アーカイブス

2015年6月1日

【三橋貴明】技術革命で世界最強となる日本

From 三橋貴明
http://keieikagakupub.com/38news/

——————————————————-

●●三橋貴明が実践する経済ニュースを読む技術とは?
http://keieikagakupub.com/lp/mitsuhashi/38NEWS_CN_mag_3m.php?ts=hp

——————————————————-

【今週のNewsピックアップ】
●超・技術革命で世界最強となる日本(前編)
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12032005741.html

●超・技術革命で世界最強となる日本(後編)
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12032396631.html

これだけ集中的に、長時間、「国民経済」について分析し、文章を書いていると、普通の人が気が付かない、あるいは気が付いているけれども言葉で説明できない様々な「原則」に気が付きます。

例えば、「経済力」がおカネの話ではなく、国民の需要を満たす「自国」の供給能力であること。

経済力とは「経世済民の力」でございます。経世済民とは「国民が豊かに、安全に暮らしていくための政治」を意味するため、そもそも「おカネ」という概念は入っていないのです。

もちろん、おカネの概念が入っても「構わない」わけですが、おカネが存在しない世界で「国民が豊かに、安全に暮らしていく」ことは、少なくとも論理的には可能です。

あるいは、以下のケースはどうでしょうか。
おカネが大量に溢れ、国民の手元に紙幣が積み上がっている状況で、モノやサービスの供給が滞り、国民が飢え、次々に死んでいく国家です。この国は果たして、経済力が「大きい」のでしょうか。それとも「小さい」のでしょうか。
疑いようもなく、後者です。

さらに、供給能力は以下の三つから成り立っています。

モノ、ヒト、そして技術。

モノ、ヒト、カネでは? と、思われた方がいるかも知れませんが、それはいわゆる「経営(ビジネス)の三要素」です。ビジネスをするのは、企業です。企業は「国民経済」という巨大なマクロ基盤の上で動く、駒(しかも、小さな駒)の一つでございます。

企業にとっては、モノやヒトに投資する際に、とりあえずおカネは必須です。おカネがなければ、設備投資や人材投資はできません。よって、経営の三要素はモノ、ヒト、カネでも構わないです。

とはいえ、国民経済という観点からは、どうなるでしょうか。何しろ、国民経済の最大のプレーヤーは政府であり、政府はシニョリッジ(通貨発行益)の行使により、債務を増やすことなく、債権を増やすことが可能な存在なのでございます。あるいは、中央銀行にしても、金利支払いや返済不要な債務(現金紙幣というおカネ)を発行することができます。

国民経済という視点から見ると、おカネの重要性は著しく落ち、実際に供給能力を織りなす三つは「モノ、ヒト、カネ」ではなく、「モノ、ヒト、技術」の三つであることが分かります。

すなわち、モノ、ヒト、技術こそが「経済の三要素」なのです。

そして、このモノ、ヒト、技術を強化する、すなわち「経済力を高める」にはどうしたらいいのか。

などなど、皆様が何となく理解していたようで、実はよくわかっていなかった「経済の本質」を解き明かした一冊こそが、5月28日に刊行になった徳間書店「超・技術革命で世界最強となる日本」なのでございます。
http://www.amazon.co.jp/dp/4198639442/

是非、ご一読を!

PS
2015年上半期に起こった日本経済の大問題。三橋貴明の解説が聞けるのは6/10まで
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_sv.php

関連記事

アーカイブス

【上島嘉郎】安倍談話を超えて

アーカイブス

【佐藤健志】ドナルド・トランプのファンタジー、または民意をめぐるパラドックス

アーカイブス

【東田剛】日米同盟という経済政策

アーカイブス

【浅野久美】フラッシュの嵐で目も覚める

アーカイブス

[三橋実況中継] 「日本衰退論」の根深さ

【三橋貴明】技術革命で世界最強となる日本への2件のコメント

  1. ぬこ より

    本当に三橋さんは立派な人や。カネ(お札)の力で国民の支配を目論む「奴ら」(米連銀の株主 or 米国のTPP極右)に対して、安易な陰謀論やレッテルを貼って直接攻撃せず(≒狙われるリスクを回避)、日本国民に直接、金融や国民経済の意味とは何か?を、具体的な数値やデータで以てして解く事で、国民を覚醒させ、「奴ら」の陰謀(笑)を、民主主義の力で粉砕しようとしているんですから。所謂、保守と称する連中も「奴ら」に媚びる連中が多きこの日本。よく、紙幣は「金(塊)」の裏付けが無いとダメだと言う人達も居ますけど、そもそも単なる鉱物に過ぎないAUに対して、価値を見出して、それらの相場を管理している人達って、誰なんでしょうね?(笑)。三橋先生の仰る通り、モノ、ヒト、技術、の方が、よほど経済の本質ですよね。政府紙幣が嫌いな(笑)「奴ら」は、それを日本国民に知られる事を恐れているんでしょうか?

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. Kaito Yuriya より

    経世済民、モノ、ヒト、ワザ。とっても刺激的ですね。ところで、カネのほうですが、日本銀行の株は51%日本政府or日本人がもっているようです。残り49%は英シティ?or米ウォールストリート?日銀の配当とは、刷ったお金の額の何%なのかご存知でしたら教えてください。新自由主義の民営化の最たるものが中央銀行の民営化かも。政府発行紙幣を刷ったらリンカーンとケネディーが暗殺されたようで、ヤバい話題であることは分かりますので..。 2675.6.1

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】終戦記念日に考える、「戦後レジームからの脱却」と「...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】安藤裕衆議院議員と対談しました

  3. 3

    3

    【三橋貴明】「国の借金」プロパガンダを打破せよ!

  4. 4

    4

    【三橋貴明】黄金の氏族の婿たち

  5. 5

    5

    【三橋貴明】スウェーデン・ショック

  6. 6

    6

    【三橋貴明】民主主義の国民であるならば。

  7. 7

    7

    【竹村公太郎】都市の下に住む大蛇 ―なぜ「決壊」と書くのか―

  8. 8

    8

    【三橋貴明】治水の後れは国家の怠慢

  9. 9

    9

    【三橋貴明】“人間の屑”がいるとするならば

  10. 10

    10

    【三橋貴明】巨費

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】防災に「国債」を発行しない政治家は、馬鹿の誹りを免...

  2. 2

    2

    【藤井聡】政府は「異常気象緊急対策」を速やかに推進せよ。

  3. 3

    3

    【三橋貴明】“人間の屑”がいるとするならば

  4. 4

    4

    【藤井聡】政府の「東京一極集中」対策、未だ成果まったく見られ...

  5. 5

    5

    【藤井聡】吉川洋東京大学名誉教授が『詭弁』を弄して、『防災を...

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】巨費

  2. 政治

    【三橋貴明】民主主義の国民であるならば。

  3. 日本経済

    【三橋貴明】粒子加速器、なるか産業ビッグバン

  4. 欧州

    【三橋貴明】スウェーデン・ショック

  5. 日本経済

    【三橋貴明】治水の後れは国家の怠慢

  6. 日本経済

    未分類

    【藤井聡】終戦記念日に考える、「戦後レジームからの脱却...

  7. 日本経済

    【三橋貴明】「国の借金」プロパガンダを打破せよ!

  8. 政治

    【三橋貴明】安藤裕衆議院議員と対談しました

  9. アジア

    【三橋貴明】黄金の氏族の婿たち

  10. 日本経済

    【竹村公太郎】都市の下に住む大蛇 ―なぜ「決壊」と書く...

MORE

タグクラウド