日本経済

2017年5月19日

【三橋貴明】デフレ型経済成長

From 三橋貴明@ブログ

昨日、発表になった17年1-3月期の経済成長率が、とんでもない状況になっていました。
まずご理解いただきたいのは、経済成長率、すなわち実質GDPの成長率を計測することはできないという点です。

それに対し、名目GDPは計測できます。名目GDPは、例えば、国内の消費や投資の合計金額に純輸出を足すことで、金額的に統計を取ることができるのです。

もっとも、名目GDPは物価が上昇するだけで大きくなってしまうため、経済成長率を見る際には不適切です(需要の大きさは見えるのですが)。

というわけで、名目GDPから、これまた計測可能な物価上昇率(GDPデフレータ)を控除し、実質GDPの成長率を求めるのです。

●実質GDP=名目GDP÷GDPデフレータ

と、計算して算出するのが実質GDPでございます。

というわけで、物価が「下落」する状況では、名目GDPがマイナス成長になったとしても、実質GDPがプラス化するということはあり得ます。デフレ型経済成長とでも名付けましょうか。

『1~3月のGDP 5期連続でプラス
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170518/k10010985751000.html

ことし1月から3月までのGDP=国内総生産は、物価の変動を除いた実質の成長率が前の3か月と比べてプラス0.5%、年率に換算してプラス2.2%となりました。GDPがプラスとなるのは5期連続で、個人消費や輸出が全体を押し上げました。

内閣府が発表したことし1月から3月までのGDPの速報値は、物価の変動を除いた実質で前の3か月と比べてプラス0.5%となりました。(後略)』

2017年1-3月期の実質GDP成長率が、対前期比+0.5%。
それに対し、名目GDPは▲0.0%。GDPデフレータは、▲0.6%・・・・・。

お分かりでしょう?

1-3月期は、名目GDPが縮小し、物価上昇率が大幅なマイナスになった「ため」に、実質GDPがプラス化してしまったのです。

すなわち、デフレ型経済成長です。

ちなみに、GDPデフレータが▲0.6%と大幅マイナスになったのは、2012年4-6月期以来のことです。物価がアベノミクス開始以前に戻ってしまったことになります。

【日本の名目GDP、実質GDP、GDPデフレータの推移 】

 

http://mtdata.jp/data_56.html#Defla

もっとも、GDPデフレータのマイナス化は、16年から始まっています。消費税増税で、GDPデフレータが一時的にプラス化し、その効果がはげ落ち、日本経済の再デフレ化が始まったのが2016年というわけです。今回の結果が非常にまずいのは、まずは日本経済が「再デフレ化」していることが、ほぼ確定してしまった事です。

そして、二つ目は、実質GDPの計算方法を知らない(あるいは、知りたくない)政治家が、「日本経済は五期連続で成長している」と、日本の経済状況を完全に誤解してしまう可能性が高いことです。結果、まともなデフレ対策が打てなくなる。

何しろ、新聞の見出しは「1~3月のGDP +0.5%  5期連続でプラス」になるわけですから、「お! 日本経済は順調に成長しているんだ」と、誤解する人が増えても当たり前です。

とはいえ、現実には日本経済が再デフレ化し、名目GDPが減り、物価がそれ以上に減ったために「経済成長率がプラス化した」というのが現実なのです。

政府は日本国が「デフレ型経済成長」になっているという現実を認め、早急に新たなデフレ対策を打つ必要があります。

関連記事

日本経済

【藤井聡】政府が定義する「デフレ脱却四指標」からみて,日本は明確に「デフレ」です.

日本経済

【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」第四十二話

日本経済

【三橋貴明】国土強靭化・防災省の「予算」

日本経済

【三橋貴明】日本の未来を考える勉強会の提言書 前編

日本経済

【三橋貴明】経済用語に対する無知を利用したプロパガンダ

【三橋貴明】デフレ型経済成長への3件のコメント

  1. コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. 主水 より

    我が国日本のデフレは官僚とマスコミが操作的な情報を多用した結果作り出された心の病ではないでしょうか テレビや主要紙を捨てて「新」経世済民新聞を読みマインドコントロールから解放される人が増えるといいですね 経済成長の奴隷感満載の瑞穂の国の資本主義では疲れた人が増え続けるでしょう

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】吉川洋氏の「地震に備えて消費増税を」論を完全撃破し...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】MMTと政府の選択と集中

  3. 3

    3

    【三橋貴明】思想の対立

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】令和元年6月10日経済罪政諮問会議議事録

  5. 5

    5

    【室伏謙一】「増税の前にやるべきことがある」、「身を切る改革...

  6. 6

    6

    【藤井聡】近い将来、リーマンショック級の危機が「絶対」起こる

  7. 7

    7

    【三橋貴明】財政民主主義派 対 非・財政民主主義派

  8. 8

    8

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  9. 9

    9

    【藤井聡】財務省が紹介した「有識者のMMT批判」の「間違い」...

  10. 10

    10

    【藤井聡】「インフラ・イノベーション」が日本を救う。

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】近い将来、リーマンショック級の危機が「絶対」起こる

  2. 2

    2

    【藤井聡】<号外速報>「内需冷え込み」による輸入急落が無けれ...

  3. 3

    3

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  4. 4

    4

    【藤井聡】吉川洋氏の「地震に備えて消費増税を」論を完全撃破し...

  5. 5

    5

    【藤井聡】「財政悪化」を導く消費増税が生み出すのは、「害のみ...

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】思想の対立

  2. 日本経済

    【小浜逸郎】令和元年6月10日経済罪政諮問会議議事録

  3. 日本経済

    【藤井聡】吉川洋氏の「地震に備えて消費増税を」論を完全...

  4. 日本経済

    【室伏謙一】「増税の前にやるべきことがある」、「身を切...

  5. 日本経済

    【三橋貴明】MMTと政府の選択と集中

  6. 日本経済

    【三橋貴明】財政民主主義派 対 非・財政民主主義派

  7. 未分類

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その2)流域封建から...

  8. メディア

    政治

    【施 光恒】天安門事件30年――日中それぞれの国柄を考...

  9. 日本経済

    【藤井聡】「インフラ・イノベーション」が日本を救う。

  10. 日本経済

    【三橋貴明】MMT対主流派経済学

MORE

タグクラウド