アーカイブス

2015年10月17日

【藤井聡】大阪維新の党による藤井のTV出演の取りやめ誓願含意を含む不当なBPO申し立てに、遺憾の意を表明します。

『大阪維新の党による藤井のTV出演の取りやめ誓願含意を含む不当なBPO申し立てに、遺憾の意を表明します。』

                          京都大学大学院教授 藤井聡

——————————————
本声明文の骨子は、「BPOの公正な判断を、心から祈念する」ものであると同時に、以下の三点を主張するものである。

一つ、維新は、「藤井の意図」故に藤井のTV出演が放送法四条違反だと指摘しているが、放送法はそもそも出演者の資質ではなく番組・放送全体の公平性を求めるもの。
したがって、この主張それ自体が不当な言論弾圧である疑義が濃厚にある。

一つ、しかも「藤井の意図」は学者の良心に基づくもので、その助言は番組内容を放送法四条の視点から公正なものとしようとするものである。したがって、それに不服を申し立てる維新こそが法の精神に反している危惧すら懸念される。

一つ、今回の申し立て経緯を見れば、維新は、批判する者なら通信傍受でも何でも行いながら黙らせようとする全体主義的な党なのだ、という疑義が濃厚にある。
——————————————

こういう記事が配信されています。

 http://www.sankei.com/west/news/151016/wst1510160100-n1.html

記事によりますと、「藤井氏が自民党推薦のダブル選候補者らに送ったとされるメールの内容を大阪維新が入手した」そうです。つまり、当方の「私信」を「何らかの方法」で秘密裏に入手したそうです。そして、その「私信」を根拠に、「(藤井氏が)特定の候補者や政治団体を利するために番組を利用」したと維新側が認識している、と報道されています。

ですがまず第一にこれについては、維新側の違法行為の疑義が存在します。

そもそも維新の側の当方の私信の(公党による窃盗の可能性も排除できない不明な極秘ルートでの)入手、ならびに、それを報道各位に無作為に「ばらまく」行為に関しては、憲法が保障する通信の秘密を侵された疑義が濃厚に存在します。

これではまるで全体主義における監視社会そのものです。維新は私信を傍受して政治的に利用しているわけですから、文字通り、全体主義的な政党であることが証明されたと言えるでしょう。維新は批判する者なら傍受でも何でも行いながら黙らせようとしている、という次第です。これは、市民にとって大変に怖い話です。政治や行政の内部文書を政党が入手して暴露するならまだしも、これは、さすがに私信ですから、本当に恐ろしい話です。ついては、この点はこれからさらに追及することとしたいと思います。

……ただし、これを一旦脇におくとしても、上記報道は著しく一方的な報道であり、誠に遺憾です。

そもそも、これまで何度も主張して参りましたが、放送法が定める政治的公平は、

 「番組全体」「放送全体」

についてのものであって

 「出演者個人」

のものでは断じてありません。したがって、この申し立てそれ自身が不当である可能性が明確に存在しているのです(詳しくは、追伸1を参照ください)

ただし今回の問題はそこだけではありません。それ以前に、当方は、番組が放送法四条で明記されている「政治的な公平」なものとなることを意図してTV局に助言したに過ぎず、維新側にBPOに申し立てられる筋合いのものではありません。むしろ、それに不服を申し立てる維新側こそが、放送法四条に違反した申し立てをしているとすら考えられるところです。

そもそも当方の公的発言はいずれも、学者としての良心に従ってものであり、政治家や報道関係者に対するあらゆる助言もまた、その良心にしたがうものです(これから橋下維新側が公表するであろうことが予期されるメール文書の各文言についても、良心に従うものに他なりません。著しく不当なものを徹底的に批判し、非難するのは、良心にかなう発言なのです。例えば、「詐欺師を非難しつつ詐欺師と対話する方々に真実を伝えようとするケース」を想定いただければ、当方の発言が如何に良心に基づくものであるかを理解いただけると思います)。

そして当方はこれまで繰り返し解説してきたとおり、維新が掲げる「都構想」が著しく不当な政策であることを学者として確信し、その政策を徹底的に批判し続けています。一方で、学者として提言している「大大阪構想」こそが大阪を救う政策であると確信しています。

したがって都構想を軸とした公約が適正に解説されればその公約についての印象が悪化する一方で、大大阪構想と類似する政策を含む公約が適正に解説されればその印象が改善するのは当然の事なのです。
〈ホントの事が理解されると、詐欺師は損をして正直者は得をする、という分かりやすい話と同じです)

そして当方は、一般の皆さんがそれぞれの公約を「適正に理解・認識」する事を、学者の良心に従って「意図」しています。そうした意図に基づく番組内容に対する助言は、学問的良心に従う言論人・解説者として正当、公正な行為でしかありえません。つまり、それは放送法四条で定められる公正さの理念に反するどころかむしろ、それを「実現」するための行為に他ならないのです。

そして維新側が主張するように特定の政党・候補者を利することが仮にあったとしても、それは公正な助言活動の「結果」に過ぎません。そしてその「結果」に関して私信で言及することは一私人として当然あり得るところです。

以上の説明を踏まえてもなお、番組の公正さを疑うのなら、編集されたその番組、ならびにそこでの発言の一体どこに不公平があったのかを明らかにすべきです。それもなしに藤井のTV出演を放送法四条違反と断罪し、藤井の出演取り下げの請願(追申1参照)を含意するのは、それこそ放送法の精神に違反した、著しく不当な申し立てだと言わざるを得ません。そもそも番組を見れば一目瞭然でありますが、編集された番組が政治的公平であったことは明白なのです。

こうした背景から、政治的公平の実現のための助言を行った筆者としては、藤井が出演した番組が「政治的公平を定めた放送法4条に違反する」とする維新のBPO申し立ては、不当な申し立てであると認識せざ得ず、当該申し立て、ならびに、その一方的な報道に対して、強い遺憾の意を表明いたします。

いずれにいたしましても、BPOの公正なご判断を、心から祈念いたしたいと思います。

追申1:
この度のBPOへの申し立てにおいては、一部情報筋では、維新側は「テレビ番組のレギュラーコメンテーターとして起用し続けることは、放送法4条に明確に違反する」と明言している、と伺っています。しかしこれまで何度も解説して参りましたが、番組が確保すべき公平さは番組全体の公平さであり、出演者一人一人の公平さではありません。もとより、誰もが公言する際何らかの(複数の)意図をもっている可能性は明確に存在し、その可能性を踏まえた上で番組全体の公平さを確保することを目指している、というのが全ての番組の常態です。そして個々の出演者の意図に拘わらず、番組全体の公平さが保たれた編集がなされる限り、放送法四条に抵触することは絶対にありえないのです。したがって、特定個人の出演取りやめの請願を含意するこの申し立ては、その意味において放送法四条の精神から乖離した不当なものと言わざるを得ず、それ故、この申し立てそれ自身が、「公党による窃盗の可能性も含めた私信入手に基づく、自分たちに批判的な言論人のTV出演を取りやめささせるための不当な圧力」である疑義が明確に存在しているのです。その点については、徹底的にこれからも、追及してまいりたいと思います。

追申2:これから半月程度の間に、「橋下維新」を「あらゆる角度」から徹底的に検証する書籍三部作を出版します! 大阪、そして日本の行く末に巨大な影響を及ぼし得る大阪ダブル選挙に向けて、良心的かつ適正な世論形成のためにも、是非とも、ご一読ください!全て異なる角度からの書籍となっています!なお、今回の維新によるいわゆる「通信傍受」に基づく言論に対する圧力は、「デモクラシーの毒」をふんだんに孕んだ「ブラックデモクラシー」に他なりませんね。

デモクラシーの毒(ジャーナリズム対談by藤井&適菜)

大都市自治を問う〜大阪・橋下市政の検証 (学術書by藤井&村上&森,他)

ブラック・デモクラシー〜民主主義の罠 (言論書by藤井&中野&適菜&薬師院)

—メルマガ発行者よりおすすめ—
【無料】対談映像
『世界ランク1〜3位独占!次世代スパコンから見る経済』
https://youtu.be/Dv3ZblXhAdk

関連記事

アーカイブス

【藤井聡】「橋下大臣」による、憲法改正での「都構想の悪夢の再来」を回避せよ。

アーカイブス

【藤井聡】大阪都構想(7):「7つの事実」が示す「都構想の真相」

アーカイブス

【藤井聡】大阪都構想(3):公権力者の「詭弁」がもたらす「言論封殺」

アーカイブス

【藤井聡】 【警告】東京にとって、「大阪維新」現象は対岸の火事ではない。

アーカイブス

【藤井聡】「おおさか維新の会」という新しい「詐欺」疑惑 〜「おおさか」は「大阪」ではないそうです。ご注意を〜

【藤井聡】大阪維新の党による藤井のTV出演の取りやめ誓願含意を含む不当なBPO申し立てに、遺憾の意を表明します。への13件のコメント

  1. はっちゃん より

    ウィキペディアの「モラルハラスメント」参考になりました。もし日本にフランスのような法律があればかの政党にたくさん逮捕者が出るかもしれませんね。懲役1年。(笑)私の周りにかの政党支持者はよくおられます。中にはモラルハラスメンター的傾向がある人も確かにいますね。私はかの政党支持者にもっとたくさん見られる傾向は大衆的傾向だと思っております。まあ、ここでそんなこと言っても「それは当たり前だよ」って言われそうですが。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. ねこ より

    「モラルハラスメント」wikiなど、ご参照ください。かの政党支持者の集団モラルが、破壊されていることから、上記の存在を、疑っています。付け加えますと、その加害者になりがちなパーソナリティの人は、おぞましいことに、お互いに一目で分かって、意気投合するようなのです。そういう人が、一人より二人、複数人で、暴走した事件は、たまに奥様ワイドショーなどでも、見聞しますね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. ねこ より

    なるほど。橋なんとかさんは以前、精神科医の香山リカさんを異常に攻撃されていましたね、なるほど。一般人のそういう人と長く付き合わざるを得ないときには、太陽作戦もありうるのかも知れませんが、橋下しのような、公職?権力者?のそういう人には、民主主義の公的社会では、宥め阿りはありえないと思います。そういう人は、とりあえず公的リーダーにふさわしくない、と、良識に従って判断し、ルールに則って、一般席までご退席いただくしかないのではないでしょうか。藤井先生の方法はGoodな気がします。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. はっちゃん より

    これはひどいと思います。違法は百も承知でなりふり構わずやっていると思います。何処からつっこんだら良いのかわからない、ヤカラの仕業だと感じます。一番根本から丁寧につっこんでいくと自分が真っ先に何を突っ込もうと思ったのか忘れてしまう・・・私だけでしょうか?ヤカラって嫌ですよね。自分は傍若無人、むちゃくちゃやりたい放題やりながら敵とみなした相手にはどないしてでも因縁を付けてゴネる。卑怯な奴らなんですよ。富田教授が以前「ウソをついても法的には罰せられないが、政治的にえらい目にあう」とおっしゃってましたが、果たしてそれが本当なのか産経の記事を見て心配になってきました。ところで私の目には維新は相当追い詰められてなりふり構わずむちゃくちゃしているように見えます。維新の支持者の方々ってこんな姿を見てもまだ支持するのかといえばするんですね。卑怯な行為を見ても「それぐらいやらないと大阪の問題は解決しない!」とか言うんですね。これはどういうことなのか。それこそ何処からつっこんで良いのかわからないです。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  5. メイ より

     大阪維新の会がなさっている事は、もう、犯罪ですよ・・・。 他人を貶めるために犯罪に手を染めるとは言語道断で、善悪のご判断ができないなら、公党の資格があるといえるでしょうか。 党の政策に賛同しない方を、権力をもって黙らせようというのですから。 日本には言論の自由というものがあったはずですが。政治を行なう立場の方々が、それを根底から覆そうとするなど、看過できません。 このような、とんでもない事に与する人間も、団体も同罪です。BPOだって、申し立ての根拠にしているのが、不法に傍受した私信である事をまず、問題視すべきです。 この問題は、皆が恐れるべき事だと思います。放置すれば、このような社会の到来を承認した、という事になってしまうのではないでしょうか。 今は、藤井先生が攻撃されていますが、このような政治を許せば、誰にとっても、明日は我が身でしょうね。息苦しいです。 藤井氏を出演させない、という判断をされたテレビ局は、それこそ全く公平ではなく、維新の味方、というふうにしか思えません。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  6. 拓三 より

    これこそ『戦争』の始まりと同じ理屈です。維新の皆様、こんな低レベルな事は辞めましょう。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  7. 拓三 より

    あ〜あ、カルト宗教の終焉を観ている感じでんな。維新の理屈やったら、トオルちゃんと個人的にメールでやり取りして応援してるタレントもテレビ出られへんな。可哀想に…..。まっ、そっちの方が質悪いけど。あっ、そうや、これからテレビ観ててトオルちゃんと繋がりあるタレントが維新を擁護する発言したら皆で訴えたらええんや。過去のタレントの発言もyoutubeで探してもおもろいな。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  8. あまき より

    気に入らない個人を出演させるなとは一体全体何ごとか。全体主義とは実際いかなるものなのか、いかなる屁理屈で権力をもって暴力的統制に及ぶのか、しかと目の当たりにした私ども有権者が、たとえ藤井さんの同調者でなくても全体主義のおぞましさを知る証人となったことだけは確かですね。大阪維新の党は、前身の頃から本当に勿体ないことばかりしている。疚しさの中に「志」がみえたことがあったし、無思慮で無分別な中に「気」が感じられることもあった。その数少ない魅力を自らことごとく潰し、達するべき政党政治家としての壁を自ら高くして登れなくしてしまった。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  9. うっちー より

    藤井先生のおっしゃっていることは正しいと思います。大阪維新の会の圧力や言論弾圧は行き過ぎだと思います。また、言論弾圧に屈せず、日本人を代表して戦って下さっている藤井先生を尊敬しております。私と同じく、藤井先生の戦いを固唾を飲んで見守っている日本人は少なくないと思います。そして、「詐欺」という単語の定義から考えると〇下徹氏が詐欺師であることは確かだと思います。(例1、「これがラストチャンスです!」→また都構想を持ち出す例2、「4000億円削減できます!」→第三者が調べたら1億円だった。or 二重行政と関係ない内容での削減だった。例3、「都構想は無駄をなくすためです!」→「都構想は経費削減のためにやるわけではない」)ただ、本当に彼が詐欺師であるからと言って、本当に「彼は詐欺師です」と言ってしまうと、本人が怒って、余計に暴走してしまうと思います。彼の考え方を変える戦略としては、彼を詐欺師だと言って、強制的に詐欺を止めさせることは北風と太陽で言えば、北風戦略だと思います。人はなかなか北風では変わろうとしないと思います。彼を見てて思うのは、彼は大阪を愛しているわけではないと思います。誰かに教唆されたか、誰かからメリットをもらえるという裏約束か何かがあるんでしょう。つまり、北風と太陽で言えば、彼は誰かからの太陽戦略に絡め捕られたんだと思います。それに、いろいろな詐欺師と関わってきて感じたのは、ほとんどの詐欺師は自分を詐欺師だと思ってないんです。むしろ、いいことをしていると思っている。詐欺師のほとんどは多分サイコパスなんでしょうね。話がそれてしまいましたが、理不尽な攻撃に対して防御を固めることも大事ですが、攻撃には太陽戦略を取り入れることもご検討されてはいかがでしょうか。というのは、彼があんなに自信満々にやりたい放題やっているのは、多くの味方を付けているからではないかと推定されます。つまり、裁判官やマスコミに裏から手を回しているから裁判になっても大丈夫だと思っているかもしれません。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  10. 學天測 より

    4条の観点から言えば、全体の公平性を取るために藤井先生にご遠慮願ったとも取れます。この辺は憲法21条の知る権利と知った情報に基づき決断する、1条の国民主権にかかわる問題なので、TVにおいて、藤井先生が情報提供を積極的に怠る方向にあったとすればやむ得ないとも取れます。相手がどうとかではなく駄目なものは駄目です。ともかく、統一国家と言うある種のグローバリズムの中で地域版ナショナリズムが高まる大阪で維新勢力はEU内のハンガリーのようにかなりおかしな事になっており、普通にそこら中に維新の支持者がいるのです。だから槍衾です。今回あらたに加わった府知事候補の府議の陣営側から漏れたのでしょうか?今回はあまり深くかかわるなと地域の実情を知り、ご忠告を申し上げた私の立場といたしましては先生をお守りできなくて大変残念です。私は既成政党側には組しませんが、そういう立場でも維新に問題があると感じている方はいます。が、やはり起点が先の住民投票ですので、そういう方が動ける体制ができるまで時間が欲しいのです。時間軸と言う概念で決戦場所を考え冷静に沈着に行動される事を切に願いたいです。相手は既に大きな組織を形成しています。こちらも大阪地域内に職責にあるない関わらず一定の見識を有する政治家たる真の指導者をたて、住民教育を行い、正規軍を作り、きちんとした組織体制で、もしかしたら大阪と日本終焉するまで永遠に続くかもしれない長い戦いに臨まなければ今の腐敗した組織戦すらまともにできない既成政党の連中は先生のような方に過度に頼る属人的な方法に依存します。これは柳本氏に頼る体制でそうでしょう。柳本氏も今回で潰されるかもしれません。今の大阪の政治と言うのはそう言う駄目な状態なのです。そうすれば相手からすれば解りやすぎる標的です。そういうのでは長期に勝ち切る事は無理です。天知人、見極める事が大事です。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  11. 743mg より

    結局メールの真偽には触れないのか…w藤井ちゃん自民に大ダメージを与えちゃったね!

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  12. docholiday より

    サンケイも阿保新聞です。橋下の御用新聞ですね。こういうのとも、相手にしてゆかねばなりませんね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  13. docholiday より

    相変わらず橋下は阿保ですね。自分で自分の首を絞めているようなものです。また、屁理屈をつけて藤井先生を封殺しようと動いた訳です。つまり藤井先生の言辞が、維新側にとって堪えるということを図らずも露呈しました。今後の展開はどうなるか、分かりませんが、亡国勢力との厳しい戦いなると思います。力の限り応援させていただきます。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】スラムに消えた情けない男の話

  2. 2

    2

    【三橋貴明】財務省主権国家

  3. 3

    3

    【三橋貴明】続 財務省が日本を滅ぼす

  4. 4

    4

    【島倉原】インドブームに思うこと

  5. 5

    5

    【三橋貴明】共犯者育成プロパガンダ

  6. 6

    6

    【青木泰樹】単位労働コストの見方

  7. 7

    7

    【佐藤健志】若者が政治に求めているのは「結果」だ

  8. 8

    8

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

  9. 9

    9

    【上島嘉郎】〈朝日新聞、死ね〉はただの暴言か

  10. 10

    10

    【三橋貴明】なぜ実質賃金が低迷しているのか?

MORE

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】人間の屑たち

最新記事

  1. コラム

    【浅野久美】君のいない場所

  2. メディア

    【上島嘉郎】〈朝日新聞、死ね〉はただの暴言か

  3. 日本経済

    【島倉原】インドブームに思うこと

  4. 政治

    【佐藤健志】若者が政治に求めているのは「結果」だ

  5. 政治

    【藤井聡】スラムに消えた情けない男の話

  6. 日本経済

    【三橋貴明】共犯者育成プロパガンダ

  7. 日本経済

    【三橋貴明】財務省主権国家

  8. 日本経済

    【青木泰樹】単位労働コストの見方

  9. 日本経済

    【三橋貴明】続 財務省が日本を滅ぼす

  10. 日本経済

    【小浜逸郎】98%の絶望と2%の希望(その1)

MORE

タグクラウド