アーカイブス

2015年7月7日

【三橋号外】大失態

FROM 三橋貴明 http://keieikagakupub.com/38news/

——————————————————-

●●月刊三橋の次号(7/11配信)のテーマは、「歴史認識問題」です。
http://keieikagakupub.com/lp/mitsuhashi/38NEWS_CN_mag_3m.php?ts=hp

——————————————————-

安倍政権が今日、終わったとしたら、今回の件が「外交上、第二次・三次安倍政権の最大最悪の大失態」として記録されることになるでしょう。

文化放送「おはよう寺ちゃん活動中」で、最初に本件を取り上げたとき、わたくしは、
「大東亜戦争末期の朝鮮半島は日本であり、朝鮮半島の住民は日本国民だった。朝鮮半島出身の「日本人」が徴用され、本土で働いていたのは確かだが、それは他の日本人も同じ。戦争中だったのだから、当たり前。外務省は韓国に対し『お前らその時日本国民で、国民の義務を果たしていただけじゃないか!』と、反論するべき」
と、語りました。

理由は、実際の外務省が、
「朝鮮半島出身者が徴用されたのは、戦争末期の二年間のみで・・・」
と、そもそも日本側が「悪いことをした」したかのごとき前提の反論をしていたためです。すなわち、韓国の歴史認識に乗ってしまっていたのです。

日本の歴史認識というか、歴史的事実として、1910年の韓国併合以降、朝鮮半島の旧大韓帝国国民は「日本国民」であり、天皇陛下の赤子になったのです。だからこそ、当時の日本は朝鮮半島のインフラ整備や教育普及に莫大な資金を投じたわけでございます。(詳しくは「愚韓新論_ _」をどうぞ)

日本国民である以上、戦争中に徴用で働くのは「当たり前」の話です。韓国側の歴史認識がどうであろうとも、日本側は歴史事実に基づいた主張を(相手の100倍の声で)繰り返していればいいわけでございます。
とはいえ、外務省が相変わらずダメダメなので、これは最悪、明治日本の産業革命遺産の「世界文化遺産登録」は実現しないかも知れないな、と思っていました。それならそれで、日本国民の韓国への認識が「正常化」され、仕方がないのかもしれないとも考えていたのです。

それがまさか、これほど最悪の結末になるとは。

『岸田外相「強制労働を意味するものでない」 財産請求権で韓国にクギ刺したが…
http://www.sankei.com/politics/news/150706/plt1507060007-n1.html
安倍晋三首相は5日夜、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会で「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録が決まったことを受け、「心からうれしく思う。海外の科学技術と自国の伝統の技を融合し、産業化を成し遂げた姿は世界でも稀有(けう)で、人類共通の遺産としてふさわしい」とのコメントを発表した。
岸田文雄外相も5日夜、外務省内で記者団に「遺産群の果たした世界的な役割が広く世界に知られる契機になることを期待する」と述べた。
日本政府は5日の委員会発言で、韓国側がこだわった「強制労働」に関し「forced to work(働かされた)」との表現を使用。岸田氏はこの表現について「『強制労働』を意味するものでない」と説明した。さらに、財産請求権の問題は完全に解決済みとする従来の日本政府の立場に変わりがないことを強調した。
外務省筋によると、日本政府は、委員会での日本側の発言を裁判で使わないという確約を韓国政府に何度も確認したという。外務省関係者は「韓国内に(遺産の説明における強制労働の明記を主張する)いろいろな世論がある。ボンの現場での確認とともに、ハイレベル(閣僚級)でも確認した」と審議を1日先送りした背景を説明している。(後略)』

たとえ「強制労働」という言葉を使わなかったとしても、「against their will」(本人の意思に反して)、「forced to work(働かされた)」といった表現が入ってしまった時点で、日本側の完敗です。軍艦島をはじめとする一部の産業遺跡は、今後、韓国人の、
「我々の先祖が日本に強制連行されて、強制働させられた〜。ウリたちは被害者だ〜」
のキャンペーンのシンボルになるでしょう。

数年後のソウルの日本大使館の前には、あの気持ち悪い少女像の隣に、「強制連行夫記念像」が鎮座することになるでしょう。

大挙して韓国人が軍艦島に訪れ、ハングルで「強制連行の記念地」「強制労働の記念地」といった落書きをしていくことでしょう。当時、徴用(しつこいですが、戦時下なので当たり前)された韓国人が、次々に日本企業や日本政府を訴え、上記の文書が平気で「強制労働」の証拠として持ち出されることになるでしょう。韓国人とは、そういう連中です。

さらに、世界に「日本の強制連行の証拠」が拡散され、十年後くらいには、百万人の朝鮮人(しつこいですが、当時は日本国民)が「日本で強制労働に従事させられた。軍艦島はナチスのアウシュビッツと同じだ」という話になっていることでしょう。

最悪です。

河野談話のときは、まだしも「韓国人」に対する理解が足りなかったと、言い訳できるかも知れません。とはいえ、今回は違います。
安倍政権は、デフレ下の緊縮財政が国民を貧困化させた橋本政権の前例を知りながら、デフレ下の緊縮財政に勤しんでいます。さらに、河野談話の失敗を知りながら、第二の河野談話を作り上げてしまったのです。

日本サイドにできることは、もはや一つしかありません。韓国人の歴史認識ではなく、
「大東亜戦争末期の朝鮮半島は日本であり、朝鮮半島の住民は日本国民だった。国民の義務として、朝鮮半島出身者も徴用に応じただけ」
という、歴史的事実を世界に向けて韓国の100倍の声で発信していくのです。そのために自分ができることを、少し考えてみたいと思います。

PS
「歴史的事実を相手の100倍の声で発信する」に、ご賛同下さる方は、
↓このリンクをクリックを!
http://keieikagakupub.com/lp/mitsuhashi/38NEWS_CN_mag_3m.php?ts=hp

PPS
長崎の「軍艦島」は「日本のアウシュビッツ」にされてしまうのか?
月刊三橋の次号(7/11配信)のテーマは、「歴史認識問題」です。
http://keieikagakupub.com/lp/mitsuhashi/38NEWS_CN_mag_3m.php?ts=hp

PPPS
今月号のテーマは「地方再生」。大阪都構想、新型交付金、「人口減少」論の罠をぶった斬り。
7/10まで。

関連記事

アーカイブス

【藤井聡】「都構想」の危険性を明らかにする学者100人の所見

アーカイブス

【三橋号外】狂気

アーカイブス

【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

アーカイブス

【藤井聡】都構想・再挑戦など「言語道断」である 〜都構想を考えるラウンド2〜

アーカイブス

【佐藤健志】〈九条の会〉と安倍政権

【三橋号外】大失態への7件のコメント

  1. ろんどなー より

    日韓の歴史戦は二国間でやり合うだけではキリがないでしょう。韓国側は嘘・歪曲・誇張を駆使して有りもしない被害を次々にでっち上げてくるので、日本はそのつど議論も英語も下手で無防備としか思えない外務官僚が馬鹿正直に相手の罠にまんまと嵌る愚を繰り返している。そもそも英語でディベートに勝てないような人材をなぜ外交官にするのか? 外務省の採用・人事制度がオカシイのです。あの佐藤地ユネスコ大使の服装ですら、呆れはてて腹立たしく思いましたよ。国際舞台での日本代表、しかも勝負の日にまったく威厳の欠片も無し! ノーメークに洗いっぱなしのヘアでイケてないチープなカジュアルウェアー。「大使」というより、立川のリサイクルショップにいそうな反原発運動のオバちゃんにしか見えません。カジュアルでカッコ良くキメル方がハードル高いという大人ファッションの常識すら知らないセンスの無さ。外務省は当てにしないとして、攻めどころは別にあると思います。韓国が繰り返し使うイメージ操作の元は日本=ナチス、安倍=ヒットラーという構図。日本はドイツを見習って反省しろの、従軍慰安婦はアジアのホロコーストだの、軍艦島は日本のアウシュビッツだの、欧米で日本に対するスミア・キャンペーンを展開するにはこれが有効だと確信しているのでしょう。ただし、ここには大きな落とし穴もあります。第二次大戦時の日本と韓国の関係は、当時のドイツとオーストリアの関係と同じ。大戦後、連合国側はオーストリアの戦争責任を問わなかったにも関わらず、オーストリアはナチスと共に戦ったという自ら戦争責任を認める声明を出しました。韓国とは間逆の誠実な態度。これぞ先進文明国。そして、韓国が日本にやっていることをドイツ・オーストリア関係に置き換えると、韓国の異常さがシンプルに分かります。オーストリアが戦後になって、戦時はナチス側にいたことを棚に上げ、「いや、オーストリアはユダヤ人と一緒です。ナチスに殺され苦しめられた犠牲者です。」と、オーストリアが突然加害者側から寝返って、被害者ユダヤ人の振りをするのとまったく同じ。つまり韓国は日本を貶め賠償金を奪うという自らの利益のために、ユダヤ人大虐殺の悲劇を利用するという、恥ずべき欺瞞を世界中で宣伝しているということ。これが知れ渡ったら、世界中のユダヤ人の怒りと反感を買うと思いますよ。そういえば、すっかり忘れ去られてしまった「アンネ本毀損事件」。あれも、ナチ、ホロコースト関連でジャパン・ディスカウント・キャンペーンに使われそうでした。あれだけ世界中を騒がせた事件の犯人は捕まったにもかかわらず、なぜ身元や動機や背景などの詳細が公表されないのか、不思議だと思いませんか?

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 岡田宏司 より

    こういう馬鹿げた日本人が自国の歴史も知らずに外務大臣、ユネスコ大使になっている。こういうことで折角のアベノミックスが実績を上げているが(今日この頃になって日系の新聞も取り上げるようになったけれど、それより先に韓国のマスコミが認めている)このことで多くの安倍首相支援者がし潰したことは大きな失敗と言えます。どうも安倍首相は人事に甘い。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. 天鳥船 より

    >大東亜戦争末期の朝鮮半島は日本であり、朝鮮半島の住民は日本国民だった。ここは非常に重要なポイントです。以前にも別の方に対するコメントで書いたことがあるのですが、日本が朝鮮(及び台湾)に対して行ったのは「併合」であり、断じて「植民地支配」ではありません。併合と植民地支配は全く違います。決して、単なる言葉の問題ではありません。あれが植民地支配だったとしたら、カリフォルニアはアメリカの、スコットランドはイングラントの植民地になってしまいます。日本は歴史上、一度とて他国を植民地支配したことはありません。朝鮮にしろ台湾にしろ、日本は莫大な予算をつぎ込んでインフラ整備をし、学校や病院をつくりました。朝鮮には京城帝国大学が、台湾には台北帝国大学が、大阪帝大や名古屋帝大よりも先に作られました。その結果、一気に近代化が進み、朝鮮の平均寿命は倍に伸び人口も倍増。識字率も大幅にアップしました。ひたすら植民地から搾取をつづけたヨーロッパとは、ここが根本的に異なります。また、日本から朝鮮の李王家に嫁いだ皇族もいます(梨本宮方子→李方子)。先帝陛下のお妃候補にもあがったことのある方です。例えばイギリスの王室から、インドに嫁入りするなんてことがあったでしょうか。植民地化して朝鮮人を奴隷扱いしたどころか、あくまで日本人として対等に、ある意味本土の日本人以上に大切に扱っていたと言えます。この度の外務省の失態(明らかに外交上の敗北です)には、私も憤りを感じています。高級官僚といえども、戦後教育に毒された中でのエリートですから、日本=アジアの人達に非道いことをした、という思い込みがあるのか。穿った見方をすれば、確信犯の可能性も有ります。官僚の中にも、売国奴は少なからずいます。民主党議員には官僚出身者が驚くほど大勢いることからも明らかです(もちろん、中野剛志さんのような立派な方もいます)。だとすれば、尚のこと許せませんが・・・それと、この手の話になると必ず「歴史認識の違い」と言った話になりますが、歴史認識なんぞ一致させる必要はありません。国が違えば、認識も違って当たり前です。ヨーロッパでも、例えばトラファルガーの海戦一つとってもイギリスとフランスでは、認識はまるで違います。しかし、それが外交上の障壁になることは有りません。「それはそれ、これはこれ」と割り切って、双方とも大人の付き合いをしています。それが成熟した民主主義国家同士の関係というものです。そんなことも理解できず、他国の歴史観や教科書の記述内容にまで糞文句をつけてくる朝鮮や支那は、およそ近代国家としての体をなしていないということです。その前提の元に、日本は外交姿勢を改める必要があります。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. あまき より

    Ch桜で月曜初登場だったにもかかわらず渡邉哲也さんが正文ではないなど煮え切らないコメントに終始せざるを得なかったのは皮肉で、「近すぎる人」の限界をつくづく痛感した。残念だが、三橋さんには渡邉さんの分まで頑張っていただく他ありません。知的誠実性が何よりも重要だと繰り返し言っていたのが、あの岡崎久彦さんだ。その岡崎さんの後輩たち、そして岸田外相が「強制労働を意味するものではない」とは一体全体何ごとか。正文かどうか以前の問題ではないか。しかもそれを痛罵した大高未貴さんのことを「大高は英語がわからない」と嘲笑する者まで登場する始末。問題視して殊更騒ぎ立てるのは外患誘致その他工作活動に準じる売国行為だとも。そうか。それならforce downは「強制性なき着陸」で構わないのか。すげえや。この一件で、安倍政権のみならず外務省、安倍さんの責任を問わない一部の断固支持者たちは、踏み越えてはならない一線を越えてしまった。ともに奢れる者たちゆえ、こともあろうに日本国民の誠実性に向かって引き金を引いたのだ。本当にばかなことをしたものだ。安倍さんの何もかもが駄目だったわけではなかったのに。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  5. たかゆき より

    KNOCK OUT JAPAN先般の国際会議でGHQ研究室の アベックカン博士が披露したといわれる実験用動物免疫機能のほかに学習機能も持っていないらしいが詳細は不明「そこまで するのか、、、」と会場では驚きの声が上がったという。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  6. 古事記 より

    最悪です。無責任極まりない。そこまで世界遺産にこだわる必要があるのかと思えてなら無い。誇りを失い個人の利益を優先し、金さえ儲かれば先人たちへの感謝さえ無い。日本国に命を捧げ今の豊かな日本を残してくれた先祖、日本人に対して恥ずかしい。感謝が無い。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  7. メイ より

     世界遺産て、国の名誉を汚してまで必要なものなのだろうか? そもそも世界遺産にそれほど大きな価値は感じない。外国の方々に「価値がある」と認めて頂く必要も感じませんし、別に嬉しいとも思いません。 日本の遺産は、世界の物ではなく、日本の遺産だと思っています。  安倍さんなら、やりかねないかな、とも思う出来事ですが、それにしてもなんて事をしてくれるのでしょうか。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】「消費増税を凍結せよ」運動は、日本の「黄色いベスト...

  2. 2

    2

    【小浜逸郎】水道民営化に見る安倍政権の正体

  3. 3

    3

    【三橋貴明】水を売り飛ばした日本政府

  4. 4

    4

    【 小浜逸郎】みぎひだりで政治を判断する時代の終わり

  5. 5

    5

    【三橋貴明】第二国土軸の建設を

  6. 6

    6

    【藤井聡】「リーマンショック級」の経済下落 ~2019年には...

  7. 7

    7

    【三橋貴明】水を売った日本政府

  8. 8

    8

    【saya】70年ぶり漁業法の抜本改正 理由は“あー、まあ、...

  9. 9

    9

    【三橋貴明】次なる覇権国

  10. 10

    10

    【三橋貴明】詐欺師に騙され、喜劇を演じる日本国民

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【小浜逸郎】水道民営化に見る安倍政権の正体

  2. 2

    2

    【藤井聡】壊れかけた日本 今一番大切なのは、当たり前のことを...

  3. 3

    3

    【藤井聡】日本はもはや「完全なバカ」なのか? 〜『消費増税を...

  4. 4

    4

    【藤井聡】「リーマンショック級」の経済下落 ~2019年には...

  5. 5

    5

    【藤井聡】「消費増税と緊縮」で日本経済は最悪「ミャンマー級」...

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】詐欺師に騙され、喜劇を演じる日本国民

  2. 政治

    未分類

    【 小浜逸郎】みぎひだりで政治を判断する時代の終わり

  3. 日本経済

    【藤井聡】「消費増税を凍結せよ」運動は、日本の「黄色い...

  4. 日本経済

    【三橋貴明】水を売り飛ばした日本政府

  5. 日本経済

    【三橋貴明】第二国土軸の建設を

  6. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】水を売った日本政府

  7. 日本経済

    【藤井聡】「リーマンショック級」の経済下落 ~2019...

  8. 未分類

    【saya】70年ぶり漁業法の抜本改正 理由は“あー、...

  9. 政治

    欧州

    【三橋貴明】次なる覇権国

  10. 未分類

    【三橋貴明】厳冬期を迎える北海道にて

MORE

タグクラウド