日本経済

2016年12月5日

【三橋貴明】日本をギリシャ化するには

From 三橋貴明

———————————————

【PR】

日本が国連に2億ドル払える理由
財政赤字国のどこにそんな大金が?
TVが放送を自粛する意外な真実とは
http://www.keieikagakupub.com/sp/38DEBT/index_mag.php

———————————————

【今週のNewsピックアップ】
財政破綻論のテンプレート
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12224893753.html
政府の減収とデフレーション
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12225195427.html

財政破綻論のテンプレートの一つに、
「このままでは日本はギリシャのようになる! 増税や歳出削減をするしかない!」
というものがありますが、実際に増税や歳出削減といった
緊縮財政を推進していくと、逆に日本はギリシャ化していきます。

ギリシャ化とは、政府が外貨建て
(ギリシャの場合は共通通貨建て)の借金を増やしていき、
最終的に財政破綻に追い込まれるという定義になります。

日本政府に外債を発行させるためには、
まずは国内を貯蓄不足に追い込む必要があります。
そもそも、なぜ日本政府の負債が100%日本円建てなのか
といえば、我が国が常に貯蓄過剰であるためです。

日本を貯蓄不足にするためには、
経常収支を赤字化しなければなりません。
ちなみに、ギリシャの2008年の
国民一人当たりの経常収支赤字の額は、
「あのアメリカ」をも上回り、主要国ダントツでした。

経済統計的に「経常収支の赤字=貯蓄不足
=対外純負債の増加(もしくは対外純資産の減少)」となるのです。

日本の経常収支が赤字化すれば、やがて日本政府は国内の
貯蓄不足を受け、外貨建て国債を発行せざるを得なくなるでしょう。

それでは、日本を経常収支の赤字に
追い込むにはどうしたらいいのか。

世界最大の対外純資産国である我が国は、
所得収支の黒字が巨大化し、
貿易収支が少々赤字になったところで、
経常収支全体の黒字は維持される構造になっています。

というわけで、我が国を所得収支の黒字を上回る、
巨額の貿易赤字に追い込む必要があります。
そのためには、国内の供給能力を削減しなければなりません。

国内の供給能力、すなわちモノやサービスを
生産する力を毀損するには、どうするべきでしょう? 

最強の手段は「デフレを継続させること」です。

デフレギャップが拡大すると、企業はリストラを
進めざるを得ません。設備を廃棄し、工場を閉鎖し、
人員を削減。倒産、廃業する企業も相次ぎ、
日本全体の供給能力が削減されていきます。

それでは、日本のデフレを継続させるためには、どうしたらいいのでしょうか。

もちろん、増税や歳出削減という緊縮財政で需要を
縮小させ、デフレギャップを維持すればいいのです。

というわけで、財政破綻論者が叫ぶ、
「このままでは日本はギリシャのようになる! 増税や歳出削減をするしかない!」
こそが、日本をギリシャ化するのでございます。

もっとも、上記の「ロジック」を理解している国民は、
極々少数派でしょう。しかも、例えば
「経常収支の赤字=貯蓄不足」になる仕組みを
解説するだけで、最低でも30分は必要です。

それに対し、
「日本の借金は1000兆円を超えている! ギリシャのように破綻する!」
と叫ぶのは、五秒でこと足り、聞き手に「恐怖」を
与えることで思考停止に追い込むことができます。

財政破綻論という恐怖プロパガンダを打破しない限り、
我が国に未来はないのです。

—発行者より—

<PR>

日本が国連に2億ドル払える理由
財政赤字国のどこにそんな大金が?
TVが放送を自粛する意外な真実とは
http://www.keieikagakupub.com/sp/38DEBT/index_mag.php

関連記事

日本経済

【藤井聡】経済対策「20兆円」の実証的根拠 〜「負債」こそが成長の源泉である〜

日本経済

【藤井聡】「スーパー新幹線」が日本を救う

日本経済

【藤井聡】「新・消費税法案」における2つの「絶対原則」〜増税前の「デフレ完全脱却」原則と,増税後の「均衡財政」原則〜

日本経済

【島倉原】大局的に眺めてみれば・・・

日本経済

【島倉原】やはり緊縮財政だった?アベノミクス

【三橋貴明】日本をギリシャ化するにはへの2件のコメント

  1. 赤城 より

    題名が間違ってます。「日本をギリシャ化するには」ですね。日本はギリシャと比べて国内生産力が圧倒的に上で違っているのでデフレの怖ろしさが国民に骨身に染みて分かるまであと何十年必要でしょうか。それこそ財務省と現内閣とそれを操る者の思うままですね。現日本はこのままでは釜のゆで蛙のようにゆでられて死んでいくこと確実です。その途中で隣国が完全に属国支配や分割植民地化、少なくとも経済的奴隷属国になりきっているでしょう。あとはアメリカの軍事的属国からシナの軍事分割分が多くなっているか。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 拓三 より

    観光立国………そしてカジノ……。これは非常に『ヤバイ』状況で御座います。台湾では支那との関係悪化で支那側が一方的に台湾への入国を規制しています。これはどう言う事か、日本に置き換えるならば日本経済において日本が観光立国に力を入れれば入れるほど支那の影響力が大きくなると言うことです。それも日本国民が目に晒される形で。つまり、選挙において支那の影響力が今以上に拡大すると言う事です。今回の三橋氏が解説された事と観光立国(カジノ)を組み合わせて考えれば日本が何処に向かっているのかが目に見えて解るかと思います。高橋O一は『カジノに反対してるのはパチンコ屋の手下」などと意味不明のレッテルばりをしていますが、カジノとパチンコは客層はカブリません。それどころか華僑系、総連系、民団系のパチンコ資本が新たな投資先としてカジノに流れ込むでしょう(おまけでトランプちゃんも)。ヤクザ以外の日本人に博打のノウハウはありません。私は日本を変えるのは国民意識を変える事だと思っていました。自称保守は安倍総理は取り巻きやマスゴミの偏向報道で作り出された国民意識のせいで已む無く涙を飲んでいるんだ、と宗教的思考で己を慰めていましす。しかしカジノ法案に関しては国民意識は反対が賛成を上回っています。ではなぜ強行採決を推し進めているのか…..。自分の頭で考えれば幼稚園児でも解る方程式で御座います。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】吉川洋東京大学名誉教授が『詭弁』を弄して、『防災を...

  2. 2

    2

    【藤井聡】防災に「国債」を発行しない政治家は、馬鹿の誹りを免...

  3. 3

    3

    【三橋貴明】マッチポンプ

  4. 4

    4

    【三橋貴明】平成30年7月豪雨〜不作為の殺人者たち〜

  5. 5

    5

    【三橋貴明】日本の治水事業等関係費の真実

  6. 6

    6

    【竹村公太郎】見えないインフラ

  7. 7

    7

    【三橋貴明】安藤提言

  8. 8

    8

    【三橋貴明】技能継承

  9. 9

    9

    【小浜逸郎】角栄の政治家魂を復権させよう

  10. 10

    10

    【三橋貴明】トランプ大統領の「豊かになる」認識

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】吉川洋東京大学名誉教授が『詭弁』を弄して、『防災を...

  2. 2

    2

    【施光恒】園芸からみえる日本

  3. 3

    3

    【藤井聡】大阪北部地震が導く「巨大地震」 〜速やかな対策に向...

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】安倍政権20の愚策(その1)

  5. 5

    5

    【三橋貴明】安藤提言

MORE

最新記事

  1. アメリカ

    【三橋貴明】トランプ大統領の「豊かになる」認識

  2. 日本経済

    【藤井聡】防災に「国債」を発行しない政治家は、馬鹿の誹...

  3. 政治

    【三橋貴明】日本の治水事業等関係費の真実

  4. 日本経済

    【三橋貴明】マッチポンプ

  5. 日本経済

    【三橋貴明】技能継承

  6. コラム

    【竹村公太郎】見えないインフラ

  7. 政治

    【三橋貴明】平成30年7月豪雨〜不作為の殺人者たち〜

  8. 政治

    【小浜逸郎】角栄の政治家魂を復権させよう

  9. 日本経済

    【藤井聡】吉川洋東京大学名誉教授が『詭弁』を弄して、『...

  10. 政治

    【三橋貴明】デフレ完全脱却による財政再建に向けた提言(...

MORE

タグクラウド