政治

2018年10月5日

【三橋貴明】「国の借金」という壁を壊すために

From 三橋貴明@ブログ

本日(10月4日)は
「月刊三橋全国ツアー」福岡公演です。

福岡の皆さま、
よろしくお願いいたします。

ちなみに、残りは名古屋と広島のみです。
https://pages.keieikagakupub.com/cpm_38ntl18_3000/?cap=mag

第4次安倍改造内閣が始まりました。

度重なる自然災害を受け、
国土強靭化のための予算を
「十分に」確保できるのか。

年末までに組まれる
消費税増税による需要縮小対策は。

18年度補正はどうなるのか。

そして、国際リニアコライダーに
対する判断は。

色々とことが煮詰まりつつありますが、
本日は野党の話。

野党は「社会保障の充実」を
主張するにも関わらず、
なぜ「国債増発」を主張
しないのででしょうか。

無論、先日の、

いわゆる「国の借金」と戦争(前編)
いわゆる「国の借金」と戦争(後編)

の問題もありますが、上記を
「(いわゆる)国の借金」という
間違った情報が
コンクリートの壁のごとく覆い、
ガチガチに固められてしまっているのです。

となると、社会保障充実を
野党が主張したとしても、
財源は「増税」もしくは
「他の予算削減」という
PB路線に入り込んでしまいます。

つまりは、緊縮財政というわけで、
野党の政策は与党と全く同じに
なってしまうのです。

恐らくですが、
だからこそ現在の日本において、
与野党間の「政策論争」が起きず、
野党はモリカケやらスキャンダルやらの
追求しかできないのではないでしょうか。

(あるいは、単に野党が
無能なだけかも知れませんが)

例外が、昨年8月の民進党代表選で、
枝野代表が社会保障や
福祉の充実の財源として
「赤字国債」を上げたことです
(あれ「だけ」は評価した)。

もっとも、枝野代表は同時に
公共投資削減を主張していたので、
緊縮路線に変わりはないのですが。

要するに、
「国の借金(正しくは政府の負債)」
という間違った認識がある限り、
それが「壁」となり、
我が国ではまともに政策論争はできず、
デフレからも脱却できず、
小国化、衰退途上国化、
中国の属国という未来から
逃れられないのです。

というわけで、
悪夢の未来を避けるために、日本に、

「国の借金問題も、財政問題もない」

という事実を、地道に、繰り返し、
しつこく広めなければならないのです。

18年6月末(速報値)の
資金循環統計が公表されました。

日本国債の所有者別内訳はこちら。

【18年6月末速報値
日本国債所有者別内訳
(総額は997兆円)】


http://mtdata.jp/data_61.html#18Jun

6月末で44.7%なので、現時点では

「日本国債の45%は、
子会社の日本銀行が保有している」

状況になっているのは確実です。

日本政府は、
日本銀行が保有する国債について、
返済の必要も利払いの必要もありません。

一応、利払いはしていますが、
日銀の決算が終ると「国庫納付金」
として戻ってきています。

親会社と子会社の間の
おカネの貸し借りは、
連結決算で相殺です。

会計のルールがそうなっているのです。

日本には、国の借金問題も、
財政問題もありません。

日本の発展の制約となっている
「問題」は、まさに
「国の借金問題も、財政問題もない」
という事実を国民や政治家が
認識しないこと、
これに尽きるのです。

もっとも、わたくしはこの活動
(「国の借金」問題の否定)を
過去十年間やってきましたが、
十年前と比べると相当に
状況が好転したのは確かです。

十年前は、様々なデータを用い、
日本に財政問題はないことを主張すると、
「バカ扱い」されました
(いまも、そういうのいるけど)

特に、安倍政権下で
日本銀行が量的緩和を継続し、
350兆円ものMB
(主に日銀当座預金)を増やし、
日本国債を買い取り続けたにも関わらず、

「ハイパーインフレーション!」

とやらは起きないことを
証明してくれたのは大きいです。

そもそも、
供給能力過剰=需要不足
の我が国では、
インフレにすることすら
難しいのです。

特に、政府が緊縮財政という
需要縮小策を継続している以上、
ハイパーどころか2%の
インフレ目標すら達成困難というか
「達成不可能」であることは、
皆様ご承知の通り。

さすがに「ハイパーインフレ」論者は
姿を消しましたが、未だに
「クニノシャッキンデハタンスル」
なる荒唐無稽(というか嘘)な
情報に政界が支配され、
与党も野党も緊縮前提の
政策しか考えつかない。

なかなかシビアな状況ですが、
諦めることはできません。

今後も政府の負債に関する様々な
「正しい情報」を
お届けしていきますので、
皆様もご支援、ご協力の程
お願いいたします。

関連記事

政治

【三橋貴明】日本国破壊の象徴

政治

【青木泰樹】日銀の「言い訳」

政治

【三橋貴明】「事業規模」28.1兆円の経済対策(後編)

政治

【三橋貴明】あなたの常識を論破する経済学

政治

【三橋貴明】世界的不況の中で日本が幸運な理由

【三橋貴明】「国の借金」という壁を壊すためにへの2件のコメント

  1. たかゆき より

    バカは死ななきゃ 治らない

    バカを国会議員にしているのは バカな国民

    バカがバカどもにバカにされて 悦にいってる

    バカな国 

    死を経験しなければ永遠の命は 得られない とか

    一度 死を経験してみませんか、、

    永遠の命を得られる保証は どこにもありませんけど ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. あきおん より

    三橋貴明@ブログにより、大変知識を習得しています。

    やはり、「プライマリーバランス黒字化」を、早急に廃止すべきと考えます。

    更に多くの国民に理解されるよう、微力ながら尽力したい

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】「消費増税を凍結せよ」運動は、日本の「黄色いベスト...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】経済の問題。

  3. 3

    3

    【 小浜逸郎】みぎひだりで政治を判断する時代の終わり

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】水道民営化に見る安倍政権の正体

  5. 5

    5

    【三橋貴明】唯物史観

  6. 6

    6

    【藤井聡】「リーマンショック級」の経済下落 ~2019年には...

  7. 7

    7

    【三橋貴明】詐欺師に騙され、喜劇を演じる日本国民

  8. 8

    8

    【藤井聡】貞観地震後に「減税」を決断した清和天皇 ~天災が多...

  9. 9

    9

    【三橋貴明】水を売り飛ばした日本政府

  10. 10

    10

    【saya】70年ぶり漁業法の抜本改正 理由は“あー、まあ、...

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【小浜逸郎】水道民営化に見る安倍政権の正体

  2. 2

    2

    【藤井聡】壊れかけた日本 今一番大切なのは、当たり前のことを...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「リーマンショック級」の経済下落 ~2019年には...

  4. 4

    4

    【藤井聡】「消費増税と緊縮」で日本経済は最悪「ミャンマー級」...

  5. 5

    5

    【藤井聡】「消費増税を凍結せよ」運動は、日本の「黄色いベスト...

MORE

最新記事

  1. 政治

    日本経済

    【藤井聡】貞観地震後に「減税」を決断した清和天皇 ~天...

  2. 日本経済

    【三橋貴明】経済の問題。

  3. 政治

    【三橋貴明】唯物史観

  4. 日本経済

    【三橋貴明】詐欺師に騙され、喜劇を演じる日本国民

  5. 政治

    未分類

    【 小浜逸郎】みぎひだりで政治を判断する時代の終わり

  6. 日本経済

    【藤井聡】「消費増税を凍結せよ」運動は、日本の「黄色い...

  7. 日本経済

    【三橋貴明】水を売り飛ばした日本政府

  8. 日本経済

    【三橋貴明】第二国土軸の建設を

  9. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】水を売った日本政府

  10. 日本経済

    【藤井聡】「リーマンショック級」の経済下落 ~2019...

MORE

タグクラウド