日本経済

2019年9月25日

【藤井聡】【令和元年9月の予言】これから、多くの政治家・有識者達は令和初頭の経済低迷は消費税でなく「米中経済戦争」や「五輪終焉」等が原因だと主張し始めます。

From 藤井聡@京都大学大学院教授

今更言うまでもありませんが、
今、日本の経済は最悪の状態です。

第一に、97年の消費増税で
デフレに突入したまま20年以上たって参りましたが、
自民党であろうが民主党であろうが、
当たり前の「政府支出拡大」ができず、
一向にデフレから脱却出来ていません。

第二に、そんな中で、実に愚かな事に我が国政府は、
14年の消費増税を行い、
それによって内需は大きく凹んだままになってしまいました。

第三に、それでもなお、
幸か不幸か、世界経済が好調で、
輸出が伸び、日本経済が最悪中の最悪の状態に
転落することはぎりぎり避けられていたのですが、
(安倍内閣下で、消費増税による家計負担増の
3倍にも相当する約26兆円も輸出が伸びたのです!)

その好調な世界経済も、米中経済戦争等の要因で、
低迷しつつあります。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50116600T20C19A9MM8000/

※日経有料会員のみ閲覧可能な記事となっております。

つまり今日本経済は、

(デフレのせいで)長期的にも
(14年増税のせいで)中期的にも
(世界経済低迷のせいで)短期的にも

最悪な状況に到ってしまっているのです。

その証拠に、14年増税の時には激しく喚起された、
来週火曜からの消費増税に向けた「駆け込み需要」すら、
ほとんど見られないのが現状なのです。

つまり、今の日本の需要は、14年3月に見られた様な
「駆け込む力すら無い」のです。

こんな状況で消費増税をするのですから
日本政府は100%間違い無く地獄への扉を開く
ことになります。

つまり、実質消費が激しく縮小し、
実質賃金が大きく下落し、
実質GDPも名目GDPも低迷し、
物価上昇率も大きく下落していくことになります。

もちろん政府は、

「万全の対策を!」(キリッ!)

なんて事を繰り返してますが、
それは絶対に無理です。

そもそも「万全の対策」というなら、
増税による消費税収の増分の2~3倍の15兆円程度を、
5~6年程度継続するくらいの対策が必要なのですが、
万が一にも現状の政府はそんな対策をしないでしょう。

何と言っても、
「財政再建のために増税する」政府が、
「消費税の増収分の何倍もの支出を持続する」なんて事を
決断するなんてことは、絶対にありえないからです。

だから、これから日本経済は、
奈落の底へと確実に、
転落していくのですが・・・

その時、政府は何と言うでしょうか?

彼らは「万全の対策を行う」という事に
なっているはずですから、100%間違い無く、

「米中経済戦争と五輪終焉のせいだ!」

なぞと強弁するでしょう。

そして、「空気」ばかりを気にする
多くの学者やコメンテーター達が、

「19年から20年の景気低迷を、
消費増税のせいだっていう人がいますけれど、
あれは完全に間違いです。
政府は、増収分以上の支出を行ったんですから。
真犯人は、消費税じゃなくて、
米中経済戦争と五輪終焉です!」

と口にすることでしょう。

それは、1997年の消費増税で、
日本経済は大打撃を受け、
以後、デフレになったのですが、
その原因を、ほとんどの経済学者達は、

「あれを、消費税のせいだと
いう人がいますが、違います。
アジア通貨危機が原因なのです。」

と、エラソーに未だに言い続けているのと、
全く同じです。

筆者が、そうした一般的な見解が100%間違いであり、
消費増税こそが疑いようのないデフレを導いた真犯人だ、
と言う話は、拙著の中で詳しく論じた通りですが、
https://www.amazon.co.jp/dp/4794970633/
彼らは、未だにそうした説を、
口にし続けています。

あの97年の増税ですら
経済学者達は増税のせいでないと
言い続けているのですから、
「万全の対策」と称して、
消費増税ショック対策を行う以上、
(それは本当は「焼け石に水」なのですが)
彼らはますます「空気」を読んで、
来週以降の経済停滞を、
消費増税が原因だとは言わなくなるでしょう。

政府に関わる経済学者のほとんどにはもはや、
学者の良心も見識も無いのです。

ですが、我々は、彼らがそういうであろうことを、
今からしっかりと予期しておき、
彼らがそうした愚かな挙にでれば、
この増税前に書かれたこの記事を是非、
送りつけていただきたい
と思います。

そして、
「この経済停滞の原因は間違いなく消費増税だった」
のだという真実を、
指摘してやってください。

病を患った時、我々は、その原因を
的確に認識することが先決なのです。
さもなければ、処方箋を間違え、
健康体には二度と戻れなくなってしまうのです。

そして、増税前のこの時点において、
本記事をできるだけたくさんの方に、
ご転送いただけると幸いです。

日本経済防衛のためにも、
何卒、よろしくお願いいたします。

追伸1:「表現者クライテリオン」の最新号は、MMT特集。まだご覧になってない方は是非、お買い求めください。
https://www.amazon.co.jp/dp/B07TMRRBX8

追伸2:「国土計画」の問題を、「ゴッドファーザー三部作」の視点から考えました。ご関心の方は是非、ご購読ください!
https://foomii.com/00178/2019092011000058609

/// 発行者より ///

総理「政権中にこれを破棄できなければ、日本はオシマイ」

三橋貴明と総理との会談時で明かされた真実。

●総理が、三橋との会食をオープンに
(世に公開)してまで国民に伝えたかった事とは…?

●この会食で明らかになった、
私たちの邪魔をする[3つの敵の正体]とは?

●2020年に訪れるかもしれない
日本の危機的状況とは一体何なのか?

日本が発端となり、
2008年のリーマンショックが再来する?

などなどメディアが決して報道しない
「安倍総理の告白」と「日本経済2020年危機」
について解説した書籍を出版致しました。

こちらから詳しい内容をご覧ください。
https://keieikagakupub.com/38JPEC/1980/

関連記事

日本経済

【三橋貴明】財政破綻シンドローム

日本経済

【三橋貴明】財務省主権国家

日本経済

【三橋貴明】歴史上最大の危機

日本経済

【三橋貴明】デフレ脱却、積極的財政政策で

日本経済

【小浜逸郎】「骨太の方針」をどう評価するか

【藤井聡】【令和元年9月の予言】これから、多くの政治家・有識者達は令和初頭の経済低迷は消費税でなく「米中経済戦争」や「五輪終焉」等が原因だと主張し始めます。への4件のコメント

  1. たかゆき より

    上乱れれば 下乱れる

    三権分立で ございますので
    どちらが上 とは 申しません

    けど、、

    議員さまたちは 役人さまたちよりも
    上と 勘違いなさっている ご様子

    そして

    嘘つきは 死ぬまで 何度でも 嘘をつく
    たとえば 安倍某

    上が ああですから 下もこれに 倣う。。

    統計という 嘘 を 自由自在に「使いこなして」
    消費税増税後も

    景気は上昇傾向に ある とか
    素敵な 嘘を 垂れ流し

    アホな 国民は それを
    受け入れる んだ べ 

    やれやれ だぜ ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. かずぅ より

    「おはよう寺ちゃん」でも怒りをぶつけていましたねw
    実質賃金が1割下落、他国なら暴動が起きていると。

    思ったのですが主流派の経済学者エコノミストと称する連中、財界や財務省らは共産主義者と似てるなあと。理論通りにやっているのに、現実が目も当てられないほど酷くなっている。その時に彼らは理論ではなく現実が間違ってると考えるのです。だから異を唱える人たちを粛清するんですね。真実を知りたくないから。そして誤りを隠蔽する嘘も平気でつける。新自由主義という宗教に染まったエセインテリは治療不能でも、国民まで道連れにされる筋合いはありません。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. たけちゃん より

    はあ、、、まだ3つの正体等と言ってるんですか?
    第一の敵は着々と独裁体制を固めるアベシンゾーでしょうが。
    ラジオでどれだけ過激な事を仰っても説得力ないですよ、
    藤井さん。
    現に適菜収さんは下ろされたでしょう。
    アベシンゾーは既に貴方を京都大学教授から何時でも解任できる権力を持っている筈ですよ、
    テレビラジオの視聴聴取者は騙せても、
    ずっと流れを見ていた者にとってはガス抜き要員のそしりは免れませんよ。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. 大和魂 より

    このような悲惨になったのも歴代政権と歴代行政の怠惰の結果ですよ。よってこの国家戦略のマズさは、すでに補う事は不可能です。ところであるところでは、財務省や安倍政権を批判しても意味なし的な論調を唱える者が、あるようですが、その前に自らの責任を取って、きちんとケジメをつけるべきが先ではないですか。その確信犯こそ悪夢の中曽根政権でしたね。ならば自滅的な砂上の楼閣を作り出したバカの面々に責任を取らせるしかないわけです。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

まだデータがありません。

まだデータがありません。

最新記事

  1. 日本経済

    【小浜逸郎】エリートたちの思考停止

  2. メディア

    【藤井聡】『防災対策、行政頼み限界』(日本経済新聞20...

  3. 日本経済

    【室伏謙一】実情を無視した消費税軽減税率はかえって消費...

  4. 日本経済

    【三橋貴明】最も少子化を推進した内閣総理大臣

  5. 日本経済

    【三橋貴明】電力は生命維持装置

  6. 日本経済

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その5)東京の消費を...

  7. 未分類

    【施 光恒】公開シンポジウムのお知らせ(中野剛志氏来る...

  8. 政治

    【藤井聡】保守の、保守による、保守のための「安倍晋三総...

  9. 日本経済

    【三橋貴明】裏切りの国民

  10. 未分類

    【三橋貴明】日本人はどこから来たのか?

MORE

タグクラウド