の天井から吊るします。
           それぞれに前妻2人と奥様と子供の似顔絵を描いておきます。
           酒乱に変身する直前に室に閉じ込め、三橋貴明をののしる言葉をテープで流します。
           サンドバックを殴る蹴るを確認したら鍵をかけてほったらかしにします。

    プランBー3  常人は脳細胞の10%も使っていないと記憶しています。
           タバコで肺がんになると洗脳されましたが、事実は自動車の排ガスの増加と肺がん発生が連動していたとい       うことです。医者も自動車会社も学者もメディアもお金になる虚偽で国民を餌にします。
           天才の脳は酒乱でも脳内活動のクリアーと再活性を身に付けているのかもしれません。
           家族も本人も安心して酒乱になれる環境の整備ということになります。長生きはできそうにありません。

    前妻二人とは違う若奥様の実力が問われているとも思えます。
     

     

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

まだデータがありません。

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】MMT理解のコツ(実践編):「政府が貨幣の供給者だ...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】ジョンソン新首相とバックストップ条項

  3. 3

    3

    【三橋貴明】「債務」に関する正しい理解を!

  4. 4

    4

    【藤井聡】我々はこの選挙結果を受けて、「消費増税」に対して如...

  5. 5

    5

    【室伏謙一】「大きな政府」はダメで、「小さな政府」を目指すべ...

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」第六...

  2. アジア

    政治

    【三宅隆介】[特別寄稿]川崎市「(仮称)川崎市差別のな...

  3. 日本経済

    【小浜逸郎】MMTの服用を拒否する〇〇病患者を診断する...

  4. 日本経済

    【藤井聡】MMT理解のコツ(理論編):「政府が貨幣の供...

  5. 日本経済

    【室伏謙一】シェアリングエコノミーなるもののお寒い実態...

  6. 日本経済

    【三橋貴明】国家の店じまい

  7. 日本経済

    【三橋貴明】MMTの新たなレンズ

  8. 日本経済

    【施 光恒】カジノと大麻と緊縮主義

  9. 日本経済

    【藤井聡】オリラジ中田のナイスプレー。令和の政策転換(...

  10. メディア

    日本経済

    【小浜逸郎】MMTの服用を拒否する〇〇病患者を診断する...

MORE

タグクラウド