アーカイブス

2013年2月25日

【三橋貴明】ロールモデル

————————————————————

日本を「第2の韓国」にしたくないあなたへ、
重要なお知らせです。

『月刊三橋』創刊記念キャンペーン
⇒ http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_100/index_tp.html

※「100円」お試しのお申込みは、25日までになります。

————————————————————

FROM 三橋貴明

【今週のNewsピックアップ】

●ロールモデル
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11473079383.html

●最も価値ある資源
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11473423707.html

最近、三橋はポール・クルーグマン教授やジョセフ・スティグリッツ教授といったノーベル経済学者の著作を読む機会が増えています。元々は、全く読んでいませんでした。何しろ、数年前までのアメリカの経済学者(特にクルーグマン教授)はデフレ対策として「金融政策」しか提言しようとしなかったのです。すなわち、「通貨を発行し、借りて、使え」の「通貨を発行し」の部分しか語っていなかったわけでございます。

07年にアメリカの不動産バブルが崩壊を始め、FRBは新古典派経済学、あるいはマネタリズムの教義に則り、大々的な金融緩和を始めました。もちろん、三橋はFRBの度重なる量的緩和について、

「無駄だった」

などと言いたいわけではありません。特に、リーマンショック直後の量的緩和第一弾がなければ、冗談抜きで世界は第二次大恐慌に突入していた可能性があります。

問題なのは、どれだけFRBが量的緩和を拡大しても、アメリカの失業率がなかなか下がらないことです。さすがに09年の10%というピークから見れば雇用環境が改善しましたが、それでも7.8%です。しかも、この失業率改善は、スティグリッツ教授が書いているように、失業者の多くが労働市場から脱落しする、すなわち再就職を諦めたり、あるいは正社員の仕事がないのでパートタイムの職についたことによる改善です。失業者が労働市場から退出すると、失業率の分母が小さくなるため、雇用が改善したように見えるのです。

新古典派経済学の教義によれば、

「カネを銀行に溢れさせれば、企業が借りて設備投資を拡大するため、失業率は下がる」

はずなのですが、今一つ巧くいきません。理由はもちろん、アメリカでもバブル崩壊により民間の消費や投資、すなわち「需要」が落ち込んでしまっているためです。需要が拡大しない中、銀行からおカネを借り、果敢な設備投資に打って出る企業経営者は少ないでしょう。バブル崩壊後に民間が借金を返済し始めた時期には、金融政策で設備投資を喚起するには限界があるのです。短期金利がゼロ(ゼロ金利政策)、長期金利が「市場最も低い水準」に至っても、企業が借り入れを拡大しないのがバブル崩壊後の世界です。

というわけで、バブル崩壊後の失業率上昇を解決するためには、政府の国債発行と財政出動が必要なのです。すなわち、金融政策と財政政策のパッケージです。ポール・クルーグマン教授がアベノミクスを称賛しているのはあくまで「金融政策と財政政策のパッケージ」であるためなのです。

もう一つ、新古典派経済学はグローバリズムを進展させることで、世界各国に「格差」を引き起こしていきます。中間層が少なくなった国は、経済パフォーマンスが悪化します。

しかも、グローバリズムを推進する企業、投資家たちは、新たな付加価値を生み出すのではなく、「既存の所得のパイ」の一部を自分のものにするべく政治家を動かします。いわゆる、レント・シーキングです。

レント・シーキングについては、スティグリッツ教授が猛烈に批判していますが、両ノーベル経済学者の教授に共通しているのは、新古典派経済学の否定です。現在では、すでにアメリカの「主流派経済学」は、新古典派ではなくなってきているのです。

それにもかかわらず、我が国には相変わらず新古典派経済学に「かぶれた」連中が跋扈しています。彼らを黙らせることは、日本の国民経済の成長のためでもあり、我が国が「世界のロールモデル(規範)」になるための道でもあるわけです。

PS
新古典派経済学の信奉者たちが引き起こす格差社会に
「ちょっと待った!」と思っているあなたへ、、、

『月刊三橋』の創刊記念100円お試しは、
本日2月25日の23:59分で終了します。

http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_100/index_tp.html

PPS
「ようこそ」のページから「いいね!」してくれた人には
三橋の特別音声ファイルを無料でプレゼントしています。

http://www.facebook.com/mitsuhashipress

メルマガに書ききれない号外記事をアップしていく予定。
「いいね!」を押して、メンバーになりましょう。

関連記事

アーカイブス

【三橋貴明】新時代が始まる

アーカイブス

【平松禎史】霧につつまれたハリネズミのつぶやき:第六話

アーカイブス

【三橋貴明】フリードリッヒ・リスト

アーカイブス

【島倉原】過剰サービス問題を解決する真の処方箋

アーカイブス

【藤井聡】今の日本では,財政政策は明らかに有効です.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【小浜逸郎】技術文明との向き合い方

  2. 2

    2

    【三橋貴明】民主主義国「日本」最悪の問題

  3. 3

    3

    【三橋貴明】おカネとは何なのか?

  4. 4

    4

    【竹村公太郎】西部邁先生の教え

  5. 5

    5

    【三橋貴明】またもや「デフレ型」経済成長

  6. 6

    6

    【藤井聡】危機と対峙する保守思想誌、『表現者クライテリオン』...

  7. 7

    7

    【三橋貴明】イタリアの「国の借金」問題

  8. 8

    8

    【三橋貴明】実質消費の四年連続減少が意味するもの

  9. 9

    9

    【三橋貴明】移民問題の「国民 対 国民」

  10. 10

    10

    【三橋貴明】言葉を正す

MORE

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】人間の屑たち

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】人手不足のリスクとチャンス(前編)

  2. 日本経済

    【三橋貴明】実質消費の四年連続減少が意味するもの

  3. 欧州

    【三橋貴明】イタリアの「国の借金」問題

  4. 日本経済

    【三橋貴明】民主主義国「日本」最悪の問題

  5. 日本経済

    【三橋貴明】おカネとは何なのか?

  6. 欧州

    【三橋貴明】移民問題の「国民 対 国民」

  7. 日本経済

    【三橋貴明】またもや「デフレ型」経済成長

  8. コラム

    【小浜逸郎】技術文明との向き合い方

  9. 日本経済

    【三橋貴明】日本国の縮図

  10. 日本経済

    【三橋貴明】リニア新幹線と文房具、あるいはカローラ

MORE

タグクラウド