アーカイブス

2013年5月24日

【柴山桂太】鎖国幻想

FROM 柴山桂太@滋賀大学准教授

—————————————————

●「月刊三橋」5月号は国土強靭化と公共事業のある大問題について。
過去の構造改革が日本に深刻な影響を与えています。大問題です。

⇒ http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_100_2013_05/index.php

—————————————————

どうも日本はまだ鎖国していると思っている人がいるようです。

少しでもTPPに反対すると「日本は鎖国しては生きていけない!

という情緒的な反発がくるところをみると、
日本鎖国説はかなり幅広い層に刷り込まれているようです。

事実、日本の政治家のなかには、この説を信じて「開国」するぞと息巻いている人たちもいます。菅直人元首相が、TPP参加を「平成の開国」と位置づけたのは記憶に新しいところです。

自民党も、推進派のグループはやはり同じような考え方を持っているようです。先日、テレビで甘利大臣がやはり「鎖国では生きていけない」という趣旨の発言をされていました。

なんなのでしょう、この鎖国幻想は。

事実を確認しておきたいのですが、日本は鎖国なんてしていません。

1955年にGATT(貿易および関税に関する一般協定)に加盟して以後、
複数の交渉ラウンドを通じて、日本は関税率を段階的に下げてきました。
今や、平均関税率は(2011年のWTO調べで)5.3%と、
他の先進国並みに低い水準にあります。

二桁を超える関税率をとっている国が、途上国・新興国を中心にまだ多いことを考えると、日本の関税は十分、低い水準にあります。とくに非農業品の関税率は、2.3%と、アメリカよりも低い水準です。日本が鎖国しているというなら、世界中が鎖国していると言わなければなりません。

投資についても、日本は1970年代から対内投資規制を段階的に撤廃してきました。これは戦後のブレトンウッズ体制が崩壊していく中で、厳しい資本移動の規制が世界的に撤廃されていく流れと合致しています。90年代には金融ビックバンで金融市場も開放されました。まだ外資の規制が残っているのは、公益事業やマスコミなど一部の業種だけです。

身の回りを見ても、外資系のファッションブランドやファストフード店、家具店、IT企業、保険会社がたくさんあって、私たちの消費生活と深く結びついていますよね。それなのに、どこをどう見れば日本が鎖国しているという説が成り立つのか、私にはまったく分かりません。

もちろん、コメなど一部の農産物で高関税品目が残っているのは事実です。だからTPP交渉でも激しく削られることになるでしょう。しかし、一部の品目を高関税で守っているからといって、日本が鎖国していることにはなりません。現に、私たちの食卓は、外国産の食品で溢れているではないですか。

それでも日本は、非関税障壁で外国企業の参入をブロックしているという意見もあります。しかし、非関税障壁というのはその国の制度やルールのことですから、国境線によって壁があるのは当たり前のことです。グローバル化を進めるということは、その壁で守られた国による違いを小さくして、世界を単一の市場に統合するということです。

もちろん、それが望ましいという人もいるでしょうが、国民の大多数が、そんなことを本当に望んでいるとは思いません。実際、そんなことをすれば必ず反発が起こるでしょう。いま、EUで起きている混乱は、そういう事態です。

あらためて確認すれば、日本は鎖国などしていませんし、他の国と比べて開放度が低いということもありません。もう十分開国している中で、国民の生活や国家の安定を守るために最低限、守るべきものはなにか。今は、それを議論すべき時なのです。

PS
今申し込めば月刊三橋が100円です。
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_100_2013_05/index.php

PPS
このメルマガとまったく無関係な中野剛志さんと共著を出します。
http://amzn.to/1aao2uo

関連記事

アーカイブス

【藤井聡】オールジャパンで「構造強靭化」を!

アーカイブス

【藤井聡】それは詐欺師のような政治家ではない.詐欺師が政治を行っているのである

アーカイブス

【佐藤健志】「野火」が英語で撮影されていたら

アーカイブス

【島倉原】奇妙な世界に

アーカイブス

【上島嘉郎】安倍談話に望むこと(その二)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【小浜逸郎】高度大衆社会における統治の理想

  2. 2

    2

    【小浜逸郎】誰が実権を握り、日本を亡国に導いているか

  3. 3

    3

    【藤井聡】日本最強の提言書  〜「財政再建」のための、消費増...

  4. 4

    4

    【藤井聡】「財政健全化投資」こそが、財政再建のために必要であ...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】平成病

  6. 6

    6

    【藤井聡】与党内部からも、「消費増税凍結」「PB目標撤回」を...

  7. 7

    7

    【三橋貴明】国民を守るための銃

  8. 8

    8

    【三橋貴明】皇統と財政(前編)

  9. 9

    9

    【三橋貴明】皇統と財政(後編)

  10. 10

    10

    【三橋貴明】忌まわしき税金

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】与党内部からも、「消費増税凍結」「PB目標撤回」を...

  2. 2

    2

    【藤井聡】「消費増税」すれば、「税収」が減ってしまいます。

  3. 3

    3

    【小浜逸郎】誰が実権を握り、日本を亡国に導いているか

  4. 4

    4

    【藤井聡】注意報:「財政規律」を巡る攻防でいま、「デマ」が横...

  5. 5

    5

    【藤井聡】いよいよ、「プライマリー・バランス」を巡る攻防が本...

MORE

最新記事

  1. アジア

    【三橋貴明】続 米朝首脳会談は開催されない

  2. 日本経済

    【藤井聡】「財政健全化投資」こそが、財政再建のために必...

  3. アジア

    【三橋貴明】忌まわしき税金

  4. 政治

    【三橋貴明】平成病

  5. アメリカ

    【三橋貴明】国民を守るための銃

  6. 政治

    【三橋貴明】皇統と財政(後編)

  7. 日本経済

    【三橋貴明】皇統と財政(前編)

  8. 政治

    【小浜逸郎】高度大衆社会における統治の理想

  9. 日本経済

    【藤井聡】日本最強の提言書  〜「財政再建」のための、...

  10. 政治

    【竹村公太郎】定点観測、新人研修

MORE

タグクラウド