政治

2016年10月11日

【藤井聡】 なぜ、「豊洲・炎上劇場」では「デマ」がまかり通るのか? 〜「物語分析」の視点から〜

FROM 藤井聡@内閣官房参与(京都大学大学院教授)

———————————————

【PR】

日本が国連に2億ドル払える理由
財政赤字国のどこにそんな大金が?
TVが放送を自粛する意外な真実とは
http://www.keieikagakupub.com/sp/38DEBT/index_mag.php

———————————————

今、豊洲が「炎上」しています。

ところが、豊洲市場は、複数の「市場問題PT」の専門家の見解によれば、決して不衛生でも危険とも必ずしも言えないようなもののようです。
http://www.j-cast.com/2016/09/29279374.html?p=all
https://www.facebook.com/Prof.Satoshi.FUJII/posts/876974765736801

つまり、その炎上の根幹にある「豊洲はヤバイ」という信念は、「デマ」である疑義が濃厚なのですが、それにも関わらず、なぜ、豊洲が今、危ない、不衛生だと「炎上」してしまっているのしょうか?

以前、この「謎」を解くために、社会心理学を使った解説をお話ししましたが、
http://www.mag2.com/p/money/23270

今回は、さらに大きな視点からこの問題を考えるため、社会現象を「物語」として解釈して全体を把握するという「物語アプローチ」(narrative approach)を使って考えてみたいと思います。
http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/archives/116
http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/images/stories/PDF/Fujii/201101-201106/research/fujii_narrative.pdf

・・・

この豊洲炎上問題、その事の発端は、小池知事が「改革派知事」として、有権者と日本中の期待を集めて勝利した都知事選挙の

「翌朝」

に、行った記者会見にあります。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201608/CK2016080102000232.html

小池知事は、日本中が注目する選挙の興奮冷めやまぬ8月1日の朝、大量のカメラと取材陣の前で宣言します。

「(築地市場の江東区豊洲への移転に関して)いったん立ち止まって考える。都民の食に関係するので、確認して結論を出していきたい」

そもそもこの豊洲問題は、長年もめにもめた事案で、未だに反対する声も根強く残っている案件で、選挙時の争点の一つでした。つまり、そこに炎上する

「火だね」

があったわけです。

マスメディアは、この問題にもちろん、飛びつます。その時の彼らの「ノリ」(プロット=脚本)はもちろん、次のようなもの。

「“悪い”舛添をみんなの力で追い出した後に、みんなが誕生させた小池知事。この善玉の小池知事は、どんな凄い劇を見せてくれるんだろう!?」

こうしたマスコミ世論の「ノリ」によって、豊洲を巡る「火だね」は徐々に大きくなっていきます(その様はまるで、アメリカン・プロレスWWF、の風情です)。

まず、「内田氏を中心とした古い抵抗勢力」が登場し、「都議会の闇」が演出され、小池知事就任後一月間は、小池知事の抵抗勢力との「たたかい」が描写されていきます。
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/187918
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/188745/1
http://www.sankei.com/premium/news/160820/prm1608200037-n3.html

そして小池知事は、一月間の「たたかい」を経て、抵抗勢力に打ち勝って、「移転延期」を宣言します。
http://www.sankei.com/life/news/160830/lif1608300028-n1.html
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/188895
http://www.j-cast.com/tv/2016/09/08277470.html?p=all

ただし、内田氏を中心とした抵抗勢力のパワーは強く、小池知事の「たたかい」もすんなりと進むわけではありません。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49600
https://www.youtube.com/watch?v=bUkTPA1gntQ

そんな戦いのさなか、知事からの反対勢力への「強烈な一撃」として繰り出されたのが「豊洲の地下空洞問題」でした。
http://www.sankei.com/politics/news/160910/plt1609100021-n1.html

この

「一撃」

が決定打となり、マスコミ世論は大いに盛り上がります(まさにプロレス)。当初は小さな「火だね」に過ぎなかったものが、ここで一気に大きな炎へと、「炎上」していきます。

TVでは連日、文字通り、朝から晩まで、豊洲の地下空洞が危ないだの、強アルカリだの、基準値を超える汚染物質だの、不衛生だのといった発言が繰り返されていき、それが今日に至っている――という次第です。

・・・

以上は、単なるマスコミ世論の「プロット(脚本)」にすぎず、「真実」と一致する保証はありません。

そもそも、物語研究では次の様な事が明らかにされています。つまり、「物語」を作るとき、辻褄の合わない要素はそれが仮に真実であったとしても徹底的に無視され、隠蔽され、抑圧される、という社会学的なパワーが強烈に働く、という真理です(その最悪のパターンが、言論弾圧、です。例えばコチラ http://ja.yourpedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E9%83%BD%E6%A7%8B%E6%83%B3%E8%A8%80%E8%AB%96%E5%BC%BE%E5%9C%A7%E4%BA%8B%E4%BB%B6)。

事実、小池知事の豊洲移転の延期宣言直後から、理性的には、移転延期は正当化できない、むしろ、豊洲は、少なくとも築地よりも衛生的なのだから、移転を迅速に進めるべきではないか、という声が明確に存在していました。

「築地市場の豊洲移転延期 小池都知事の剛腕に大義なし」
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/100452/090400012/?rt=nocnt

こうした声は、地下空洞の暴露という小池知事の強烈な「一撃」によって、一旦はかき消され、マスコミ世論の「プロット」(脚本)に沿った専門家発言が、メディア上で垂れ流される状況になっていきます。

(ネット上にTV番組情報がシステマティックには掲載されていませんが、例えば下記の一般の方のブログに等、ご参照ください。
http://blog.goo.ne.jp/moja_gd/e/573b0f5ea1fc6a165bb30cd699ae37fa
http://blog.goo.ne.jp/moja_gd/e/300bb63940b19e206d3a02230d7a93f9 )

しかし、マスコミ世論のプロット(脚本)の正当性を脅かす「豊洲の地下空間・ピットは、実は技術的に見れば衛生的、かつ、安全だ」という技術論がメディア上でも指摘されるようになります。

「豊洲新市場の地下室は、盛土よりも衛生的で安全である、という技術論」
http://www.mag2.com/p/money/22807

「豊洲地下空間、「作ったのは英知」 都の有識者会合で委員が絶賛」
http://www.j-cast.com/2016/09/29279374.html?p=all

「豊洲・6人に緊急アンケート!築地移転はどうなる?」(TV上で豊洲が危ないという技術情報を提供し続けている“専門家”1名を除く、全員が豊洲の安全性を主張)
http://e.jcc.jp/news/11417155/

そうした流れを受けて、先日の10月9日には、上記の「小池劇場」のプロット(脚本)の世論形成にも大きな役割を担ってきたTVタックル(テレビ朝日)にて、これまでのプロットの正当性を脅かす技術論が、改めて放送されました。
https://www.facebook.com/Prof.Satoshi.FUJII/posts/877282985705979?pnref=story

この技術論の解説に耳を傾けていたビートたけしさんは、次のように発言します。

「これ見て、『ちゃんとしてるじゃないか』ってなっちゃうと、われわれはどうなっちゃうの?」

同じく、阿川佐和子さんも、次のように発言されました。

「ちゃんとしてる――、どうすんの?」

これはまさに、これまで、使ってきたプロット(脚本)が覆され、途方に暮れる状況を、(笑いの形で)端的に表すものと言えるでしょう。

事実、その直後には次の様な会話がスタジオで展開されました。

たけし 「豊洲万歳!」
阿川 「よかったね!」
たけし 「よかったよ」
藤井 「これは要するに、都民は『勝手に安全にしやがって!』って怒っている状況なんです」
せいじ 「ピットはね、全部にあるのは僕よく知っています。若手芸人がピットの掃除をするんですよ。ぜひね、このままで行ってください、これは!」

これはまさに、たけしさんを中心としたTVタックルの議論のプロットが、これまでの桝添悪玉論に端を発する小池劇場プロットから、別のプロット(豊洲実は安全じゃん、プロット)へと「転換」した瞬間がそこに訪れた事を示しています。

(なお、この番組時の藤井発言の細かい技術的補足は、下記をご参照ください。
https://www.facebook.com/Prof.Satoshi.FUJII/posts/877282985705979?pnref=story

もちろん、TVでは連日朝から晩まで大量の情報・報道が流されており、これまでのプロット(脚本)に沿った論調がこれからも繰り返されていくことは想像に難くありません。しかし、ここに来て、マスコミ世論のプロット(脚本)も、方向転換を余儀なくされつつあるのかもしれません。

事実、TVタックル以外でも、次のような、これまでの小池劇場の「炎上」とは真逆(正反対)の「逆炎上」が生じているのです!

『炎上した「豊洲市場の柱の傾き」報道 フジテレビが「真摯に反省」した1分半の検証』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161009-00010000-bfj-soci&p=1

もしも、小池劇場のプロットの「炎上パワー」がこれまで通り強烈なものであったら、こうした「逆炎上」は生じなかったでしょう。

つまり、上記のTVタックルでのたけしさんやせいじさんの発言や、この逆炎上現象は、ここに来て小池劇場プロットの勢いが弱まり、「真実」が少しずつ力を持ち始めてきていることの証左と言えるかも知れません。

いずれにせよ、現代は好むと好まざるとに関わらず、「炎上」が大きな力を持つ時代。。そんな世の中で、ウソやデマに惑わされないためにはどうすべきなのかがますます重要になってきています。

そんな一つの答えが、本稿で紹介したような、「物語分析」の視点から一つ一つの報道や情報を、相対的、俯瞰的な視点から読み解く、という方法だと思います。ぜひとも読者各位も、こうした視点も含め、報道と情報の洪水に溺れないリテラシーを身に付けて頂きたいと思います。

PS1. 以上は「社会学的視点」のマクロ分析ですが、「心理学的視点」のミクロ分析にご関心の方は、下記も合わせてご参照ください。
http://www.mag2.com/p/money/23270

PS2. こうした分析に、「学術的」にご関心の方は、下記書籍を是非一度、じっくりとご一読ください。
https://goo.gl/C4GnD9
ならびに
https://goo.gl/QL5lzC

ーーー発行者よりーーー

【PR】

日本が国連に2億ドル払える理由
財政赤字国のどこにそんな大金が?
TVが放送を自粛する意外な真実とは
http://www.keieikagakupub.com/sp/38DEBT/index_mag.php

関連記事

政治

【上島嘉郎】「慢心した坊ちゃん」の時代

政治

【施 光恒】ビジネスマンの世間知らずが日本を滅ぼす

政治

【三橋貴明】マスコミはスティグリッツ教授の提言をどう報道したか

政治

【青木泰樹】100回の嘘と101回の正論

政治

【三橋貴明】「いわゆる国の借金」のプロパガンダを潰す

【藤井聡】 なぜ、「豊洲・炎上劇場」では「デマ」がまかり通るのか? 〜「物語分析」の視点から〜への9件のコメント

  1. 日本晴れ より

    >マスメディアは、この問題にもちろん、飛びつます。その時の彼らの「ノリ」(プロット=脚本)はもちろん、次のようなもの。「“悪い”舛添をみんなの力で追い出した後に、みんなが誕生させた小池知事。この善玉の小池知事は、どんな凄い劇を見せてくれるんだろう!?」こうしたマスコミ世論の「ノリ」によって、豊洲を巡る「火だね」は徐々に大きくなっていきます(その様はまるで、アメリカン・プロレスWWF、の風情です)正にそうですね。そういう脚本やノリが前提に豊洲問題がはあると思います。自分は豊洲問題の事技術的にも経緯的にも全然知らない物ですからタッチしてこなかったんですが、多くの人もたぶん知らないと思います知らないけどノリでそういう物が前提にあって批判してるんだろうなと思います。藤井先生のいう報道と情報の洪水に溺れないリテラシーは大事だと思います

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 學天測 より

    再び、口をしつこく開くのは心苦しいし面倒なので、そのデマ坩堝の大阪からの連絡も含めましてと言う事で簡潔に記述させていただきます。?感情VS論理(学問)の戦いと言う事です。?デマを言う側はデマがメリットになるという過去の成功体験が蓄積。_WGIPはその歪んだ成功体験が原動力小池百合子さんの言う大阪での実験が大阪市の事であるならそれはわかりやすくいえば彼らの手法は恐らくWGIPモデルの事を指します。その隣の政令市、堺市ではなんとそれを阻止実験を成功させた竹山市長がいます。藤井先生も三橋さんもルサンチマン、愚民と今更おっしゃってないでその堺市にもっとコミットして協力して頂きたいです。戦国時代の収束に多大な貢献をした堺市はやはり伊達ではありません。文句を言ってる場合ではありません。克服のモデルづくりであり行動の段階であります。有志の方は次の堺市長選にふるって、ご参加、協力して頂いて実践から経験、研究をして頂きたい。赤信号の横断歩道のど真ん中で、座り込んで走ってくる車が悪いとなぜ平気でデマを飛ばすのか?歪んだ成功体験はどうして形成されるのか?そしてそれをどう克服すべきか?それは過去にあった事実を知る事でしょう。失敗の痛みを知る事でしょう。もっともデマを飛ばしている連中の中核は事故死と言う失敗を味わうまでわからない筋金入りのデマの成功体験を持つ連中でしょう。人を騙す事でよっぽどいい思いをしてきて確信犯でやめられないのでしょう。DNAの異なる、癌細胞がなぜ発生し、どうするかと言う話だと思います。以上

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. はっちゃん より

    TVタックルの動画、痛快な思いで拝見させていただきました。たけし氏について、ご自分の従来の意見とは違うだろう意見に耳を傾け、テレビで流すところが面白い方だなと思いました。一つの事象について、いろいろな視点から見ることって面白いですね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. クレヨン より

    戦いに計略は付きものです。その際、虚実混交の情報が飛び交います。それに翻弄される人々を眺めていても、真実も本質も見えて来る事はありません。生産者や伝統文化を大事にできない、消費者としての利益しか考えられない者には、安全安心も高尚な文化も享受する資格はありません。その意味で、この騒動がどう収まるにせよ、そこが改まらない限り、良い方向には進まないだろうと思います。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  5. 反孫・フォード より

    >小池屋本舗の洞吹き話と似ている だいたい豊洲洞話(このピンポイント地点だけの話かよっ!)だけが馬鹿マスコミュニケーションのセイで爆・拡大させてしまっては普通小池屋本舗の仕事にならないと思うのです。本来的己の仕事を何もかも凍結させたいだけなんじゃないの?。(原子炉格納容器冷却対応だけで時間が無い時に、茶々入れ政府の現地要り対応で時間を潰されていた福島東電の場合とは反対の気がする。) テレビキャスターみやね屋じゃねぇんだからいい加減爆・露出はやめ炉っ!小池屋本舗はもうアイドルな年代じゃねぇんだよっ!改革なんて只のお祭り騒ぎwordじゃねえかっ!(小沢までまた自由が丘党の結成だっ!)またもやドタバタ支離滅裂になりました。 これはムカついて心身障害に陥っている者のアホな異常者のコメントなのです。(牢屋暮らしできるかな?)くれぐれにも真に受けて小池屋WBS本舗にはヒステリーを起こさないようご理解願います。そんなことになったら自滅です。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  6. wonder より

    藤井内閣官房参与と言う立場ですから擁護するのは仕方ないとは思いますマスコミも論点がずれていますね。衛生問題じゃないんですよね盛り土をしていないのに、しましたという職員発言はどこから出たかなんですよそれで石原知事指示など証拠があるならすぐに出せばいいのにこんなに時間がかかった理由は何?時間稼ぎではと言う勘ぐりができるわけです盛り土工事なら業者に金が払われたはず。誰にその架空工事の金は支払われたんでしょうか?その書類隠滅に時間がかかったのではと言う勘ぐりもできる

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  7. 反孫・フォード より

    >不衛生だと「炎上」してしまっている ほんと、橋下都市政時代の、借金は減ったと「炎上(?)」してしまっていた、のグレート洞吹き構造と同じ気がする(地方財政破綻を招いている元凶は、マクロ洞吹き国政に過ぎないとは考えますけど、橋下はそれに気づかずに人気を獲るために表向き借金は減ったと偽装していた。小池屋都政も同じ洞吹き道に導き、都政も国政もマスコミュニケーションも誰も彼もを思考停止道に導く)。最近思うのです。日本海に無尽蔵に無駄にミサイルを沈めて云十年。この情報って今では空撃ちなのではないか?と。情報だけではないか?と。なんとなく小池屋本舗の洞吹き話と似ている気がする。そんな僕の頭の日常茶飯事もレレレのレェーッ!!!。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  8. Nathan より

    「“悪い”舛添をみんなの力で追い出した後に、みんなが誕生させた小池知事。この善玉の小池知事は、どんな凄い劇を見せてくれるんだろう!?」藤井先生、このプロットは専らマスメディアが設定したものですよね?この論稿だけですと、小池知事が自ら設定した可能性も残っているように見えるので、明確にしていただきたいです。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  9. 大川沿いの隠居 武蔵 より

    豊洲の問題は衛生問題、或いは都庁の事務処理怠慢、不手際、欺瞞という問題ではなく、公共事業に関わる既存の利権集団から、新たな手先群へ付け替える準備作業なのではないでしょうか。既に終っている豊洲市場問題をきっかけに、これから進展する東京オリンピック関連の施設、事業の利権が対象なのでしょう。下っ端だけの逮捕、起訴で手が打たれるか、長老と言われている大物まで血祭りに上げるのか、見ものですね。懲らしめることが目的ではないのでしょうから、すんなりと下っ端だけの不祥事というシナリオで、新たな利権集団への移行ではないでしょうか。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

まだデータがありません。

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【三橋貴明】人間の屑たち

  5. 5

    5

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

最新記事

  1. 日本経済

    【島倉原】緊縮財政が招いた製造業の綻び

  2. 政治

    【佐藤健志】天高く総崩れの秋

  3. 日本経済

    【藤井聡】クルマを捨ててこそ地方は甦る

  4. 日本経済

    【三橋貴明】財務省が日本を滅ぼす」刊行間近!

  5. 日本経済

    【三橋貴明】道州制

  6. 日本経済

    【青木泰樹】国債発行は将来世代の負担ではない

  7. 日本経済

    【施光恒】国民経済を重視したエコノミストの迫力

  8. 日本経済

    【小浜逸郎】日本からはもうノーベル賞受賞者は出ない?

  9. 日本経済

    【佐藤健志】感情的貨幣論と風水的財政政策

  10. アジア

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに...

MORE

タグクラウド