日本経済

2019年3月25日

【三橋貴明】PB線上のアリア

From 三橋貴明

【今週のNewsピックアップ】

財務省の狂気(前編)
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12447976559.html
財務省の狂気(後編)
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12448221389.html

財務省の何が狂っているのかといえば、
プライマリーバランス(基礎的財政収支、以下PB)の赤字を、
2013年の計画通りに、着実に、
しかも「線形」に削減していったことです。

【内閣府試算「国・地方のPB(対GDP比)」】
http://mtdata.jp/data_63.html#PB

2013年6月に、
安倍政権が骨太の方針2013において、
PBを2020年までに
黒字化する目標を閣議決定しました。

すると、財務官僚は(誰かは分かりませんが)、
2013年の赤字と、
2020年の収支均衡の間に線を引き(図の赤い点線)、
PB赤字が線上を推移するように
赤字幅を削減していったのです。

もっとも、14年と15年は赤線の上に来てしまった、
つまりは赤字幅の削減を
やり過ぎてしまったため、16年に線上に戻しました。

財務省にとっては国民経済の状況など、
本気で「関係ない」のです。

国民が貧困化しようが、
あるいは逆に経済成長しようが、
そんなことはどうでもよく、とにかく「線上」で
PBが推移するように
財政運営をしているわけでございます。

普通に「狂っている」と表現可能です。

2018年の骨太の方針2018において、
PB黒字化目標が2025年に先送りされました。

今後の財務省は19年の赤字と
2025年の収支均衡を結んだ線、
図の赤い実線「成長実現ケース」の線上に赤字額が来るように、
PB赤字を削減していくことでしょう。

青い実線の「ベースラインケース」では、
2025年のPB赤字が
対GDP比1.1%残ってしまいます。

というわけで、実際に経済が成長しようが、
マイナス成長になろうが、

そんなことはお構いなしに
「成長実現ケース」の線上で
PB赤字は削減されていくことになります。

ちなみに、19年4月に残業規制が始まります。
日本国民は数兆円という規模の「所得縮小」となります。

さらに、19年10月には消費税増税。
そして、来年は東京五輪。

五輪を開催した年は、
日本に限らず経済成長率が一気に落ち込みます。

何しろ、五輪向けインフラ整備は
「前年」には終わっているわけで、
翌年の「対前年比」が落ち込むのは当然です。

日本経済はこのままでは19年、20年と
悲惨な状況になりそうなのですが、
そんなことは財務省の知ったことではありません。

日本経済がマイナス成長になったとしても、
「成長実現ケース」の線上で
PB赤字削減は進められるでしょう。

マイナス成長が何年続こうとも、
景気対策は打てません。

何しろ、景気対策はPB赤字幅を拡大してしまいます。
そんなことをしたら、
「線上」からずれてしまうではないですか!

それどころか、社会保障費の拡大分、
公共事業や防衛費、科学技術振興費、教育費、地方交付税など、
日本国民の豊かさや安全に
直結する支出が削られていきます。

何しろ、そうしなければ
「線上」からずれてしまうではないですか!

景気対策は打たない。
様々な政府支出を容赦なく削減してなお、
線上の「下」に位置してしまうと(位置するでしょう)、
これはもはや「消費税の再増税」しかないですね。

何しろ、そうしなければ
「線上」からずれてしまうではないですか!

と、冗談でも何でもなく、
上記の考え方でPBを「線上」に
沿った形で削減するというのが、
財務省という省庁なのです。PB線上のアリア!

まさに、狂気、でございますが、
この手の「事実」を国民が共有し、

政治の力を発揮しない限り、
線上のPB削減は終わらないでしょう。

◆彩図社「亡国のメガロポリス」が予約開始になりました。
https://amzn.to/2F5nqi3

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 第313 反グローバリズムのトリニティ
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol513 中央銀行の国債直接引受
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
日銀の市中銀行からの国債買取と、直接引受は、GDP(所得)に与える影響は同じですが、金融面では異なるという話。
実は、直接引受は量的緩和と同じ金融効果を持ちます。ここまでマニアックな話は、さすがにブログ等ではできないので、こちらで取り上げました。

◆メディア出演

三橋TV、続々リリースされています。

三橋TV第66回【寛容の精神が寛容な国家を壊す】
https://youtu.be/sFZkHlQHNyo
三橋TV第67回【並んで頂くか、間に座るか迷った件】
https://youtu.be/vmbwq8UGnNs

4月6日(土) チャンネル桜「日本よ、今…「闘論!倒論!討論!」」に出演します。
http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1655

◆三橋経済塾

お待たせいたしました。3月16日(土) 三橋経済塾第八期 第三回対面講義を配信致しました。 是非ご視聴下さいませ。
https://members8.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=418

◆チャンネルAJER

今週の更新はありません。

関連記事

日本経済

【小浜逸郎】「令和の政策ピボット」にご賛同ください!

日本経済

【三橋貴明】交通インフラの整備と経済成長

日本経済

【小浜逸郎】経済音痴が日本を滅ぼす

日本経済

【三橋貴明】財務省が日本を滅ぼす

日本経済

【三橋貴明】安倍政権は“未曾有の超緊縮”を今すぐ廃棄せよ!

【三橋貴明】PB線上のアリアへの3件のコメント

  1. たかゆき より

    PB黒くなって 国民青くなる

    気付いたときには 顔面蒼白

    無知の罪 それは

    貧困と死

    それも 自己責任って やつですか。。。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 日本晴れ より

    日本は地震とか災害がある国でプライマリーバランスを掲げてる事自体異常だと思います。こういうのがあると災害への投資や普及にお金使えないし。こんなのが無かったらとっくに日本はGDP600兆700兆となって国民の所得も100万以上増えてたでしょう

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

まだデータがありません。

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】MMT理解のコツ(実践編):「政府が貨幣の供給者だ...

  2. 2

    2

    【藤井聡】我々はこの選挙結果を受けて、「消費増税」に対して如...

  3. 3

    3

    【三橋貴明】ジョンソン新首相とバックストップ条項

  4. 4

    4

    【三橋貴明】「債務」に関する正しい理解を!

  5. 5

    5

    【小浜逸郎】MMTの正しさ、リフレ派の誤り、誤解のひどさ

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」第六...

  2. アジア

    政治

    【三宅隆介】[特別寄稿]川崎市「(仮称)川崎市差別のな...

  3. 日本経済

    【小浜逸郎】MMTの服用を拒否する〇〇病患者を診断する...

  4. 日本経済

    【藤井聡】MMT理解のコツ(理論編):「政府が貨幣の供...

  5. 日本経済

    【室伏謙一】シェアリングエコノミーなるもののお寒い実態...

  6. 日本経済

    【三橋貴明】国家の店じまい

  7. 日本経済

    【三橋貴明】MMTの新たなレンズ

  8. 日本経済

    【施 光恒】カジノと大麻と緊縮主義

  9. 日本経済

    【藤井聡】オリラジ中田のナイスプレー。令和の政策転換(...

  10. メディア

    日本経済

    【小浜逸郎】MMTの服用を拒否する〇〇病患者を診断する...

MORE

タグクラウド