日本経済

2017年8月29日

【藤井聡】政府が定義する「デフレ脱却四指標」からみて,日本は明確に「デフレ」です.

From 藤井聡@京都大学大学院教授

今の「景気」について,霞ヶ関,永田町の方々と意見交換をしていて驚くのが,「4-6月期の成長率が4%もあるんだから,今,景気はいい感じですよね.だからもう,補正予算なんて,景気刺激策としてやらなくてもいいでしょう」という論調が「支配的」であるという点です.

ですが,「前期比」の「実質成長率」が仮に良好な水準であっても,「前年同月比」で見れば,成長率はまだまだ不十分な水準にあり,かつ,「デフレータ」(物価)について言えば,前年同月比で「マイナス」の水準にあるわけですから,決して「良好」「好調」とは言えないというのが,「日本経済の真実の姿」です.

しかも,政府が正式に設置している,「デフレ脱却の四条件」に照らしてみれば,我が国はまだまだ「デフレ」中であることが,明々白々となります.

そもそも我が国政府は,2006年の3月28日に,「デフレ脱却」を「物価が持続的に下落する状況を脱し,再びそうした状況に戻る見込みがないこと」と定義し,この定義に基づき,以下の「デフレ脱却四条件」を定めています.

①CPI(消費者物価指数)
②デフレータ
③需給ギャップ
④単位労働コスト

この四指標がいずれも,デフレで「ない」ことを同時に指し示せばはじめて,デフレではないと判定することができる,ということになります.

「①CPI」は,消費者にとっての物価指数.この変化率がプラスとなり,上昇していく事を示せば,デフレで「ない」という判断を支持します.

「②デフレータ」も物価の尺度ですが,これは日本国内のあらゆる財とサービスの価格のトータルとしての物価を意味するもので,これももちろん,その変化率がプラスとなれば,デフレで「ない」という判断を支持します.

「③需給ギャップ」は,デフレギャップ,あるいはGDPギャップとも言われますが,需要と供給の格差を言うもので,需要が供給より少なければデフレ,その格差が解消すればデフレでは「ない」という判断を支持します.

「④単位労働コスト」は,要するに賃金(名目雇用者報酬を実質国内総生産(GDP)で割った値).これが上がらなければデフレ,あがってくればデフレで「ない」という判断を支持します.

では,この四尺度の最新動向を確認していきましょう.

まず,「①CPI」については,ここ最近マイナスで推移していましたが,直近では幾分「プラス」の水準(+0.1%)となっています.

ですが,+0.1%程度の上昇率では,力強い「プラス」だとは到底言えません.つまり,CPIは「デフレ脱却」の兆候を示しているわけではありません.

「②デフレ―タ」については前期比ではかろうじてプラス(+0.2%)になっていますが,前年同月比で言えば「-0.4%」という水準.つまり,デフレ―タは「デフレ脱却」の兆候を示してはいないどころか,未だ「デフレ継続中」であることを示しています.

「③需給ギャップ」については,マイナス(つまり,需要不足)の領域を推移していましたが,ようやく「ゼロ」になっています.これはつまり,デフレギャップが無くなった,と言うことを意味しています.

しかし,未だ「プラス」に転じているわけではありませんから,「デフレ脱却」の兆候を示しているわけではありません(しかも「平均概念」のギャップ値ですから,本来の「デフレギャップ」は,未だ存在することは間違いありません).

最後に「④単位労働コスト」については,下記グラフから明白なとおり,(前年同月比での)増加幅が,過去一年以降徐々に縮小し,本年第一四半期にはついに「マイナス」となっています.つまり,単位労働コストの視点から言えば,未だ「デフレ」状況であるという判断を支持しているのです.

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-05-31/OQR1UM6KLVR401#media-4

このように,「デフレ脱却四指標」に基づけば,デフレ脱却だと言うことを示す指標は一つもないのです.

むしろ,デフレータや単位労働コストの視点から言えば,「デフレ継続中」であることが示されているのです.つまり,マクロな視点からの物価(デフレ―タ)も賃金(単位労働コスト)も共に「下落」しつつあるのが,最新のマクロデータが示している,我が国経済の現状なのです.

日本国民,とりわけ,政府関係者は,自ら定義したこの「デフレ脱却四指標」の観点から,日本はまだまだデフレ中なのだということを,しっかりと認識することが,必要です.

関連記事

日本経済

【藤井聡】「目標成長率シーリング」を実現せよ 〜骨太2018に基づく、日本を救う具体的戦略〜

日本経済

【藤井聡】「所得」ターゲットへと転換した「アベノミクス2.0」

日本経済

【三橋貴明】「デフレは貨幣現象」で五年間を無駄にした日本

日本経済

【青木泰樹】「骨太の方針」の破壊力

日本経済

【三橋貴明】堂々と公共事業の推進を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

まだデータがありません。

まだデータがありません。

最新記事

  1. 歴史

    【三橋貴明】石の文明、木の文明

  2. 日本経済

    【三橋貴明】安倍政権のインバウンド観光戦略のおぞましさ

  3. 日本経済

    【小浜逸郎】災害対策、防災対策にMMTを!

  4. 日本経済

    【藤井聡】消費増税に対して「万全を期す」という政府答弁...

  5. 日本経済

    【室伏謙一】公務員叩きは日本の土台の破壊につながる

  6. 政治

    【三橋貴明】正当な政策を、正統に実現する

  7. 政治

    【三橋貴明】日本の民主制と皇統

  8. コラム

    【竹村公太郎】宿命の治水:湿地の日本文明

  9. 政治

    【施 光恒】ビジネスと政治の癒着に厳しい目を

  10. 日本経済

    【藤井聡】「麻生大臣のMMT批判はまるで『喜劇』である...

MORE

タグクラウド