日本経済

2021年12月27日

【三橋貴明】それが「貨幣経済」です

【今週のNewsピックアップ】

ある日、突然、
ハイパーインフレになる~!(笑)
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12717135778.html

財政破綻論者相手のモグラ叩き
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12717419012.html

これは、極めて興味深い現象だと思います。

中野剛志先生との対談(文藝春秋)で、
慶応大学の小林慶一郎教授が、
「貨幣は政府の債務です。
「自国通貨建て国債はデフォルトしない」のは
国債という債務を貨幣という債務に
置き換えているだけだからです。」

と語り、ほぼ同時に一橋大学
大学院経済学研究科の佐藤主光教授が、
Wedgeで、
「仮に国債を日銀が買い取ってしまえば、
あるいは
(現在は財政法上、認められていないが)
直接、国債を引き受ければ、
政府の民間に対する債務はなくなる。
しかし、詰まるところ「国債」という
国の債務が、「貨幣」という
中央銀行の債務に代わるにすぎない。」
と、語った。

いや、両者共に合っているのですよ。
正しいですよ。

双方ともに、
「日銀が国債を買い取っても、
政府の負債(国債)が
日銀の負債(日銀当座預金、現金紙幣)に
変わるだけじゃないか」
と、何かネガティブな言いかたをしていますが、
いや、そうなんですよ。
その通りなんですよ。

だからこそ、我々は、
「日本円建ての国債の債務不履行はあり得ない」
と、主張していたわけですよ。

【2021年9月末時点 
 日本銀行のバランスシート(兆円)】

http://mtdata.jp/data_77.html#2009BS

図は、今年9月末時点の
日本銀行のバランスシートです。

日本政府と日本銀行を連結決済すると、
日銀の借方に計上されている
資産「国債」は政府の負債「国債」と
相殺で消滅します。

もっとも、小林教授や
佐藤教授が言っている通り、
日本銀行の貸方の負債「現金」
「日銀預け金(日銀当座預金)」は消えません。

つまりは、政府と日銀を
連結決算したところで、
両者を合わせた「統合政府」が
債務超過(純負債)になることに
変わりはないのです。

だから、何?

誰かの資産は、誰かの負債。
誰かの純資産は、誰かの純負債。

政府が純負債になってくれなければ、
我々の純資産は存在し得ません
(厳密には「海外」という経済主体があるため、
論理的には政府と民間が同時に
純資産になることは可能。
その分、海外が純負債を背負ってくれれば)。

つまりは、国債を日銀が買い取ったところで、
「我々の純資産=統合政府の純負債」は
消えない。

繰り返しますが、だから何? 
という話なのですよ。

小林教授や佐藤教授は、
「日銀が国債を買い取ったところで、
日銀の負債(現金紙幣、日銀当座預金)は
残るじゃないか!」
と、言いたいのでしょうが、
それで良いのですよ。
というか、そうでなければならないのです。

何しろ、政府の純負債が消えると、
その金額分、我々の純資産が消えてしまう。

さらには、結局は貨幣とは貸借関係。
誰かの負債が、
誰かの資産=貨幣として
流通しているに過ぎません。

日銀の負債(現金紙幣、日銀当座預金)
までをも「負債である」というだけの理由で
毛嫌いしたところで、現実は否定できません。
それが、貨幣経済です。

というか、小林教授にしても、
佐藤教授にしても、
日銀の負債が「許せない」というならば、
貴方の持っている「日銀の負債」である
現金紙幣を、三橋は喜んで引き取りますよ。

貴方の財布の中に入っている
日銀の借用証書(現金紙幣)を、
全て三橋に進呈してくれて構わないのですよ。 ◆【一般参加可能な講演会のお知らせ】
三橋貴明先生×藤井聡先生 
オンライン記念対談 
「コロナ禍でいかに中小企業は生き残るべきか」

【有料】記念対談+グループ討論
https://doyuasakita.stores.jp/items/619bc6cf88eabe60d3f22e8a

【無料】記念対談のみ
https://doyuasakita.stores.jp/items/619bc60088eabe60d3f22e81

◆「竹中平蔵教授の「反日」経済学
(経営科学出版)」が刊行になりました。
https://in.38news.jp/38hezo_980_af

◆「日本をダメにした財務省と
経団連の欺瞞(小学館)」
が刊行になりました。
https://amzn.to/38q1LPW

◆週刊実話 連載
「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」
第447回 「正しい貨幣論」

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol659 
通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律
http://www.mag2.com/m/P0007991.html

実は、日本では貨幣や通貨の定義が
「法律」からおかしいという話です。
何しろ、日本の法律に従えば、
銀行預金は貨幣でも通貨でもなくなってしまう。

◆メディア出演

三橋TV、続々公開中です。

財政審の吉川洋 
まずはお前がアニマル・スピリットを見せろよ!
[三橋TV第484回]三橋貴明・高家望愛
https://youtu.be/8qYvfsiivEA

土居丈朗と小林慶一郎が
「日本国債は債務不履行にならない」と認めた
[三橋TV第485回]三橋貴明・高家望愛
https://youtu.be/cQQItaYPq98

投資不足の責任を
「企業経営者」に丸投げする自民党税調
[三橋TV第486回]三橋貴明・高家望愛
https://youtu.be/qh52x9LWiMI

特別コンテンツ配信中。

シンガーsayaの3分間エコノミクス
【第15回 投資と投機】
https://youtu.be/CRdL-VYXCfw

GHQに抹消された天皇に関する記憶
【12月31日(金)までの限定公開】
https://youtu.be/I-2Dys3pUhI

税金に税金を取る?
財務省の悪知恵「ガソリン税」
(三橋貴明)
https://youtu.be/78voy24ITDA

「国債を借金と呼ぶから真実が見えなくなる。
誰からもお金は借りていません。
正しい貨幣観を解説」
西田昌司×三橋貴明 MMT対談 VOL.3
西田昌司の政策議論「西田ビジョン」
【週刊西田】
https://youtu.be/RD9Yh2JOuHI

チャンネル桜「Front Japan 桜」に
出演しました。

【Front Japan 桜】
財政破綻の『ゴールポスト』を
動かす破綻論者たち
/ スタグフレーションとデフレスパイラル
[桜R3/12/24] https://youtu.be/-qDz1eadAe4

【RE:明るい経済教室 #45】
絵に描いたような「合成の誤謬」、
企業家を成長戦略会議に招き入れる愚
https://youtu.be/PruCkA-fp2I

◆三橋経済塾

12月18日 三橋経済塾第十期
最終回対面講義を配信いたしました。
https://members10.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=1675
ゲスト講師は佐藤健志先生でした。
インターネット受講の皆様、
お待たせいたしました。

◆チャンネルAJER 
今週の更新はありません。

関連記事

日本経済

【施 光恒】日本の平等

日本経済

【藤井聡】大阪都構想(7):「7つの事実」が示す「都構想の真相」

日本経済

[三橋実況中継]谷垣幹事長の発言

日本経済

【三橋貴明】「ドイツを見習え!」は間違い

日本経済

【三橋貴明】無限の需要

【三橋貴明】それが「貨幣経済」ですへの2件のコメント

  1. この世は既にあの世 より

    ふーん、何であろうと、ハッキリ言えることは政府が国民を保護しないのなら国民は国家に忠誠は誓わないということですな。社会や企業、知らぬ他人に対しても同じです。

    日本政府はかつて戦争に突っ込んで行ったように、自らの間違いを認めることはないでしょう。岸田も言った様に何が正しかろうが「日本政府はその様な考えを採っていません」で終わりでしょ?

    総理というか日本政府が「ああそうですか、それで?ウチはウチの考え、方針でやってますんで、選挙で信任もいただきましたし何か?」で終わりやないですかね。

    貨幣が何であろうがなかろうが国民の多数派にインプットは無理ですね。上が決めたことに概ね従うだけですんでね。

    コストプッシュインフレですが、コストとは人件費です。平成はこの人件費を削って来ました。

    なので、通常の思考回路を持っていれば解は賃上げ、平成で行われた消費税の増税の反対をやることが求められます。

    生産性の向上は生産性の向上であり賃上げではありません。道路整備により今までより1.5倍配達出来ますね?じゃドライバーの仕事量が増えただけにするのが平成仕様ですので意味ありません。

    シバキ理論、資本家理論は必要ありません。

    賃上げがなかなか厳しいのでベーシックインカム導入となります。

    米価は下がっていると聞きましたが、コンビニは内容量を減らし続けて米粒10粒を300円で売るつもりでしょうか?

    高くても買える購買力、つまり庶民が金を持つこと。持たせない限り需要も供給も共倒れですね。持たせるのを嫌がる人がいるのが不思議ですわな。知恵を絞ろうが何をしようが金が無い人々に高く、量は売れませんのでね。売れないから安くする、安くしたいがやっていけない、こうなりゃ詐欺だ、内容量を減らそう。ってなるわけよね。

    これに多数派が気がつくと、そんな詐欺みたいな企業の商品は買わないでおこう→倒産、廃業ですわな。

    「給付より仕事を」に片山さつきみたいにいつまでもこだわっていたんじゃ国は消滅ですね。安倍はパートアルバイト、派遣社員を増やしました。仕事を増やすことになんら意味は無かったということですね。

    ま、来年に限らず日本経済は自民党内で総理を何回替えようとも変わりませんし、既存野党でもそんなに好転しないでしょう。

    まあまあ、後は後世の好きなようにやってもらいたいのですが、残念ながら団塊ジュニア世代までは人数が多いので若者中心の政治にはならんでしょう。

    あと、藤井先生はネットには向いてないですね。ネットで一定程度知能や感性がある人間は安倍高市、チャンネルパンダを応援したりはしません。そこは馬鹿や情弱、高齢者、B層です。

    そこをターゲットにしたいのならば、ラジオ、新聞、テレビでしょうね。

    ウィル、ハナダ、パヨク西田、チャンネルパンダは知能が高い人からは相手にされてませんのでね。2012年のような安倍旋風、或いはこれから先に高市旋風など起きませんのでね。

    岸田です。岸田は外交、コロナ対策、大変よくやってますね。岸田以外にいないでしょ?岸田人形、岸田饅頭を発売しましょう。岸田マリオに岸田の火曜サスペンス紅葉を見る会、岸田は世界でも稀に見る優秀な首相ですよ。岸田の周りが悪いんです。岸田さんは本当は財政出動も減税もしたいんです。

    どう?悔しい?w

    悔しかろうが安倍より岸田。清和会より宏池会ですねww

    だって高齢者は小泉の時には「今からは中国の時代」「中国市場」って言ってたんですから、もうそれでいいんですよ。

    金を渡すのを嫌がる変質者がいるし旅館ホテル、土産屋を潤わせる為にもインバウンド再開しましょう。

    煮詰まったような無能な経営者の企業は外資にでも売って再起を図りましょう。

    日本すごーい!

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 大和魂 より

    そんなつまらん議論以前にね、もっと先決にやるべきことがあるわけで、先の大戦同様に色々と人権問題で先鞭を着けて来た先人の後ろ髪を引かれる想いで後世に託した真意を、日本国民ならばソコを汲み取り天下太平に尽力するべきなんですよ。

    そこで国家の根幹である国防安全保障に密接に存在している皇室問題や外交問題や拉致問題や麻薬問題や宗教問題を放置してメディアが流すスキャンダルに飛びつくバカ丸出しの高学歴者でありながら私腹を肥やす人権派の議員関係者や弁護士関係者や学者関係者やメディア関係者たちの方が、よっぽどタチが悪くて大問題なんだよ三橋さんも安藤さんたちよ!

    それからメディアの支配者が一番に画策しているのが、あらゆる分野で活躍した人間を担ぎ知名度を上げてからの勘違いや自惚れを招き社会を混乱させて分断しているわけで、各地の国際社会でもカオスの正体である目的はソコなんです。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 政治

    日本経済

    【藤井聡】小池知事そして岸田総理よ、「緊急事態宣言」の...

  2. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】デフレの原因は人口減少ではない

  3. 日本経済

    【三橋貴明】日銀の国債買取と市中銀行に現金紙幣を「預け...

  4. 政治

    日本経済

    【藤井聡】オミクロンでなく、「小池知事のパフォーマンス...

  5. 日本経済

    【三橋貴明】デラシネの貧困と「ジョーカー」

  6. 日本経済

    【三橋貴明】コストプッシュ型インフレの解消法

  7. コラム

    【竹村公太郎】地形と気象が生んだ中部モノづくり -情報...

  8. 政治

    日本経済

    【藤井聡】2022年「積極財政」祈願 ~元日放送・東京...

  9. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】「日本人は働き過ぎ」は何を意味していたのだ...

  10. 日本経済

    【三橋貴明】日本には凄まじい「繁栄の余地」がある

MORE

タグクラウド