日本経済

2017年10月29日

【三橋貴明】二つの壁

From 三橋貴明

【近況】

日本には、二つの「壁」があります。

何の壁かといえば、日本の繁栄を妨害する壁です。

「日本国を繁栄の下で永続させよう」

と、日本国民や政治家が動いたとしても、
この二つの「壁」により妨げられ、
「発展途上国」もしくは「中国の属国」以外の
ゴールにはたどりつけないのです。

もちろん、わたくしは「○○をやれば、全てOK!」
といった発想を嫌悪します。

世の中、そんな単純ではありません。

それにしても、この二つの「壁」を取り除かない限り、
我が国は繁栄と永続に向かう第一歩を
踏み出すことすらできないのです。

この二つの「壁」は、異なる時期に建設されました。

一つ目の壁が建設されたのは1947年、
二つ目は1997年です。

それぞれ「法文」の形をとっており、
第一の壁が「日本国憲法第九条第二項」、
二つ目が「財政構造改革法
(現:プライマリーバランス黒字化目標)」と呼ばれます。

とにかく、日本国の問題を解決しようとしたとき、
九条二項もしくはPB目標のいずれか、
もしくは双方が必ず立ちふさがり、
一切の解決策が打てないのです。

例えば、日本国が北朝鮮のミサイルに備え、
敵基地攻撃能力を持とうとしましょう。

九条二項「交戦権の否定」に抵触し、
敵基地「攻撃」能力は持てません。終わり。

というわけで、せめて「反撃能力」くらいは持とうよ。

攻撃された後に、反撃するのは
「自衛権」の範囲でしょ。

という話になるのですが、日本の自衛隊は、
戦闘機などを地上の格納庫に収容している、
世にも珍しき軍隊です。

普通の軍隊は、反撃に必要なミサイル、
戦闘機、爆撃機などを、核ミサイルを落とされても
平気な「地下シェルター」の中に格納しています。

そうしなければ「反撃」することは不可能です。

日本が敵基地「反撃」能力を持つべく、
戦闘能力(航空機など)を地下のシェルターに
格納しようとしても、現時点では存在しません。

各航空自衛隊の基地に地下シェルターを
建設する必要があります。

というわけで、防衛費を増強しようとしたところで、
「PB目標」が壁になり、不可能です。

「社会保障支出が増えていく状況で、
PB黒字化目標を達成するためには、防衛費は増やせない。
防衛費を増やすなら、他の予算
(公共事業や科学技術予算など)を削減するか、増税」

という話になってしまうのです。

日本は「憲法九条第二項」と「PB黒字化目標」という
二つの壁を破壊しない限り、発展途上国もしくは
中国の属国という「未来」が確定します。

もちろん、九条を改正し、PBを破棄したら
「それでOK!」という話ではありません。

とはいえ、二つの壁が存在する限り、
繁栄への道にたどり着くことすらできないのです。

これが日本の現実です。

◆10月31日。「財務省亡国論(仮)」改め、小学館「財務省が日本を滅ぼす」が、間もなく刊行になります。
http://amzn.to/2giPiXA
日本を亡ぼす「壁」の一つ、PB黒字化目標を破棄するためには、国民が経済、デフレ、財政、そして「財務省が何をやってきたのか」について、正しい知識を持たなければなりません。

◆採図社「生産性向上だけを考えれば日本経済は大復活する  シンギュラリティの時代へ」が刊行になりました。
http://amzn.to/2qf0rck

◆週刊新潮 2017年10月26日号 に、『【特別読物】 「加計騒動」の陰で秘かに成立! 安倍政権「外国移民受け入れ」法の亡国』が掲載されました。

◆経済界 2017年 12月号 に連載「深読み経済ニュース解説 消費税と政府の負債返済」が掲載されました。
http://amzn.to/2gQoYo6

◆月刊WiLL (ウィル) 2017年 12月号に、連載「反撃の経済学 移民制限に舵を切ったドイツ」が掲載されました。
http://amzn.to/2yZgSjF

◆週刊アサヒ芸能 連載 列島報告書 第138「安全保障はナショナリズムなしで成立するはずがない!」
http://www.asagei.com/

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 第244回「内部留保課税という狂気」
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆有料メルマガ 週刊三橋貴明 Vol440 効用と安全保障
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
経済学は、基本的には買い手の「効用」を最大化することを目的に発達した学問です。
とはいえ、この世界には買い手の「効用」を高めることが、買い手の「幸福」に繋がるわけではないサービスがあるのです。

◆メディア出演
10月29日(日) 12時からテレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」に出演します。
http://www.tv-asahi.co.jp/tvtackle/

11月1日(水) 6時から文化放送「おはよう寺ちゃん活動中」に出演します。
http://www.joqr.co.jp/tera/

10月28日(土) チャンネル桜「闘論!倒論!討論!2017 日本よ、今...」」に出演しました。
http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1655

10月27日(金) チャンネル桜「Front Japan 桜」に出演しました。
【Front Japan 桜】財務省が日本を滅ぼした / 精神科から見た医療費の問題[桜H29/10/27]
https://youtu.be/JDUMJ94Tpks
http://www.nicovideo.jp/watch/1509090922

◆三橋経済塾
10月21日(土)三橋経済塾第六期 第十回対面講義がアップされました!
http://members6.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=2142
ゲスト講師は柴山桂大先生(京都大学大学院人間・環境学研究科准教授)
インターネット受講の皆様、お待たせいたしました!

◆チャンネルAJER 更新しました。
『ビットコイン①』三橋貴明 AJER2017.10.24
https://youtu.be/DZlNjsT05aA

関連記事

日本経済

【三橋貴明】安倍政権は“未曾有の超緊縮”を今すぐ廃棄せよ!

日本経済

【三橋貴明】国を家計に例えるのはやめよう

日本経済

【三橋貴明】堂々と公共事業の推進を

日本経済

【三橋貴明】ギリシャと日本は違うのです

日本経済

【藤井聡】「プライマリー・バランス目標を撤回すれば、金利が急騰する」というデマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】「反緊縮」は「反グローバリズム」と共に進めよ ~第...

  2. 2

    2

    【藤井聡】10%消費税増税の「凍結」:風は少しずつ、しかし「...

  3. 3

    3

    【三橋貴明】三橋TV始動(前編)

  4. 4

    4

    【三橋貴明】バランシートとおカネ

  5. 5

    5

    【三橋貴明】安倍政権が「移民受入政権」であるという現実

  6. 6

    6

    【三橋貴明】三橋TV始動(後編)

  7. 7

    7

    【三橋貴明】官も民も等しく良くもあり、ダメでもある

  8. 8

    8

    【柴山桂太】危険な為替条項

  9. 9

    9

    【三橋貴明】イングランド銀行

  10. 10

    10

    【三橋貴明】残酷な消費税を本当に増税するのか

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】消費税は、「10%はもうしようがない」と諦めれば、...

  2. 2

    2

    【藤井聡】10%消費税増税の「凍結」:風は少しずつ、しかし「...

  3. 3

    3

    【藤井聡】国土強靱化2.0:「財政」でなく「安心」のための防...

  4. 4

    4

    【藤井聡】「反緊縮」は「反グローバリズム」と共に進めよ ~第...

  5. 5

    5

    【小浜逸郎】泊原発を再稼働すべき理由

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】残酷な消費税を本当に増税するのか

  2. 日本経済

    【三橋貴明】三橋TV始動(後編)

  3. 日本経済

    【三橋貴明】三橋TV始動(前編)

  4. 日本経済

    【三橋貴明】官も民も等しく良くもあり、ダメでもある

  5. 政治

    【三橋貴明】安倍政権が「移民受入政権」であるという現実

  6. 日本経済

    【藤井聡】「反緊縮」は「反グローバリズム」と共に進めよ...

  7. 日本経済

    【三橋貴明】バランシートとおカネ

  8. 欧州

    【三橋貴明】イングランド銀行

  9. コラム

    【saya】五輪ボランティアで浮き彫りー共犯関係

  10. 政治

    【三橋貴明】「国の借金」という壁を壊すために

MORE

タグクラウド