アーカイブス

2015年3月29日

[三橋実況中継]東京発展の理由

From 三橋貴明 http://keieikagakupub.com/38news/

——————————————————-

●●月刊三橋最新号のテーマは「農協改革のカラクリ」。
無料のお試し音声を公開中。視聴される方は、↓こちらをクリック

https://www.youtube.com/watch?v=tdZJGFU19ac

——————————————————-

さて、大阪都構想(大阪市解体構想)問題で藤井先生が繰り返し語っていらっしゃいますが、現在の東京の「繁栄」の理由は、集中的なインフラ投資が実施されたためです。

人口が地方から流入し、インフラが整備され、経済が成長し、それ故に人口が地方から流入するという循環により、東京圏は世界最大のメガロポリスになったわけでございます。しかも、この手の人口集中の際には、普通は「交通」がボトルネックになり人口増が止まります。

ところが、東京圏はJR、私鉄、地下鉄と、鉄道網が文字通り網の目のように張り巡らされ、しかも互いに相互乗り入れを実施し、さらに新幹線の「ターミナル駅(東京駅)」があるわけで、「人類史上空前」と言っても過言ではない人口集中と経済発展が実現したわけです。

さて、政府は「地方創生」を掲げていますが、方向的には「道州制」つまりは「地方が独立し、互いに競争して成長するべき」という路線を進んでいくでしょう。ユーロ圏でいえば、まさに「ドイツ対その他の国々」という関係が成立することになります。

ユーロは生産性(=所得の稼ぎやすさ)が異なる国々を集め、無理やり共通通貨圏を実現したのですが、日本は逆です。元々、日本は日本であり、その内部で投資の偏重が置き、生産性の違いがでてきたというわけでございます。

現在の日本が「道州制」的な、あるいは「市場原理」的な地方政策を推進すると、間違いなく現在のユーロと同じ状況になっていくでしょう。そもそも、生産性が違いすぎるため、日本の各地が「独立採算で競争する」などという政策は現実的ではないのです。

「生産性が低い地方が競争に負けて、衰退するのは仕方がない。人口がさらに東京圏に集中しても、自己責任」
といった「考え方」が日本に蔓延すると、現在のユーロのように国民(ユーロの場合は各国国民)がいがみ合う状況になるでしょう。無論、東京一極集中は加速し、その状況で「首都直下型地震」が発生すると、我が国は「国家存亡の危機」を迎えることになります。

現在のユーロについて理解することは、「将来の日本」を考え、いかなる道を我々日本国民が進むべきなのか、「完璧なケーススタディ」を提供してくれるわけでございます。

◆一般参加可能な講演会のお知らせ。
5月15日(金) 19時30分より『Voice』特別シンポジウム『日本の資本主義は大丈夫か──グローバリズムと格差社会化に抗して』
http://peatix.com/event/79834
パネリスト:小浜逸郎、三橋貴明、中野剛志

◆PHP研究所から「繁栄の絶対法則」が出版になりました。
http://www.amazon.co.jp/dp/456982398X/

◆WAC社から「中国との貿易をやめても、まったく日本は困らない!──中国経済の真実」が出版になりました。
http://www.amazon.co.jp/dp/4898317138/

◆さかき漣:著「コレキヨの恋文 (PHP文庫)」が刊行になりました。
http://www.amazon.co.jp/dp/4569762883/

◆スタジオカラー様とドワンゴ様による企画「アニメ(ーター)見本市」にて、さかき漣:著「顔のない独裁者」のスピンオフが映像化されます。平松禎史監督とさかき漣のコラボ作品でございますね。
http://mantan-web.jp/2015/03/09/20150309dog00m200049000c.html
タイトルは「イブセキ ヨルニ」です。ご期待下さいませ。

◆「マンスリーWILL(ウィル) 2015年 05 月 」に連載「反撃の経済学 公共投資のストック効果」が掲載されました。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00STR3WUG/

◆週刊アサヒ芸能 連載「三橋貴明の列島丸わかり報告書」 第13回「「おカネ」を印刷するだけで景気は浮揚しなかった」
http://www.asagei.com/

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 第119回「所得創出への道」が掲載されました。
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆Klug連載 三橋貴明の「経済ニュースにはもうだまされない」 第299回 農協改革の真実
http://www.gci-klug.jp/mitsuhashi/2015/03/24/023509.php

◆有料メルマガ 週刊三橋貴明 〜新世紀のビッグブラザーへ〜 週刊三橋貴明 Vol305 実質賃金はなぜ伸び悩む?
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
なぜ、円安が進んでも実質賃金が伸び悩むのか、解説しました。

◆メディア出演
3月29日(日) FMフジ「なんでもカウンセリング〜You&Me〜」に出演します。
http://fmftp.lekumo.biz/nandemo/

4月1日(水) 文化放送「おはよう寺ちゃん活動中」に出演します。
http://www.joqr.co.jp/tera/

4月2日(木) ラジオ関西「なんでもカウンセリング〜You&Me〜」に出演します。
http://jocr.jp/blog/nandemo.php

◆三橋経済塾
第四回講義の申込受付を開始しました。第四回のゲスト講師は藤井聡先生です。
http://members4.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=998
今月は「土曜日」でございますので、ご注意ください(日曜日ではありません)

◆チャンネルAJER更新しました!
『実質賃金を引き上げる方法1』三橋貴明 AJER2015.3.17
https://youtu.be/54A1iQdY8Zs

PS
月刊三橋最新号のテーマは「農協改革のカラクリ」。
無料のお試し音声を公開中。視聴される方は、↓こちらをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=tdZJGFU19ac

関連記事

アーカイブス

【藤井聡】豊かな大阪をつくる

アーカイブス

【藤井聡】「詭弁」(ウソ話)こそが、敵の真の正体です。

アーカイブス

【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

アーカイブス

【藤井聡】大阪都構想(3):公権力者の「詭弁」がもたらす「言論封殺」

アーカイブス

【藤井聡】「吉村洋文氏」の都構想についての言説の詭弁可能性を検証します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】「財務省設置法」は「憲法13条違反」である。

  2. 2

    2

    【三橋貴明】日本復活の鍵を握るMMT

  3. 3

    3

    【藤井聡】大蔵省から「財務省」に転換した時、平成デフレーショ...

  4. 4

    4

    【三橋貴明】フィリップス曲線の崩壊

  5. 5

    5

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  6. 6

    6

    【saya】我が故郷 横浜が日本から独立 ?!

  7. 7

    7

    【藤井聡】財務省は今、安倍内閣下で増えた「自由に使える血税」...

  8. 8

    8

    【三橋貴明】秋篠宮殿下はなぜ「皇嗣殿下」なのか?

  9. 9

    9

    【上島嘉郎】改めて思う、人が生きて働く意味

  10. 10

    10

    【藤井聡】「アベノミクス」は、結局、やられてなかった。

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】「アベノミクス」は、結局、やられてなかった。

  2. 2

    2

    【藤井聡】財務省は今、安倍内閣下で増えた「自由に使える血税」...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「財務省設置法」は「憲法13条違反」である。

  4. 4

    4

    【三橋貴明】秋篠宮殿下はなぜ「皇嗣殿下」なのか?

  5. 5

    5

    【三橋貴明】二人の教授

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【小浜逸郎】日経記事に見る思考停止のパターン

  2. 日本経済

    【藤井聡】大蔵省から「財務省」に転換した時、平成デフレ...

  3. 日本経済

    【三橋貴明】日本復活の鍵を握るMMT

  4. 日本経済

    【三橋貴明】フィリップス曲線の崩壊

  5. 日本経済

    【藤井聡】「財務省設置法」は「憲法13条違反」である。

  6. 政治

    日本経済

    【saya】我が故郷 横浜が日本から独立 ?!

  7. 日本経済

    【三橋貴明】大平正芳の呪縛

  8. 政治

    【三橋貴明】秋篠宮殿下はなぜ「皇嗣殿下」なのか?

  9. 未分類

    【竹村公太郎】気象の狂暴化に対する方策はあるか?   ...

  10. コラム

    【上島嘉郎】改めて思う、人が生きて働く意味

MORE

タグクラウド