アーカイブス

2013年3月1日

【柴山桂太】TPP

————————————————————

●「いいね!」をくれた方には、三橋貴明の音声ファイルを
無料プレゼント。世界を読むための3つの原則とは。

三橋貴明の「新」日本経済新聞 公式Facebookページ
⇒ http://www.facebook.com/mitsuhashipress/app_109770245765922

————————————————————

FROM 柴山桂太@滋賀大学准教授

TPPは日本の製造業にプラスになる、という声があとを絶ちません。農業は大変かもしれないが、製造業の輸出が増えるならいいじゃないか、という人も大勢います。

しかし言うまでもないことですが、TPPはそんなに単純な問題ではありません。アメリカの対日要求は当然、製造業分野にも及んできます。

日本の交渉参加をにらんで日米の折衝が始まっていますが、軽自動車の優遇税制を見直せとか、安全基準を緩和しろとか、国内の閉鎖的(!)なディーラー制度を改革しろとか、いろいろ無茶な要求されているようですが、こんなのは序の口でしょう。アメリカは製造業分野で輸出を増やしたいわけですから、日本市場をこじ開けるのに必死になってきます。

逆に日本がアメリカに要望を出したという話は聞きませんね。TPPは、アメリカ議会のゴーサインがないと交渉に参加できません。日本は「入れてもらう」立場なので、ひたすらアメリカの居丈高な要求を聞かされている。ペリーに「親書」を押しつけられた江戸幕府みたいな状態です。

それからTPPは投資協定でもある、ということにもっと注意を向けるべきでしょう。投資が自由化すると何が起こるのでしょうか。間違いなく、日本の産業空洞化は進むと思います。投資が自由化されると、生産の現地化が進むでしょう。あるいは迂回生産で人件費の安いベトナムやマレーシアに工場を移す企業も増えるでしょう。

もちろん、これはTPPに入らなくても起きている現象です。自動車でも部品関連は海外シフトが進んでいると報道されています。この傾向は、少しくらい円安になっても止まりません。このままだと、日本の製造業の裾野は狭くなり、製造業の雇用や手仕事的な技術の蓄積は失われていきます。

アメリカは製造業のリショアリング(国内回帰)促進とセットでTPPを推進しているようです。日本はどうなのでしょう。TPPを、企業のオフショアリング(海外進出)のチャンスと考えている企業が多いんじゃないでしょうか。

もちろん、海外進出する企業があってもいいでしょう。しかし、これは一企業の問題ではなく、日本国民全体の問題です。アメリカは一九七〇年代から産業空洞化が進んで、中間層が崩壊しました。日本もゆっくりですが空洞化が進んでいて、やはり中間層が崩壊し始めています。

つまりTPPは農業だけの問題でもないし、医療や保険だけの問題でもありません。日本の中間層の未来がかかった問題なのです。

PS
このメルマガの公式Facebookページができました。

http://www.facebook.com/mitsuhashipress

「ようこそ」のページから「いいね!」してくれた人には
三橋貴明さんの特別音声ファイルを無料でプレゼントしています。

メルマガに書ききれない号外記事をアップしていく予定。
「いいね!」を押して、メンバーになりましょう。

PPS
こんな本を書いています。
amazonで星4.5個の評価がついています。

http://amzn.to/V42zOt

世界は「静かなる大恐慌」に突入しています。
日本は、どう生き残るべきか。
それについて述べた本です。

関連記事

アーカイブス

〔三橋実況中継〕これはきついです

アーカイブス

【三橋貴明】皇統と財政(後編)

アーカイブス

【東田剛】“アベコベ”ノミクス

アーカイブス

【藤井聡】新文明学:New Philosophies of Japanese Civilization

アーカイブス

【上島嘉郎】ロシアの国柄─72年前の教訓

【柴山桂太】TPPへの1件のコメント

  1. コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【三橋貴明】ステファニー・ケルトン教授の出演

  2. 2

    2

    【藤井聡】「事を荒立てず、仲良くしようとする」だけの、情けな...

  3. 3

    3

    【三橋貴明】MMTと民主主義、経済移民

  4. 4

    4

    【藤井聡】元内閣官房参与として、「令和日本・再生計画」を出版...

  5. 5

    5

    【角谷快彦】ドラッグ・ラグで岐路に立つ国民皆保険制度(後編)

  6. 6

    6

    【室伏謙一】数値目標に振り回され、自縄自縛になる霞が関の愚

  7. 7

    7

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  8. 8

    8

    【三橋貴明】思想の対立

  9. 9

    9

    【藤井聡】吉川洋氏の「地震に備えて消費増税を」論を完全撃破し...

  10. 10

    10

    【三橋貴明】MMTと政府の選択と集中

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】近い将来、リーマンショック級の危機が「絶対」起こる

  2. 2

    2

    【藤井聡】吉川洋氏の「地震に備えて消費増税を」論を完全撃破し...

  3. 3

    3

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  4. 4

    4

    【三橋貴明】思想の対立

  5. 5

    5

    【三橋貴明】MMTと政府の選択と集中

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【小浜逸郎】アメリカの「安保破棄」に備えよ!

  2. 日本経済

    【藤井聡】「事を荒立てず、仲良くしようとする」だけの、...

  3. 日本経済

    【室伏謙一】数値目標に振り回され、自縄自縛になる霞が関...

  4. 日本経済

    【三橋貴明】MMTと民主主義、経済移民

  5. 日本経済

    【三橋貴明】ステファニー・ケルトン教授の出演

  6. 日本経済

    【角谷快彦】ドラッグ・ラグで岐路に立つ国民皆保険制度(...

  7. 政治

    日本経済

    【藤井聡】元内閣官房参与として、「令和日本・再生計画」...

  8. 日本経済

    【角谷快彦】ドラッグ・ラグで岐路に立つ国民皆保険制度(...

  9. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】ピボット(軸)のモーメント

  10. 日本経済

    【三橋貴明】思想の対立

MORE

タグクラウド