政治

2017年12月3日

【三橋貴明】ルンバと議会制民主主義は似ている

From 三橋貴明

【近況】

最近、議会制民主主義(間接民主主義)と
お掃除ロボット「ルンバ」が似ていると感じています。

何を言い出したのかと思われたかもしれませんが、
ルンバを使っている方は納得されるのではないかと。

ルンバは確かに役に立ちます。

何しろ、ルンバがお掃除をしている間、
わたくしは別の仕事ができるわけで、
生産性向上であることに間違いはありません。

とはいえ、ルンバは全く完璧ではなく、
「隅々まで掃除を行き届かせる」を望むのであれば、
結局は人間がやるしかないのです。

だからと言って、

「何だ、掃除のやり残しがあるじゃないか。
ルンバは役に立たないな!」

とはなりません。

完璧ではないものの、確かに
生産性向上に貢献している。

グダグダと話が進まず、
しかも決定される政策はちっとも完璧ではない。

でもまあ、ないよりはマシな
議会制民主主義と同じというわけです。

日本人は、長引くデフレの中で
「完璧な解」を求めるようになったような気がします。

中途半端な解決策でも、やらないよりはマシなのですが、

「そんな不十分な策よりも、いっそグレートリセットだ!」

と、革命チックなことを考える
政治家や国民が増えたのも、
デフレ故に問題が「ちっとも解決しない」、
議会制民主主義に長年、
付き合っていたためのように思えるのです。

今後、人手不足は深刻化していきますが、
その解決策として「生産性向上」を欲したとして、
いずれにせよ「完璧な解」はないことを
覚悟しなければなりません。

中途半端で、どうにもこうにも
不満だらけなのですが、それでもないよりはマシ。

この種の解決策を積み重ね、
少しでも前に進むしかないのです。

議会制民主主義も同じなのでございますよ。

◆人手不足解消合宿 ~人手不足は利益拡大の絶好のチャンスだ!~
http://www.38news.jp/sp/mituhashisemi/2018_02.php#top

◆11月30日 徳間書店から「2018年 戦争へ向かう世界 日本経済のラストチャンス」が刊行になりました。
http://amzn.to/2A4LgKi
いきなり発売直後に増刷になりました! ありがとうございます。
本書、出版に際し、恒例のAmazonキャンペーン 開催中 です。(~12月4日 23:59までです)
http://tokuma-sp.moo.jp/mitsuhashi2018/top
Amazonの注文番号を入力することで、著者特典の音声ファイルを入手することができます。皆さま、こぞってご参加下さいませ。

◆10月31日。小学館から「財務省が日本を滅ぼす」を刊行しました。
http://amzn.to/2giPiXA

◆ZUU onlineに「財務省が日本を滅ぼす 」の書評が掲載されました。
https://zuuonline.com/archives/181753

◆WiLL2018年1月号 に、連載「反撃の経済学 財務省が日本を滅ぼす」が掲載されました。
http://amzn.to/2zU3jn5

◆同じく WiLL2018年1月号 に「緊縮財政を打破せよ」を寄稿しました。
http://amzn.to/2i9z3JE

◆経済界2018年1月号 に連載「深読み経済ニュース解説 財務省が日本を滅ぼす」が掲載されました。
http://amzn.to/2BEuuji

◆週刊アサヒ芸能 連載 列島報告書 第143「自由貿易を「絶対的な善」とみなすグローバリストの詭弁」
http://www.asagei.com/

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 第249回「日本国の亡国と「皇統」」
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol445 日米欧の高度成長期
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
なぜ、西ドイツの経済成長率は1955年から急低下していったのか。「高度成長」の真相に迫ります。

◆メディア出演

12月6日(水) 6時 文化放送「おはよう寺ちゃん活動中」に出演します。
http://www.joqr.co.jp/tera/

◆三橋経済塾
三橋経済塾第六期 第十一回対面講義をアップ致しました。
http://members6.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=2181
ゲスト講師は久保田治己先生(全国農業協同組合連合会 常務理事)。

12月16日 三橋経済塾第六期 第十二回対面講義の詳細と申込方法をご案内致します。
http://members6.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=2184
第十二回(最終回)のテーマは「高圧経済」!

◆チャンネルAJER
今週の更新はありません。

関連記事

政治

【saya】ほしいものが、ほしいわ

政治

【三橋貴明】緊縮財政と公共インフラ売却

政治

【三橋貴明】デフレ型経済成長

政治

【三橋貴明】外国人に媚びない観光サービス

政治

【三橋貴明】国を家計に例えるのはやめよう

【三橋貴明】ルンバと議会制民主主義は似ているへの1件のコメント

  1. 反孫・ルンバ より

    >革命チックなこと

     昨今の真顔で言う安倍内閣の生産性革命!も最たる気がしてならないのです。

     構造改革~成長戦略~と
    続いてきた、名付けてフレーズ名称改革!
    そしてデフレの根本原因を解消する道はまったく無視するかの如くの生産性革命!発言。
    おまけに移民の言葉もカモフラージュ継続政商!

     企業が生産性に従事できる環境を調えて、マイルドなインフレをコントロールしてあげることを仕事とする政府こそがまともな、名付けて“コントローラー政府” だと思うのですけど・・・・
    やっぱり安倍内閣は新自由主義に侵されていることに絶対?、故意に気づいていません。

    三橋さんが発する用語を安倍総理は逆に使うばかりです。奈落に直滑降の極悪同盟政府です。
    先生は自民党を離党しないんですか・・・と言うか、極右翼も極左翼も経済学的には日本列島大部分の見識者達の頭はシカゴ学派、IMFモデル(発展途上国型)に躍らされてるん(バ)でしょうね。

     このコメント自体がひとりルンバに過ぎないとは解っているのに・・・失礼しました。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】デフレの原因ここにあり 〜福田氏「醜聞」騒動が示す...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】移民問題の「目的」

  3. 3

    3

    【三橋貴明】文明の生態史観と乙嫁語り

  4. 4

    4

    【竹村公太郎】水の分かち合いの奇跡

  5. 5

    5

    【三橋貴明】安倍"移民受入"内閣

  6. 6

    6

    【藤井聡】「財政規準」(クライテリオン)の歪みが導く「危機」...

  7. 7

    7

    【藤井聡】いよいよ、「プライマリー・バランス」を巡る攻防が本...

  8. 8

    8

    【小浜逸郎】福沢諭吉は完璧な表券主義者だった(その1)

  9. 9

    9

    【小浜逸郎】福沢諭吉は完璧な表券主義者だった(その2)

  10. 10

    10

    【三橋貴明】日本国民の問題

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】いよいよ、「プライマリー・バランス」を巡る攻防が本...

  2. 2

    2

    【小浜逸郎】財務省VS総理官邸

  3. 3

    3

    【三橋貴明】続 2018年6月 日本国の運命が決定する

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】国家的事業か法的正義か

  5. 5

    5

    【藤井聡】「財政規準」(クライテリオン)の歪みが導く「危機」...

MORE

最新記事

  1. アジア

    【三橋貴明】後戻り不可能な非核化

  2. 日本経済

    【藤井聡】デフレの原因ここにあり 〜福田氏「醜聞」騒動...

  3. 日本経済

    【小浜逸郎】福沢諭吉は完璧な表券主義者だった(その2)

  4. 日本経済

    【三橋貴明】移民問題の「目的」

  5. アジア

    未分類

    【三橋貴明】文明の生態史観と乙嫁語り

  6. コラム

    【竹村公太郎】水の分かち合いの奇跡

  7. 日本経済

    【三橋貴明】安倍"移民受入"内閣

  8. 日本経済

    【小浜逸郎】福沢諭吉は完璧な表券主義者だった(その1)

  9. 日本経済

    【藤井聡】「財政規準」(クライテリオン)の歪みが導く「...

  10. アジア

    【三橋貴明】「文明の生態史観」の再評価を

MORE

タグクラウド