アジア

2017年12月2日

【三橋貴明】2018年 戦争へ向かう世界(中編)

From 三橋貴明@ブログ

本日(11月30日)、徳間書店から
「2018年 戦争へ向かう世界 日本経済のラストチャンス 」
が刊行になります。

本書、出版に際し、恒例のAmazonキャンペーン を行います。
(本日(11月30日)12:00~12月4日 23:59までです)
http://tokuma-sp.moo.jp/mitsuhashi2018/top

Amazonの注文番号を入力することで、
著者特典の音声ファイルを入手することができます。
皆さま、こぞってご参加下さいませ。

北朝鮮は、昨日の弾道ミサイルについて、
射程1万3千キロの「火星15号」であると発表しました。

『北朝鮮 重大報道で「『火星15型』の発射実験に成功」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171129/k10011239671000.html

北朝鮮は29日朝早く、日本海に向けて
発射した弾道ミサイルについて、29日午後、
国営テレビの「重大報道」として政府声明を出し、
「キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の立ち会いのもと、
アメリカ本土全域を攻撃できる新型のICBM=大陸間弾道ミサイル、
『火星15型』の発射実験に成功した」と発表しました。

北朝鮮は、日本時間の午後0時半、国営テレビの
「重大報道」として政府声明を出し、29日午前2時48分、
日本時間の午前3時18分、首都ピョンヤンの郊外から
大陸間弾道ミサイルを発射し、日本海に落下したと発表しました。

発表は「キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の立ち会いのもと、
アメリカ本土全域を攻撃できる超大型の核弾頭の装着が可能な
新型のICBM=大陸間弾道ミサイル、『火星15型』の
発射実験に成功した」としています。(後略)』

昨日(11月29日)の弾道ミサイルは、過去最高の
4千キロをはるかに超える高度に到達し、
ロフテッド軌道を描きながら1000キロ弱飛行。

青森県西方の約250キロの海域に落下しました。

ミサイルは複数に分離したようで、
多段式ミサイルにより推進力を強化した可能性があります。

昨日(11月29日)の弾道ミサイルは、通常の打ち方ならば、
1万3千キロ以上も飛行する可能性があると、
アメリカの「憂慮する化学者同盟」が分析しています。

1万3千キロとなると、ワシントンを含むアメリカの
全ての都市に届くことになります。

小野寺防衛大臣は、9月15日の実験以降、北朝鮮が、

「その間もさまざまな実験をしていたということは予測できている。
(今回は)4000キロをかなり超える高さだったことを考えれば、
かなりの能力を持ったICBMと考えられる」

と発言しました。

もっとも、ICBMは(大気圏)再突入などの技術があって
完成になるわけですが、防衛大臣は、
「私どもはそこは正確に把握していない」
とも語りました。

いずれにせよ、北朝鮮が核搭載ICBMで
アメリカ全土を射程にとらえる日が、刻一刻と近づいてきています。

この北朝鮮の「暴走」に対して、我が国は
果たしていかなる手段をもって、日本国民の
生命や財産を守ればいいのでしょうか?

何もできない。というのが、残酷な答えになります。

何しろ、我が国の前には
「憲法九条第二項」と「PB黒字化目標」という
二つの壁が立ちふさがり、主権国家として
「当然の話」としてやるべきことが全くできないというのが現実なのです。

安倍総理大臣は、北朝鮮のミサイル発射を受け、

「強固な日米同盟のもと、
高度の警戒態勢を維持し、国民の命と平和な暮らしを守り抜く」

と、語りました。

それでは、アメリカが北朝鮮の核保有を
認めてしまったら、どうなるのでしょうか。

その瞬間に、我が国はアメリカの核の傘から外れ、
「国民の大量死」と向き合う世界に放り出されることになります。

その時点で、慌てて国防力を
強化しようとしたところで、間に合わないでしょう。

日本は、「2018年 戦争へ向かう世界 日本経済のラストチャンス」
で書いた通り、このままでは
「憲法九条第二項」及び「PB黒字化目標」
という二つの壁により、 亡国に至ります。

それにしても、この期に及んでも、

「北朝鮮危機が深刻化している以上、
PB目標はせめて一時的にでも破棄するべきだ」

という声一つ上がらないわけですから、
我が国の政治不在は恐るべきものがあります。

まあ、愚痴ばかり書いていても仕方がないので、
個人的に様々な働きかけをして、諸悪の根源(の一つ)である
PB黒字化目標だけでも「棚上げ」にし、
国防力強化のために政府が動くよう、
微力を尽くしたいと思います。

関連記事

アジア

【小浜逸郎】トランプ氏の移民制限政策と「自由」の両義性

アジア

【島倉原】亡国の?金融政策

アジア

【三橋貴明】国難の時代、来たれり

アジア

【島倉原】グローバリズムの軌道修正?(その2)

アジア

【藤井聡】どうやら日本には、「保護主義」を忌み嫌うパブロフの犬がたくさん居るようです。

【三橋貴明】2018年 戦争へ向かう世界(中編)への2件のコメント

  1. たかゆき より

    そもそも

    北は何故 日本を攻撃するのか?

    占領軍の基地が存在するため

    日本国政府は何故 緊縮財政に固執するのか?

    占領軍の指示であるため

    問題は一元一次方程式を解くほどに 簡単 鴨

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. クレヨン より

    本当は、知能や制約の問題ではなく、精神の問題なんですよね。我が子が深刻な危険に晒されている時に、道交法を気にする親なんていない。世間体も。その範囲内で出来る事すらしない、ということは・・・。まあ、そういうことですよね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

まだデータがありません。

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】我々はこの選挙結果を受けて、「消費増税」に対して如...

  2. 2

    2

    【藤井聡】MMT理解のコツ(実践編):「政府が貨幣の供給者だ...

  3. 3

    3

    【室伏謙一】「大きな政府」はダメで、「小さな政府」を目指すべ...

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】MMTの正しさ、リフレ派の誤り、誤解のひどさ

  5. 5

    5

    【三橋貴明】MMTが提供してくれる「正確な理解」

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【室伏謙一】シェアリングエコノミーなるもののお寒い実態...

  2. 日本経済

    【三橋貴明】国家の店じまい

  3. 日本経済

    【三橋貴明】MMTの新たなレンズ

  4. 日本経済

    【施 光恒】カジノと大麻と緊縮主義

  5. 日本経済

    【藤井聡】オリラジ中田のナイスプレー。令和の政策転換(...

  6. メディア

    日本経済

    【小浜逸郎】MMTの服用を拒否する〇〇病患者を診断する...

  7. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】アベ・ショック

  8. アメリカ

    政治

    【三橋貴明】主流派はなぜケインズに勝利したのか

  9. 未分類

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その4)アイデンティ...

  10. 政治

    日本経済

    【藤井聡】山本太郎氏の「れいわ新選組」は、安全保障を明...

MORE

タグクラウド