政治

2017年11月14日

【藤井聡】スラムに消えた情けない男の話

From 藤井聡@京都大学大学院教授

今、日本が置かれている状況をきちんと理解していない国民がどうやら大多数のようです。このままでは、日本は核攻撃に曝されてしまうという最悪の事態に陥りかねません。
https://38news.jp/asia/11168

もうしようがありませんので、今日は、少々現状をデフォルメしてつくった架空の「昔話」を一つ、お話したいと思います。

題して、『スラムに消えた情けない男の話』

是非ご一読ください。

───────────────────────
【親分に媚びて生きている男】
むかしある街に、情けないひ弱な男が一人住んでいた。

この男、小金だけは貯め込んでいるようだが、自分一人ではケンカもできないし、まともに他人と交渉することもできない。できることと言えば「親分」に媚びて親分に面倒をみてもらうことくらいだった。

その「親分」、大金持ちで腕っ節の強く、街でいつも一番デカイ顔をしていた。

ひ弱な男はそんな親分の周りをいつも、まるで子犬のようにまとわりついていた。小金を使ってあの手この手で媚びながら、何かあったら親分に泣きついてやっかい事を処理してもらっていた。

その媚びっぷりはまさに街一番。だから町の中ではいつも、侮蔑の目で見られ、どこにいっても何をやってもいつも、軽く小馬鹿にされながら生きているーーー彼は正真正銘、小金もちなことだけが唯一の取り柄の街一番の情けない小物だった。

【凶暴な隣人】
そんな彼の家の隣には、すこぶる凶暴な質の悪いチンピラが住んでいた。

この凶暴なチンピラ、時折、ひ弱な男の家にやってきてモノを盗んでいったり、気に入らない事があればすぐに暴力で威嚇してくる困った奴だった。

そんなある日、このチンピラがなにやら怪しげな「武器」をいくつもいくつも作っていることが分かった。まだ全て完成しないようだが、隣の男を半殺しにできる程度の力はもう身につけているようだった。

だからそのひ弱な男はもう、恐ろしくて凶暴な隣人に何の手出しも出来ないーーそんな状況となってしまっているのだった。

【凶暴なチンピラが「親分」に一か八かのケンカを売る】
ところがそのチンピラ、今度は「親分」にケンカを売ろうとしていることが分かってきた。

このチンピラ、この街で生きて行こうとすれば、この親分の言いなりになっていてはそのうち殺される、だったら、一か八かこの親分にケンカを売って、もう自分には手出しできない様な「凄い武器」をつくっておこう、と考えたようだ。

つまりこのチンピラ、自分の生き残りをかけて親分に手出しさせない凄い武器を作り上げてしまおう、という博打に打って出たわけだ。

とはいえ今の所、その凄い武器はまだ完成していないようだ。が、その凄い武器の完成も時間の問題のようだった。

【親分、チンピラを潰す事を決める】
そんな話を耳に為た「親分」はもちろん、黙っちゃいない。

「今のところあのチンピラの武器は、あの情けない俺の子分を半殺しにできるようだが、俺の身はまだ安全なようだ。だったら、まだ俺のところまであいつの武器が届かないうちに、潰しておかないと、俺の身がヤバくなる。今潰しておかなきゃいかん。」

そう考えた親分は、今のうちにそのチンピラをぶっ潰しておこうと決めた。

とは言え、一つだけやっかいな事がある。

「おそらく俺があのチンピラに攻撃を仕掛けたら、おそらくあいつはすぐに反撃に打って出て、俺の子分のあの情けない男をすぐに半殺しにしてしまうだろう。」

この親分にしてみれば、あの子分はまずまず使い勝手もよく、小金も持っているから重宝していたのだから、半殺しにされて、もう使い物にならなくなるのは少々もったいない──とはいえ背に腹は代えられない──自分が将来やられちまう事を考えればあの少々便利な子分ごとき、半殺しの目に遭おうが消えて無くなろうがまぁ、たいした事じゃない──そう考えた親分は、かの「情けない男」を呼びつけてこう言った。

親分 「おい、あのヤバイおまえの隣人、あいつは俺を攻撃する武器を作ってるようだ。それが完成すりゃ、俺は何をされる分かんねぇ。だから俺はもう、あいつをぶっ潰すことにした。お前も俺に協力しろ。分かったな。」

子分 「はい、親分がそうおっしゃるなら、分かりました。喜んで協力します!」

親分 「もちろん、あいつは反撃してくるだろうけど、大丈夫だ。俺がおまえを守ってやるから。心配するな。安心しろ。」

子分 「なんとお優しいお言葉! 分かりました、ありがとうございます!」

【媚びてばかりで、完全な馬鹿になっていた子分】
もちろん、「大丈夫だ、安心しろ」という「親分」の言葉はウソだ。そんな保証なんてどこにもない。もうその凶暴なチンピラは、情けない子分を半殺しにできる力を身につけてるんだから、攻撃を仕掛けりゃ、その子分は半殺しにされるに決まっている。

だけど子分は、「はい、分かりました」しか言いようがない。ここで親分に盾をついたら、何をされるか分からないからだ。今までずっとイエスマンとして親分の言いなりになってきたその情けない男にはもう、他に残された道などどこにもないのだ。

というよりも、自分で考える力も気力もなくなっているから、親分が大丈夫だって言ってるんだから、大丈夫なんだろう──と馬鹿丸出しで思っているようだった。

その馬鹿っぷりに、町中の人々が唖然とした。半殺しにされるのに、何が「なんとお優しいお言葉!」だ。こいつは馬鹿か──? 皆そう思った。

ただし一番びっくりしているのが、その親分自身だった。

「こいつ、ホント馬鹿だなぁ。半殺しにされるのは俺じゃ無くてお前なんだぞ? なのに、やけに素直に俺の協力するって、しかも『なんとお優しいお言葉! ありがとうございます!』ってまでいってやがる。

とはいえまぁ、こんな都合のいいこたぁねぇ。たっぷりと自ら進んで必死に協力してもらって、半殺しになってもらって全部こいつの自己責任、ってことにしておきゃぁ、それでいいだろう。ほんと馬鹿だなぁこいつ。」

【情けない男、案の定、半殺しにされ、スラムに消える】
──かくして、「親分」は、子分の全面協力を得ながら飛び道具で攻撃をしかけた。

そして案の定、その凶暴なチンピラは反撃をしかける。無論その反撃は「親分」に対してではない。我らが「情けない男」に対してだった。結果、情けない男は誠に情けない事に半殺しの目にあわされ、もう再起できないほどの深手を負うこととなった。

しかしこのケンカそのものは、圧倒的に力の強い親分が勝ち、最後にはチンピラは完全に潰されてしまった。その後、そのチンピラの家は、この親分と、隣町の親分とでうまく相談しながら、運営していく事になったようだ。

その後、その哀れな情けない男がどうなったかと言えば──当然誰からも同情されはしなかった。馬鹿丸出しで親分にひっついていって、誰もが予想したとおりに半殺しにされたんだから、誰の目から見てもはっきりとしたいわゆる自己責任、ってやつだ。

もちろん、もうどうしようもないから誠に情けない事に「助けてださい」と親分や周りの人々に泣きついて回ったようで、ちょっとした小銭を何人かから恵んでもらったりはしたようだが、それでは焼け石に水。

結局この情けない男、ちゃんとした病院に行くこともできず、半身不随になって自分でカネが稼げない体になってしまったようだった。だからこの男が生きて行くためにどうしても必要だった「カネ」まで全て失うことになった。

どうしようも情けない男だが、ちょっと前なら「小金」を持っていたから少々ちやほやされることもあった。親分にかわいがられていたのも、そんな「小金」があったからだ。だけど、その頼みの綱の「金」すらなければ、一体誰が彼に見向きするというのか。そんな媚びる以外に何の才能も無いような男に──。

だから今や、その男がどこで何をしているのかを知る人など、もう誰もいない。最近聞いた風の便りでは、隣町のスラム街で、その地区のボスになけなしの金を使って媚びながら生き続けているという事だが──それが本当かどうかも、もう誰にも分からない。

関連記事

政治

[三橋実況中継]ダイバーシティ(多様性)

政治

【三橋貴明】堂々と公共事業の推進を

政治

【三橋貴明】ハンガリーと主権、国民国家

政治

【三橋貴明】銃弾が英国や世界の歴史を変えるのか?

政治

【島倉原】グローバリズムの軌道修正?(その2)

【藤井聡】スラムに消えた情けない男の話への10件のコメント

  1. 卓也 より

    情けない小男のなかで揺れ動く「自立心」と、70年前に芽生えた「破滅願望」!
    強い親分に付き従うなかで膨れ上がる無気力の闇!
    自分という存在が消えゆく中で、
    小男がとった最期の行動とは――……?

    2017年冬公開予定、乞うご期待!!

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. はっちゃん より

    この男がどうするべきだったかを普通に考えれば、日頃から努力して力をつけておくべきだったし、親分が何と言っていたとしても、親分がチンピラに攻撃を仕掛ければとばっちりで大けがすることや親分が言う「守ってやる」という言葉が嘘であることぐらいは理解するべきだったでしょう。なぜこれができないのか。
    私、また後で恥ずかしくなると思いますが書かせていただきます。こんな番外編も想像してみました。
    この「情けない男」には顧問コンサルタントがついていました。このコンサル、子供のころから勉強ができてイイ大学を出ていますが一方で非常にプライドが高くて傲慢で打算的で権力志向です。それゆえ世渡りがうまく出世しています。しかし、実はとても短絡的で思い込みが激しいのだということに「情けない男」は気づいていません。「イイ大学を出て出世している人に限ってそのようなことがあるはずがない」などと思うこの男もやはり思い込みが激しく、短絡的なのかもしれません。このコンサルが男にささやきます。「親分には心の底から服従しておいた方が良いよ。」「隣のチンピラは関わり合うと後がややこしいからやられても黙っておいた方が良いよ。」「こういう時は金で解決しておいた方が良いよ。」「あなたには才能がないのだから商売も小さくしていった方が良いよ。」などなど。物事を考えたり判断したり責任取ったりすることに関して全く他力本願な「情けない男」はこのコンサルタントに依存し頼り切っています。実は男がどうなってもこのコンサルは何の責任も取らずに逃げてしまうことには考えを置かず。これでは結果が見えています。
     この男が第一歩目に何をすべきだったか。私は、自分のことは自分で考え判断し、責任を取るという心構えをすることなのだと思います。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. momo より

    この寓話はそのとおりだと思います。心配もよく分かります。
    ただ、藤井さんは内閣参与なのだから、安倍さんか誰かに「このままじゃあかんよ」って訴えてもらえませんか?

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. 赤城 より

    これは親分と子分という立場でもあるけど親分は子分を作った親でもある。
    これが子分のさらに甘えという弱点を強烈に誘っているんだろうとも思われるのです。
    あなたが生んだ国ですから死ぬまで責任持って守ってくださいみたいな救いがたい愚かな幼児性「甘え」を日本人の弱い性質から滲み出させているとも感じてきたのです。
    親どころか強制的に国家を殺してさらに民族を弱体化していこうとして生み出された人工的実験傀儡国家みたいな異様な国家に改造されたその鬼畜親にもかかわらず。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  5. mura より

    藤井先生のたとえ話は、今日本に迫っている危機的状況を理解させるにはとても分かり易いと思います。が、1点重要な点で誤解が生じ兼ねない事が気になります。それは「チンピラが凄い武器を作る意図が、親分に喧嘩を売ると言う攻撃的なもの」と言う印象がある事です。現実は、少し違うように思えます。チンピラは親分を恐れていますので、積極的に喧嘩したいのでは無いと思います。ただ、チンピラですから威勢を張り、恐れている素振りは見せません。でも本当は恐れている筈です。チンピラが凄い武器を作る意図は、あくまで自衛手段だと思います。凄い武器で隣人や親分を支配しようと考えているとは思えません。現在、核武装により他国を侵略支配出来る国は存在しません。核武装している全ての国は、あくまで自衛の為で所謂核抑止論の言う自衛的手段になっています。詰まり、親分がチンピラを潰しに攻めてこない保証が得られれば、チンピラは凄い武器を作る必要が無くなります。しかし、親分はそうした約束を常に破ってきた経歴があり、チンピラは、親分の約束など容易に信じられない状況にあります。この問題は、本質的には親分とチンピラの喧嘩以外の何物でも無い事を、冷静な部外者 (親分、子分、チンピラ以外の世界の人達)は理解しています。賢い子分であれば、冷静な部外者同様に、親分と子分の喧嘩を終わらせる事に尽力すべきだと思えます。喧嘩を終わらせる方法ですが、チンピラが凄い武器を持つのはあくまで自衛であり、他国侵略・支配では無いとしたら、取り敢えず凄い武器はそのままで、一旦仲直りすべきと思います。チンピラが凄い武器を持っている以上、親分は何時もの様に約束を破って攻めてくる事はしないのでは?この状態で、チンピラがある程度更正すれば、親分がチンピラを責める理由も薄れ、それをチンピラ(元チンピラ)も悟れば、凄い武器を放棄する可能性も無いとは言えないのでは?現在、北朝鮮以外にも、核武装してほしくないのに核武装している国があります。それらの国が喧嘩相手に対する自衛以外の目的で、他国を侵略支配するような事は起きていません。重要なのは、「凄い武器を持つよりも、親分と仲直りして、経済発展に努める方が、チンピラにとっても良い事である」と、チンピラに気付かせる方向で、周りの人達が働きかける事ではないでしょうか?中国やロシアと言った国は、この考えの様に見えるのですが?

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  6. YOJ1967 より

    平和を愛する諸国民に信頼して全てを委ねていれば平和でいらあれる。話し合えば必ず分かり合える。

    そんな風に幼いころから洗脳教育を受けてきたから、なかなか目覚めるのは難しい。

    でも、きっと一度痛い目にあえば必ず日本人は目覚める。
    その一度の『痛い目』が致命傷の大ダメージにならないことを祈るばかり。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  7. minmin より

    日本人は中国や北朝鮮がろくでもない国だとかダメだとか見下していますが、
    確かにろくでもない国なんですけれども、「日本を滅ぼす」という事に関してだけは、間違いなく実行できる力を持っています。

    その後にアメリカから報復があるだろうから攻撃に踏み切れないだろうというのは甘い推論です。その後の事なんて考えても無意味です。やられたら終わりです。
    だからこそ、やられないための万全の準備が必要です。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  8. クレヨン より

    今は、「お前ら、なんも分かってねえな。馬鹿だなあ。」と言って、何かやった気になっている場合ではなく、自らの言論を核危機一色に染め上げるべき時であり、危機意識が深まる前と後で一ミリも変わっていない政策提言の内容を大幅に変更すべき時であり、長年研究してきたものを全て捨てる覚悟で一から見直すべき時であり、大阪都構想騒動の時そうしたように、自分に何ができるのか、何をすべきなのかを真剣に考え、果敢に行動するよう、日本の全学者に呼びかけるべき時なのではないですか?

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. クレヨン より

        追伸。このようなことになった主な原因は、日本人以外の者の行いにあることから、日本を見殺しにした場合、生き残った日本人の中から、人類の早期絶滅を全力で目指す者が、少なからず現れる可能性があるということを、彼らにお伝えください。

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】「10%消費税」が日本経済を破壊する―――そのメカ...

  2. 2

    2

    【小浜逸郎】消費税制度そのものが金融資本主義の歪んだ姿

  3. 3

    3

    【三橋貴明】残酷な消費税を本当に増税するのか

  4. 4

    4

    【三橋貴明】三橋TV始動(前編)

  5. 5

    5

    【三橋貴明】三橋TV始動(後編)

  6. 6

    6

    【三橋貴明】消費税のもう一つの「重大な問題」について

  7. 7

    7

    【上島嘉郎】ごまめの歯軋りでも

  8. 8

    8

    【藤井聡】「消費増税」すれば、「税収」が減ってしまいます。

  9. 9

    9

    【藤井聡】「反緊縮」は「反グローバリズム」と共に進めよ ~第...

  10. 10

    10

    【藤井聡】消費税は、「10%はもうしようがない」と諦めれば、...

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】10%消費税増税の「凍結」:風は少しずつ、しかし「...

  2. 2

    2

    【藤井聡】「10%消費税」が日本経済を破壊する―――そのメカ...

  3. 3

    3

    【藤井聡】国土強靱化2.0:「財政」でなく「安心」のための防...

  4. 4

    4

    【藤井聡】「反緊縮」は「反グローバリズム」と共に進めよ ~第...

  5. 5

    5

    【藤井聡】消費税は、「10%はもうしようがない」と諦めれば、...

MORE

最新記事

  1. アジア

    【三橋貴明】帝国と民主国家の最終戦争が始まる

  2. 日本経済

    【三橋貴明】食の安全

  3. 日本経済

    【三橋貴明】消費税のもう一つの「重大な問題」について

  4. 政治

    【上島嘉郎】ごまめの歯軋りでも

  5. 日本経済

    【小浜逸郎】消費税制度そのものが金融資本主義の歪んだ姿

  6. 日本経済

    【藤井聡】「10%消費税」が日本経済を破壊する―――そ...

  7. 日本経済

    【三橋貴明】残酷な消費税を本当に増税するのか

  8. 日本経済

    【三橋貴明】三橋TV始動(後編)

  9. 日本経済

    【三橋貴明】三橋TV始動(前編)

  10. 日本経済

    【三橋貴明】官も民も等しく良くもあり、ダメでもある

MORE

タグクラウド