日本経済

2018年1月7日

【三橋貴明】輝ける日本国

From 三橋貴明@ブログ

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今年は、昨年同様に書籍は可能な限り
冊数を抑え(6冊程度に)、講演や
月刊三橋、経済塾、メディア出演に加え、
特に前半は「プライマリーバランス黒字化目標」の
破棄に全力を尽くしたいと思います。

ちなみに、講演後の懇親会などで、
「もっとテレビに出て下さい」
と、頻繁に言われるのですが、わたくしは
とある事情で出演しにくいのです。

別に、難しい話ではなく、経世論研究所では、
「三橋のスケジュールは早い者勝ち」という
ルールになっているためです。

そのため、一、二週間前、酷い時には数日前に
依頼が来るテレビには出演しにくいのです。

出演の依頼は来るのですが、
講演のスケジュールが先に入っている
ケースがほとんどなのでございます。

何しろ、年間に200回近くも
講演のお仕事をお引き受けしています。

特に、出演依頼が多いチャンネル桜の
討論番組の場合、もはや十回に一回程度しか
出演できない状況になっています。

先日のキャスター討論に出演できたのは、
年末で講演の仕事が入っていなかったためです。

桜の討論は、今年の一発目として
「移民問題」がテーマになっており、
「是非とも出演を!」と、言われており、
候補日を複数頂いたのですが、
出演可能なのは一日だけでした。

他の出演者様の都合があるため、
出演できるかどうかは現時点では不明です。

今月は1月9日の山口県下関市
(いきなり総理の地元!)を皮切りに、
15回も講演の予定が入っています。
(新春講演が3月まで続くので、1-3月期は講演ラッシュです)

隙間を縫って、メディア出演のスケジュールを
こなしている有様なのでございます。

さて、新年早々、ironnaに現在の
日本が置かれている「現実」を
論評する記事を寄稿しました。

『 「小国化ニッポン」の命運は2018年6月に決まる
http://ironna.jp/article/8562
三橋貴明(経世論研究所所長)

「極論」というよりは「現実」の話として、日本国の運命は
2018年6月に決まる可能性が高い。

すなわち、安倍内閣の「骨太の方針2018」閣議決定だ。

骨太の方針2018に、プライマリーバランス
(基礎的財政収支、以下PB)黒字化目標が入るかどうか。

これにより、日本の針路が決定的に変わってしまう。

現在の日本は、いまだにデフレーションという
「総需要の不足」に苦しめられている。

デフレ継続により、国民の貧困化、財政の悪化、
インフラの老朽化、科学技術力凋落、防衛力弱体化、
社会保障の崩壊、少子化の継続と人口減少など、
さまざまな「深刻な問題」が引き起こされている。

誤解している読者が少なくないだろうが、日本国は、

「人口が減っているため、
デフレが継続し、経済が低迷している」

わけではない。

2000年から2015年までの人口で比較すると、
日本よりもハイペースで人口が減っている国々が18カ国ある。

そして、人口が減っている国のほとんどが、
わが国よりも高い成長率で経済規模を
拡大していっているのだ。

ちなみに、世界最速で人口が減っていっている
ジョージアの2000年から15年までの
経済成長率の平均は、5.67パーセントだ。

日本の経済成長率が低迷しているのは、
単純にデフレのためである。人口は関係ない。

デフレの国は、物価も確かに下がるのだが、
それ以上のペースで所得が縮小する。

すなわち、実質賃金が下がっていく。

特に、若者の実質賃金の低迷は、婚姻率の低下をもたらす。

婚姻率が下がると、当たり前の話として
少子化になり、人口も停滞する。

例えば、日本以上に少子化が進む台湾も、
やはり実質賃金が下がっている。

日本や台湾の若者にとって、もはや
「結婚」や「出産」は、ぜいたく品になってしまっているのだ。

日本の少子化や人口減少は、デフレーションの
「結果」であって、「原因」ではない。

デフレの原因はバブル崩壊と緊縮財政であり、他にはない。

90年代初頭、日本のバブルが崩壊。

国民が借金返済や預金といった「貯蓄」を増やし、
需要(消費、投資)を減らし始めた。

そのタイミングで、1997年に橋本龍太郎政権が
消費増税、公共投資削減といった
「緊縮財政」を強行した結果、わが国はデフレになった。

日本のデフレが始まったのは、
バブル崩壊後ではない。

橋本政権の緊縮財政の翌年、
98年こそが日本のデフレ元年だ。

デフレの国は、図の右側。

供給能力に対し、総需要が不足する
デフレギャップ状態に陥る。

デフレギャップになると、モノやサービスの
価格が下がり、生産者の所得が下がる。

所得下落はさらなる総需要の不足を生み出し、
いつまでたってもデフレギャップが埋まらない悪循環に陥る。

また、所得下落は税収不足をも生み出す。

何しろ、われわれは所得から税金を支払っているのだ。

デフレで所得が不足し、税収が減ると、
当たり前だが財政は悪化し、

「国の借金で破綻する! 政府は支出を削れ! 増税だ」

と、緊縮財政が推進される。

緊縮財政は、もちろん需要を減らすデフレ促進策だ。

緊縮財政により、経済がデフレ化。

国民の所得が縮小し、税収減少することで財政が悪化。

財政悪化により「緊縮財政だ!」となり、
悪循環がいつまでたっても終わらない。

デフレが継続する限り、国民の貧困化は続く。

すでに、日本国民の実質賃金はピーク(17年1-3月期)
と比較し、15%も落ちてしまった。

また、財政の悪化は公共投資や科学技術予算、
防衛費の削減をもたらし、日本国のインフラ、
科学技術力、防衛力はひたすら衰退していった。(後略)』

日本の小国化、発展途上国化、中国の属国化を避け、
わたくしたちの子供たち、孫たち、その先の子孫に
「輝ける日本国」を残すためにも、三橋貴明は
今年も一国民として精一杯のことをさせて頂きます。

皆様のご支援、なにとぞよろしくお願いいたします。

関連記事

日本経済

【藤井聡】鮮明になる日本の科学技術の凋落――「PB緊縮財政」が日本をここまでダメにした

日本経済

【島倉原】企業の投資意欲の実態

日本経済

【三橋貴明】PB黒字化目標撤回の提言

日本経済

【三橋貴明】発展途上国化する日本

日本経済

【藤井聡】「デフレ」こそ「労働生産性」低下の元凶。生産性向上のためにも「PB制約」撤廃を!

【三橋貴明】輝ける日本国への21件のコメント

  1. たかゆき より

    貧乏 暇なし
    (小生です 念のため)

    働けど働けど 我が暮らし 楽にならざり
    ぢっと 手を見る。。

    ぢっと 見た手に 握りしめた
    「一握の砂」 を
    投げつけられる ときを 思い知れ、、

    沸々と 怒りがこみあげてくる
    今日この頃で ございます。。。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 朝出して夕方バッチリ より

    どこに書いてよいのかわからなかったのでこちらに書きました。
    今朝の三橋逮捕のニュースを見て驚きました。
    しかし、何が起こっているのか良くわかっています。
    出演した人気テレビ番組の放送後というタイミング。
    三橋先生の活動が問題の核心に迫ってきた証拠ではないでしょうか。

    敵は本気を出してきたのかもしれません。
    ここが踏ん張りどころだと思います!

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. とすくん より

    驚きのニュースですがこれまでの氏の多大な分量の言説、書籍と今回の数行のニュースを比較してみれば今回のはミミズの脳ミソくらいのものです。書物として残ったもの、「現物」は消しようがありません。今後も氏の活動を見守りたいと思います。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  5. 赤城 より

    さまざまな重要情報をくれるとても勉強になる新聞でした。
    これが読めなくなるのもこの先の日本のために氏の活動が出来なくなるのも衝撃であり、非常に残念です。
    これから天王山、国家危急の緊縮財政との闘いが待ち受けているところでこれですからますます暗澹たる気持ちです。

    諦め加減ですがこれからも現実をしっかり見据えて絶望的状況でもよりよい手を尽くそうとする言論を応援したい。

    これまでそんなに長くはありませんでしたが興味深くためになる情報とおもしろいこの場所を提供くださり有難うございました。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  6. たかゆき より

    ふぅ~~ん

    あっそ 、、
    それが なにか、、、だべ 三橋くん

    タバコを口にできない 拘留期間
    心中 お察しいたします。。。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  7. 天鳥船 より

    あの~皆さん、三橋氏はオフィシャルブログにちゃんと経緯を書かれていますが、既に釈放されてますよ。
    まぁ、はっきり言って、どこにでもある夫婦喧嘩だと思います。とは言え、やはり妻(女性)に手を挙げてしまったのはまずかったですが・・・
    しかし、私も当初から非常に疑問に思っていたことですが、何故かどの報道機関も待ち構えていたように一斉に報道していた点。まるで、前もって準備でもしていたかのように。
    どうせなら、普段の三橋氏(並びに、ここに寄稿してくださっている先生方)の主張もそれくらい派手に大きく取り上げてくれよ、と言いたくなります。
    とりとめの無い文章になりましたが、三橋氏は日本を主語として経済を語れる貴重な経済学者です。くれぐれも、足下をすくわれないよう、お気をつけください。貴方が表舞台から消えてしまうのは、それこそ日本にとって大変な損失ですので。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

        1. 天鳥船 より

          気になるのは、今までほぼ毎日、新しい記事が投稿されていたにもかかわらず、1月7日付のこの記事以降、新しい記事の投稿が無いことです。
          まさか、このまま新経世済民新聞は閉鎖なんてことになって欲しくありませんが。

          返信

          コメントに返信する

          メールアドレスが公開されることはありません。
          * が付いている欄は必須項目です

  8. 神奈川県skatou より

    塞翁が馬、と世に言います。
    テレビでたくさん報道されたそうで、なによりです。
    10代の妻ってホントでしたでしょうか。これも話題性十分です。
    特殊なキャラ立ちしそうですね!

    ゼークトで言えば先生は名軍師に当たるでしょう。
    三橋先生の今後のご活躍を、熱く熱く応援しております。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  9. たけちゃん より

    三橋先生
    かつて故人三浦和義氏が警察に意図的にマスゴミの砲列の前を歩かされた事案で人権侵害でことごとく勝利した先例があります。
    是非訴訟の参考になさって下さい。
    言論封殺反対! 三橋ガンバレ!

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  10. 日本晴れ より

    普段三橋さんの主張や国の借金の嘘とか理論的に説明してることを
    マスコミやメディアはほとんど取り上げないのに
    こういう時だけマスコミの人達はむらがって報道するのに凄い違和感があります。だったら三橋さんの主張も同じくらい取り上げるべきでしょ

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  11. 大勇者 より

    安倍の犬・三橋さまへ、妻に被害届取り下げたんじゃなくて安倍に助けてもらったんだろ?ホントは

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  12. りりっく より

    大切なものを失わないうちに気が付かれたとのことで、すばらしいとおもいます。今後も応援させていただきます!

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  13. 陸王 より

    三橋さんが今回逮捕されたという事実により、今までの三橋さんの主張や意見までもすべて否定されてしまわないか大変危惧しています。
    私としてはそうなって欲しくはありませんが、今の日本ではそのようになりかねませんので。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  14. 一ファン より

    若い奥さんだそうですね。お互い大変かと思いますが、奥さんを大切にしてください。
    三橋さんの新聞を読んできましたが、いつも勉強になりました。
    この報道をきっかけにたくさんの方が三橋さんの記事を読み、今置かれている状況に疑問を持ち、目を覚まし声を上げていくのが楽しみです。
    これからもがんばってください。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  15. こんな日本に誰がした より

    私見ですが、男の筋力を女性に向けてはいけません。
    筋力は、女性や弱者を守る目的に使うべきです。
    奥さんを殴りたければ、奥さんではなく、政治や行政の過ちを
    言論で徹底的に殴ってください。

    そもそも三橋先生の使命は、財務省を大きく方向転換させること
    だと信じます。どうか先生の知性と情熱を、決して生産性のない
    私事に使わないでください。

    圧倒的な説得力ある三橋先生が、日本の舵取りを正しく指し示す
    ことが、低空飛行で彷徨う日本には必要なのです。
    プライマリーバランス論や実質賃金長期低落論、グローバル経済
    による国民奴隷化論、TTP論、種子法廃止論、地方再生論な
    ど、ずばりツボを押さえた先生のご活躍に期待しています。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  16. 言起 より

    あなたに我が日本国を語る資格はありません。
    即刻、表舞台から去っていただきたい。
    そして、残された余生を100%奥方様のために奉仕すべきです。

    今年はPB解消できるや否やの正念場、
    我が日本国民に対して情報発信をする人は誠実さが必要です。

    で、奥方様に暴力を振るうDV癖のあなたにはその資格がありません。
    もはやあなたが出てくるとぶち壊しになります。

    PB解消の活動にあなたはいりません。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  17. たかゆき より

    狂いたまえ 三橋くん

    いまの日本を救うには
    貴殿の 狂気が不可欠
    (皮肉ではありません 念のため)

    小生も 及ばずながら
    吉田松陰先生の 仰せにしたがい
    狂いつつ あります。。。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  18. たかゆき より

    例えば あくまでも 例えば、、

    アホな 日本人が何十年も解けなかった
    数学の 問題を解いた
    数学者が現れたとする、、、

    しかし 彼には人格上の問題があるので
    彼の解は 間違っているに 決まっている と
    はたして だれが言えるでせうか。。

    小生は 三橋さまの人格には何の関心もございませんし
    貴殿の 人格を云々する資格など小生にはございません
    貴殿の 提示される解にのみ
    小生は 惹かれるもので ございます。。。 

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【小浜逸郎】水道民営化に見る安倍政権の正体

  2. 2

    2

    【藤井聡】「リーマンショック級」の経済下落 ~2019年には...

  3. 3

    3

    【saya】70年ぶり漁業法の抜本改正 理由は“あー、まあ、...

  4. 4

    4

    【三橋貴明】次なる覇権国

  5. 5

    5

    【三橋貴明】水を売った日本政府

  6. 6

    6

    【三橋貴明】厳冬期を迎える北海道にて

  7. 7

    7

    【藤井聡】「消費増税と緊縮」で日本経済は最悪「ミャンマー級」...

  8. 8

    8

    【三橋貴明】第二国土軸の建設を

  9. 9

    9

    【小浜逸郎】水道民営化を阻止せよ

  10. 10

    10

    【上島嘉郎】ミャンマーに見た多民族国家の困難

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】日本はもはや「完全なバカ」なのか? 〜『消費増税を...

  2. 2

    2

    【藤井聡】壊れかけた日本 今一番大切なのは、当たり前のことを...

  3. 3

    3

    【小浜逸郎】水道民営化に見る安倍政権の正体

  4. 4

    4

    【三橋貴明】共闘

  5. 5

    5

    【藤井聡】「リーマンショック級」の経済下落 ~2019年には...

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】第二国土軸の建設を

  2. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】水を売った日本政府

  3. 日本経済

    【藤井聡】「リーマンショック級」の経済下落 ~2019...

  4. 未分類

    【saya】70年ぶり漁業法の抜本改正 理由は“あー、...

  5. 政治

    欧州

    【三橋貴明】次なる覇権国

  6. 未分類

    【三橋貴明】厳冬期を迎える北海道にて

  7. 政治

    【上島嘉郎】ミャンマーに見た多民族国家の困難

  8. 日本経済

    【小浜逸郎】水道民営化に見る安倍政権の正体

  9. 日本経済

    【藤井聡】「消費増税と緊縮」で日本経済は最悪「ミャンマ...

  10. 日本経済

    【三橋貴明】パリが燃えている

MORE

タグクラウド