欧州

2016年5月4日

【三橋貴明】国民の統合を破壊されるドイツ

From 三橋貴明@ブログ

———————————————

【PR】

なぜ日本の実質賃金は1997年を絶頂に下降を続けているのか?
なぜ20年前の日本人よりも買えるものの量が減っているのか?
なぜ日本人の貧困化が進んでいるのか、その実態を明らかにする、、、

『月刊三橋』最新号
「日本経済格差拡大のカラクリ–実質賃金の軽視が招いた大災害」
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_mag.php

———————————————

「国民の統合を破壊されるドイツ」
From 三橋貴明@ブログ

 先日、チャンネル桜の、

【Front Japan 桜】三橋貴明・木坂麻衣子:日本に外国人労働者はいらない! / ウケるコンテンツの話[桜H28/4/29] https://youtu.be/OqOInSB61LA

 で、経済面からの外国移民受入の問題について解説しました。本来、生産年齢人口比率が低下しているということは、生産性向上で経済成長する絶好のチャンスなのです。

 ところが、それを「外国人で〜」とやってしまうと、国民の実質賃金が下がり、国内需要が収縮し、生産性向上の機会も潰されます。なぜならば、その必要がないからです。

 安倍政権や自民党が推進している外国移民政策は、反・資本主義の政策なのです。

 同時に、我が国の国家としての将来を破壊することになります。具体的には、国民の統合を奪うのです。

 そもそも、我が国は朝鮮戦争時に流入してきた在日朝鮮人・在日韓国人という「移民問題」に苦しめられてきたわけです。何故に、この上に新たに移民問題を抱えなければならないのか。

 いや、理由は分かっているんですよ。Front Japanでも解説した通り、賃金を上げたくないのです。

「日本は外国人を入れなければ成長できないんだ〜」
 などと本気で思っている頭の悪い政治家も少なくないのでしょうが(代表が「亡国の特命委員会」の委員長)、彼らの裏(最近は裏でもないですが)には、日本国民の実質賃金上昇を拒否する企業経営者、そしてグローバル投資家がいるわけです。

 グローバル投資家とはいっても、もちろん日本人投資家も含みますが、いずれにせよ彼らにとって配当金や自社株買いの原資たる利益が、人件費上昇で圧縮されるのは忌むべきことなのでございます。

 このまま一部の企業、経営者、投資家の要求に従い、我が国が外国移民政策を推進すると、将来的にはドイツのように、国民統合を壊されていく事態に至るでしょう。

『「ナチスを追い出せ」…独で反難民右派政党へのデモが暴徒化 一時500人拘束
http://www.sankei.com/world/news/160501/wor1605010009-n1.html
 難民受け入れに反対する右派政党「ドイツのための選択肢(AFD)」の党大会が行われた南部シュツットガルトで4月30日、AFDに抗議する市民らによる大規模デモが暴徒化、警察が一時約500人を拘束する騒ぎに発展した。ドイツのメディアが伝えた。
 党大会の会場近くでは約1500人がデモ行進。極左グループのメンバーらが「ナチスを追い出せ」と叫びながらタイヤに火を付けたり、瓶を投げたりして暴れたため、警官隊が催涙スプレーで応戦した。
 ドイツでは2015年に内戦が続くシリアなどから約109万人の難民や移民が流入した。一部の国民の間で反発が広がっており、AFDは今年3月に東部と西部、南西部の3州で行われた州議会選で躍進。17年の連邦議会(下院)選挙で議席を獲得する可能性が強まっている。』

 AfDは、別に「移民排斥」などを訴えいているわけではなく、政治的迫害を受けている政治難民の受け入れを否定しているわけでもなく、単に、
「ドイツの民主主義的発展のためにも、専門的能力を有する移民は必要である」
「(いわゆる)単純労働者の経済移民は、ドイツの社会システムを破壊する恐れがあるので、移民として受け入れてはならない」
 と、どう考えても「至極真っ当」な移民政策を訴えているに過ぎないのですが、それでも日本のメディア(ドイツでもかな?)では極右扱いされ、ドイツでは「ナチスを追い出せ!」が始まっているわけです。

 わたくしから見れば、AfDの移民に対する考え方は、民主党政権、安倍政権と怒涛のように移民政策拡大に走る「前」の日本並にしよう、という話に過ぎません。つまりは、政治難民や高度人材は受け入れ、単純労働者は「社会システムを破壊する」から受け入れない、という話ですね。

 AfDが「極右」なら、現在の日本も「極右」になってしまいますよ、日本のマスコミの皆さん。
 もっとも、ドイツの移民・難民推進派にとっては、AfDの「至極真っ当」に思える移民政策ですら、それこそ排斥の対象になってしまうわけです。あの、ドイツで、移民「制限」派を移民推進の極左(本当かな?)グループが襲撃するという事態が始まってしまったのです。
 メルケル首相は、ドイツ国民の「統合」を最終的に破壊した政治家として、歴史に名を残すのかも知れません。

 ドイツは、今後、いかなる形で「国家」を維持しようとするのでしょうか。分かりません。分かりませんが、とりあえず我が国は移民政策が原因で、国民統合が壊される事態になる前に、外国民政策にストップをかけなければなりません。

 日本でも、すでに始まっているのです。

「日本でも、すでに始まっている」に、ご賛同下さる方は、
↓このリンクをクリックを!
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_mag.php

ーーー発行者よりーーー

【PR】

なぜ日本の実質賃金は1997年を絶頂に下降を続けているのか?
なぜ20年前の日本人よりも買えるものの量が減っているのか?
なぜ日本人の貧困化が進んでいるのか、その実態を明らかにする、、、

『月刊三橋』最新号
「日本経済格差拡大のカラクリ–実質賃金の軽視が招いた大災害」
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_mag.php

関連記事

欧州

【三橋貴明】ナヴァロ・ドクトリン

欧州

【三橋貴明】経済合理性による不合理

欧州

【島倉原】国民を不幸にするPFI法改正

欧州

【藤井聡】デフレは未だ継続中。アベノミクスの完全成功のために、今こそ大型景気対策を。

欧州

【三橋貴明】グローバリズムの罠

【三橋貴明】国民の統合を破壊されるドイツへの4件のコメント

  1. ピンフ より

    〉最近、日本のモノ作りのレベルが全盛期は、本田宗一朗の時代なのでしょうか。ITは外国人も参入できるから、楽天のような日本人向けがモノ作りの限界だったと思いますけど。なぜ、日本にビルゲイツやスティーブジョブズのようなIT人が輩出されなかったか。昔もサービス残業は多かったでしょう。そして、今でも続いているであろうサービス残業は、正直で真面目な社会だといえるでしょうか。元々、嘘で不真面目な社会が単純労働者の移民でさらに強化されるとは思います。国会で移民差別問題という新しい選択肢(笑)も取り上げられて、議論のスピード感は鈍くなりそうです。職場そっちのけで、移民排斥デモに参加する人が出そうです。親が生活保護を受ける売れっ子お笑い芸人もいたような。日本が単純労働者の移民を取り締まること自体に、不信感を抱いています。消費税20%なら、解決できるでしょうか?銃の規制緩和が経済発展に必要でしょうか?

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 稲美弥彦 より

    つまり分かることは親米保守はアメリカの新自由主義を推して、左翼はドイツの新自由主義をゴリ押しする。アメリカとドイツはグローバル資本の尖兵国家として有名であり、この2国は世界屈指のならず者国家である事は間違いありません。エマニュエル・ドットさんの『シャルリとは誰か?』の本でメルケルは支配と緊縮財政を使う手口はまさにそれです。因みにパナマ文書問題ではこの2国だけ非難されている話は聞いたことはありません。よって、税金逃れは論外だが、パナマ文書の報道は疑って方が良いと思います。本当に暴露するとスノーデンさんみたいにロシアに亡命か、メディアで叩かれるかのどちらかだから、この文書は怪しいと感じた方が良いと思います。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. ろんどなー より

    日本は鎖国しているわけではないので、今でもジワジワ外国人は増えている。これ以上緩和する必要なし。移民が大量に来るとどうなるか、ヨーロッパを見れば明らかなのに。人手不足解消の経済効果より、教育・社会保障・テロと犯罪増加・移民同士の摩擦など社会的コスト増大の逆効果が大きいことはヨーロッパで証明済み。経済的に数字で証明できないものか。中国北朝鮮の経済破綻か国家騒乱を見越して、大量移民を受け入れようと目論んでいる勢力も心配。欧米が永住権取得を厳格化する動きに逆らって日本だけがこれから容易にする本当の理由は何か?スパイ防止法も情報機関もないのに、危険極まりない。国家の根底に関わる重大な問題を国民の前で議論もせず勝手に決めさせてはならない。こういう問題こそ国会でオープンな議論をして欲しいのに、自国の国益を真剣に考えるより国家転覆か弱体化を目論む野党が暗躍している現実・・・。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. 今回はちょっと より

    ヘイトスピーチ規制法案を成立させようとしていますが、移民で酷いことになることを想定して、あらかじめ言論弾圧法案を制定しておこうという政策に思えてなりません。ヘイトスピーチ規制法案が成立する前に言っておきます。中国人と一緒に仕事したことがありますが、データを捏造して他人のせいにする。ものは盗んでいく。それで上司は荒立てたくないから隠蔽する。民主党政権時におきた尖閣諸島沖でおきた事件を彷彿とさせました。最近、日本のモノ作りのレベルが明らかに落ちていますが、中国人をいれた影響がかなりあると確信しております。たとえ貧しく食べるものにさえ困っても、正直で真面目な社会であってほしいと、心の底から思います。経済の話ではなく申し訳ありません。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】「10%消費税」が日本経済を破壊する―――そのメカ...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】三橋TV始動(前編)

  3. 3

    3

    【藤井聡】「反緊縮」は「反グローバリズム」と共に進めよ ~第...

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】消費税制度そのものが金融資本主義の歪んだ姿

  5. 5

    5

    【三橋貴明】残酷な消費税を本当に増税するのか

  6. 6

    6

    【三橋貴明】三橋TV始動(後編)

  7. 7

    7

    【三橋貴明】官も民も等しく良くもあり、ダメでもある

  8. 8

    8

    【柴山桂太】危険な為替条項

  9. 9

    9

    【藤井聡】10%消費税増税の「凍結」:風は少しずつ、しかし「...

  10. 10

    10

    【藤井聡】「消費増税」すれば、「税収」が減ってしまいます。

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】消費税は、「10%はもうしようがない」と諦めれば、...

  2. 2

    2

    【藤井聡】10%消費税増税の「凍結」:風は少しずつ、しかし「...

  3. 3

    3

    【藤井聡】国土強靱化2.0:「財政」でなく「安心」のための防...

  4. 4

    4

    【藤井聡】「反緊縮」は「反グローバリズム」と共に進めよ ~第...

  5. 5

    5

    【藤井聡】「10%消費税」が日本経済を破壊する―――そのメカ...

MORE

最新記事

  1. 政治

    【上島嘉郎】ごまめの歯軋りでも

  2. 日本経済

    【小浜逸郎】消費税制度そのものが金融資本主義の歪んだ姿

  3. 日本経済

    【藤井聡】「10%消費税」が日本経済を破壊する―――そ...

  4. 日本経済

    【三橋貴明】残酷な消費税を本当に増税するのか

  5. 日本経済

    【三橋貴明】三橋TV始動(後編)

  6. 日本経済

    【三橋貴明】三橋TV始動(前編)

  7. 日本経済

    【三橋貴明】官も民も等しく良くもあり、ダメでもある

  8. 政治

    【三橋貴明】安倍政権が「移民受入政権」であるという現実

  9. 日本経済

    【藤井聡】「反緊縮」は「反グローバリズム」と共に進めよ...

  10. 日本経済

    【三橋貴明】バランシートとおカネ

MORE

タグクラウド