アーカイブス

2014年7月24日

【柴山桂太】国家の裏側

From 柴山桂太@滋賀大学准教授

————————————————————

●「月刊三橋」最新号のテーマは、「イラク危機」。
三橋貴明の無料お試し音声を公開中

https://www.youtube.com/watch?v=KHNs1OBKsVc

————————————————————

昨年、スノーデン事件についてメルマガに書きました。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2013/08/15/shibayama-14/

このときは、まだ報道されたばかりだったのですが、今年になってこの事件の内幕を描いた本が出版されています。本日はその感想を。

グレン・グリーンウォルド『暴露 スノーデンが私に託したファイル』(新潮社)
http://www.amazon.co.jp/dp/4105066919
http://honto.jp/netstore/pd-book_26191288.html

著者は、この事件を最初に取材したジャーナリスト。この大スクープが、ガーディアン紙の記事になるまでのいきさつが、当事者の視点から詳しく書かれています。またスノーデンが持ち出した機密文書についても、本書でおおよその概要を知ることができます。

私が興味をそそられたのは三点あります。スノーデンの人物像、NSAの活動実態、そして日本との関係です。

まず、スノーデンの人物像について。告発場所に香港を選び、最終的にロシアに亡命したこともあって、スノーデンは中国やロシアのスパイだったのではないかという疑惑が根強くありました。しかし本書を読むと違うようです。

彼の思想信条はリバタリアニズム。アメリカ自由主義者でも最右派の考え方です。尊敬する政治家はロン・ポール、中央銀行の廃止や、連邦政府の権限縮小を唱えていることで有名な「小さな政府」主義者です。

スノーデンが告発に踏み切ったのは、不法に国民を監視しているという政府の悪事をあばき、権力の肥大化を食い止めるというリバタリアン的心情だったと思われます。国民監視の実態だけでなく、アメリカ政府による他国へのスパイ活動の記録まで公表したのも、多額の税金と人命を犠牲にしてまでアメリカが世界の警察官である必要はない」というロン・ポールばりの政治信条の現れだったのかもしれません。

スノーデンの愛国心は、アメリカが建国の精神を離れて政府権力を肥大化させることに、異議を申し立てるという形で発揮されました。もっとも、その彼が、最終的には理想と正反対のロシアに亡命せざるをえなかったというのは、皮肉という他ありません。

二つ目に、NSA(アメリカ国家安全保障局)の活動について。スノーデンのリークが世界的に注目を集めたのは、アメリカが国内だけでなく世界中の電子通信を監視している実態が明るみに出たからです。

これまでもインターネットでのやり取りは全て監視されているのではないかという噂はありましたが、本書を読むとそれが事実であったことが分かります。
もっとも、電話での会話や、電子メールの中味をいちいち盗聴・監視できないので、もっぱら通信記録のメタデータを頼りに、さまざまな解析プログラムにかけて特定のターゲットを割り出す、という方法を採っているようです。
メタデータの解析だけで、かなりのことが分かるとか。インターネットは便利な道具ですが、それは一般市民にとってだけではなく、市民を監視する側にとっても便利なのだということが、よく分かります。

NSAの標語は「すべてを収集せよ」です。そのためには、通信会社や情報会社の協力は不可欠で、マイクロソフトやグーグル、フェイスブックなどの大手企業の名前が挙がっています。また、情報がとれるようマルウェアを作成して流していたという事実や、アメリカから発送される通信機器に細工をしていたという事実などについても、スノーデンが持ち出した資料から明らかにされています。

また、同盟国との協力も不可欠です。アメリカと特に関係の深いイギリスを中心に、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドが「ファイブ・アイズ(五つの目)」と呼ばれているとか。日本も、「限定協力国」としてしっかり名前が挙がっています。

アメリカ政府は「対テロ」を目的に監視活動を正当化していますが、スノーデンの文書にはテロとは無関係の、外国の政府要人についてのスパイ活動の記録が含まれています。また経済・産業についても、スパイ活動をしていたようです。NSAはその情報を、国務省、CIA、通商代表部、農務省、財務省、商務省などの「顧客」に渡していたとのこと。

こうした情報収集活動は、別に驚くべきことではないという話は前にも書きました。いつの時代にも、政府による監視や諜報活動はあります。中国やロシアでは、「法の支配」が緩い分だけ、これらの活動はもっと大胆に行われていることでしょう。国家と自由の関係は、一般に考えられているよりはるかに複雑な問題を含んでいます。

もっとも、監視システムは万能ではありません。情報を収集し解析するシステムがあっても、それを動かしているのは人間ですから、見逃しもあります。現にスノーデンはまんまと情報を持ち出しているわけですから。スノーデンはアメリカの強力な監視システムを明るみに出しましたが、彼の存在が、このシステムが万能ではないということも同時に証明しているわけです。

最後に、日本について。私が本書を手に取ったのは、日本についての記述があるのではと期待したからです。スノーデンは複数のインタビューで、日本で勤務経験があると語っていますし、アメリカの盗聴記録には日本大使館などが登場するという報道もあります。

その辺りの事情を知りたかったのですが、言及はほとんどありませんでした。ただ、貿易、経済スパイ活動の対象に日本が挙がっているという記述が、少しだけ出てきます。その理由を著者は次のように語っています。

「経済スパイをする理由は明白だ。貿易会議や経済会議の際、他国が計画している戦略を秘密裡に入手できれば、自国の産業に計り知れないほどの恩恵がある。」(210頁)

要するに、経済交渉の場面で相手の手の内を知れば、圧倒的に優位に立てる、ということです。で、その対象に日本も含まれている。TPP交渉でも、おそらく日本は丸裸でしょう。なにしろTPPには「ファイブ・アイズ」のうち四カ国が入っているのですから。

この事件はさまざまなことを考えさせます。私は、「政府によって人権とプライバシーが侵されている!」という恐怖はあまり感じません。この事件が明らかにしているのは、そういう古典的な問題とは違う、もっと現代的な問題であるような気がします。国家が、法や憲法によって規定された「表」の部分だけでなく、監視や諜報という「裏」の部分によっても成り立っているという政治学的な現実を、少しだけ垣間見せてくれたところに、純粋に知的関心を覚えるわけです。

その「裏」の部分の存在を許容しつつ、それでも市民的自由を守るというバランスを、どのように生み出すか。この事件は、私たちにそういう問題を突きつけているように思うのです。

PS
日本は国家存亡の危機を回避できるのか?
三橋貴明が無料音声で解説中
https://www.youtube.com/watch?v=KHNs1OBKsVc

関連記事

アーカイブス

【東田剛】アメリカがはまった罠

アーカイブス

【藤井聡】 マスコミの日本経済の過剰な「楽観報道」:「内需GDP」は四期連続ゼロ&マイナス成長

アーカイブス

【藤井聡】積極財政こそが「成長と財政再建」のための「一本道」である

アーカイブス

【藤井聡】今こそ、日本を救う「国土学」が求められています。

アーカイブス

[三橋実況中継]世界で最も発展した国家、日本国へ

【柴山桂太】国家の裏側への3件のコメント

  1. poti より

    裏だけに頼っていては国家は立ち行きません何せ、古来民心を失った国は遠からず滅ぶものですし、抽象論を抜きにしても監視国家、警察国家を現代的に維持しようと思えば莫大なコストがかかり、必然的に表の世界をきっちり盛りたてる必要が御座いますスパイや警察を養うにもお金がかかるんですねまぁ、世の中そう上手い話は無いわけで、やることきっちりやらず、諜報だの、謀略だの安易で直接的な手段に訴えるようではその集団は既に権力を失いつつあるとみていいでしょう国家の根本は、それでも矢張り国力なのです

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. ぬこ より

    リバタリアンの方々の動画を散見しておりマウスと、彼らが小さな政府を指向したり、FRBの解体を主張しているのは、白い家と国際金融家(偽ユダ金&腹黒Su●kSon&バチカソ連合体)の癒着ぶりに我慢ならないからみたいどすわね。元祖リボルビングドア天下り立国の我らが宗主さま。元計算(高い)官僚の小我などを使って日本の官僚制度を叩く前に、お前ら自国の癒着ぶりを治してはどないだ?ちうて思いマウスのん。また、GMやAIGと政府の癒着ぶりは、まさにクローニー資本主義なかりしか?さらには、いつまでも官営の郵便局。まさに、二枚舌のジャイアニズム(俺のものは〜〜)立国の、宗主さま。そして、そんな力の信奉者さまの日本への盗聴網(昔エシュロン、今プリズム)。さらには、アメ政権のイスラエルとの軍事及び情報体制の協力の不気味さ。イスラム諸国のテロの標的に成り得るアホ行為と思うのは小生だけなのでせうか?せっかくウィグル(イスラム社会東端)問題で、シナ包囲網を構築できるか?ちう矢先に、イスラへの不気味な接近。むしろ、警戒する相手だからこそ、手を組もうとしているのでせうか?それはそうと福島原発のメンテをイスラに依頼しているちう噂がありますが、マンハッタン計画の系譜のイスラに自国の原発管理を任せるなんて、恐ろしい国どすわね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. あまき より

    >TPPには「ファイブ・アイズ」のうち四カ国が入っている>その「裏」の部分の存在を許容しつつ、それでも市民的自由を守るというバランスを、どのように生み出すか。毎度のことながら、ポイントを外さない柴山さんに敬服する。そして、柴山さんの半端ない文章力(施さんもすばらしい)。よほどの学識・学殖と自己に対する峻厳さとを持ち合わせてなければ、こういう無駄のないこなれたエッセイはまず書けない。リバタリアン的心情の持ち主がいまロシアに亡命。本当に皮肉だ。リバタリアンといえばハイエクを連想するが、ハイエクなどよりも過激という意味でリバタリアン「的」ということでしょうか。何だか「極右と極左は結びつく」みたいな話で興味深いです。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】消費税は、「10%はもうしようがない」と諦めれば、...

  2. 2

    2

    【小浜逸郎】泊原発を再稼働すべき理由

  3. 3

    3

    【藤井聡】度重なる自然災害。消費「増」税は、極めて難しくなっ...

  4. 4

    4

    【三橋貴明】国土強靭化・防災省の「予算」

  5. 5

    5

    【三橋貴明】実質賃金と就業者数

  6. 6

    6

    【上島嘉郎】「常識」の回復

  7. 7

    7

    【三橋貴明】政府の資金不足を増やせ!

  8. 8

    8

    【三橋貴明】ストローマン・プロパガンダ(後編)

  9. 9

    9

    【三橋貴明】賃金統計に関する安倍政権の嘘

  10. 10

    10

    【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」:第四十九...

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】「高潮」の恐怖―――強靱化を「急がない」政治家・公...

  2. 2

    2

    【藤井聡】「消費増税」を凍結せよ。

  3. 3

    3

    【藤井聡】消費税は、「10%はもうしようがない」と諦めれば、...

  4. 4

    4

    【藤井聡】度重なる自然災害。消費「増」税は、極めて難しくなっ...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】安藤裕衆議院議員との対談

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】いわゆる「国の借金」と戦争(後編)

  2. 日本経済

    【三橋貴明】政府の資金不足を増やせ!

  3. 日本経済

    【三橋貴明】実質賃金と就業者数

  4. 政治

    【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」:第...

  5. メディア

    未分類

    【上島嘉郎】「常識」の回復

  6. 日本経済

    【小浜逸郎】泊原発を再稼働すべき理由

  7. 政治

    【藤井聡】消費税は、「10%はもうしようがない」と諦め...

  8. 政治

    【三橋貴明】国土強靭化・防災省の「予算」

  9. 日本経済

    【三橋貴明】ストローマン・プロパガンダ(後編)

  10. 日本経済

    【三橋貴明】ストローマン・プロパガンダ(前編)

MORE

タグクラウド