アーカイブス

2015年12月30日

【三橋貴明】安倍総理は、ご先祖様を穢した

FROM 三橋貴明 http://keieikagakupub.com/38news/

——————————————————-

2015年、世界はまさに激動の年となった。中東問題はフランス・パリでの同時多発テロやトルコ軍機によるロシア軍機撃墜にまで至った。また、南沙諸島では中国による人口島の埋め立てに対し、アメリカが自由航行権を主張すべく、米軍機を飛行させた。ウクライナ問題は解決の糸口さえ見えない。さらには、シリア情勢を受け、EU諸国へ大量の難民が流入している。

こうした世界情勢の中、各国経済はこぞって低調。なかでも、これまで世界経済牽引の一翼を担っていたように見えた中国経済が、著しく失速している。2016年の世界はどうなるのか。そして、日本にはどのような影響があるのか。

三橋貴明が2016年の世界と日本を語る、、、

『月刊三橋』最新号はこちら
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_mag.php

——————————————————-

JA.comに「2015.12.22 農協改革は亡国の思想 崩壊する日本の食料安保  農協改革とTPP」が掲載されました。
http://www.jacom.or.jp/nousei/closeup/2015/151222-28833.php

さて、予想通りといえば、予想通りの動きになってきました。

『慰安婦問題の記憶遺産申請「不参加」 韓国が否定
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151229/k10010356481000.html
慰安婦問題の合意に関連して岸田外務大臣が、中国が検討している慰安婦問題のユネスコの「記憶遺産」への申請に韓国が加わることはないという認識を示したことに対し、韓国外務省は日本とそうした方向で合意した事実はないとして否定しました。

28日の日韓外相会談で両国が慰安婦問題の最終的な解決で合意に達したあと、岸田外務大臣は記者団に対し、中国が韓国などに呼びかけて慰安婦問題を巡る資料を共同でユネスコの「記憶遺産」に申請するのを検討していることについて、「韓国が加わることはないと認識している」と述べました。

これについて、韓国外務省の報道官は29日の記者会見で、日本とそうした方向で合意した事実はないとして否定し、「慰安婦問題の被害者が記録したものを『記憶遺産』に申請することは、韓国内の民間団体が主導して進めている」と説明しました。(後略)』

産経新聞の記事に、今回の合意に関する安倍総理のコメントが掲載されていました。

「韓国が慰安婦問題をもう蒸し返さないと約束できるのなら、子供たちを謝罪の宿命から解放できる」

まず、韓国が約束を守ることはありません。無論、韓国政府は約束を守る「ふり」をする可能性はゼロではないですが、ユネスコへの記憶遺産の申請にしても、あるいはソウル大使館前をはじめとする「あの気持ちが悪い少女像」にしても、表向きは「民間団体(挺対協など)」が推進していることになっています。

安倍総理は、韓国の「民間団体」が慰安婦問題を蒸し返さないと断言できるのでしょうか。できるはずがありません。

一応、韓国政府は、
「日本政府が、大使館の安寧・威厳の維持の観点から懸念していることを認知し、韓国政府としても、可能な対応方向について関連団体との協議を行うなどして、適切に解決されるよう努力する」
という合意に基づき、手紙の一枚くらいは「民間団体」に送るのでしょう。とはいえ、2011年にソウルの日本大使館前に「あの気持ちが悪い少女像」を設置した挺対協は、今回の合意について「合意は無視する」と反発しています。

というわけで、韓国政府が本気で「あの気持ちが悪い少女像」を撤去するためには、冗談抜きで「ウィーン条約違反の銅像設置等は、民間団体であっても認めない」といった法律を作る必要があると思います。そんな、政治生命を一瞬で失いかねない「親日法」を、韓国の国会議員たちが制定するはずがないのです。

というわけで、億が一にも韓国「政府」が「いわゆる慰安婦問題」の蒸し返しをやめたとしても、韓国の民間団体はこれまで通り、いやこれまで以上にヒートアップしてアンチ日本の活動を続けていくでしょう。それを止める手段はありません。

それどころか、日本側が「韓国は嘘の慰安婦問題を持ち出し、日本を貶める活動をやめろ」と主張しても、韓国側は自分たちの「民間」の活動は棚に上げ、
「日本は最終的かつ不可逆的な解決での合意に背くのか!」
と、やってくるに決まっています。ちなみに、時事通信は聯合ニュースの引用として韓国政府当局者の言葉、慰安婦問題が「最終的かつ不可逆的に解決されることを確認」した日韓両政府の合意について、
「不可逆的というのは相互のことだ」
との発言を報じ、韓国側が問題を蒸し返す場合だけでなく、日本側が「軍の関与」「心からのおわびと反省」といった合意内容を否定する発言や見解をした場合も、合意違反になるとの認識を報じています。

韓国側は「民間」が一方的にアンチ日本活動を継続し、日本側は今回の合意に基づき口を封じられる。という悪夢の未来が、すでにして見えるわけです。

そもそも、安倍総理の言う「謝罪の宿命」とは、一体、何なのでしょうか。祖先の行動について、子孫が謝罪を続けなければならないという義務でもあるのでしょうか。

そもそも「謝罪の宿命」など存在しないにも関わらず、安倍総理はこの言葉を使いました。安倍総理は、わたくしに言わせれば単なる自虐主義者です。

それ以前に、大東亜戦争期に朝鮮半島出身で「自らの意志(あるいは家族や女衒に騙されて)」日本軍の慰安婦になった人々に対し、現在の日本国民や日本政府が何らかの責任を負っているとでも主張したいのでしょうか。そんなはずがないでしょう。 

とはいえ、今回の「合意」を受け、各国では「日本がSex Slave(性奴隷)に対する軍の関与を認め、10億円の賠償を支払った」という受け止め方をされてしまっています。

安倍政権は、取り返しのつかないことをしてしまいました。

今回の合意は、日韓首脳会談で文書化され、最終的に「制度」となると思います。せめて読者の皆様には、日本国民として「安倍政権は間違っている」というを、各地の政治家や政府に届けて頂きたいと思うわけです。

—メルマガ発行者より

2015年、世界はまさに激動の年となった。中東問題はフランス・パリでの同時多発テロやトルコ軍機によるロシア軍機撃墜にまで至った。また、南沙諸島では中国による人口島の埋め立てに対し、アメリカが自由航行権を主張すべく、米軍機を飛行させた。ウクライナ問題は解決の糸口さえ見えない。さらには、シリア情勢を受け、EU諸国へ大量の難民が流入している。

こうした世界情勢の中、各国経済はこぞって低調。なかでも、これまで世界経済牽引の一翼を担っていたように見えた中国経済が、著しく失速している。2016年の世界はどうなるのか。そして、日本にはどのような影響があるのか。

三橋貴明が2016年の世界と日本を語る、、、

『月刊三橋』最新号はこちら
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_mag.php

関連記事

アーカイブス

【島倉原】奇妙な世界に

アーカイブス

【佐藤健志】プーチンに告ぐ!(1)

アーカイブス

【佐藤健志】熊本地震発生にかんがみ、消費税率の引き下げを!

アーカイブス

【藤井聡】維新BPO申し立て問題:知ってほしい7つの論点

アーカイブス

【島倉原】アベノミクスの虚構

【三橋貴明】安倍総理は、ご先祖様を穢したへの8件のコメント

  1. ゆう より

    インドは今後日本にとって欠かせない国になるでしょうね。 将来的には政治的にも経済的にも大きな影響を持つ国になるだろうし、歴史問題でも日本はインドと共闘できるはずです。 日本を未来永劫敗戦国にしようとするアメリカやシナとは違ってインドは日本の立場を理解してくれる数少ない国だと思うんですよね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. たけちゃん より

    三橋先生 一年間御苦労様でした。お風邪を召されたそうでどうかご自愛下さい。先生の来年以降の御健康と益々の御活躍を祈念申し上げます。どうか良いお年を御迎え下さいませ。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. あまき より

    反日国家にはビタ1文たりともくれてやってはならんと書いていた人が、10億円で済むなら安いもんだとか。憲法改正論者が、経済的外交的に困窮する連中が合意を反故にするような、米国の顔にどろを塗るようなことはしないだろうとか。まさに「諸国民の公正と信義に信頼」する護憲派左翼の発想そのもの。あまりの衝撃で、自分で何を言っているのかわからなくなっているのかも知れないが、もう滅茶苦茶。こっちのほうがよっぽど驚き。火を吐くような三橋さんの言葉は当然だ。怒るべき時に怒らない人はビジネスマンであって、知識人言論人ではないです。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. 旅のもの より

    >日本人なら「慰安婦の強制連行も、南京大虐殺もなかった」と言いたいのは当然ですが、それを言うと「歴史修正主義者」のレッテルを貼られ、政治生命を奪われることになります。政治生命を奪われる?それは本当でしょうか?>ではどうするか?それが、欧米はじめ世界に見えるところで不可逆の最終決着をはかることだったのではないでしょうか?ではどうするか?韓国と断交、といったことではなく、黙っておればよいのです(三橋さんのように、明らかに事実と異なることは声を大にして言うべきです)。解決できないし、解決しようとしなくてよい、というのが大人の国の態度というものではないでしょうか。それを、わざわざ「不可逆の最終決着」を図ろうとするから問題なのです。しかも、(ここからは内容が詳細に明らかにならないと何とも言えないですが、)今現在までの報道では不可逆の義務を負ってしまったのは日本であり、韓国は内容それ自体玉虫色で如何様にも解釈可能なものになっているようです。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  5. 拓三 より

    南京大虐殺と従軍慰安婦はまったく違う話。南京事件は東京裁判で日本が認めたので覆す事は困難だが従軍慰安婦はファンタジーの世界。慰安婦問題は談話の話。談話は談話で覆す事は容易。最終決着も何も無い話。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  6. 拓三 より

    この件に対し、色々な見方が出来るかと思います。良い様に取れば、今回の合意で慰安婦問題騒動の鎮圧を日本政府から韓国政府に転嫁出来た事であります。しかしどうでしょう。世界の人々がこの合意に対し「日本のうまい戦略だ」と思うでしょうか?。ほとんどが「日本が認めた」と思うでしょう。この合意はパク政権を支那から守るため、すなわち日米の為と唆されての事だと思いますが臭い物にフタをしても所詮一時、一時の鎮圧に歴史(嘘)を認めるとは如何な物か…….。何処向いて政治してるんやろ。世界の政治が大衆の奴隷と化したこの世の中で、『印象』を無視した今回の合意は日本にとって今後「負」しか残らないでしょう。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  7. 學天測 より

    前回の総理時代逃亡と今回の8%増税に続きまたアベしましたな。10%増税で更にアベして、もはや、お終いでしょう。安倍総理だけではなく、日米同盟までもです。三橋さんの見通し通り、ガラスの調停は早晩砕かれ日韓関係はさらに悪化するだろうし中国に利する価値観による判断を払拭できないアメリカは今後も己を追い込む、愚かな干渉を続け衰退を続けるでしょう。日米同盟は完全解消するかはともかく少なくとも安全保障を米国に頼り切る日米同盟はお終いでインドやロシアなどとも多角的に同盟関係を構築していくべきだと思います。その先には発展する中国と組んでうま味がなくなるであろう米国をアジアから追い出す事も考慮せねばならない。もはや賽は投げられました。残念ですが急がねばならないと思います。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  8. kanata より

    「安倍総理は、ご先祖様を穢した」とは、三橋さんとは思えない情緒的な物言いですね。戦後70年、日本を守るために勇敢に戦った私たちの英霊は汚され続けてきました。日本人なら「慰安婦の強制連行も、南京大虐殺もなかった」と言いたいのは当然ですが、それを言うと「歴史修正主義者」のレッテルを貼られ、政治生命を奪われることになります。ではどうするか?それが、欧米はじめ世界に見えるところで不可逆の最終決着をはかることだったのではないでしょうか?韓国がその約束を守れなければ、批判の目は韓国に向くことになります。日本では安倍支持の保守層と、それを装う左翼の工作員が騒いでいますが、韓国の方が混乱は激しいでしょうね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】消費税は、「10%はもうしようがない」と諦めれば、...

  2. 2

    2

    【小浜逸郎】泊原発を再稼働すべき理由

  3. 3

    3

    【藤井聡】度重なる自然災害。消費「増」税は、極めて難しくなっ...

  4. 4

    4

    【三橋貴明】実質賃金と就業者数

  5. 5

    5

    【三橋貴明】国土強靭化・防災省の「予算」

  6. 6

    6

    【上島嘉郎】「常識」の回復

  7. 7

    7

    【三橋貴明】政府の資金不足を増やせ!

  8. 8

    8

    【三橋貴明】ストローマン・プロパガンダ(後編)

  9. 9

    9

    【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」:第四十九...

  10. 10

    10

    【三橋貴明】賃金統計に関する安倍政権の嘘

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】「高潮」の恐怖―――強靱化を「急がない」政治家・公...

  2. 2

    2

    【藤井聡】「消費増税」を凍結せよ。

  3. 3

    3

    【藤井聡】消費税は、「10%はもうしようがない」と諦めれば、...

  4. 4

    4

    【藤井聡】度重なる自然災害。消費「増」税は、極めて難しくなっ...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】安藤裕衆議院議員との対談

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】いわゆる「国の借金」と戦争(後編)

  2. 日本経済

    【三橋貴明】政府の資金不足を増やせ!

  3. 日本経済

    【三橋貴明】実質賃金と就業者数

  4. 政治

    【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」:第...

  5. メディア

    未分類

    【上島嘉郎】「常識」の回復

  6. 日本経済

    【小浜逸郎】泊原発を再稼働すべき理由

  7. 政治

    【藤井聡】消費税は、「10%はもうしようがない」と諦め...

  8. 政治

    【三橋貴明】国土強靭化・防災省の「予算」

  9. 日本経済

    【三橋貴明】ストローマン・プロパガンダ(後編)

  10. 日本経済

    【三橋貴明】ストローマン・プロパガンダ(前編)

MORE

タグクラウド