アメリカ

2017年8月18日

【三橋貴明】インフラ整備に向かうアメリカ、背を向ける日本

From 三橋貴明@ブログ

アメリカがインフラ再建の方向に動き出しました。
トランプ大統領が、インフラの建設許可迅速化する
米大統領令にサインしたのです。

珍しく、日経新聞や共同通信が伝えています。
(ものすごく、ネガティブな印象を与える記事になっていますが)

『米、インフラ承認を迅速化 トランプ氏が大統領令
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM16H0R_W7A810C1EAF000/

トランプ米大統領は15日、道路や橋などの
主要なインフラ建設計画の承認手続きを
迅速化する大統領令に署名した。

経済政策の柱とするインフラ投資の加速につなげる。

トランプ氏はニューヨークのトランプタワーで記者会見し

「現在は承認まで10年以上かかることもあるが、
高速道路なら2年以下になる」

と述べた。環境影響評価の手続きなどを短縮する。

トランプ政権は10年間で官民合わせて
総額1兆ドル(約110兆円)をインフラ整備に投じる計画だ。

しかし、インフラ投資や減税の財源を生み出すと
期待していた医療保険制度改革(オバマケア)の見直しが
暗礁に乗り上げたことで、インフラ計画は進んでいない。

会見に同席したホワイトハウスのコーン国家経済会議(NEC)委員長は
記者団に対し、11月23日の感謝祭までに税制改革を実現し、
その後にインフラ投資計画の実行に移ると説明した。』

トランプ大統領は、老朽化が進む国内インフラの回収に、
1兆ドル(約110兆円)をとうじる意向を示しており、
今回の大統領令署名は、その一環とのことです。

実は、オバマ前大統領は、政府が主体となる
建設プロジェクトに対し、環境問題を理由に
建築基準を厳格化する大統領令を発令していました。

今回のトランプ大統領の大統領令は、それを無効にするものとのことです。

記者会見したトランプ大統領は、承認プロセスを短縮化する共に、

「我が国の優れたインフラが老朽化し崩壊するのを、もはや看過することはできない」

「我々は環境を保護しつつ、光り輝く新しい道路、橋梁、
鉄道路線、運河、トンネル、高速道路を建設する。
米国人の労働者、米国産の鉄、米国産のアルミ、米国産の鉄鋼でわが国を再建する」

と、バイ・アメリカンにより国内の交通インフラを再建することを宣言しています。

無論、財源問題(普通に建設国債発行で良いと思うのですが・・・)は
未解決なのですが、とりあえずトランプ大統領のこの姿勢
「インフラ重視」については、日本は見習うべきであり、
見習わなければならないと確信します。

もっとも、現実の我が国と言えば・・・。

【砂漠で金を稼げと言うのか?「地方を見捨てた」山本幸三地方創生大臣=三橋貴明 】
http://www.mag2.com/p/money/274082

安倍政権の地方創生策の中には、インフラ投資の「イの字」もありません。

挙句の果てに、地方創生担当大臣は現役の方も、
前任者も、共に「地方の自己責任」を強調するばかりで、
中央政府の役割を放棄しようとするだけです。

Money Voiceの記事にも書きましたが、

『(以下、引用)日本の地方インフラ整備は、昭和で止まっています。
日本の各地を回っている私は、まるで昭和期に逆戻りしてしまったように
脆弱なインフラの上での人々の暮らしぶりに、毎度毎度、愕然としてしまうのです。

ひび割れ、長いこと補修されていない道路。

高速道路は無しか、あっても片側一車線対面通行ポール立て。
錆び付いた橋梁。崩壊するのではないかと怖くなるほど、古びたトンネル。
単線の鉄道、しかも今どきディーゼル。
鉄道の本数が少ないため、どこに行くにも自動車。
道路事情が劣悪であるため、常に大渋滞。』

というのが現実なのです。
(地方お住まいの方は、ご納得頂けるはずです)

日本は、アメリカ「様」の属国なのでしょ?

ならば、宗主国「様」に倣い、我が国もインフラの立て直しに踏み出すべきです。

“荒廃する日本”は、すでに我が国の地方の現実なのです。

関連記事

アメリカ

【三橋貴明】緊縮財政と公共インフラ売却

アメリカ

【小浜逸郎】角栄の政治家魂を復権させよう

アメリカ

【藤井聡】「合理的インフラ形成」を通した「GDP600兆円実現」のための新しい会計制度を

アメリカ

【佐藤健志】震災と戦後脱却

アメリカ

【三橋貴明】無限の需要

【三橋貴明】インフラ整備に向かうアメリカ、背を向ける日本への5件のコメント

  1. 神奈川県skatou より

    三橋先生のご活躍を、熱く熱く応援しております。

    日本の言論における「世界では(=アメリカでは)」の論法は、いつも都合よく使い分けされていて、グローバル化だ標準化だ、という話はどんどん引用され、今回のトランプのような話はシャットアウトしてしまう。
    さて、これは日本の政治および報道に明確な意思があるということなのでしょうか。
    自分にはどうもそうは思えず、もしかすると「分からない」のでは、と思うのです。

    つまり、アメリカでグローバルが喧伝されれば「そうだ、世界はひとつだ、グローバルだ」と合点し引用されますが「公共事業拡大して豊かなアメリカ」というと、「なんで今更大統領がそんな変なこと言うの?無視無視!」ということなのかと。

    つまり、理解できない。だから、アメリカさまの明日が見えない。
    だから日本は周回遅れ。

    それくらい日本で政治を云々する空間の知的レベルが低いのではないか。
    じゃぁなぜ低くなるかと言えば、それはバカの壁のようなもので、枠組みが狭すぎる、あるいは、枠組みが抽象用語であり、その抽象用語が常に現実問題とすり合わせすることなく、ただの標語として、あるいは宗教的ご本尊として安置されてしまっている。
    だから政治家の話をきいても、現実社会の問題点をつらつら挙げ、それに対してどのようにどうするかぐらいは表明しますが、結局なんのためにかといえば「自由平等平和」とかいう古びた句だけ。
    WHAT、HOWはあっても、肝心のWHYが貧しい。
    政治の貧しさはWHYの貧しさではないか。

    まさしく、新「経世済民」新聞を読んで、感想文書け!と思うのですが。。。
    (どちて坊やでも呼ぶか。。)

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. たかゆき より

    属国の繁栄など望んでいない♪

    もし ぼくが宗主国様なら、、

    属国は生かさず 殺さず
    さらには 属国どうしを敵視させあい
    属国の国民どうしを いがみ合わせる。。

    今のようなポチの身がいやなら
    属国の 手先を排除
    核武装して
    北朝鮮やイスラームの同胞と手を組みアメリカ様をアジアから駆逐すべきかと、、、

    今のままなら 千年経っても 今のまま(運がよければ)♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. とすくん より

    三橋先生、いつも応援しています!近頃、うちのジャニタレ大好き嫁が「銀魂」にはまっているのですがあれが意外と日本の未来を先取りしているかのようなお話でマンガってのもバカに出来ないものだと感心しております。あと「女の直感」ってヤツも…。ちなみにうちの嫁は出会って10年以上経ちますがアンチ自民という立ち位置はずっと不動のままです(笑)

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. komiyet より

    東京に住んでいると、どんどん新しい道路ができ、首都高速も第三京浜と繋がったりして、便利になっているのを感じます。

    地方はどこに行くのも渋滞と聞き、東京はずるいな~と思います。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  5. HY より

    山本幸三大臣の地元です。日常の生活にほとんど寄与しない高い自動車道。しかも多数を占める高齢者はやむなく自動車を運転。鉄道・バスは集落になればなるほど使えなくなります。この現実を選挙区から観察していないのでしょうか?これで地方の責任とは。東京にも25年以上住みましたし、今も出張に行く度に首都圏のインフラだけが進み、これでは中国や北朝鮮のいびつな首都だけを優遇する地方政策を笑えません。国家戦略が彼の国よりも優れているとは思えない現実です。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】吉川洋東京大学名誉教授が『詭弁』を弄して、『防災を...

  2. 2

    2

    【藤井聡】防災に「国債」を発行しない政治家は、馬鹿の誹りを免...

  3. 3

    3

    【三橋貴明】マッチポンプ

  4. 4

    4

    【三橋貴明】平成30年7月豪雨〜不作為の殺人者たち〜

  5. 5

    5

    【三橋貴明】日本の治水事業等関係費の真実

  6. 6

    6

    【竹村公太郎】見えないインフラ

  7. 7

    7

    【三橋貴明】安藤提言

  8. 8

    8

    【三橋貴明】技能継承

  9. 9

    9

    【小浜逸郎】角栄の政治家魂を復権させよう

  10. 10

    10

    【三橋貴明】トランプ大統領の「豊かになる」認識

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】吉川洋東京大学名誉教授が『詭弁』を弄して、『防災を...

  2. 2

    2

    【施光恒】園芸からみえる日本

  3. 3

    3

    【藤井聡】大阪北部地震が導く「巨大地震」 〜速やかな対策に向...

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】安倍政権20の愚策(その1)

  5. 5

    5

    【三橋貴明】安藤提言

MORE

最新記事

  1. アメリカ

    【三橋貴明】トランプ大統領の「豊かになる」認識

  2. 日本経済

    【藤井聡】防災に「国債」を発行しない政治家は、馬鹿の誹...

  3. 政治

    【三橋貴明】日本の治水事業等関係費の真実

  4. 日本経済

    【三橋貴明】マッチポンプ

  5. 日本経済

    【三橋貴明】技能継承

  6. コラム

    【竹村公太郎】見えないインフラ

  7. 政治

    【三橋貴明】平成30年7月豪雨〜不作為の殺人者たち〜

  8. 政治

    【小浜逸郎】角栄の政治家魂を復権させよう

  9. 日本経済

    【藤井聡】吉川洋東京大学名誉教授が『詭弁』を弄して、『...

  10. 政治

    【三橋貴明】デフレ完全脱却による財政再建に向けた提言(...

MORE

タグクラウド