政治

2016年3月4日

【三橋貴明】亡国の特命委員会が破る50年来のタブー

From 三橋貴明@ブログ

———————————————

<無料video>

TPPで誰が得をするのか?本当の目的は?
https://youtu.be/lDKytTcXdlo

TPPでメリットが出るのは30年後!?
https://youtu.be/-gFd_VUGCoM

嘘だらけのグローバリズム
https://youtu.be/SwfXABHZMfY

———————————————

 改めて書くまでもありませんが、経済成長、つまりは国民が豊かになるとは、マクロ的には実質GDPの拡大であり、ミクロ的には実質賃金の上昇です。

 実は、上記二つは「所得の実質値が増える」という意味では、同じ話になります。
 所得の実質値が上昇するためには、生産者一人当たりの付加価値の「量」が増える必要があります。と言いますか、実質的な所得の増大とは、金額ではなく「付加価値の生産量」の拡大そのものなのです。

 これをマクロで見ると、実質GDPの成長になります。ミクロで見ると、実質賃金の上昇です。
 さて、それでは生産者一人当たりの付加価値「量」を増やすには、どうしたらいいでしょうか。生産性向上以外に方法がありません。
 といいますか、生産性の向上とは生産者一人当たりの付加価値「量」の拡大、そのものです。両者は同じ話なのです。

 すなわち、経済成長とは生産性の向上そのものなのでございます。(ただし、生産者と比して仕事(需要)が十分に存在する。という前提条件を満たす必要がありますが)

 それでは、生産性の向上のためには、どうしたらいいでしょうか。産業革命以降の資本主義の世界では、生産量は「モノ」「ヒト」「技術」という経済の三要素の掛け算で決まります。モノとは、「土地」「資源」といった有形非生産資産に加え、「工場」「インフラ」「機械設備」など、人間の投資活動により拡大する生産資産が含まれます。
 土地や資源は、これは国土に備え付けられていたもので、簡単に増やすことはできません。

 それに対し、インフラや工場、機械や設備といった生産資産、さらには「技術」は、投資により強化することができます。すなわち、モノと技術に対する投資、「設備投資」「公共投資」「技術開発投資」の三投資が、ヒト(労働)一単位当たりの生産量を増やすのです。つまりは、生産性を向上させます。

 そして、企業や政府、国民が生産性向上のための投資を拡大するのは、どんな時期でしょうか。ズバリ「人手不足」の時期になります。実際、超人手不足で完全雇用が成立していた高度成長期、日本国民は設備投資、公共投資、技術開発投資によりモノと技術を強化し、生産性を著しく向上させました。さらに、高度成長期はヒトが大事にされ、自動的に人材投資が拡大しました。

 産業革命前は、生産量は「ヒト(労働)」と「土地」で決まってしまいます。というわけで、経済規模を拡大するには、戦争で土地を奪うか、もしくは「ヒトを増やす」しかありませんでした。

 とはいえ、産業革命後の「資本主義」の世界では、生産量は「ヒトの量」ではなく、生産性向上のための投資に依存しているわけでございます。

 現代の日本において、「経済成長のために外国人を〜」などとやっている連中は、資本主義の基本すら理解しておらず、産業革命前の世界を生きていることになります。

『自民党が移民に関する議論開始、3月中旬に特命委=木村参院議員
http://jp.reuters.com/article/ldp-kimura-idJPKCN0W50BK
 自民党は、3月中旬に「労働力の確保に関する特命委員会」を立ち上げ、移民を含めた労働力としての外国人の受け入れに関する議論を開始する。特命委の委員長となる木村義雄参院議員が3日、ロイターに明らかにした。
 同委では4月中に提言をまとめ、政府に提出する。木村氏が委員長を務め、顧問に野田毅氏、村上誠一郎氏、逢沢一郎氏などを迎える。

 特命委の目的について、木村氏は「50年来のタブーを破って、外国人の労働力としての受け入れに関する議論に踏み込む」と述べた。

 人口減少に伴う労働力人口の減少が予想され、「成長を確保するには、(外国人労働者を受け入れ)労働力を増やしていく以外に方法はない」とし、このタイミングでの特命委発足について「背に腹は代えられない」状況にあるからだと述べた。
 ただ、党内では外国人労働力の受け入れに反対する声も根強くもあるため、その是非を含めて議論する。

 また、提言をまとめるのは7月に予想される参院選挙前となるため、「移民」という言葉を盛り込むことは難しい、と木村氏は述べた。(後略)』

 ね? 
「成長を確保するには、(外国人労働者を受け入れ)労働力を増やしていく以外に方法はない」
 木村議員は資本主義の基本すら知らず、産業革命前の「頭」なのです。このレベルなのですよ。

 しかも、根本から間違った政策を、
「50年来のタブーを破って、外国人の労働力としての受け入れに関する議論に踏み込む」
 などと、やたら勇ましく、格好つけた宣言と共に推し進める。繰り返しますが、我が国の政治家は「このレベル」なのです。
 経済成長率を抑制し、国民の実質賃金を引き下げ、貧困化へと導く路線を、根本から間違ったレトリックに基づき突き進む。国家とは、このように亡国に至るのです。
 労働力の確保に関する特命委員会は、「亡国の特命委員会」なのです。

日本の経済成長は生産性向上により達成される!に、ご賛同下さる方は、
↓このリンクをクリックを!
http://www.keieikagakupub.com/sp/38DEBT/index_mag2.php

ーーー発行者よりーーー

<無料video>

TPPで誰が得をするのか?本当の目的は?
https://youtu.be/lDKytTcXdlo

TPPでメリットが出るのは30年後!?
https://youtu.be/-gFd_VUGCoM

嘘だらけのグローバリズム
https://youtu.be/SwfXABHZMfY

関連記事

政治

【三橋貴明】想像してごらん 国なんて無いんだと

政治

【三橋貴明】安倍政権の「外国人受け入れ拡充」に反対する

政治

【佐藤健志】独裁政治をひそかに支援する方法

政治

[三橋実況中継]国民投票と国民統合

政治

【佐藤健志】ドナルド・トランプのファンタジー、または民意をめぐるパラドックス

【三橋貴明】亡国の特命委員会が破る50年来のタブーへの5件のコメント

  1. udon より

    いつも、教えられることが多く感謝です。現在、野党がだらしなく、混迷していますが、かといって、現政権の経済政策が妥当なわけでもなく、悩ましいところです。野党も含めて、経済政策を分かっている方々が結集して欲しいと願っています。わたしは、香川ですが、木村議員は、小選挙区で玉木衆議院議員(民主党の中では信頼できる、有能な方だと私は思っています)に惨敗し、参議院に回った方です。そういう方を、こんな重要な話し合いの責任者に据えるあたり、自民党も人材不足かと思ってしまいます。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 學天測 より

    しつこくてすいません。移民をしつこく言われる方は政府や企業の人員も増やして頭数で解決される方がいいという主張をされてるのか?是非、確認してほしいですね。なんという人道主義者でしょうか?そう言う方が人を使い捨てにされる訳がありませんね。もしそうなら理屈以前に無責任な下種ですね。環境は関係ありません。まともなら人としてできんでしょうw他に食っていく方法はあるのだしw移民でもなんでもいいから嫌がらせしたいのでしょう。そういう趣味の方ですよ。はっはっはw

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. 學天測 より

    あ、そうそう。移民とか言えるのはまず移民した人たちを一生食わせる仕事につける覚悟はあるのか?そレが不可能なら福祉で養えるのか?それがないなら移民と言うより革命予備軍ですね。雇用環境があれな我が国では尚更です。日本を大阪の西成区にしようとするもう馬鹿かスパイですよね。こういう言い回しの人と三橋さんは係争中ですねw失礼しました。でも私はあの人も好きなんです。世の中どうしてこうわけわらんのか。はあ。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. 學天測 より

    神わざ!5分以内にトヨタ86を組み立てる!https://www.youtube.com/watch?v=SlKGh7fSLbA私は経済学者じゃありませんが、簡単に言うと結局、これがGDPの本質でしょう?つまり組織活動の適正なアウトプットまでの速度ですよ。もう戦争でもなんでも全てそうでしょう?市場にとって価値のある、希少性の高い物をたくさん見つけ出してなるべく短時間で生産、供給する。空気こそ価値があるのですが当たり前の物は市場は評価できませんw市場に評価されないものは存在意義がないという事ではありません。短時間だから所得も高いし、暇が出来るから消費もできるしそれが遊びとなり、そこから創造、つまりイノベーションに繋がる。現時点の結果としての貧乏暇なし政策に未来はないですよねw皆、忙しくてイノベーションどころじゃなくなる。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  5. 匿名で 委員会 より

    某国の売国委員会総理も国会議員も人材不足、、と 認識しております。というわけで「委員会」は他国から 然るべき人材を補充しようと思うのですが如何でしょうか??某国の未来は とてもとても素晴らしいものとなるに違いありません ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】スラムに消えた情けない男の話

  2. 2

    2

    【三橋貴明】続 財務省が日本を滅ぼす

  3. 3

    3

    【三橋貴明】財務省主権国家

  4. 4

    4

    【島倉原】インドブームに思うこと

  5. 5

    5

    【三橋貴明】共犯者育成プロパガンダ

  6. 6

    6

    【佐藤健志】若者が政治に求めているのは「結果」だ

  7. 7

    7

    【上島嘉郎】〈朝日新聞、死ね〉はただの暴言か

  8. 8

    8

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

  9. 9

    9

    【浅野久美】君のいない場所

  10. 10

    10

    【三橋貴明】三橋貴明の「人手不足解消合宿」

MORE

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】人間の屑たち

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】人手不足は利益拡大の絶好のチャンスだ!

  2. 日本経済

    【三橋貴明】三橋貴明の「人手不足解消合宿」

  3. コラム

    【浅野久美】君のいない場所

  4. メディア

    【上島嘉郎】〈朝日新聞、死ね〉はただの暴言か

  5. 日本経済

    【島倉原】インドブームに思うこと

  6. 政治

    【佐藤健志】若者が政治に求めているのは「結果」だ

  7. 政治

    【藤井聡】スラムに消えた情けない男の話

  8. 日本経済

    【三橋貴明】共犯者育成プロパガンダ

  9. 日本経済

    【三橋貴明】財務省主権国家

  10. 日本経済

    【青木泰樹】単位労働コストの見方

MORE

タグクラウド