コラム

2018年10月6日

【saya】五輪ボランティアで浮き彫りー共犯関係

From saya@歌手/チャンネル桜キャスター

9月26日からスタートした東京2020大会ボランティアの募集
大会ボランティアと都市ボランティアの合わせて11万人の大規模な募集である。
当初からブラックボランティアとの批判も多かったので
人が集まらないのではと懸念されていたが、
10日間で3万人以上の応募者があったという事で滑り出しは好調な印象を受ける。

募集要項は下記の通り
* 2002年4月1日以前に生まれた方
* 日本国籍を有する方又は日本に滞在する資格を有する方

なーんだ、良かった。参加できそう!
と安心して読み進めていくと社会人には意外に難しい条件が見えてくる。
1日8時間程度、10日間以上の参加、渡航費 宿泊費の支給無し、
またボランティア説明会など複数日の参加が義務付けられている。
また酷暑が想定される事もあり、お年を召されている方や
体力に自信がない人にはやはり厳しいな、、と個人的には思った。

またちょっと気になったのは東京都の募集サイト。
「一生忘れられない夏に、きっとなる。青春×東京2020」
二十歳になったばかりの広瀬すずさんが微笑みかけるトップページ
清涼飲料水のCMさながら、若者をターゲットに絞っている事がうかがえる。

学生をターゲットにした東京五輪学生応援団のページもあり
「美しい五輪を実現するために、若い時の苦労は買ってでもしろ」という内容の
早大生から学生へのメッセージが記載されている。
実際に若いのに若い時の苦労云々を言う学生って本当にいるのかな
と少々不思議に感じてしまったのだが、、)
https://2020volunteers.netlify.com

実際、文科省とスポーツ省は全国の大学と高等専門学校に
五輪期間中の授業や試験の日程を柔軟に変更せよとの通知を出している。
酷暑に耐えられる体力とある程度自由な時間を持っている学生を
ボランティアへ駆り出そうというのは運営側の目論見としては頷ける。

しかしながら、こうして国からのお達しで学校の運営を変えさせてまで、
募集を後押しするというのは本来の「ボランティア」の意味から
かけ離れてしまっているのでは?との指摘もある。

また様々な五輪ボランティアの問題点をわかりやすく伝える人気動画も話題になった。
https://m.youtube.com/watch?v=jCxYLT626u8
ボランティアの最低限の人件費を100億と見積もっても
300兆円にまで膨れ上がっている予算にとってほとんど影響ないのでは?というのと
必要な人材(選手をケアするスポーツドクターなど)も無償で働かせるのは
いかがなものか?という指摘には深くうなづいた。

それでも世間で言われているほどブラックなのか?と聞かれれば
他国のオリンピックとボランティアの条件はそれほど変わらないという。
ロンドン五輪は募集人数は日本より少ないが、条件はほぼ同じだったらしい。
それでも募集人数を上回る応募者が殺到したそうだ。

ブラックボランティアとして批判が集中する原因は
結局は「仕組み」への不信感なのだと思う。
3兆円にものぼる予算や4000億円ものスポンサー料が
本来必要な人件費などに使われていない事。
IOCや欧米の放映時刻などにおもねり、日本の気候や選手の体調を無視した
開催期間を設定したり、競技場の利権でもめてみたりと“オトナ”の事情が多すぎる。
またオリンピックに乗っかって国民の健康を危険にさらすサマータイムを検討してみたり
オリンピック開催以降、10月第2週目の休日“体育の日”を“スポーツの日”と
改める決定をしたり、、自然災害が日本中を襲うなか、充分な手当てが
なされていないという不信感もあるだろう。

そんななか、昨日華字紙・新華僑報からこんな記事が、、、。
「五輪ボランティアに在日中国人が我先にと申し込み」
https://www.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=648919&ph=0&d=d0143
我々中国人のグループが日本社会で在日中国人の熱意と意欲を示したい。」
ああそうか、「募集要項に日本に滞在する資格を有する方」とあったんだ。

この記事を見てふと考えてしまった。
日本社会での地位向上を目指して意欲を示す在日中国人。
五輪の仕組み、ひいてはお上(国)を信じなくなり、
国をあげての活動に意欲を失くした日本人。。。。
両者の悲しい共犯関係は五輪ボランティアだけにとどまらない。
日本人ができない事やりたがらない事を
そっくりそのまま在日中国人が引継いで自分たちのものにしている
現実の一つを見せつけられた気がする。
しかし「仕組み」への不満はあってもなんとか日本人の力で
隙間を埋めようと頑張っている人はいっぱいいる。
日本の未来を見据えて東京五輪を迎えなくては、、と強く思う。

関連記事

【saya】五輪ボランティアで浮き彫りー共犯関係への3件のコメント

  1. たかゆき より

    特攻(ボランティア)

    希望するもの 一歩前へ!ですか、、、

    往復ビンタを喰らおうと

    非国民と蔑まれようと

    小生は決して 志願しません。。。

    理由

    東京戦(東京オリンピック)は無謀な戦であるから

    支那の有志諸君 健闘を祈る

    そうそう

    後になって 意思に反して徴兵された なんて

    いっちゃ ダメよ ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. 反孫・フォード より

        >特攻

         今日になって読んだ無知蒙昧の私が失礼でありながらも何故かボランティアって言葉で、特攻 の言葉が浮かんできてしまっていました。

        >日本に滞在する資格を有する

         今さらワシなんぞがぶつぶつ言っても成るようにしかならないのでしょうけどントン、「だってお友達になりたかったんだもんっ」みたいな経済政策とおんなじみたいな超スーパーウルトラ・ユルユル状態、東京チャイニーズ?みたいで大丈夫なんでしょうかね。
        まぁ政治は結果除ければそれで吉野家?でしょうけどね。

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

  2. ぬこ より

    テロやりたい、アジアで戦争起こしたい、
    大きくなり過ぎた米中両帝国と本質的に邪魔な日本を潰したい。
    キリストが縄文時代の古事記(藤原フヒトの改ざん前)を参考に旧約聖書創ったという説もあるとか。
    まだまだ、欧州のエリートには都合の悪い(事実)が、日本の地には隠されて居そうですよね。

    とにもかくにも、戦前・戦後そして日本のバブル崩壊後に、日本の資金と技術で中国を大きくしてきた(なんちゃって同盟国の)(株式会社米国)を経営する(欧州の王族や金融関係者)の思惑が見え隠れするオリンピックですね。

    日本においても、戦闘能力ある三本足様が、日本の為に色々と動いてくださってるらしいですけど、果たして無事に終える事ができるでしょうか?

    陰謀に嵌まりすぎて、何が現実だか?、誰が味方だか?
    なにもかも解らなくなってきました。。

    幸せって何なのかなぁ。。。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】「10%消費税」が日本経済を破壊する―――そのメカ...

  2. 2

    2

    【小浜逸郎】消費税制度そのものが金融資本主義の歪んだ姿

  3. 3

    3

    【三橋貴明】残酷な消費税を本当に増税するのか

  4. 4

    4

    【三橋貴明】三橋TV始動(前編)

  5. 5

    5

    【三橋貴明】三橋TV始動(後編)

  6. 6

    6

    【三橋貴明】消費税のもう一つの「重大な問題」について

  7. 7

    7

    【上島嘉郎】ごまめの歯軋りでも

  8. 8

    8

    【藤井聡】「消費増税」すれば、「税収」が減ってしまいます。

  9. 9

    9

    【藤井聡】「反緊縮」は「反グローバリズム」と共に進めよ ~第...

  10. 10

    10

    【藤井聡】消費税は、「10%はもうしようがない」と諦めれば、...

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】10%消費税増税の「凍結」:風は少しずつ、しかし「...

  2. 2

    2

    【藤井聡】「10%消費税」が日本経済を破壊する―――そのメカ...

  3. 3

    3

    【藤井聡】国土強靱化2.0:「財政」でなく「安心」のための防...

  4. 4

    4

    【藤井聡】「反緊縮」は「反グローバリズム」と共に進めよ ~第...

  5. 5

    5

    【藤井聡】消費税は、「10%はもうしようがない」と諦めれば、...

MORE

最新記事

  1. アジア

    【三橋貴明】帝国と民主国家の最終戦争が始まる

  2. 日本経済

    【三橋貴明】食の安全

  3. 日本経済

    【三橋貴明】消費税のもう一つの「重大な問題」について

  4. 政治

    【上島嘉郎】ごまめの歯軋りでも

  5. 日本経済

    【小浜逸郎】消費税制度そのものが金融資本主義の歪んだ姿

  6. 日本経済

    【藤井聡】「10%消費税」が日本経済を破壊する―――そ...

  7. 日本経済

    【三橋貴明】残酷な消費税を本当に増税するのか

  8. 日本経済

    【三橋貴明】三橋TV始動(後編)

  9. 日本経済

    【三橋貴明】三橋TV始動(前編)

  10. 日本経済

    【三橋貴明】官も民も等しく良くもあり、ダメでもある

MORE

タグクラウド