アーカイブス

2013年2月12日

【藤井聡】増えてません

————————————————————

●「いいね!」をくれた方には、三橋貴明の音声ファイルを
無料プレゼント。世界を読むための3つの原則とは。

三橋貴明の「新」日本経済新聞 公式Facebookページ
⇒ http://www.facebook.com/mitsuhashipress/app_109770245765922

————————————————————

FROM 藤井聡@京都大学

安部内閣で閣議決定した,
来年度の当初予算の内訳が,各種報道機関で報道されました.

その中で、最大の伸び幅を示しているのが、
公共事業関係費だと言う風に,報道されています.

例えば,毎日新聞では,
「予算案に盛り込んだ公共事業費は、前年度より15.6%も多い5.3兆円。」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130129-00000088-mai-bus_all

と報道され,日本経済新聞では,
「公共事業が大幅増」という見出しの下,
「公共事業は5兆2853億円で、4年ぶりに増える。高度経済成長期に建築したトンネルや橋などの維持・管理では、357億円の上乗せとなる2515億円を計上する。河川管理施設も強化する。12年度補正にも5兆円超の事業を盛り込んでおり、合わせて10兆円規模に膨らむ。」
と報道されています.
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS28058_Z20C13A1EE8000/

こうした流れの中で,東京新聞は,
「公共事業7.7兆円効果不透明 成長率政府見通し疑問も」
という見出しの下,公共事業の「当初予算の増額」に対して,
批判的な見解が存在する旨の記事を掲載しています.

また,これらの報道を受けて, Yahoo!の意識調査では,

「政府が閣議決定した2013年度予算案の公共事業費は、前年度より15.6%も多い5.3兆円。12年度補正予算案と合わせると7.7兆円になるそう。公共事業に予算を大きく配分したことをどう思う?」

というアンケートが実施されています.
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/quiz/quizresults.php?poll_id=8605&wv=1&typeFlag=1

その結果は,以下となっています.

もっと増やした方が良い 19%
適切な規模だと思う   32%
もっと減らした方が良い 46%
(本日時点 45625人参加)

適切と増やした方が良いを併せて,過半数の51%という結果ですから,
今回の安倍政権の公共事業増額は,過半数の評価を受けている,
と解釈しても良さそうです.

が,減らした方が良い,が46%と,半数に迫る数があることも見過ごせません.

....が!!!

上記の報道も,上記のアンケート調査の質問項目も,
残念ながら,「客観的事実」から少々乖離したものなのです。

なぜなら....実は,来年度の当初予算において,
公共事業は15.6%増えたと言われていますが,
これは実は,単なる「見かけ上の増分」であって
「実質上の増分」は,たった0.3%にしか過ぎないのです(!)

つまり、上記報道等で「公共事業は増えた増えた」と言われ、
一部において「いかがなものか」という論調が報道されているわけですが、
(補正において公共事業が増えたのは事実であるとしても)
当初予算については、実質上、まったく増えてはいないのです。

それを考えると,上記アンケートで19%だった「増やした方が良い」という回答は,
もっと高い水準となるのが,実際の状況で,
場合によっては,5割前後まで上昇していた可能性も考えられるかもしれませんね.

...ということでまず、先月とりまとめられた、
公共事業関係の予算についての下記資料の
P2の上部の表をご覧ください。
http://www.posa.or.jp/outline/pdf/20130130004.pdf

御覧のように、確かに、公共事業関係費は、15%程度増加したことが示されています。
しかし、その二行目をご覧ください。

「平成24年度予算額に地域自主戦略交付金(公共事業関係費相当分)を加えた場合」

これは少々わかりにくいかもしれませんので,少し,
解説いたします.

民主党政権では,「地方主権」の大方針がありましたから,
その方針の下,中央政府が交付する地方交付金を,
基本的に「一括交付金」というものに変えられました.

その時,公共事業関係費としてかつては計上されていた,交付金は,
一括交付金として,計上されるようになり,
「見かけ上」公共事業が大幅に削減される格好となったのです.

ところが,今回の政権交代で,
再び,かつての様に,交付金を公共事業関係費に計上するようになったのです.

...ということですから,H24とH25では,
「公共事業関係費」
として計上される項目の「定義」そのものが,かわっちゃってた訳ですね.

ですので,この資料では,定義をあわせて,
H24とH25の公共事業関係費を比較してみました,
という値も掲載してあるわけです.

で,その結果は,ほっとんど,双方,同じだ,
ということとなったわけです(なんといっても,0.3%しか変わらないのですから!).

いずれにしても,定義が違うんですから,
H24とH25の公共事業関係費を,
一般メディアで紹介されているような格好で,
単純に比較してはいけないのです.

....とはいえ,これだけ繰り返し,
「15.6%公共事業費が増えました」
と各所で報道された訳ですから,
この印象は,世論からは直ぐには払拭されはしないと思います.

そして,その効果として,
先のアンケートで「46%」もに上っていた
「公共事業を減らした方が良い」
と考える人々が,世論の中で増えていくことになっていくでしょう....

公共事業の当初予算は,
本来は増えていないのに,
増えていると喧伝され,
それを通して,
「公共事業を減らした方が良い」
という世論が「過剰」に形成されてしまい,
結果として,実際に公共事業が,増えるどころか,
かつて以上に削減してしまう....

という可能性も十分に考えられるわけです.

もちろん,公共事業を削減することが,
国益に叶う事であるなら,
虚偽の情報が世間に流布される実情は,
さして問題にならないのかも知れません.

が....巨大地震の危機,インフラ老朽化,
インフラ不足による国際競争力の低下...
等が明らかになりつつある今日においては,
それは「大問題」だと言えるのかもしれません.

....ついては,本メルマガをご覧の方々だけでも,
しっかりと,「真実」をご理解頂いた上で,
適正なご判断,ご意見を形成されますことを,
祈念いたしたいと思います.

以上,ご紹介まで.

PS
「公共事業ってホントに必要なの?」
と疑問を少しでもお持ちの方をお近くでご覧になられましたら,
是非,下記の書籍,ご紹介差し上げてください.
読みさえすれば,公共事業不要論のどこに問題があって,
どういう意味で公共事業が今,求められているのかが...
分かって頂けると思います.

http://amzn.to/YQCBzd

PPS
「ようこそ」のページから「いいね!」してくれた人には
三橋の特別音声ファイルを無料でプレゼントしています。

http://www.facebook.com/mitsuhashipress

メルマガに書ききれない号外記事をアップしていく予定。
「いいね!」を押して、メンバーになりましょう。

関連記事

アーカイブス

【三橋貴明】日本復活の解決策

アーカイブス

【三橋貴明】レント・シーキング内閣

アーカイブス

【古谷経衡】団地萌えと“51C型”公団住宅の知恵

アーカイブス

【三橋貴明】東京一極集中が人口減少を招く理由

アーカイブス

【宍戸駿太郎】なぜ民間設備投資がもり上がらないのか

【藤井聡】増えてませんへの6件のコメント

  1. 港のごろつき より

    印象操作なのか、たまたま出た数字が「これ、使っちゃお!」と都合の良い数字だったのか、メディアの人って三橋先生ほど賢くないと思うので、後者だと推察します。ま、いずれにしても国なんかどうでもよい、お花畑な人か売国奴のやりとり、という印象はぬぐえないですよね〜w

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. KitaAlps より

     最初のリンク先が間違っていました。正しいのはhttp://blog.goo.ne.jp/keisai-dousureba/e/d1a9acf27561f3a5964ad8ad3dfcc6b6

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. KitaAlps より

     いえ、そもそも、公共事業だけでなく、予算総額も別に増えてはいないようです。 安倍政権の10兆円という大規模補正による(補正後の)2012年度一般会計予算総額100.5兆円は、前年度の最終補正後の予算総額107.5兆円に比べると、7兆円減っているようです。次のブログで解説されています。http://blog.goo.ne.jp/keisai-dousureba/m/201301 もっとも、2011年度は予算の未執行が多かったので、実際の決算ベースで比較すると、2012年度は、2011年度とほぼ同額の執行になるだろうということのようです。 また、2013年度予算は、当初予算の段階の話ではありますが、当然、2012年度の(補正後の)現計予算額を8兆円下回っています。したがって、2013年度に入ってから、8兆円以上の補正を組まない限り、2012年度予算を下回ることになります。 大規模な財政出動というのは、財務省の演出で作られたものだということだと思います。関連http://blog.goo.ne.jp/keisai-dousureba/e/8ba2b109a7fff3f24c5da5fce744922dhttp://blog.goo.ne.jp/keisai-dousureba/e/1198ff7e452caa567b079842d6bedce3

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. 鈴木庸一 より

    交付金と公共事業費について、分かりやすい説明ありがとうございます。安倍政権で増えた予算は公共事業に流れないと言うことですね。では、その予算、どこに流れるのでしょうか?

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  5. 各社に意見 より

    いつも楽しく拝見しております。この件、私も日経さんに意見を送らせて頂きました。沢山の人が各紙に抗議や意見や”正しい情報”を送ることで、忙しい記者さんも間違いに気付くかと思います。一部無駄な所もあるかと思いますが・・・・。【毎日新聞社】 http://mainichi.jp/info/etc/inquiry.html【日本経済新聞社】 http://www.nikkei.com/help/contact/【朝日新聞社】 https://digital.asahi.com/info/inquiry/asadigi/shimbun.php【東京新聞社】 https://cgi.chunichi.co.jp/tko/entry/toiawase/toiawase.php

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  6. 石井秀実 より

    メディアのミスリードの酷さが良く分かりました。逆に気になるのがデフレ、巨大地震の危機、インフラ老朽化がある現状で安倍政権は公共事業費をほとんど増していないと言う事なんですか?安倍政権には期待していたので、その事をこの経済新聞で解説して欲しいです。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

アクセスランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【三橋貴明】人間の屑たち

  4. 4

    4

    【藤井聡】「菅直人」政権が導入。日本経済を破壊し続ける「PB...

  5. 5

    5

    【藤井聡】「橋下大臣」による、憲法改正での「都構想の悪夢の再...

  6. 6

    6

    【小浜逸郎】北海道というエアポケット

  7. 7

    7

    【藤井聡】日本経済の「供給力」「生産性」を破壊し続ける消費増...

  8. 8

    8

    【藤井聡】「プライマリー・バランス亡国論」を日本に警告する英...

  9. 9

    9

    【三橋貴明】フリーゲージトレインの恐怖

  10. 10

    10

    【藤井聡】「デフレ」こそ「労働生産性」低下の元凶。生産性向上...

MORE

最新記事

  1. 政治

    未分類

    【特別号】都議選直前!小池百合子都知事の内面を歌いあげ...

  2. 日本経済

    【三橋貴明】ザ・テンプレート

  3. 欧州

    【三橋貴明】マルサスの過少消費説

  4. コラム

    【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」:第...

  5. 日本経済

    【施光恒】知の力をあらためて実感する本

  6. 日本経済

    【小浜逸郎】もうすぐ「いざなぎ景気」だとよ!

  7. 日本経済

    【佐藤健志】炎よ、われと共に歩め!

  8. メディア

    政治

    日本経済

    【藤井聡】小池劇場、その「炎上」のメカニズム

  9. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】日本のPBを黒字化したいならば

  10. 日本経済

    【三橋貴明】ペリカの経済学

MORE

タグクラウド