アーカイブス

2015年10月20日

【藤井聡】維新BPO申し立て問題:知ってほしい7つの論点

FROM 藤井聡@京都大学大学院教授

——————————————————-

上海株バブルの真実!? 不況が原因??
詳しくはこちら

https://youtu.be/iGKatGagXaY

——————————————————-

大阪維新の会が、当方の「私信」と呼ばれるものを極秘裏に入手し、了解も得ないままにマスコミやホームページにて「公開」しています。

同時に、その「私信」を根拠として、BPOに対して「藤井のTV番組出演は違法である」と断ずる申し立てを行っています。
http://mainichi.jp/select/news/20151017k0000e040273000c.html

さらにこれと並行して、当方が出演している朝日放送の二つの番組において、朝日放送が「BPOの申し立てとは無関係」としながら、当方の11・22の大阪ダブル選挙まで当方の出演見合を公表しています。

一方で当方は、こうした一連の動きに対して、様々な声明を公表しています。
(例えば http://satoshi-fujii.com/shinnihon2-151017/ 
http://satoshi-fujii.com/151019/  http://satoshi-fujii.com/151018/ 等)

・・・

さて、当方のFacebookや本メルマガ記事を毎週購読している方々を除けば、この問題の全容を的確に把握されている方は限られているものと思われます。

実際、一部の人々は、「藤井個人を非難」しておられる様ですが、どうやらそれは、前後の文脈を度外視して、「私信」とされるメール文面の一部のみを切り取って、あれこれを指摘して(あるいは「騒いで」)おられるようです。

例えば、大阪市長候補の吉村氏(大阪維新の会)は、BPOで申し立てた対象の「放送局」でなく、「藤井個人」に対する批判を行っていますし、
https://twitter.com/hiroyoshimura/status/655390264178020352?lang=ja

TVコメンテーターも勤めている長谷川豊氏も、
http://blogos.com/article/139834/
藤井個人を「お前」「あんた」と呼び捨てにしつつ、「絶望的にバカ」と断じつつ、当方を徹底的に非難しておられます。なお、この誹謗中傷は明確な名誉毀損であり、当方がそれを実施するか否かはさておき、「法的措置」が十分に可能な水準にあることは明白です(なお、彼の主張が如何に論評に値しない詭弁に満ちたものであるかは、下記で簡潔に論じてますので、ご関心の方は、下記ご覧ください http://satoshi-fujii.com/151018-3/)。

ですが、この問題は、「私信」メールの文面だけにとらわれた表層理解だけでは、その全容をつかむことは到底、不可能です。

この問題には、実に様々な論点が含まれています。そうした論点を全て捉え、その全容を認識すれば、そこには大阪市長を中心とした「橋下維新」という公的組織による重大な憲法違反を含めた数々の違法行為、背徳行為をふんだんに含むものである実態が浮かび上がります。

ついてはここでは、この一連の「維新BPO申し立て問題」において論ずべき課題を、7つの論点に整理したいと思います。

(論点1)「私信」の「入手(傍受)」において「法律違反」は無かったのか?
  橋下維新はいかにして「私信」を入手したのか?
  そこに窃盗を含めた不正行為は行われていなかったか?
  この点が明らかにならない限り、
  藤井の私信は維新関係者に全て傍受されている可能性が排除できません。
  これは極めて深刻な問題です。
  実際、当方は今、全ての私信が傍受される可能性を怯えながら、
  あらゆる通信を行っています。
  その意味でこれは文字通りの「テロル」となっています。

(論点2)「私信」の「公表」は、明確な憲法違反を含む法律違反である。
  大阪維新の会は、如何なる入手経路であれ、入手した「私信」を、
  それを「私信」であると認識しながら、
  自分自身の「ニュース」のHPに公開しています。
  これは「通信の秘密」の保護の憲法21条違反であり、
  「プライバシー権の侵害」であることは決定的・確定的です。
  http://satoshi-fujii.com/151018-2/

(論点3)「維新」の「私信」公表・BPO申し立ては「言論弾圧」か?
  以上に指摘した「私信」の入手およびその公表は、
  今回はそれを行ったのが「大阪維新の会」という「公党」である
  という点に重大な意味があります。
  なぜなら、それは「公党」が自身の政治的な権力を駆使しながら、
  「個人」に対して行った政治的「検閲」となるからです。
  政治的「検閲」とはまさに、自由社会で絶対あってはならないもので、
  これをもって「大阪維新の会」が「全体主義」的な政治組織であることが
  明確に証明されたと言えます。
  しかも、今回の「違法公開」に関連して、
  藤井には様々なバッシングが展開されており(上記の吉村・長谷川氏等)、
  実際に(関連は不明ですが)TV出演が見合わされています。
  つまり明確な「言論弾圧効果」が発生しているわけです。
  これまでの彼らの藤井個人に対する「言論弾圧」の経緯を見れば、
  今回のこの「私信の不正入手と公開」も、それを意図している事は、
  ほとんど明らかと言って過言ではありません。
  (そうでなければ、法を犯してまで、
  「私信」を公開する理由が見当たりません)。

(論点4)「私信」が実際なら、藤井出演「番組」は放送法に抵触しているか?
  入手経路・公開の問題を一旦脇に置いた上で、
  仮にその「私信」の内容が実際のものであったとしても、
  藤井が放送法に抵触しているとは考えられません。
  なぜなら、放送法が求める政治的公平は、
  出演者一人一人の資質や意図ではなく、
  実際に編集された番組内容そのものについてのものである一方、
  「私信」はその点を示唆するものではないからです。
  http://satoshi-fujii.com/151019/

(論点5)「私信」が実際なら、藤井はTVに出演してはいけない者か?
  繰り返しになりますが、法律で求められる公平は番組のものであって、
  個人のものではありません。万一公平な個人だけしかTVに出られないなら
  誰もTVに出られなくなります。
  街角インタビューで答える人々も何らかの政治的意見を持つ以上、
  それですら放送できなくなります。
  しかも「私信」は、送受信者の共通了解の上に成り立つもので、
  その共通了解を大幅に割愛して送受信されます。
  したがって一般公開には、その共通了解を全て追記する必要があります。
  それを追記すれば、「私信」の中で藤井が行ったと言及しているものは、
  「維新・自民の公約内容が適切に視聴者に伝えるための、助言」
  である、ということが明らかになります。
   http://satoshi-fujii.com/151018/
  これら2点を考えれば、「TVに出られない」とは到底考えられません。
  (さらに言うなら、「私信」で特定政党を批判・非難する個人が全て
   TVに出られないとするなら、それでもまた、TVに出演できる人が
   いなくなってしまいます)

(論点6)維新・自民の公約の適切な説明とは?
  そもそも今回の「私信」で言及されているのは、
  維新・自民の公約の説明方法です。
  維新は都構想で副首都を形成すると言い、
  自民は、与党の力と地域連携で近畿メガリージョンを作る、
  と言っています。これは事実中の事実なので、これを報道することが、
  不適切であるわけはありません。
  ・・・というより「私信」で言われている当初スタッフが提示した案は、
  上記説明よりも、より、公約内容が不明瞭であった様子が明確です。
  (なお、都構想で副首都形成は不可能だと筆者は確信しています。
   http://amzn.to/1GF42Us
  無論、これについてもTVで発言してもよかったのですが、
  今回は「事実解説」に徹し、「政策評価」の発言は回避しました)

(論点7)ABCの藤井出演見合わせは適切か?
  当事者である当方は、この点については、コメントを控えます。
  ただし、メディア法の田島教授のコメントだけ、ご紹介します。
  「(放送局の対応は)政党などの主張をそんたくしたように見える。
  公平性の確保には多様な意見を紹介すればいいわけで、
  出演見合わせという萎縮の方向はメディアとして好ましくない」
  http://satoshi-fujii.com/151017-2/

以上、本BPO問題について何らかの発言をしている方を見かけたら、是非、本稿の「7つの論点」をご紹介差し上げてください。

・・・

最後に一つ、「維新BPO申し立て問題」の全容を理解する上で有用になる、架空の小話をご紹介しましょう。詐欺師と正直者のお話です。

詐欺師と正直者が、自分たちが作った商品の「宣伝合戦」をしていたとしましょう。

そして、あなたが、その「宣伝合戦」を解説するTVコメンテーターとなったとします(もちろんあなたは、とても公平公正な論者で、かつ、詐欺師のウソを的確に見抜いているとしましょう)。

ところがTVスタッフが、詐欺師のウソを今ひとつ理解しておらず、詐欺師のウソと、正直者の言葉を並列に並べたパネルを作ってきたとしたら――あなたならどうするでしょうか?

きっとあなたは自らの「良心」に基づいて、詐欺師の言葉をそのまま垂れ流すのではなく、詐欺師と正直者がそれぞれ提示している「商品」を、可能な限り実態に即してパネルに記載すべきだと「助言」することでしょう。

(なお、あなたはその際、「彼は詐欺師だ!」なぞとは一言も言わず、ただ、両商品の客観的な解説に徹するでしょう。なぜなら、「商品合戦」に関する法律上、詐欺師であろうがなかろうが、TVでは商売人同士を不公平に扱うとは禁じられているからです。加えて、詐欺師を詐欺師呼ばわりすると、詐欺師に騙されている人は気分を害し、何も話を聞いてくれなくなることを、あなたは知っているからです)。

そしてTV局側はそうした「商品内容についての客観的な助言」も踏まえつつ、その他のスタッフの意見も勘案しながら、最終的には「TV局の判断」として、パネルを作成したとしましょう。

そしてTVは放映されます。その内容は完全に政治的に公平なものでした。

さてその後あなたは正直者に、詐欺師と正直者双方の商品の適切な説明方法を助言すべく、TV局で行った助言内容をメール通信します。なぜなら、商品の情報を適切に人々に伝えることを願うあなたの「良心」からするなら、「最もそれら商品について熱心に人々に語りかける正直者」に適正な説明方法を理解してもらうことが、その「良心」に叶う行為となるからです。

ところがあろうことかその詐欺師がその通信を傍受します。そして、詐欺師は、

「不公平じゃないか! 訴えてやる!!」

といって、その傍受した通信内容を勝手にネット上でばらまきつつ、BPOに訴えました。

・・・・

さてこのお話では誰が正しく誰が間違っているのでしょうか?一体誰が裁かれなければならないのでしょうか? 本来裁かれるべきは、あなたなのでしょうか、それとも詐欺師なのでしょうか?

是非、皆様も一度、ゆっくりとお考えになってみてください。

以上、本稿が、BPO申し立て問題の正確な世論認識の形成に資しますことを、そしてそれを通して、きたるべく大阪ダブル選挙にて正確な「有権者判断」が下されますことを、祈念いたしたいと思います。

PS 今回の「維新BPO申し立て問題」の本質にご関心の方は、「橋下維新」をあらゆる角度から徹底検証した下記三部作をご参照ください!

デモクラシーの毒(ジャーナリズム対談by藤井&適菜) http://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%83%A2%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%AF%92-%E8%97%A4%E4%BA%95-%E8%81%A1/dp/410339661X

大都市自治を問う〜大阪・橋下市政の検証 (学術書by藤井&村上&森,他) http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E9%83%BD%E5%B8%82%E8%87%AA%E6%B2%BB%E3%82%92%E5%95%8F%E3%81%86-%E5%A4%A7%E9%98%AA%E3%83%BB%E6%A9%8B%E4%B8%8B%E5%B8%82%E6%94%BF%E3%81%AE%E6%A4%9C%E8%A8%BC-%E8%97%A4%E4%BA%95-%E8%81%A1/dp/4761526106

ブラック・デモクラシー〜民主主義の罠 (言論書by藤井&中野&適菜&薬師院) http://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A2%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%BC-%E6%B0%91%E4%B8%BB%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E3%81%AE%E7%BD%A0-%E7%8A%80%E3%81%AE%E6%95%99%E5%AE%A4-%E8%97%A4%E4%BA%95%E8%81%A1/dp/4794968213

—メルマガ発行者よりおすすめ—
【無料】対談映像
『世界ランク1〜3位独占!次世代スパコンから見る経済』
https://youtu.be/Dv3ZblXhAdk

・・・中国経済は、高騰していた不動産価格、株価がともに大幅に下落し、バブル崩壊の苦境に直面している。この状況に対する解釈は二つに分かれている。

一つは「単なる景気後退」あるいは「投資主導の経済から消費主導の安定成長への過渡期」とする見方、もう一つは「メッキが剥がれた中国経済が崩壊を始めた」あるいは「経済のみならず、中国共産党の独裁体制崩壊の序章」などとする見方だ。

単なる景気後退なのか、それとも崩壊の序曲なのか? 日本への影響は? われわれは今後、どう対処していくべきなのか?

中国取材から帰国したばかりの三橋貴明が、自らの足で集めた最新の情報を元に、「中国の読み方」、そして「中国との付き合い方」について解説する。
(月刊三橋最新号「中国の読み方〜日本が地獄に引きずり込まれないために」)
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_mag.php

関連記事

アーカイブス

【三橋貴明】英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる

アーカイブス

【上島嘉郎】安倍談話に望むこと(その六)

アーカイブス

【佐藤健志】発送電分離という責任放棄

アーカイブス

【藤井聡】橋下・松井府政:知ってほしい7つの「検証」

アーカイブス

【藤井聡】「橋下維新」の徹底的な検証が必要です

【藤井聡】維新BPO申し立て問題:知ってほしい7つの論点への15件のコメント

  1. コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. RGB より

    捕食者、被食者、守護者、傍観者。世の中をこんなふうに分けることもできるんじゃないでしょうか。自分はどれで、どれになりたくて、どれでありたいのか。そんな事を考えました。「傍観者 一番悪い」で検索したら、いじめ問題がたくさん出てきました。その中ではみんな、すごい勢いで傍観者を擁護していますね。そういう言説であふれています。でもこれが、現在の日本の惨状の元凶ではないか。そう思わずにはいられません。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. docholiday より

    23日のテレビ大阪の長谷川豊の番組が、余りにもひどかったので、彼のブログにコメントを書きました。番組の中で、何度も自分は中立公平と言いながら、橋下べったりでした。じんわり灸をすえたのですが、掲載されてません。番組で非難したら非難されると、自分でいっておきながら、自分は逃げるのですから、詰まらん奴です。橋下の応援団こんなの多いですね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. テツ より

    藤井先生がんばれ!歴史上独裁者には常に詐欺師的素養がみられるので恐ろしいが、先生が先頭に立ってがんばっておられるのは何と心強いことか!

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  5. 學天測 より

    う〜ん。維新側の狙いは藤井先生が番組を降板させられる事でその事実を持って藤井先生が悪い事をした、偏った人と言う印象を持たせようという話で、その事実がある限り先生の意見は頭の弱い人たちには理解できないかと・・・。そういう人達って殴り勝った方が上と言う考え方ですから、番組降板となった時点ですでにきゃつらの術中です。局内部にも、きゃつらの手が回っているのかもしれませんね。違反でもないのに降板させた事実に対し、それをやった連中を殴り返さないと。そこを何とかしないととは思います。中川さんは泡沫発言した辛抱アナに筋を通させましたし。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  6. ソウルメイト より

    おおさか維新の会とやらが、非合法な活動を行うことを躊躇しない反社会的性質を備えた望ましからざる団体であることが事実であるのなら、是非ともその事実を白日のもとにさらし、非合法行為にかかわった者の責任を問うことは、何にもまして肝要なことだと思います。こんなことを許しておいてはいけないと思います。本来、藤井先生の優れた知性と貴重な時間と勢力は、もっと生産的で有意義なことに活用されてしかるべきものだとは思いますが、公党を名乗って一定の支持者を集め、発信力や政治勢力を備えた団体が非合法行為にかかわった疑いが濃厚である場合、これを放置しておくことは、大きな禍根を残すことになりかねないと思います。徹底的に真実を糾明してきただきたいと思います。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  7. ねこ より

    シンポジウムに参加していますが、そこで数多くの学者先生方が話していられますが、見ていましても、それぞれ支持政党はいろいろらしいのですね。そして和やかにお互い意見を言って聞いて、建設的にシンポジウムが進行する。それを見ていましても、藤井先生はじめシンポジウムの先生方は、まず支持政党ありき、の発言をする人ではないだろうと思っています。まず学者の?良心?があると思います。良心というか、中身のない人、コメンテーターや司会者にもいますが、下品で嫌ですねー、中身の無い人は、中身のある人を見ると劣等感を感じるのでしょうかね。それで相手を引きずり下ろすのは、恥ずかしいことと、幼稚園でも教えていることですのにね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  8. ねこ より

    本当に、あの都構想にしがみつく言論弾圧キャツラはキャツラとしか呼びようのない言語道断キャツラですが、キャツラと呼ばれるとキャツラもキャッツラキャッツラ騒ぐでしょうから、キャツラを「連中」とか「やから」程度にとどめておくのが、キャツラに揚げ足取りされないために良いかもしれないと、キャッツラツラ思いましたf^_^;

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  9. メイ より

     維新の会が、藤井氏のメールであると主張しておられるものを読ませて頂きましたが、維新の方には申し訳ないのですが、「これがどうしたのかしら?」と思ってしまいました・・。政党に対して、賛同できないとか、疑念を感じる、とか、当たり前にあり得る事ですし、そう感じれば、住民を守ろうと、行動する方だっておられるでしょう・・。 この度の、大阪維新の会における、対処の仕方は、この政党が威圧的であり、危険であり、反対を許さない独裁傾向がある事を示しており、自ら不名誉を背負ってしまったように感じます。 維新の会は、自らを「絶対善」の立場に置こうとされているのでしょうか。 私などが申すまでも無い事でございますが、これは、とても危険な発想ですよね?正しい政治家でいらっしゃるならば、このような、事の道理は判って頂けるものと存じます。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  10. ねこ より

    藤井先生、私は橋下しと大阪維新が、前からきらいでしたが、ますます大ッキライッになりました。私たち普通に暮らしている住民の生活を、何だと思っているのでしょうか。きみらがスッキリするためのゲームじゃないんだよ。ヌケヌケと「大阪」を名乗らないでほしいです。恥ずかしい人はさっさと大阪から出て行ってもらいたい。生まれも育ちも大阪、大阪から離れたことはない生粋の大阪一庶民の願いです。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  11. 八津次郎 より

    維新による通信の傍受から藤井氏を番組起用することの自粛要請の流れは何もかもがおかしいことは明白です。しかし、それを一旦置いておくとしても、藤井氏が変更を迫ったとされるパネルの内容は公平性を期すものではないと私は考えます。(ここからは長谷川豊のブログにてリンクされていたPDFファイル内の藤井氏が傍受されたと思われるメールの内容を元にした私の個人的な意見です。もしこの内容が誤りであったり、インターネット上に公開することが適切でない場合はコメントを公開しなくても構いません。)藤井氏が変更したパネルの内容はおおさっぱに言うと『維新:都構想 自民:大阪会議』から『維新:都構想+おおさか維新 自民:与党の力+地域の連携』に変更しただけです。客観的に見て、これは後者のほうが圧倒的に分かりやすいと思います。なぜなら、『都構想』は住民投票の際、テレビや新聞で多くの時間を割いて様々な意見が紹介されていましたが、『大阪会議』は都構想と比べると情報がほとんどありません。『都構想か大阪会議か』というパネルでは大阪会議が何であるかが充分に喧伝されていない現状では分かりにくいパネルであるといえるでしょう。それに比べ、『維新の都構想+おおさか維新か、自民の与党の力+地域の連携か』というパネルであれば、『大阪会議』とだけ書かれたものよりも内容がよく分かることは明白です。もちろん、この変更によって変更前よりは自民党に有利なパネルになったことは事実です。しかしそれは『都構想』という十分に報道がなされたものと『大阪会議』というあまり報道されないものを比較してしまったために生じた情報格差のせいであり、この結果、変更前のパネルの方が維新にとって有利であったからです。『都構想』は橋下市長及び維新の会が進めている政策であることはよく知られています。しかし『大阪会議』が自民党主導であるすらほとんど知られてないことが現状ではないでしょうか。(ちなみに、大阪会議をしょぼい呼ばわりしていることに激怒している長谷川氏に対して、私が『この情報格差の結果、大阪会議がしょぼく見えるという事実を言っただけではないか?』という趣旨のコメントをしたところ、長谷川氏のブログに私のコメントが掲載されることはありませんでした。)この変更を持って「自民党に有利になるように働きかけたので違法だ!」というのであれば、維新側は「対立する政党の情報を分かりやすく説明するな!」と言っていることと同じです。藤井氏が変更を迫ったことも、変更した内容についても全く公平性を欠く内容があるとは到底考えられません。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  12. たけちゃん より

    藤井先生 ゴミクズ維新の汚さは重々承知しておりますがコイツラを支持している大阪B層がおもしろ可笑しく政治をちゃかす、そこそこ生活に困ってない中の上庶民が無責任大勢を占めているのも又事実であります。関税を95%廃止したアベチョン政権の支持率が上昇している事実を合わせて鑑みても一般庶民は経験した事の無い事実には全く関心無く、想像力も働かない愚かな蒙昧な存在でしかないのですね。しかしながら本来の社会正義を忘れ、露骨な権力による言論統制は絶対許されません。朝日放送はかつて勝谷氏も下ろした前科があります、その一方朝日放送は日本一放送局員の給与が高額な放送局でもあります。東京以上に官僚的な事なかれ放送局には徹底的な糾弾が必要です。司法の見解をただすべきだと思います。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  13. 拓三 より

    追伸、維新だけではなく自民も同じだと言う事です。それと藤井氏に対し、『なにしとんねん、保守は孤独であれ』               以上。長谷川豊の文はただのカッコ付けや。中立とは、正論対正論で成り立つねん。藤井氏を一つの理由で叩くのであれば橋下は叩く理由の宝庫やで。それで中立と言えるのか。藤井氏だけが一つの理由で全否定するのであれば、お前は糞であり、中立と言う言葉を二度と使うな。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  14. ニャンタのパパ より

    この騒動を目にしてから実際に藤井先生のメール私信なるものを、おおさか維新のPDF経由で拝読し、自分なりに考え解釈した内容と、先生のご説明とがほぼ一致したので安心し、納得もできました。小話の中での架空の詐欺師は、そもそも偽計を得意とするわけでして、事実を明瞭に善意の第三者に正確に伝えるためには、偽計を排して真実の姿に近づける必要があると考えますので、正直者の取り計らいはごもっともだと思います。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  15. 拓三 より

    維新と左翼、やり口似てまんな。今回の騒動で解った事は、維新は保守(右)では無いと言う事を証明したと言う事です。橋下が支那、朝鮮、日教組、を攻撃したから右だと思っている方が多いと思われがちですが左翼も分裂しており、その中の日本を破壊するだけのウンコ左翼は維新に付いた、もっと言うならばグローバリスト、改革派に鞍替えしたと言う事です。藤井氏が最近、赤旗の記事を記載する事がありましたが、これは藤井氏が左だからではなく、分裂した左翼の片方が、エセ保守(改革が〜)より保守に近い考え方と判断し、その勢力の力を借り、どうにか日本を守ろうとしていた様に私は見えていました。『是々非々で考える』とはそう言う事です。そしてこの騒動。大阪W選挙、消費税、TPP、などの国家に関わる重要時案が続くこのタイミングで反対派である藤井氏を吊るし上げるとは……頭悪っ日本破壊派の皆様、もうちょっと頭使いなはれw、

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【上島嘉郎】拉致被害者をなぜ救出できない─日本のジレンマ

  2. 2

    2

    【三橋貴明】日本国を亡ぼす情報の間違い

  3. 3

    3

    【藤井聡】「消費増税解散」を考える。

  4. 4

    4

    【三橋貴明】インドの高速鉄道起工式と長崎新幹線

  5. 5

    5

    【青木泰樹】実質賃金が低迷する理由

  6. 6

    6

    【三橋貴明】歴史に思いをはせる

  7. 7

    7

    【藤井聡】「高圧経済」が日本を救う

  8. 8

    8

    【小浜逸郎】政治の本質とは何か――山尾議員疑惑に寄せて

  9. 9

    9

    【三橋貴明】グローバリズムの罠

  10. 10

    10

    【三橋貴明】北朝鮮核保有容認論の危険性

MORE

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【三橋貴明】人間の屑たち

  5. 5

    5

    【藤井聡】「橋下大臣」による、憲法改正での「都構想の悪夢の再...

最新記事

  1. 政治

    【上島嘉郎】基地反対のためなら違法性は阻却されるのか

  2. 政治

    【島倉原】「早期解散」で既成事実化される? 緊縮財政、...

  3. 政治

    【佐藤健志】前衛の最大の危機とは

  4. 日本経済

    【藤井聡】「消費増税解散」を考える。

  5. 日本経済

    【三橋貴明】グローバリズムの罠

  6. アジア

    【三橋貴明】北朝鮮核保有容認論の危険性

  7. コラム

    【浅野久美】遠い志

  8. アジア

    【三橋貴明】インドの高速鉄道起工式と長崎新幹線

  9. 政治

    【小浜逸郎】政治の本質とは何か――山尾議員疑惑に寄せて

  10. 政治

    【佐藤健志】前衛意識と自己絶対化

MORE

タグクラウド