政治

2018年9月12日

【藤井聡】度重なる自然災害。消費「増」税は、極めて難しくなった。

From 藤井聡@京都大学大学院教授

与党・自民党の総裁選では、
来年の消費増税について、
「予定通り行う前提」で、
議論が進められているようです。

石破氏は、
「予定通り実施すべきだ」
と「強い意志」を表明している一方、
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-09-10/PETDED6KLVR401
安倍氏(総理)は、
「消費税は予定通り引き上げたい」
という「希望」を表明しています。

しかし、日本経済は今、
度重なる異常な自然災害によって、
増税が「困難な環境」が生まれつつあるやに
思われます。

未だその被害の全容は明らかではありませんが、
この数ヶ月の間、凄まじい災害が我が国を襲いました。

6月の北大阪地震。

7月の200名以上の犠牲者を出した西日本豪雨。

9月には、関西空港をはじめ大阪湾沿岸各地に大きな高潮被害をはじめとした数々の被害をもたらした台風21号。

そしてその翌日には、凄まじい土砂災害と北海道「全域」の停電(ブラックアウト)をもたらした北海道胆振東部地震。

9月の災害では、関空と新千歳空港が、
一時、同時に完全閉鎖に追い込まれました。

関空の完全閉鎖は、旅客数の減少だけで、
一日で100億円
航空物流への影響も考えれば、
それ以上の経済被害をもたらします。

関空とほぼ同程度の旅客規模を持つ新千歳空港についても
その閉鎖は、同程度の経済被害をもたらし得ます。

北海道地震のみならず、
台風21号による停電も未だに完全復旧していません

結果、各地域の多くの生産施設は、
その生産をストップしたままとなっており、
これもまた大きな経済損失をもたらしています。

西日本豪雨で操業が停止したままの工場等も、
未だ数多く存在しています。

さらには、西日本豪雨と台風21号は、
それぞれの地域の農業生産に大打撃
与えました。

これらの数々の災害による「経済的打撃」は、
我が国経済を「消費増税には耐えられない状況」に、
追い込み始めています。

そもそも現在の日本経済には未だ、
2014年の消費増税の「後遺症」が残存しており、
仮に「災害」も「来年の増税」がないとしても、
10~15兆円程度の財政政策を、
二カ年程度続けなければ、
「デフレ脱却」などできない状況にあったのです。
https://jp.reuters.com/article/c-tax-fujii-idJPKCN1LM0XM

そうした状況に加えて、
さらに自然災害が連発したわけですから、
日本経済はますます
消費増税のショックに耐えられないものと
なってしまったと考えざるを得ません。

確かに一つ一つの被害は、
東日本大震災よりは
小さいのかも知れません。

しかし、二つの大空港の閉鎖や、
一つの地域のブラックアウト、
そして、豪雨、高潮、地震による
各地の生産施設破壊が
日本経済に及ぼすトータルの被害は決して
無視できるものではないのです。

しかも、このまま政府が増税に踏み切れば、
被災地は豪雨や高潮、地震
といった自然災害の被害を「上塗り」するように
「増税による被害」を受けることになるでしょう。

つまり、日本のマクロ経済の状況を考えても、
そして、被災地復興の視点で考えても、
消費増税を「今」行うことは、
大きな「禍根」を残す事になることが、
真剣に危惧されるのです。

上述の様に確かに、現総理は、

「消費税は予定通り引き上げたい」

という「希望」を表明してはいますが、
現実の経済状況を踏まえれば、
その希望は「叶わぬもの」となる可能性は、
十分にあり得るものと思われます。

もちろん今回の総裁選の結果がどうなるか、
現時点では分かりかねますが、
どういう結果になろうとも、
今後のマクロ経済の動向、
ならびに、復興の状況を加味した、
将来に大きな「禍根」を残さぬ、
臨機応変、かつ、適切な政治判断が下されん事を、
心から祈念したいと思います。

追伸:
今、必要なのは、被災地支援と災害復旧ですが、
次に必要なのが、来たるべく災害対策のための「強靱化」。
今、為すべき強靱化とは行った如何なるものか・・・・
で、その概要を表現者クライテリオンメルマガで
http://www.mag2.com/m/0001682353.html
ガッツリ論じました。是非、下記をご一読ください!
https://the-criterion.jp/mail-magazine/m20180910/

関連記事

政治

【三橋貴明】全道ブラックアウトと発送電分離

政治

[三橋実況中継]需要から目を背けている

政治

【佐藤健志】熊本地震発生にかんがみ、消費税率の引き下げを!

政治

【上島嘉郎】多謝!台湾

政治

【藤井聡】「強靭化目標」は「プライマリーバランス制約」でなく「科学的リスク」に基づいて定めよ

【藤井聡】度重なる自然災害。消費「増」税は、極めて難しくなった。への5件のコメント

  1. コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 拓三 より

    もう、希望的観測でしか未来を語る事が出来ませんな…..

    笑うしかないか。ガハハハハ !

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. たかゆき より

    一期は夢よ

    真に受けるから 腹も立つ

    落語の世界に迷い来んで 

    しまった と おもえば 笑いのタネには 事欠かぬ。。。

    このくには 不思議の国で ありんす 、、

    また 詰まらぬ事を 言って しまった ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. 日本晴れ より

    この状況で消費税増税なんて言ってる事が不思議でしょうがないです、むしろ減税をすべきでしょう。国土強靭化の推進も含めて
    安倍総理や石破茂の認識はおかしいと思います
    この期に及んで増税する庶民や一般人の負担を強いるなんて
    むしろ減税すべきだと思います。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【saya】日本屈指のブラジルタウン大泉町の現状を見よ

  2. 2

    2

    【藤井聡】政府の消費増税対策は、残念ながら「全く不十分」であ...

  3. 3

    3

    【三橋貴明】歴史に蔓延る嘘

  4. 4

    4

    【三橋貴明】国内外の「嘘」という問題について

  5. 5

    5

    【三橋貴明】日本には政府の投資計画が必要

  6. 6

    6

    【三橋貴明】結論が決まった世界

  7. 7

    7

    【藤井聡】安倍内閣は、「コンクリートから人へ」継続内閣である...

  8. 8

    8

    【藤井聡】「10%消費増税」が日本を滅ぼすメカニズム ~京都...

  9. 9

    9

    【竹村公太郎】海面上昇は本当か?

  10. 10

    10

    【三橋貴明】政府の統計操作の三大手法

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】安倍内閣は、「コンクリートから人へ」継続内閣である...

  2. 2

    2

    【saya】日本屈指のブラジルタウン大泉町の現状を見よ

  3. 3

    3

    【藤井聡】新しい御代をお迎えする2019年、最大の争点は「消...

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】急激な格差社会化が進んだ平成時代

  5. 5

    5

    【藤井聡】「トリプル」リーマンショック・リスク~「年末株価の...

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】日本には政府の投資計画が必要

  2. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】歴史に蔓延る嘘

  3. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】国内外の「嘘」という問題について

  4. 日本経済

    【三橋貴明】結論が決まった世界

  5. 日本経済

    【藤井聡】政府の消費増税対策は、残念ながら「全く不十分...

  6. 政治

    【saya】日本屈指のブラジルタウン大泉町の現状を見よ

  7. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】政府の統計操作の三大手法

  8. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】政府が食の安全を守らないならば

  9. 未分類

    【竹村公太郎】海面上昇は本当か?

  10. メディア

    政治

    未分類

    【上島嘉郎】西郷隆盛が語る「国の本体」

MORE

タグクラウド